管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国様のデッドラインってなあに?
 先月20日に中国政府が橋本元首相など『媚中派』議員に、胡錦濤主席以下首脳との会談を要請した、というニュースを以前のエントリーで紹介しました。中国様に逆らわない議員なら会ってやるという、あまりに露骨な『媚中派』贔屓ということもあってか、訪中するのでは?と聞かれ、非難される事を恐れた橋本氏は一時この話を否定していました。(Yahoo ニュース)

 ところが、ほとぼりが冷めたと判断したのか、また『媚中派』訪問団が胡錦濤氏と会談するという話が浮上して来たようです。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

日中関係改善「小泉首相に期待せず」 中国・国務委員

2006年02月09日01時01分

 自民党の野田毅衆院議員(日中協会会長)は8日、北京で唐家●(タン・チアシュワン)国務委員(副首相級=外交担当)と会談した。野田氏の説明によると、唐国務委員は小泉首相の靖国神社参拝に関連して「小泉首相にもう期待はしていない。在任中に(両国関係が)好転する可能性は非常に小さい」と述べ、首相の任期中に日中関係の改善は困難との考えを示した。

 両者は、日中協会などの日中友好7団体のトップが3月末に訪中することで一致。唐国務委員は「中国の主な指導者と会見してもらい、その場で重要な談話を発表する予定だ」と述べた。野田氏のほか、橋本龍太郎元首相(日本国際貿易促進協会会長)や高村正彦元外相(日中友好議員連盟会長)らが訪中し、胡錦涛(フー・チン・タオ)国家主席との会談を調整する方向だ。

 また唐国務委員は、日中関係について「中国はデッドラインを明確にする」と述べた。野田氏は「歴史認識や台湾問題については譲れない、という意味だと受け取った」と記者団に説明した。

●は王に旋


 やっぱり行くんですね(笑)。わざわざ『媚中派』認定されに行くとは・・空気が読めないというか何と言うか。で、会談で中国側が『重要な談話を発表』する時に同席している、と。談話内容の想像は大体出来ますが、声高に靖国参拝を非難したり、正しい歴史認識が云々と日本政府を糾弾する場に橋本氏などの『媚中派』政治家が頭を垂れてすまなさそうに拝聴する、という中国のお芝居に協力するわけだ。

 さて、上記事中で唐国務委員が『小泉総理には期待していない。』と発言したことについて、安倍官房長官が反論しています。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

安倍官房長官:中国・唐氏の発言「不適切」と批判

 安倍晋三官房長官は9日午前の記者会見で、中国の唐家セン国務委員が日中関係改善で「小泉純一郎首相にはもう期待していない」と発言したことについて、「事実とすれば一国の指導者の発言としては不適切だ。日中関係を重視すると表明している中国指導者の発言にも合致しない」と批判した。そのうえで「日中関係を未来志向で発展させる方針に変わりはない。中国の胡錦濤国家主席を中心とする中国指導部も同様の立場と認識している」と語った。

毎日新聞 2006年2月9日 12時05分


 まさに正論ですね。中国の指導部は事あるごとに『未来志向で云々』と言ってますが、実際は過去にこだわって会おうともしない。それどころか『媚中派』の大物(笑)議員を沢山招いて胡錦濤氏と会談させる、なんてあてつけをしようとしてるわけですから。安倍氏が批判するのは当たり前だと言えます。

 もう一度話を上記事に戻します。今回、会談をセットするために中国へ出向いた野田毅氏は何か中国に苦言を呈してきたんでしょうか。日本の議員、それも政権与党の自民党の議員なのに、小泉総理と会談するよう迫ったようには見えません。ただ中国様のご宣託をありがたく拝聴してきただけ。話を聴くだけならサルでも出来る。なにが日中協会会長だよ。『中共乃奴隷協会』に名前を変更したらどうか。

 まあ、中共の奴隷達の話はこれくらいにして、唐氏の発言で気になるのは『デッドラインを明確にする』という箇所ですね。デッドラインねえ。次の総理が靖国参拝したら国交断絶するとかそういう話なんでしょうか。アホですね。自分で自分の首を絞めることになりますよ?これは。

 次の総理を靖国参拝などしない人物、もっと言えば中国様に恭順を示す人物にさせようという事でしょうが、こういった露骨な手段を使うから、日本の国民が反発して安倍、麻生待望論に繋がってるのに。

