管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続報 中国に先端技術を垂れ流す日本
 先日のエントリーで、ヤマハ発動機が軍事転用可能な無人ヘリを中国に不正輸出していたというニュースを紹介しました。捜査当局による調査で明らかになった新しい事実があったようなので、今回はその続報を紹介します。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

中国軍系企業にも1機…ヤマハ発動機ヘリ不正輸出

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)製の無人ヘリコプターを巡る外為法違反(無許可輸出)事件で、同社が中国に不正輸出したヘリは11機で、このうち1機は直接、中国人民解放軍系列の武器製造企業「保利科技有限公司」(ポリテク、北京市)に送られていたことが27日わかった

 ヤマハ発動機はこれまで、中国への輸出は「航空写真撮影会社への9機のみ」と虚偽の説明をしていた。静岡、福岡両県警の合同捜査本部と経済産業省は、ヤマハ発動機が、ヘリが軍事転用される危険性を認識しながら不正輸出していた疑いが強いとみて、詳しく調べる。

 ヤマハ発動機が中国側と取引を始めて以降、ヘリの代金とは別に、中国側から「役務代」として毎年数千万円が送金されていたことも新たに判明。捜査本部は、その趣旨についても調べを進める。関係者によると、11機が輸出されたのは2001年から昨年にかけて。このうち、2003年11月に輸出された1機が、ポリテク社に送られた。

 このヘリは「自律航行型RMAX」。ヤマハ発動機のホームページによると、初めてGPS(全地球測位システム)を搭載し、あらかじめ入力すれば無人で自動飛行する。偵察・観測など軍事目的への転用は容易で、生物・化学兵器を搭載することで、大量破壊兵器になる危険性も指摘されている。

 当時の経産省令は、自律航行が可能な無人航空機を輸出する際、同省の許可が必要と定めていたが、同社は許可を得ていなかった。

 他に輸出された10機は、いずれも航空写真撮影会社「北京必威易創基科技有限公司」(BVE、北京市)向けだったが、これも無許可で輸出されていた。輸出の手続きが行われたのは、11機すべて名古屋税関浜松出張所で、いずれも航空貨物便で運ばれていた。

 一方、ヤマハ発動機が2001年以降、中国側から送金を受けていたのは毎年3000~5000万円。こうした取引の実態は、同社が保管していた契約書類などで判明した。捜査本部は、BVE社に輸出されたヘリについても、ポリテク社など軍事関連組織に流れた可能性があるとみて、輸出経路を調べている。

 ヤマハ発動機広報グループは「9機をBVE社だけに輸出したとの認識に変わりはない。詳細なコメントは控えたい」としている。
(読売新聞) - 1月28日3時7分更新


 あらら・・直接人民解放軍関連の会社に輸出ですか。で、この『役務代』って技術指導やコンサル料として受け取っていたんでしょうか。そういえば、前回のエントリーで引用した記事中にこんなことが書いてありました。


BVE社関連のホームページでは、ヤマハ発動機の無人ヘリ「RMAX L181」について「操作は簡単で、発展改良すれば軍事分野にも転用可能」などと動画で紹介している。この動画には、ヤマハ発動機のロゴが胸に付いた青色の作業服を着た作業員が無人ヘリのエンジンを説明しているシーンのほか、迷彩色の戦闘機の前を飛んだり、高性能の小型カメラを内蔵したりしている映像もあった。 (asahi.com)


 これですね。ヤマハ発動機は『軍事転用されないように対策を講じていた』と、発表してましたが『軍事転用可能』と紹介する動画にヤマハの作業服を着た人間が出ていたり、『役務代』を貰っていたという事実を見れば甚だ疑わしい。この期に及んでまだシラをきっていますが、いい加減認めたらどうだ?もう言い逃れは出来ないと思うが。

 さらに、輸出の際に税関へ提出した書類などを偽装したと言われていましたが、関連の続報も入ってきました。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下引用)

押収ヘリに別機種の付属品=会社発表と食い違う-ヤマハ発不正輸出事件

 ヤマハ発動機(静岡県磐田市)が中国へ無人ヘリコプターを不正に輸出しようとしたとされる事件で、静岡、福岡両県警合同捜査本部が押収した無人ヘリについて、同社は「RMAX L181」と発表しているが、実際には別機種の「RMAX L175」と書かれた段ボール箱に梱包(こんぽう)されていたことが 27日、関係者の話で分かった。両機種は外見上は大きな違いがない。箱の中からL175で使う農薬散布用の電波送信機も発見されており、捜査本部は輸出機種を偽装しようとした可能性もあるとみて機種の特定を急いでいる

