管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 33 『不退転の決意』
 前原代表が何やらぶっ飛ばしている。ここ数日でいくつかの発言がマスコミに取り上げられ、今年行われる代表選に向けて、党内からも動きがあるようです。まずこちらのニュースをごらん下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

「中国脅威論」を党見解に 民主・前原代表が指示

 民主党の前原誠司代表は11日午後、共同通信論説研究会で講演し、自らが主張する「中国脅威論」を踏まえた対中認識を党見解として取りまとめるよう松本剛明政調会長に指示したことを明らかにした

 前原氏は対中認識について「党内では『脅威』とは違う意見があるのも事実だが、(自分は)『現実的脅威』という言葉を語り続けていきたい」と言明。同時に「中国の現状認識について、党内で統一した考え方、コンセンサスを持てるような議論を(松本氏に)お願いしている」と述べた。<以下略>

(共同通信) - 1月11日19時2分更新


 うーむ・・すごいな。ここまで求めるとは正直、私は思ってませんでした。外交・安全保障に関する前原氏の持論を『基礎』とした方針を取りまとめる方向で調整に入っていたのは知ってましたが、外交・安全保障を考える上での前提に『中国は現実的脅威』を据えるとなると、左派が骨抜きにしよう、と介入する余地が無くなる。
 
 ということは、左派との全面対決に突入する決意を固めたのか。今朝のテレビ番組に出演した前原代表はこんな発言をしています。こちらをごらん下さい。(共同通信から以下引用)

集約無理なら不出馬 外交・安保で前原氏

 民主党の前原誠司代表は14日午前の民放テレビ番組で、外交・安全保障などの基本政策について党内で意見集約できない場合は再選となる9月の代表選には出馬しない考えを表明した。

 前原氏はこれまで自らが唱える集団的自衛権の行使容認や中国脅威論に沿って6月までに党見解を取りまとめる方針を示しており、「退路」を断つ姿勢を示すことで、意見集約に向けた決意を強調したものだ。
 
 番組で前原氏は、代表選で再選を目指すかについて「まだ考えていない」とした上で「公約として言っている(党の)外交・安全保障ビジョン、内政ビジョンをまとめきれるかどうかにかかっている」と強調。「まとめきれなければ代表であり続けることはできない」と言明した。
 
 特に、民主党のアキレスけんとされる外交・安保政策に関して「徹底的に議論する」とし、意見集約では多数決での決定もあり得るとの考えを重ねて示した


 素晴らしい。政治家とはかくあるべし、と思わせる不退転の強い決意が感じられます。今までの民主党の党首とは雲泥の差ですね。これまでは、代表がリーダーシップを取って政策決定しようとする→異論噴出→小沢氏などが寝技でうやむやにする→訳のわからない政策の出来上がり、という政策決定の流れでしたが、ここまでの強い決意で迫られると、ぶつかり合うしかない。党内からはこんな動きが出ています。こちらをどうぞ。(Yomiuri Onlineから以下引用)

民主護憲派、前原ビジョンの対案作成

 民主党の護憲派の若手議員が作る「リベラルの会」は13日、外交・安全保障に関する独自の政策提言をまとめる方針を固めた。

 集団的自衛権行使への反対やアジア外交の重視などを柱とし、前原代表が近く発表する「前原ビジョン」の対案とする考えだ。

 9月の民主党代表選に向け、前原代表の再選に反対する勢力を結集するための材料とする狙いもあると見られる。

 同会は25日の会合で、政策提言作りを正式決定する予定だ。前原代表が唱える「中国脅威論」に対する反論も盛り込む方針で、同会代表幹事の近藤昭一衆院議員は13日、「党が『中国脅威論』で固まっているわけではないとアピールしたい。代表選は、独自候補擁立と、他グループの候補を推す場合との両にらみで、政策提言を活用したい」と語った。

