管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 38 『想定の範囲内』
 当ブログの取り扱い主要テーマの一つとして、これまで事あるごとに取り上げてきた民主党の行方。前回の衆院選での大敗を受けて、万年野党からの脱却、単なる批判勢力に終わらない政権交代可能な政党を目指すとした前原新体制に期待を込めて、時に苦言を呈し、認めるべき事は若干贔屓目かつ好意的に紹介してきました。

 万年野党からの脱却、ただの批判勢力からの脱却。これは政権を担当するに値する責任政党として生まれ変わる第一歩としてゆるがせに出来ないスタートラインであり、民主党が乗り越えなければならない最初の壁でありました。

 新体制発足当初、『対案路線、現実的な安全保障政策の集約』を掲げ、砂粒のように纏まりの無い党を割る決意をも滲ませて、やっと変わるのかと期待させた矢先、今国会で民主党が見せている運営方針は、大物議員の首を取ろうとするだけの『万年野党』的な与党攻撃。

 自民党を貶めてやろう、政権のイメージを下げてやろう・・こういった目的で殆ど言いがかりに近いイチャモンも加えながら政府与党を攻撃し、待っていたのは泥仕合。すねに傷を持つのは与党だけではなく、民主党も刑事事件など問題を起こした議員が存在。聖人君子を気取って与党を攻撃するものの、ついに逆襲を受けるはめに。

 昨日の予算委員会で自民党の菅原一秀議員が質問に立ち、政府への質問はそっちのけで民主党批判を展開(質問の模様はこちら→衆議院TV:菅原一秀氏質問)。これを受けた民主党の反応を見ていただきましょう。こちらをご覧下さい。(民主党HPから以下引用)

自民議員の中傷に対し、代議士会で野田委員長らが改めて批判

 民主党・無所属クラブの代議士会が9日昼、国会内で開かれ、自民党の菅原議員のアンフェアな質疑のやり方に関し、野田佳彦国対委員長らから、報告と抗議の意志の表明が改めてあり、出席議員からも怒りの声が上がった。

 まず中川正春議員運営委員会筆頭理事より報告があり、この日の本会議についての説明を行った後、自民党の菅原議員による「アンフェアな民主党に対する攻撃」に言及。「焦点をずらす意図的な質問」であり、「異常な状況が収まるまでは、日程協議に応じることはできない」などと述べた。

 野田国対委員長も挨拶と報告に立ち、予算委員会での月曜日からの3日間にわたる質疑において、それぞれ「一問入魂」の質問を展開しているとして、各議員の奮闘を賞賛した。その上で、こうした真剣な討論を委員会で行っている最中に、予算委員ではなかった自民党の菅原副幹事長が、他の委員と差し替えで質問に立ち、「持ち時間のほとんどを、わが党の誹謗中傷に終始し、ほとんど質問もしないという、アンフェアなやり方」をしたことを、改めて厳しく批判

 国対としても厳しく抗議したことを報告し、党の副幹事長がこうしたやり方をする背景に、武部幹事長の指示があるのではないかと野田国対委員長は指摘し、「とんでもないやり方だ」だとして、「のしをつけて、たっぷりとお返しをする」と厳しい口調で語ると、出席議員からも怒りの声が上がった。
 
 また、松本剛明政策調査会長からは、昨日行われた『次の内閣』閣議の内容について簡単な報告も行われた。なお、午後から再開される予定だった予算委員会は、休憩のままとなっている。


 まず、この反応を見た感想として、『まるで中韓朝のようだ』と思いました。もの凄いファビョり具合だな、と。『今までの民主党だ。こうなる事は想定の範囲内』と言ってしまえばそれまでですが、落胆は大きい。耐震偽装、ライブドア、米国産牛肉輸入、防衛庁談合問題に関して、耐震偽装では安倍氏に言いがかりをつけ、ライブドア問題では鳩山幹事長が『ライブドアの投資事業組合に自民党の議員が関与していた』と発言するも根拠は提示せず、米国産牛肉輸入再開、防衛庁談合問題で担当大臣の首を取る事に躍起になっているくせに、自分達が批判されたら『中傷だ』『アンフェアだ』『協議に応じられない』などと平気で放言する。

