管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
橋本派の凋落 利権構造崩壊へ
 先日、日本歯科医師連盟(以下日歯連)から旧橋本派の政治団体『平成研究会』(以下平成研)へのヤミ献金問題で起訴されている、元官房長官村岡被告の公判に自民党参議院のドン、青木氏が弁護側証人として出廷した。公判ではヤミ献金授受の現場に旧橋本派の幹部が出席していたかどうか、日歯連からの一億円を政治資金収支報告書に記載せずに提出する決定に関わっていたのは誰か、と言う事が争点になっている。

 ヤミ献金の授受が行われた会合の席に出席した日歯連側の幹部は、会合の席には橋本元総理、野中元官房長官、青木参院議員会長などの幹部が出席していたと証言し、政治資金収支報告書への不記載についても、旧橋本派の会計担当者から、幹部が決定に関与していないはずは無いとの指摘を受け、上記3名はそれぞれ東京地検の取調べを受けますが、会合に出席した記憶は無く、収支報告書に関しても記憶が無いとシラをきり、元会計担当者に責任を押し付けて不起訴が決定。大物政治家側からは、村岡元官房長官だけが起訴を受ける形となっています。

 今回の公判で青木氏はあらためて一億円の小切手の受け取りに関しては記憶が無いと述べていますが、『橋本氏や野中氏が青木氏も会合に出席していたと言うのなら、否定はしない』と関与をほのめかせる証言をしました。

 この『記憶に無い』というのは、一昔前に自民党の利権政治家が追い詰められた時の最終兵器として使っていた技でして、追求から逃れられないと察知すると急に老け込んだ演技で、どんな質問にも『記憶にございません』と答えて逃げ切りを図りました。最近はあまりこういう人を見かけなくなってきたのですが、さすがは利権政治家の牙城、旧橋本派ですね(笑)

 こんなニュースが昨日報道されました。ご覧下さい。(読売新聞から以下引用)

旧橋本派の政治資金、15億円が“行方不明”に
 総務省は30日付で、2004年の政治資金収支報告書(総務相所管分)と政党交付金使途報告書を公表した。政党や政治団体が集めた政治資金の収入総額は、前年比1・4%減の1381億円だった。

 自民党旧橋本派の政治団体「平成研究会」の04年分の報告書では、03年から04年への繰越金を2億9700万円と記載していた。昨年の報告書では、同じ03年から04年への繰越金を18億5300万と記載しており、15億円超の大幅な乖離(かいり)が判明した。

 過去の報告が実態とかけ離れた虚偽だったことを旧橋本派自らが認めたことは、政治資金公開制度の形がい化を露呈し、制度への国民の信頼を損なう格好となった。

 旧橋本派の報告書には、「15億円の乖離(かいり)」についての説明はなく、報告書上は、巨額の資金が行方不明となっている。旧橋本派は、異例の「宣誓書別紙」を報告書に添付したが、そこでは、「繰越金に乖離(かいり)が発生」と認めているが、「引き継ぎが不十分で、かつ過去にさかのぼることもままならない」として、事実上、説明を放棄している。
 同派事務総長の津島雄二・元厚相は29日、都内で記者団に対し、15億円の行方について、「解明する資料はない。長年、実態と乖離(かいり)した会計処理を続けてきた結果だ。特定の人にしか(会計の実態が)わからない仕組みだった」と述べるにとどまった。

 関係者の話を総合すると、差額の多くは、派閥の所属議員の活動資金や、国政選の候補者への選挙資金などとして流れていたようだ。使途を明らかにしたくない金を、「繰越金」として処理しているうちに名目上の金額が膨らみ、実際の繰越金はほとんどなかったと見られる。

 これまでの報告書によると、旧橋本派は03年までの5年間、毎年の繰越金を20億円前後と報告してきた。旧橋本派以外の各派の繰越金は、04年の報告書では多くても1億円余だった。


 政治資金収支報告書は、献金などによって集められた政治資金に透明性を持たせるため、政治資金規正法によって提出が義務付けられています。旧橋本派の行方不明の15億円は、この報告書に記載しなかった為に発生したものですが、いかにいい加減にお金を扱ってきたか良くわかりますね。
 規正法では特定の議員個人に政治献金が出来なくなったため、『平成研』などの政治団体に献金が集まるわけですが、献金者が政治家に直接陳情したい場合などは、政治団体に一旦寄付した後、特定の政治家に金が渡るように図るといった『迂回献金』があり、問題視されています。

 この15億円という大金の全部とは言いませんが、多くはこの迂回献金によって政治家個人に金が渡り、利権構造がバレるとまずいことになる為に繰越金として処理していたのでしょう。旧橋本派の最高幹部であった野中氏、橋本氏が相次いで政界を引退した事を受けて行方不明金を発表したのは、利権政治家を派内から一掃し、派閥再興を狙った動きであると言えます。

 団体(企業を含む)あるいは個人は、自らの理想や考え方に近い政党、議員に献金という形で応援し、政党、議員は特定の団体や個人に偏らない政治を行うというのが理想形ですが、利益誘導したい団体、個人と、行政などに影響力を持っているが政治資金が欲しい与党議員が結びついてきたのがこれまでの現実でした。

 旧橋本派は田中角栄率いる田中派の後継派閥として、小泉総理誕生以前の自民党では絶大な影響力を持っていました。田中派は田中角栄氏の強力な資金調達力を背景に勢力を拡大し、日本が高度成長を続けていた時代に、現在問題となっている道路やハコモノといった建設を中心とした公共事業を積極的に展開して日本は便利な国になりましたが、バブル崩壊後、長期の不況に陥った90年代、田中角栄氏亡き後も田中派の後継者たちによって、この公共事業積極推進の動きは止まりませんでした。

