管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主化への道を逆走する中国
 米国に続き日本が『自由・民主主義』の旗を標榜し、外交戦略の基礎に据えつつある現在、未だ共産党一党独裁の『非民主国家』である中国には、外からの大きなプレッシャーとなって圧し掛かっています。中国国内では主に下からの圧力として『民主化要求』が高まり、胡錦濤現主席もある程度民主化に理解を示していると言われてきましたが、社会不安を背景とした暴動や争議の頻発、民主化に否定的な江沢民前主席などとの権力闘争も絡み、国内情勢が民主化とは逆の方向へと導こうとしているようです。

 17日、昨年死去した趙紫陽氏の一周忌を控え、中国では何か動きがあったようです。こちらのニュースをごらん下さい(共同通信から以下引用)

趙紫陽氏の追悼で拘束 

 【北京15日共同】1989年の天安門事件で失脚し昨年1月に死去した趙紫陽・元中国共産党総書記の追悼式典開催を呼び掛けた民主活動家の李金平氏が14日、治安当局に拘束、連行された。関係者が明らかにした。
 李氏は式典開催をインターネットを通じて呼び掛けた後、自宅に軟禁されていた。中国当局は趙氏の1周忌に向け民主活動家らに対する監視を強化している。


 昨年11月に胡錦濤派の主導で民主化に理解を示し、天安門事件で失脚した趙紫陽氏の再評価、名誉回復をする動きがありましたが、江沢民派によってこの企ては潰され、趙紫陽氏の再評価はなされず、民主化への道筋がまたも閉ざされた、と私は感じましたが、今回の活動家の逮捕によって、改めて中国の民主化への道は遠のいてしまったと認識しました。

 増大する社会不安、頻発する暴動、止まらない環境破壊、と挙げればキリが無い中国社会の闇。民主と独裁、情報の公開と統制など、相反する言葉の中で揺れ動く中、中国政府は新しい方針を発表しました。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下引用)

<中国政府>緊急対応マニュアル発表、実施 指導部に危機感

 中国政府は8日、多発する大規模暴動・騒乱や重大事故などへの対処法を明文化した「突発的公共事件(事故)に関する総合的緊急対応マニュアル」を発表し、即日実施した。「国家の安全や社会の安定を維持するため」(新華社通信)、危機管理能力向上を目指すもので、胡錦濤指導部の危機感が表れている。
(毎日新聞) - 1月9日19時55分更新


 このマニュアルが発表された後に実行された対応がこちら。(大紀元から以下一部引用)

中共の危機意識、武装警察100万人に増強

 【大紀元日本1月15日】中共指導部高官による論文が12日、中共刊行物『求是雑誌』で発表され、武装警察100万人の作戦能力向上について論じられた。民衆や軍人らの相次ぐ抗議運動などの国内社会不安、さらに「中国を包囲する」外国敵対勢力に対し、中共は警戒感を強めていることがうかがえられる。

 ロサンジェルスタイムス13日の報道によると、1989年の天安門事件では、人民解放軍が市民に発砲、国際社会の指弾を浴びたが、中共はそれ以来、武装警察の強化に乗り出している。アナリストの一部によると、北京当局はここ15年、武装警察に多額の予算を充当、解放軍から退役者を配置し、訓練を強化、装備を刷新など、国内騒乱時には軍隊でない武装警察で秩序を維持してきたのだという。

 12日の中共官製側発表の文章によると、「大規模騒乱事件」を対応するのに、武装警察の力が保証されるべきという。それは中国国内の住民不安が増大している顕れ。中共発表の数字によると、中国は2004年、抗議暴動に関係した騒乱事件が74,000件あり、2003年に比較して58,000件増加した。当文章はまた、「西側敵対勢力」は中国を包囲して分裂させようとしていると批判、背後に外国からのサポートがあるNPOとNGO団体が、民主を提唱し、共産党のコントロールを滅する企てがあると攻めた。

 中共公安部は11月の電話会議で、中共の政権に脅迫的存在とされる幾つの項目を挙げた。政府官僚の汚職、農民の土地収奪、貧富拡大などで、民衆の怒りは日増しに高まっていること以外、チベット族、台湾独立、新疆ウィグル族、法輪功、海外亡命の天安門民主運動家なども敵としてリストされた。<以下略>