 「リベラルの会」は、「集団的自衛権の行使を認めない」ことを旗印に、2004年8月に発足した。現在は近藤氏や平岡秀夫衆院議員らが代表幹事を務め、約30人の若手議員が参加している。前原氏の代表就任後は、党執行部との意見の食い違いが目立っている。
(2006年1月14日3時12分 読売新聞)


 良い!こうでなくっちゃ。まずは同じ土俵に上がってきたことを評価します。口でグチャグチャ言うだけのうどん屋の釜から脱皮が出来ただけでも大きな進歩です。このグループには政策提言を明文化し、公の場で前原代表と政策論争することを望む。民主党の党内意見が割れていることなど、周知の事実ですから、今更隠し立てする必要など無い。堂々と違う意見をぶつけ合って欲しい。

 他のグループにも政策提言を出す事を望みたい。異論があるならば、文章にした上で自らの立場を明らかにし、喧々諤々、大いに議論していただきたい。立場を明らかにせず、代表を後ろから撃つような真似はやめろ。あなたですよ。小沢さん。(Yahoo ニュースから以下引用)

「必死に言い訳、情けない」=小沢氏が前原代表を批判-民主党

 民主党の小沢一郎前副代表は13日付の夕刊紙の連載コラムで、自民党との大連立をめぐる前原誠司代表ら執行部の対応を「必死に言い訳をする情けない構図になっている。実に困ったことだ」と批判した。

 
 その上で、「わが党の存在理由はどんどん薄れていく。こんなことでは、政権奪取など夢のまた夢だ」と嘆いた。さらに、小泉純一郎首相らが大連立を吹聴するのは「今年9月の任期切れを前にレームダック(死に体)化することを避けるため」と分析。「敵ながら権力者のテクニックとしては見事」と評価している。 
(時事通信) - 1月12日19時1分更新


 何ですか?これ。普段、批判してやまない小泉総理を『見事』と持ち上げ、それ以下の存在が前原代表だ、と言ってイメージ低下を狙ってるわけだ。『実に困った事だ』はあなたの方だ。いつもこれだよ。遠い所から自党の代表を貶める。言いたいことや実現したい政策があるなら、前原氏への対案という形で出したらどうなんだ?大物風を吹かせてふんぞり返りつつ、後ろから撃つなんて卑怯だ。出て来い、小沢一郎。

 エントリーを書き終えた、と一息ついた途端もう一名、後ろから代表を撃ってる民主党の大物発見。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

前原氏発言は戦前青年将校 民主、横路氏

 民主党の横路孝弘衆院副議長は14日、札幌市内のパーティーでのあいさつで、前原誠司民主党代表の対中国観などについて「まるで戦前の軍部の青年将校のような発言だ」などと厳しく批判。<以下略>


 褒めてるのか、貶してるのか、どっちだかわからん。一つだけ確実に言えることは、横路氏よりも戦前の青年将校の方が1000倍マシだって事。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
「小沢一郎氏が代表選に意欲」
だそうですが・・・

国民が求めてるのは、小手先の手腕や
政治手法じゃなくて、政治家としての信念
なのに・・・

民主党も終わりですね。横路のおっさんが
前原代表と妥協することはないでしょうし。

自民党と反対の事いってれば支持が集まる
と本当に信じてるんですね。

最近、世論を読み間違えてる人が多い
ですね。なんでだろう?

2006/01/14(土) 22:10:25 | URL | たかし #-[ 編集]
前原氏の本当の狙いは・・・
党内で意見集約できない場合は9月の代表選に出馬しない意向を表明した前原氏ですが、党内の意見は自民と社民ほどの違いがあり、しかも相手はくせ者揃い。そして約半数を占めます。党内の意見を集約できる可能性は極めて低いと考えざるを得ません。
政治家は意味なく自ら権力の座を降りることはしないもの(小泉総理は例外中の例外)。前原氏は代表の座を下りたら、自民の呼びかけに応じるか、新党結成に動くのではないでしょうか。そのためのステップとしての今回の意向表明なら、彼はなかなかなものです。
2006/01/14(土) 22:33:42 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
(何気に初投稿)

前原さんも頑張ってはいるのですがやはり苦しい状況に追い込まれてますね…。

小沢、横路両氏は自民との違いを出せと言ってますが2人は政権を取った後のことを考えているんでしょうか?