 これまでの調べでは、ヘリの販売を担当するスカイ事業部が作成し名古屋税関に提出した書類には、輸出しようとしたヘリの機種を、同社が事件後に発表した「L181」ではなく、「L175」(RMAX TypeIIG)と記載されていたことが分かっている。関係者によると、押収ヘリの入っていた段ボール箱にはこのほか、L175用の取扱説明書も同封されていたという。
 捜査本部は、同社の発表機種と税関提出書類や付属品の機種とが食い違っていることから、押収ヘリの飛行実験を行うなどして性能を検証することも考えている。 
(時事通信) - 1月28日6時3分更新


 うーん。限りなくクロに近くなってきましたね。書類の偽装だけではなく、梱包も偽装していた、と。これで書類の記入ミスという言い訳は通用しなくなりましたね。それに、軍事転用されることを理解した上で、日本の法を破ってまで輸出したということならば、『軍事転用されるとは知らず、不可抗力でした』なんて言い訳も当然通用しない。

 ヤマハ発動機に捜査が入った当初、ヤマハ側は『法の範囲内で適切に対処した』と発表していましたが、書類、梱包の偽装だけを見ても違法性の認識はあったとみてよいでしょう。問題が無い製品ならば、偽装する必要は全く無い。シラをきってないで、キチンと説明する義務がある。

 それにしても、なぜこのような不正輸出に手を染めてしまったのか。単純に金儲け第一というモラルの欠如から来るものなのか、それとも事件発覚の発端となった中共のスパイなどによる工作で何か重大な弱みを握られたのか、あるいはその両方なのか。今後の捜査の進捗を見守りたいと思いますが、ヤマハ発動機はこれ以上のイメージ失墜を防ぎたいのならば、率先して全ての情報を公開すべきだ。

 また、この重大事件をほとんど報道しないマスコミにも怒りを覚える。いつまでもライブドア問題ばかりに注目してないで、こっちを報道しろ。


関連エントリー:中国に先端技術を垂れ流す日本


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うーん、見苦しい、ジタバタしていっそう恥を上塗りするよりも大企業お得意の”担当者一人の暴走”とでも取り繕って一人クビ切って形式的な謝罪会見してオシマイ、が定番でしょうに余計な画策するからダーティな企業というイメージが強くなるのに。
このヘリ技術でどこかの住民が殺されるようなことがあったらヤマハ発動機は人ごろし企業とみなし一切の商品・株式はキタナイので敬遠します。これが日本人的な”けがれ”精神というものでしょう。武士道精神はじめ大和魂を侮るなよ、ヤマハ発動機!
しっかし、こいつら企業関係者はホントに日本人かなあ・・・こういう時こそ韓国はお得意の在日認定をすればイイのに。
2006/01/29(日) 09:25:54 | URL | 日本大好き #-[ 編集]
このスキャンダルは、福岡県にある中国のある機関(多分諜報機関)の不法就労斡旋に絡んで摘発された事件ですが、もし、この斡旋機関が摘発されなかった場合を想像するとき、まことに心胆を寒からしめるできごとです。この種の不祥事は唯一ヤマハにとどまって欲しいとただただ願うばかりです。ところでこの新たな謎”役務料”というのはなんでしょうかね。想像の域を出ませんが、利敵行為に対する報酬でしょう。
だとするとこれはもう経営陣の首は間違いなくすっとびますね。こんな腐敗した、売国経営陣は総入れ替えして、健全なヤマハに立ち直って欲しいものです。それにしても日本を代表する大企業が年に3000万ないし5000万程度のはした金で、我が国を売っていたとは情けない。
2006/01/29(日) 10:31:33 | URL | bulldog #-[ 編集]
売国企業に厳しい罰を
ヤマハは不正輸出であることを認識した上で偽装までして出していたことがはっきりしてきましたね。極めて悪質です。中国と相当深い黒い繋がりがある様子。徹底的に暴いて欲しいものです。
警察の白バイはまさかヤマハ製ではないのでしょうね。今後は官公庁の調達からヤマハのような売国企業は排除すべきです。
2006/01/29(日) 11:53:03 | URL | けんじ #-[ 編集]
例のブツは届いたアルカ?→や、まは(未だ)だ
寒いギャグすいません。
こいつら確信犯ですね。それを法を犯した認識がないと見苦しい弁解をするあたり、悪質です。ある意味、三菱自動車や雪印よりも罪深い。担当部門の姑息な偽装工作といい、これは日本を代表する企業による反逆罪でしょう。
第一なんでしょう、「役務代」って?。日中の緊張関係を充分承知しながら、複数年に亘って反日中国の片棒担ぎですか。
この上、ココムの協定に抵触するのは知らなかったとでもシラを切るつもりですかね。
くだらんライブドア騒動はいい加減終わりにして、こっちをクローズアップすべきです。それとも、経団連あたりの圧力で、意図的に報道しないんでしょうか。
2006/01/29(日) 12:16:38 | URL | 怒る小市民 #-[ 編集]
ライブドアは自分を売っただけ、国を売ると云う程のものでは無い、比べてヤマハは国を売ったと同罪ですね。