 高まる不安には銃弾で応える、と。やはり民主化は怖いんでしょうね、中国共産党は。『西側敵対勢力』なんていう言葉を使っているところを見ると、まだ中国は冷戦構造の真っ只中に居るんですね。やっぱり彼らは何も変わっちゃいない。ソ連が消え、民主主義陣営が冷戦に勝利したとはいえ、中国は未だに共産党一党独裁のまま。経済的に豊かになっただけで、本質はなんら変化していない。日本を含め、旧西側陣営は再認識する必要があるでしょう。無防備な宥和は危険だ。冷戦はまだ終わってない。中共の一党独裁が終わった時にこそ、真の勝利が訪れたと言えるでしょう。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
共産党自体が。
そもそも、共産主義自体が独裁と思想統制を肯定していますからね。存在自体が言論と思想の自由が前提の民主主義の敵です。
それに中国の今の民度で民主化したらデマゴギーが跋扈して民主化以前より状態が悪化する可能性も高い。遙かに民度が高いロシアがどうなったかを見れば解るでしょう。
 日本でも思想統制された独裁社会を目標とする共産党が何故、民主主義を守れというのか演説を見る度に突っ込んでみたいと思うんですがね。俺たちが政権取るまでは民主主義を守れ、後は独裁だじゃないのかと突っ込んでみたいですが、言った途端にゲバ棒持った連中が出てきそうでやってません。
2006/01/16(月) 08:54:02 | URL | 暇人 #-[ 編集]
>暇人さん

おはようございます。
私の心はただ一つ、中共の崩壊が一刻も早く訪れて欲しい、それだけです。
2006/01/16(月) 08:58:32 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
難民に対処する
こうなる前に、中国共産党は「反日」に頼る安易な方法を捨て、徐々にでいいから民主化を行うべきでした。

とても残念。もう遅すぎる。

日本は、難民対策(恐らく100万~1000万人ぐらいは出るんじゃないか?)をはじめなければならなくなりそうです。
2006/01/16(月) 11:46:13 | URL | 名無しさん #iydQorAY[ 編集]
>西側敵対勢力は中国を包囲して分裂させようとしている
チベットや新疆ウイグルなどのこといってるのかな?だとしたら分裂じゃなく独立です。いつか中国政府に「あれは侵略でした。あの侵略は間違ってました。」と言わせたい。いつまで反日やってるつもりだ?
2006/01/16(月) 13:05:16 | URL | J #-[ 編集]
現政権は必死に民主化を抑制しようとする。しかし、圧力を受ければ受けるほど人々は民主化に焦がれ、求めつづける。民主化に対する熱望と現体制に対する不満という内圧と、民主化を求める外圧という2重の圧力に対抗するため現政権は必死のデイフェンスをしているようだが、それも長くは続かないだろう。近いうちに現政権は何らかの転向を余儀なくされるだろう。さもないと、この2重の圧力はかわしきれないと思う。その時期は意外と早くくるような気がする。根拠の無い推測ですけどね。
2006/01/16(月) 13:19:12 | URL | プライム #-[ 編集]
彼らのやってるのは後ろを向きながら前進するという離れ業です。

石ころ一つで転びますが。
2006/01/16(月) 13:40:44 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
お久しぶりです
いつもTB、コメントありがとうございます。
パソコンがフリーズして1週間も経ってしまいました。HDを入れ替えして終わりましたがみな部品が中国製なんですね。ということは、PCは時代の象徴ではなくなるのでしょう。確かにすぐ壊れるなぁ・・
中国は豊かになればなるほど人民が自由を政府に要望するでしょうから、体制の維持は困難ですよね。そのとき何が起きるかが「歴史の瞬間」でしょうね。
とこんで北の金ちゃんの中国極秘訪問って何のためなんでしょう??
2006/01/16(月) 14:57:21 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
矛盾を堅持する共産主義
共産主義の本質は独裁と人権抑圧。そのための言論の抑制と情報統制。腐敗と非効率。一握りの支配階級と被支配階級の極端な格差。夢とかけ離れたた現実。この矛盾こそが共産主義を特徴付けるもの。そしてその矛盾を堅持するのが共産主義。
朝日の論調にも典型的な共産主義的矛盾が見られます。
当然そうしたものは破綻するしかありません。
2006/01/16(月) 17:12:14 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>名無しさん

もう遅すぎる-

確かに、徐々に社会の矛盾を正し、緩やかに民主化していく道はもう無いですね。ただ、難民の受け入れは出来ません(笑)。

>Jさん

私も聞いてみたいなあ・・中共が『あの行為は侵略であった。心から謝罪する』なんて言葉。まあ、未来永劫ないでしょうが(笑)。

>プライムさん

胡錦濤さんは舵を切りたいと思ってるんじゃないでしょうか。ただ、今まで様々な矛盾を無理やり押さえつけてきたので、少しでも手綱を緩めると、全部ご破算になってしまうため、思惑とは別の方向に進まざるを得ない、と私は考えています。