 政府与党、あるいは行政の責任者である大臣に『責任を取れ!』と迫っている民主党は、自らのすねの傷に触れられれば反省するでもなく脊髄反射で反発し、さらに『のしをつけて、たっぷりお返しをする』なんて泥仕合をもっと泥沼化させる意向を示している。
 
 民主党に問う。国会での論戦とは相手の議員の首を取るためにするものなのか?国会の審議とは罵りあいのためにするのか?責任ある政党になると宣言し、与党を攻撃して責任問題を追及しながら、自らの非を指摘されて『アンフェアだ』で通るのか?こんなくだらない泥仕合を国民が喜ぶとでも思ってるのか?国民をなめてやしないか?

 永遠に野党やってろ。

 
関連エントリー1:民主党の行方 35 『マスコミの煽りに乗るな』
関連エントリー2:民主党の行方 37 『万年野党』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
やっぱダメみたいですね。皇室典範改悪の有識者会議の顔ぶれあたりをついたり、対韓国ビザ免除あたりうぃ突いた方が国民にはアピールできたんでしょうけどね。他の問題でもイマイチ鋭さが無くて小学校の反省会を思わせる悪口合戦なんていいトシこいて何やってんだか、ですし。
政党のサイトで”皆様たすけて!お知恵拝借コーナー”とか作ってより世論に敏感な行動でもとりゃイイのにダメなんでしょうね、ダメな政党だし。旧社会党の人間がいる時点で国民の大多数は拒絶!ってのもボディブロー的弱点でいまや致命的な足かせになってますね。
2006/02/10(金) 20:08:22 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
民主党のレベルに低さは目に余るものがあります。彼らには国会議員たるものの職務やなんぞ、という事が理解できていないとしか思えない。いやしくも国会議員として立法府に名を連ねている限り、彼らの主たる職務は、法案を審議し、法を制定する事であろう。それにも拘わらず、大向こう受けを狙ったパフォーマンスに終始している。今我が国が早急に方針決定が求められているのは、国家安全保障の問題であり、基本教育の見直しであろう。上海の領事自殺事件をどう解決するのか、東シナ海のガス田は、こういった問題はすべて棚上げされ、一顧だにされない。蝸牛角上の争いを見ているとこの国の行く末が案じられる。民主党は何がしたいのか?何がいいたいのか?旧社会党と同じ体質ですな。次の選挙では壊滅的な打撃を被ること疑いなしですね。
2006/02/10(金) 20:34:04 | URL | bulldog #-[ 編集]
民主党は負の存在
民主党の基本的問題は自分達が選挙で負けたのは国民が愚かだからだと思い上がっていることです。
しかし、実際は国民の方が遥かに賢明で、しっかり見ているのです。
今回ずいぶんいろいろなことで自民党と小泉政権に揺さぶりを掛け、これで民主党の支持率が上がると思ったら大違い。
「そんなことばかで肝心なことは何一つできない民主党はやはり駄目だ」「そんな馬鹿連中に年間何千万円もの議員報酬を払い、数々の特権を与えているのは腹立たしい」…というのが大方の感想ではないでしょうか。 彼らはいつまで経っても、ケチを付け、足を引っ張るだけの負の存在。消えて欲しいものです。社民、共産は元々論外。
2006/02/10(金) 21:41:14 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
世に許せぬもの
軍人の敵前逃亡
消防士の放火
役人の汚職
警察、弁護士、裁判官、議員など司法立法関係者の犯罪
---
国会議員の数は少ないのに異常な比率で犯罪者を出すのはなぜ?代議士になるような目立ちたがりの飛び上がり者は犯罪者に成りやすい素質を持っているのかなぁ。
最近の議員犯罪は利権絡みというようりは、粗暴犯、破廉恥犯、経済犯。清濁併せ呑みやむなくってわけじゃなさそうだね。
民主党も暴力革命政党の残党を身内に法や正義の規範は破壊して平然の政党だという本質をとうとう現したね。
2006/02/10(金) 22:44:40 | URL | バナナ #mQop/nM.[ 編集]
民主党のやってること
これを「シシュポスの苦行」と言います。
大岩を坂の上まで押し上げて、頂に着こうかという時に転げ落ちる。