前原さんは意見集約ができなければ代表を降りると言ってますが、個人的に何か考えがあるのではないかと思いたいです。
2006/01/14(土) 23:09:31 | URL | 宮崎県民 #iHjdFd3U[ 編集]
意見を集約するというのは、過半数の賛同を得るって事なのかな?だったら出来そうな気がします。
やじざむらい様はどのように予測されますか?
2006/01/14(土) 23:25:36 | URL | プライム #-[ 編集]
前原民主党が小泉自民党のようになったら日本国民には未だよく知られていない民主党の党則である外国人参政権付与の問題が顕在化しますね。外国人が党員資格を持っていることとかね。だって違いがそれしかなかったら。ちなみに私は民主党は公明党と違いがないと思います。従軍慰安婦、強制連行等の捏造歴史を事実として扱ってますからね。
2006/01/14(土) 23:45:24 | URL | 花子 #-[ 編集]
横路を生んだ北海道は私の故郷です。すみません、本当に...知事時代も「食の祭典」とか、道財政の無駄遣いの極地をしでかし、その後道財政は未だに立ち直っていないのに、民主党の中央でしゃあしゃあとしている横路です。石原都知事とは何もかもが正反対です。

>横路氏よりも戦前の青年将校の方が1000倍マシ

いえ、ゼロに何を掛けてもゼロですから。
2006/01/15(日) 00:01:48 | URL | 未定 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様、おはようございます。

>たかしさん

最近、世論を読み間違えてる人が多い
ですね。なんでだろう?-

単純に思考停止、裸の王様って事ですね。今までの民主党の躍進は、『アンチ自民』に支えられていただけなんですよね。決して民主党支持では無かった。それを勘違いしたまま。自分達は支持されてるって。前の衆院選でハッキリしたはずなんですがね・・

>日本国民さん

党内の意見集約は出来ないでしょうね。あ、全ての議員が納得することは無いという意味で。過半数を超える議員をひきつけた上で代表選に勝てれば、絶対に相容れない左派を放逐するか、前原代表自身が新党を結成しようが、どっちでも良いと思ってます。どの道、純化せざるを得ない状況になってますから。

私は民主党と言うよりも、『政権交代可能な政党』が生まれる事を望んでいますので、今回の対決姿勢は歓迎しています。民主は割れますよ。必ず。

>宮崎県民さん

はじめまして。

2人は政権を取った後のことを考えているんでしょうか?-

考えて無いでしょうね(笑)。権力を取れば取ったで、小沢、横路氏はぶつかるでしょうし、そもそもこの2氏には政権交代したいという意思があるのかどうかも怪しいです。

>プライムさん

現在の党内の力関係は『どっちにも転びうる』状況だと思います。絶対に前原代表とやれない左派を除いて、『何となくリベラル』を糾合出来れば、前原氏勝利の目は十分あります。

>花子さん

その辺の政策はすべて左派から出されたものですので、左派を放逐出来れば、かなり立場が変わるんじゃないか?と思っています。ただ、現行では前原氏もそれらの政策に賛成してますので、保守からの明確な支持を集められない理由となってますね。

>未定さん

横路氏は北海道の経済を破壊した張本人ですよね。なんで今でも選挙で勝ってくるんだろう・・道新のおかげでしょうか?