 田中氏の功罪は賛否いろいろありますが、政治の世界に公然と大利権構造を残してしまった点では罪あり、と言えるのかもしれません。田中後、政治家の力の象徴は金となり、資金力のある者が政治の中枢を占める状況が最近まで続いていたのは記憶に新しいところです。この様な勢力の跋扈を許してしまったのは、当時の野党第一党であった社会党に政権担当能力がなく、『自民党には金権問題があるが社会党じゃあなあ・・』といった感じで国民に選択肢がなかったことにあります。

 90年代に自民分裂による政界再編(混乱?)があった際、この構造を潰すチャンスが一度だけあったのですが、新党が乱立し、見境のない野合を繰り返しただけで、結局55年体制下で不倶戴天の敵であるはずの社会党と連立を組むという、ウルトラCを決めた自民党が政権の座に戻る事になり、この驚天動地の連立を主導したのが、旧橋本派のドン『野中広務』氏でした。

 野中氏は『どうしてこの人自民党にいるの?』と思われる程、社会党に近い存在であり、野中氏がいるから社会党も連立を組んだと言われたほど。自民を政権に返り咲かせるという大仕事を成し遂げた野中氏は当然、党内、派閥内で力を持つことになり、利権構造をぶち壊すために始まった政界再編は、利権構造の元凶田中派の後継派閥である橋本派が勝利するといった皮肉な結果となったのです。

 神も仏も無いと諦観していた国民でしたが、2001年小泉総理の登場によって状況は激変します。自分が所属する政党をぶち壊すと宣言し、利権構造を破壊する『構造改革路線』を推進し、改革に反対する『抵抗勢力』をぶっ潰す!と、突然現れた『変人』に、諦めていた政治が正常になるのではないか?と、国民は熱狂的な支持率で小泉氏を応援しました。

 これまで4年間にわたる『小泉構造改革』は、改革は進んでいないといった批判もチラホラと聞こえるようになって来ました。私自身、支持できない政策や法案もたしかにあります。しかし、政治の頂点で私益を欲しいままにしていた利権議員を苦しい立場に追い込み、主流派から追い落とした事は賞賛に値すると考えます。

 道路公団がもうすぐ民営化される中、旧橋本派の会計事情がずさんで最悪であった事が明らかとなり、未だに利権を死守するために蠢いている議員は怯えているでしょう。迂回献金の実態が暴かれることになれば、旧橋本派はもちろん、自民党に古くからいる議員も無事では済まないでしょう。かなりの政治スキャンダルになる事は必至ですが、今なら出来る。

巨大与党になった今こそ、利権議員を一掃すべきだ!



banner 
  ↑ ↑ ↑ 
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。




 

 
 
 






 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
もういらない
一掃されて欲しいのは農協の利益を守ろうとする議員たちです。
2005/10/01(土) 00:35:06 | URL | CCNP #nStT3dI6[ 編集]
訪問ありがとうございます
農協に関しては、すでに設立当時の目的を達していますので、縮小→解体が望ましいですね。
2005/10/01(土) 08:40:54 | URL | 管理人 #-[ 編集]
gecko
「ヨメさんに『ありがとう』『きれいだよ』『あいしてる』を毎日伝え続ける」

たぶんこれはやっていてよかったし、これからも続けていきたいと思っていることだ。その友人も起業の時点で妻子のある身。奥さんと子供に対する感謝の思いは誰にも負けないと言う。その彼でも一つ目は言えても、二つ目・三つ目はなかなか言ってないという。そりゃまあそうよね、はずかしいし(^^;

でもこれを伝え続けていると、物心両面いい効き目がある。仕事の面でもいいバロメーターになる。

「ありがとう」という感謝の言葉を言えるには、自分よりも相手のことに目が向いてないといけない。一番大切な人にありがとうを素直にいえないくらいに周りが見えていないときは、お客様や仕事相手にも当然いいありがとうを言えていない。いいありがとうが言えない仕事の仕方では、その仕事は決して長続きしない。

「きれいだよ」というのは”ほめ”の言葉だ。”ほめ”というのは、正直ちょっと言いすぎかな、くらいがちょうどいい。ほめられてうれしくない人はいないし、人をほめていると自分も気持ちが上がってくる。でも、そんないい”ほめ”は心の余裕のないときには出てこない。いつも心の余裕を保っていられるように、自分を律していなくてはならない。

「あいしてるよ」というのは大切なものを大切だと伝えるための言葉だ。これを恥ずかしがらずに口にできるうちは、自分がまだ正直な心を保っているのを確認できる。これが言えるうちは、言葉であれ態度であれ、大事な社員や仲間に「おれはあなたが大事だ」というのを伝えることができる。正直な心で人と向き合うことができる。

もっともらしく並べてみたけど、まあ一番の効果は家庭円満でいけるってことです、はい。
2009/04/04(土) 03:44:57 | URL | gecko #B5xJS3l2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 昨日・今日あたり、どの新聞紙でも政治資金収支報告書に関する記事が紙面を埋め尽くしていた。1面、2面そして政治面にという具合だ。  一方、29日に文部科学省が発表した学校のアスベストの実態調査に関する記事も同じ紙面上に大きく掲載されていたのに気がつかれただ
2005/09/30(金) 20:57:37 | よろずもめごと論
もはや時事ではないかも知れませんが、北朝鮮にテポドン2号の発射の兆候があるとのこと。(今頃いうなよ、俺)   よくまあこんなにワンパターンにできるものだ。いわゆる 「お約束」 である。   あの国にとって、カードは限られている。経済封鎖・拉致問
2006/05/21(日) 22:59:42 | 我流
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。