 それに、さらなる強硬な恫喝をしたところで、国交断絶したり、日本企業が一斉に撤退したりして本当に困るのは中国ですよ?そんな事出来るはずが無いってことは、中国の指導部が理解してると同じく、日本の国民だってとっくに見抜いてます。もういくら恫喝したって動じないし、逆に中国にとって嫌な相手が次の総理に選ばれる可能性が高くなる。何やっても裏目に出ますよ。
ま、せいぜい媚中派とお遊戯でもしてなさいってこった。


関連エントリー:中国様 『媚中派には会ってやる』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
ここまで丸見えでも媚中を貫くどアホウがどれほどいるのか、今回は完全に見世物ですね。日本国民も中共すらもそういうスタンスのもとで見物する状態ともいえましょう。
さて嘲笑の準備しなくちゃ!
2006/02/10(金) 08:21:01 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
中共内部の焦りがあるのかもしれません。
小泉首相以降、チャイナスクールや媚中派の影響力がとみに低下しているから焦っているのでしょうね。
 小泉首相に期待しないというのではまだ甘い。今後の小泉路線継承者にの方が正しいでしょう。日本では中韓に対しては小泉路線が続くでしょうから。媚中派が政権を取っても民意がないからボロ負けして、政権党降りる羽目になると解っているでしょうから。そもそも媚中派に居場所がないというのが現在の実状なんでしょう。
 中華思想という過去の遺物に北京が縋らざるを得なくなったのが江沢民以降の政権の特徴です。
 江沢民時代迎合していたから成立していたのですが、小泉さんの代で日本がやめて政権維持に不可欠な中華の盟主という権威が崩れつつあって焦っているのではないかとも考えられます。
 そうだとしたらデッドラインとは中華の盟主たる権威維持に協力するということでしょう。到底日本には受け入れられないですから交渉の余地がない。
 媚中派のお歴々は、まだこちらの実状を教える為の利用価値はあります。実権を今以上に奪う事が必要ですが。小泉さんは案外そこら辺はぬかりないでしょう。
 まだ希望があると思わせてどんどん泥沼に引きずり込むには最適ですしね。媚中派諸君。とりあえず後注進に励んでください。あなた方にはそれ以外もう出来ないんですから。
2006/02/10(金) 09:16:57 | URL | 暇人 #ubwXA8Lk[ 編集]
中国の言うこと、やることは全て裏目にでます。一見彼らが優勢のような雰囲気でも、日本人は彼らより遥かに賢明で、きちんとした答えを出しています。
政界から引退を余儀なくされた橋本なんかに会ってどうするのでしょうね?媚中に徹すれば会ってやってもよいというデモンストレーションなのか、彼らに日本の国内世論の喚起を期待してなのか分かりませんが、全く無意味です。また中国お得意の女性攻勢が話題になるだけ。
2006/02/10(金) 09:51:55 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
野田毅まだいたんですねー。影が薄いのでもう死んだのかと思ってましたが。まだ中国のメッセンジャーボーイを務めているんですな。馬鹿が!靖国問題の神通力が失われた今、中国首脳が本当に当惑している姿が目に浮かびます。そもそも日中友好協会など中国の要求を唯々諾々と受け入れ、外務省とぐるになって日本を中国に売り渡してきた張本人です。媚中派3人の訪中要請があったとか。日本は民主主義国家ですから、野田、橋本、高村3氏が訪中するかどうかは彼らの自由ですが、この3氏、頭をかかえているのでは?ここで訪中を断れば、昔日の悪事の数々が中国側によって露見するかもしれないし、訪中すれば国内でふくろ叩きにあい、政治生命すらヤバくなるし、というところですか。中国も対日では手詰まりと見える。こんな生きたシーラカンスみたいな人物しか手駒に使えないとは!お気の毒ですな。ところでデッドラインてなんでしょうね。多分彼ら一流のブラフと思いますが、もし国交断絶を意味しているのならば大歓迎です。中国は世界中の笑いものになりますな。さしあたり正当な日本政府は中国を徹底的に無視すればよい。
2006/02/10(金) 10:36:02 | URL | bulldog #-[ 編集]
いやあ流石に面白いですね。
よくもまあヌケヌケと支那に、媚中売国奴が列を成して朝貢てな具合ですね。
アナクロの極みまさにファンタジックです。

これって、例の将軍様の御船が新潟に来た時に在日工作機関の患部が直々呼ばれてお伺いを立てるってやつと同じですね。

まあ支那の親分に各々の稼ぎ具合を報告方々、盆暮れの餅代を受け取ってくるということでしょうなあ。
2006/02/10(金) 13:26:09 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
中国は、昨年12月20日に唐氏や一時帰任中の王毅駐日大使ら10人が出席して北京市内で極秘に開いた「対日工作会議」で、「後継首相の靖国参拝を阻止するため、小泉首相を徹底的に攻撃し、孤立化させる」との今年の対立基本方針を決定した。首相を「孤立化」させるため「政財界工作、民間交流などを幅広く展開する」ことも確認した。  (毎日新聞)