政権を取るためにまだましな連中が努力を続けても、お馬鹿な議員達の所為でまた野党に転げ落ちる。

永久にこんなこと続ける気か?
2006/02/10(金) 22:53:12 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
>永遠に野党やってろ

それは困ります!

こんな党が日本の野党として永遠に君臨されたら国会そのものが機能しなくなります

私達は、先の選挙で
『なんか面白そうだから民主に入れた』という有権者に、この党の化けの皮を剥し突きつけないといけません
それが真実を知る側の使命、あるいは責任なのだと思います
ほとんどの一般者が民主を自民の二番煎じ、自民と名前が違うだけくらいとしか見てないのが恐ろしくてなりませんね
2006/02/11(土) 00:49:44 | URL | d #mQop/nM.[ 編集]
民主党は今が人気を回復する絶好のチャンスなのになにをやってるんだか。耐震偽装、ライブドア、米国産牛肉輸入、防衛庁談合問題と自民党を攻撃する材料はたくさんある。何が原因でどう対応するつもりなのかを質したうえで、わが党ならこう対応するというようなビジョンを提示すべきである。それが、次の政権を狙う政党としての責任ではないのか。それをせず、国会の場で子供の喧嘩みたいな事をして恥を知るべきだ。
最近の民主党は、対決姿勢ばかりが前面に出て、政策を競う姿勢があまりみられない。また、基本的にどういう路線を採りたいのかが良く見えてこない。党の内部でも、自民党にどう対決していけば多くの国民の支持が得られるかについて、明確な路線が見えていないのではないだろうか。だから、いらいらが高じて、今回のような議論に熱が入ってしまうのではないか。
私が民主党党首なら、大きな政府路線を採る。逆行するような動きだが、従来のようなばらまき政治、口利き政治ではなく、弱者保護に重点を置いた大きな政府である。これなら、国民の支持が得られるのではないか。こんなことここでいってもむだなことだけども、言わずにおれない。
民主党よもっとしっかりしておくれ。

↑やじざむらいさんのまねをしました。
2006/02/11(土) 02:11:50 | URL | プライム #-[ 編集]
調べてみました。
中村哲治という人のブログが炎上したんですが、
tp://d.hatena.ne.jp/NakamuraTetsuji/
私も図書館に行って新聞を見てみましたら、
tp://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1127352175/90
だと思います。
これ書いたの、私です。(^^;)
2006/02/11(土) 07:21:21 | URL | てんてけ #59SZOI/Y[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>日本大好きさん

結局、マスコミが騒いでいる、または騒ぎやすいものを取り上げてるに過ぎないんですね。民主党は。

>bulldogさん

この手の国会運営で今まで何度も失敗してきたのに、同じ轍を踏む、と。変わる気なんてこれっぽっちもありゃしないんですね。きっと。

>日本国民さん

今回は期待してたんですけどね・・残念です。

>バナナさん

追求する側の民主党に刑法犯が多い・・何とも悪い冗談です。

>煬帝さん

シシュポスの苦行-

カミュですか。また読みなおしてみよう。

>dさん

社民程度の野党になっていただくしかありませんねえ・・

>プライムさん

民主党は『提案・追及』の併用で国会論戦に挑むと言っていたのですが、結局前向きな話はせず、責任がどうのこうのと言うのみに終始しています。

>てんてけさん

情報どうもでした。ご苦労様です。
2006/02/11(土) 08:50:21 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。