>煬帝さん

石ころ一つで転びますが。-

そして、目の前には急な下り坂が待ってる、と(笑)。

>SAKAKIさん

どうもでした。PCがトラブッてたんですね。

中共が踏ん張れば踏ん張るほど崩壊へのエネルギーは膨大なものとなり、その威力も凄まじいものになる気がしてなりません。今年中に潰れてくれんかな・・

金ちゃんについては、諸説入り乱れてますから、何とも断言し難いですが、妥当な線で言えば、米国の金融制裁絡みじゃあないのかな?と思っております。

>日本国民さん

早くああいう政権が地球上から消え去って欲しいものです。

2006/01/16(月) 19:19:57 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
彼らの民族性
根本的に、中朝ではどんな主義であっても言論、思想を管理していかないと、自らでは統治のできないハダハダで低俗な民族なのだろうと思います。

今でも、現政権の転覆を望んで、チャンスを伺う者がたくさんいると思います。そんな中なんとかもっているというのが実情かもしれません。

彼らの反日論も政権転覆の危機を回避するためで、よく日本の会社でも社長なり重責の者が、自らの組織マネージメント能力を棚に挙げ、会社の責任をひっくるめて、全て社員個人の責任にする会社と同じ手法です。

会社に向けられるはずの批判をその個人をいじめることで、問題回避しようとする。

中国、朝鮮民族に置き換えれば全て日本のせいにしていれば、自らの政権は存続しやすくなる。

結局は臆病なんでしょう。

金正日の訪中ぶりをみていてもその臆病ぶりがよくわかります。

そんな反日論を真剣に聞く耳を立てて聞いている日本人がいるのも問題なんですが…。

これからの中国の経済発展と、彼らの現状の政権維持の相反する二つの目的は、国際社会特に先進国から見ればますます異様に写るでしょう。


しかしこんな国でどんなオリンピックになるんでしょうね。

2006/01/16(月) 19:53:53 | URL | 雑感 #-[ 編集]
>中共の政権に脅迫的存在とされる幾つの項目

 「やじざむらい的日々雑感」が入ってねえぞおっ!っていうのは冗談。
 本当のことは言えないでしょうけど、一番の脅威は『自国民』でしょう。カンボジアのクメール・ルージュ(ポル・ポト)って、マオ(「毛」沢東)イズムに駆られて自国民を虐殺しまくったんですが、軟着陸できない共産党政権の末期って、どこの国でもこうなるのでしょうね。
2006/01/16(月) 20:43:12 | URL | 未定 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
おはようございます。

>雑感さん

排外主義は特アの国々が捨てられない悪弊ですね。一時的な高まりなら理解できますが、常に国内の不満を外に向け続けるのは異常というほかありません。

どんなオリンピックに-

人民の祭典、中共の党威発揚の場になる予感・・気持ち悪い。

>未定さん

「やじざむらい的日々雑感」が入ってねえぞおっ!-

わはは・・入ってたらすごい。とっても嬉しいかも。中共の敵と認定されるなら(笑)。

やはり、壮大なクラッシュなくして終わりは来ないのかもしれませんね。何とか踏ん張ってきた期間が長いだけに、すごい事になりそうです。

2006/01/17(火) 08:36:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
中国はもはや末期症状ですね
トラックバックありがとうございました。
最近中国は何かあるとすぐ弾圧に走っていますね。靖国などを口実にしきりに日本を牽制してますし、よほど国内の不満をそらしたいのでしょうか。中国国民の怒りの矛先が中共に集中するのもそう遠くはないと思っています。
2006/01/20(金) 00:38:06 | URL | レッドキラー #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
広東省で住民と警察が衝突、5人負傷 香港紙は死者報道 (朝日新聞) - goo ニュース 新華社通信によると、中国広東省中山市三角鎮で14日夕、陳情のため集まった市民と警察が衝突し、陳情者3人と警官2人が負傷した。ただ、16日付の香港各紙はこの衝突で30~50人が
2006/01/16(月) 17:55:19 | 電脳空間「高天原」
都市部と農村部の格差が10倍といわれる中華人民共和国。中国の全人口13億の7割、産業人口の5割を占める農民たちの意識が変わり地方政府との争う方法が変わるかもしれない。もしこれが成功例として広まれば、中国の変革につながるであろう。現在、中国は急激な経済政..
2006/01/16(月) 19:52:31 | 一 夢 庵 風 流 日 記
農民の抗議制圧、数十人負傷=少女死亡の情報も-中国広東省  【北京15日時事】中国広東省中山市の農村で14日、土地収用に抗議する約2万人の農民を警察当局が電気警棒や催涙
2006/01/16(月) 22:22:35 | 或る浪人の手記
今日も思いっきりです。パーフェクト(笑)。産経新聞「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判
2006/01/17(火) 18:37:15 | 226remix RADIO BABYLON
 「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさいて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しくないが、「言論暴....
2006/01/17(火) 19:31:30 | 言語学研究室日誌
中国の雑誌が産経新聞社やそのオピニオン誌「正論」の執筆者を名指しで「言論暴力団」だとか言っていますね。そんなこと言われても、日本は中国と違って民主主義の国ですし、言論の自
2006/01/17(火) 23:39:27 | レッドキラーのオンライン手帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。