橋本元首相は、中国との対日工作に協力するんですね。
しかし、ここまでいわれて中国で商売している企業は、自ら人質になったようなものだと思うのですが、経団連はどんするんでしょう。それが気がかりです。
戦後の引揚者のような目に遭わなければ良いのですが…
2006/02/10(金) 14:14:52 | URL | とん #-[ 編集]
中国は、腹の中では日本の代表者と話がしたいのではないだろうか?しかし、唐氏のいう『デッドライン』の制限により、総理が靖国参拝を続ける限り、それをすることができないもどかしさがあるのではないか。昨今の中国事情をみると、問題山積のようである。たとえば、多種の公害問題が多発している。日本はその問題をクリアした経験と実績がある。中共は、その経験を生かしてノウハウ及び技術を指導してもらいたいと思っているに違いない。このほか相談にのってもらいたい事項はたくさんあるに違いない。中共の表面はこわもてだが、内心は体制の崩壊の予兆におびえている、というのが実態だろう。
そのため、媚中派を呼びつけ小泉総理に靖国参拝を中止するよう、とりなしを要求するという構図なのかな、と思う。
2006/02/10(金) 14:46:18 | URL | プライム #-[ 編集]
辛いアルヨ~!、チウコク名物四川(死線)料理アル!
ハァ?、なんすか?、デッドラインって。
コメント送ったんですが、例によってPC不安定でロストしちゃいました。
んで、一言だけ、
中華人民、並びに媚中派議員、

     ゴートゥヘル!!。
2006/02/10(金) 18:37:13 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>日本大好きさん

今回は完全に見世物ですね-

ええ。バッチリ笑わせていただきましょう。

>暇人さん

では、橋本氏などを『土下座担当大使』にでも任命しますか。ただし、あくまでも個人の責任の範囲内で(笑)。

>日本国民さん

ですね。中共に持ち上げられれば持ち上げられる程、怪しさも増して行きますね。今度は誰の醜聞が暴露されるのやら。

>bulldogさん

中共は何言っても実行には移せませんね。日本の政治家もその辺は理解してるはずなんですが、ダメですねえ。

>通りすがりさん

盆暮れの餅代を受け取ってくるということでしょうなあ。-

そうでしょうね。ついでに指令も受けるみたいですし。何が大物議員だよ・・

>とんさん

その記事、私もみました。露骨ですよね(笑)。商売人に関しては、あまりに深くコミットしてる確信犯は潰れていただきましょう。要らないですよ。商売のために国を売る企業なんて。

>プライムさん

まあ、今更媚中派を呼んだところで何が出来るわけでもないですけどね。もう日本が折れるわけにはいかないですし、中共には自滅していただきましょう。

>怒る小市民さん

あらら・・まだPCの具合が良くないんですね。
2006/02/10(金) 19:29:07 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
野田毅は自分が党首だった党を見捨てて自民党に復帰した屑でしょ。こんな節操の無い政治家は流石に見たことが無い。

中国は「デッドライン」なんて言葉を使った以上、想定外の危険な行動に出るかそれとも笑いものになるかを選択せざるを得ない。
油断は禁物ですよ。
2006/02/10(金) 22:59:30 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
情報合戦が暗躍してる。
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/(軍事評論家佐藤閣下のブログ)
ここに大変有意義で面白い内容が書かれています。誰が今度の訪中団の黒幕でしょうね?政府転覆を企ててるのは?
連日の論壇(目安箱)に冷泉文江の怪人物に3日間連続投稿掲載して皇室への誹謗中傷を止めないのはどういう企図か?
(文芸評論家山崎行太郎日記)
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/  を読むと論壇のURLも出ています。
又皆様が知りたい(きっこの日記)が
nikidou・comで正体を告白しています。
http://www.nikaidou.com/column02.html
2006/02/11(土) 00:22:09 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
ごぶさたです。
でっどらいん、プリーズウッッッ!!!明日でも明後日でもいい!なんなら今日でもいい!!早く!早く!早くうー!!一刻も早く国交断絶したいーっ!
2006/02/11(土) 00:44:13 | URL | 未定 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
3月末に最高指導者と会談 橋本元首相ら訪中へ  中国を訪問中の野田毅元自治相(日中協会会長)は8日、北京で記者会見し、橋本龍太郎元首相ら日中友好7団体のトップが3月末
2006/02/10(金) 19:48:58 | 或る浪人の手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。