いえ、ゼロに何を掛けてもゼロですから。-

わはは・・すみません。
2006/01/15(日) 09:55:36 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
1月15日のNHKニュースで、新潟の雪害の状況を確認するため、前原代表が現地視察に行っていました。
今までなかったのではないでしょうか?
彼は党の意見の集約は困難と認めながらも、政策に焦点を置こうとする姿勢には、賛成です。

おそらく今後一層、国は経済から政治主導社会になり、一般雇用形態も流動化していることと併せ、政治に携わる議員も、これまでの終身雇用的な形態から数十年後には流動的に動いていくだろうと予測しています。

今の党というありかたは、その議員を支援しているというだけで、自民党に媚中派もいれば、民主に、中朝強行姿勢派もいます。

選挙も党を支援するというものから、政策というものに転換していかなくてはならないでしょう。

それから小沢ですが、自分が大将になりたい癖に、自らは前にでる訳でもなく、若い代表を助ける訳でもなく、代表選になるたびにウダウダ横から、批判するだけで何もしないのだから、もう議員を辞めるべきでしょう。いつもまで待ってても誰もそんなのに、お膳立てしない。見苦しいです。
2006/01/16(月) 01:19:30 | URL | 雑感 #-[ 編集]
かつて「不退転の決意」を口にして小沢一郎に辞めさせられた首相がいたなあ、と思う今日この頃。
2006/01/16(月) 13:44:20 | URL | 煬帝 #AVNby.KY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
こちらも抵抗勢力にお悩みの様子 現代の政治家には誠にご同情申し上げます。 会った
2006/01/14(土) 20:27:12 | 臥竜窟より愛を込めて
民主・前原氏、状況次第で次期代表選不出馬も 民主党の前原代表は14日午前の読売テレビの番組で、秋の代表選への出馬について、「内政ビジョンと外交・安全保障ビジョン(で党
2006/01/14(土) 20:27:17 | 或る浪人の手記
今後の選択肢1、社民党と合流 (順当)2、管直人と「団塊党」(かなりリスキー)3、さっさと引退(推奨)4、もう一回知事になり、もう一回「食の祭典」でスベる(どうでもいい)お達者で。時事通信「青年将校」と前原氏批判=横路衆院副議長
2006/01/15(日) 01:21:51 | 226remix RADIO BABYLON
<民主党>「戦前の青年将校」横路氏、前原代表を批判横路孝弘衆院副議長は14日、札幌市で開かれた「副議長就任と新年を祝う会」であいさつし、民主党の前原誠司代表が昨年12月に米国で行った「憲法改正・中国脅威」発言について、「戦前の軍部の青年将校のような発....
2006/01/15(日) 02:28:59 | avalon◆keiko's Blog◆
民主党の前原代表、昨日14日のテレビ番組で「外交・安保政策などをまとめきれなければ代表であり続けることはできない」と表明。党内でその反響はどうかなと注目しておりましたが、やはりというか当然というか横路及び小沢一郎が早速反応してきました。小沢一郎は9月の党
2006/01/15(日) 19:55:14 | ヨン様の南中山教室!
1月16日前原代表の安全保障と外交政策の方向性について、民主党内で意見統一がとれずに揺れている。横路氏や菅氏らが前原代表の集団的自衛権の行使を容認する発言にかみつき、民主党内は世代対立の様相をみせつつあるようだ。マスコミは内部対立だとおもしろおかしく報道し
2006/01/16(月) 19:14:39 | 公募候補の伊那谷奮戦記
さて、民主党が揺れています。原因は明白で前原新代表の現実路線に旧社会党を中心とする勢力がついて行けれない点にあります。その結果が今回のような珍談話となっているわけですが・・・・以下引用横路孝弘衆院副議長は14日、札幌市で開かれた「副議長就任と新年....
2006/01/16(月) 20:09:57 | BBの独り言
昨日たまたまTVをつけた時に、民主党の前原代表が兄やんと同じ考え方の意見を言っていたのを見て、思わずTVに釘付けになってしまった。スポーツ報知のこのニュースを見て、その番組が「サンデープロジェクト」やったことに気付いたが、このニュースには書かれていない..
2006/01/17(火) 09:49:18 | 政治家・兄やんの一言モノ申すブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。