ヤマハはトヨタのエンジン部門も担当している分野が有りますが当然、中国にも行っているんじゃ無いでしょうか。

一流の日本企業が此れですから怖いですね、自国に跳ね返って来るのを予想もしないのですから病気ですね。
2006/01/29(日) 18:05:16 | URL | 嫌! #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは

>日本大好きさん

そうなんですよ。やましい事がないなら、事実関係の説明をすればいいのに、当初の発表から何ひとつ変わってないし、何もアクションを起こしてない。逆に疑わしいですね。

>bulldogさん

役務料って、何だか怪しい名前ですよね(笑)。その辺も何か言及があれば、私達も疑いを強める必要はないのですが、『やってない』を繰り返すのみ。マスコミが騒げば、もう少し事件の全容が見えてくるんですけどね・・

>けんじさん

ヤマハの件は思ったより悪質ですね。しかもやり方がいかにも姑息です。日本企業も堕ちたもんだ・・

>怒る小市民さん

ハッキリ言って、ライブドア問題なんかより数千倍大きい問題ですよね。マスコミは何にビビッてるのか知らないけれど、あまりに扱いが小さいように感じます。

>嫌!さん

仰るとおり。ヤマハは国を売ったも同然です。こんな事を許していたら、日本が成り立たなくなる。
2006/01/29(日) 19:30:34 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
これが氷山の一角じゃないことを願うよ。こういう軍事目的に転用可能な技術を持ってる企業って国は重宝しがちだがそれだけに監視の目を光らせないととんでもないことになります。自由経済との折り合いが難しいところですが問題提起の意味でももっと報道するべきです。
2006/01/29(日) 19:34:06 | URL | J #-[ 編集]
国賊。国辱。恥知らず。日本人はどこに行ってしまった。責任を取る人がいない。大した責任もとらないくせに、、。昔は腹を切った。それが日本人の責任の取り方です。
2006/02/03(金) 18:34:16 | URL | shigebo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 陸上自衛隊の地対空ミサイルデータの北朝鮮流出疑惑やヤマハ発動機による無人ヘリコプターの対中不正輸出など、わが国の安全保障を脅かす出来事が相次いでいる。 これらは日本国内で依然、スパイ活動が活発に行われている証左で、スパイ防止法が存在しないわが国の安保体
2006/01/29(日) 17:36:45 | 世界日報サポートセンター
日本会議メールマガを転送しますのでご参照いただければ幸いです。世界的な米軍再編問題の中で、我が国の米軍基地の整理・移転問題が日米間でも議論になっています。具体的には、
2006/01/29(日) 18:46:36 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
>坂 眞さん、これは脇の甘さでも平和ボケでもなく、中国の産業スパイによる工作なんじゃないでしょうか?防衛庁が軍事目的でこのヘリを購入してサマワで使用してます。つまりヤマハ発動機は確信犯であって、公安による全面的な査察が必要だと思います。
2006/01/29(日) 23:25:35 | 依存症の独り言
このところ立て続けに外国為替管理法違反(輸出貿易管理令別表第1輸出許可品目)事件が発生している。<不正輸出>外為法違反容疑で2社捜索 山口、島根両県警↓http://headlines.yaho
2006/02/17(金) 23:35:43 | 釣りキチおやじの言いたい放題
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。