管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自滅する韓国 『日本はもう折れない』
 昨年末、韓国側の一方的な通告によって中断されることになった日韓シャトル外交。韓国は中断の理由として『靖国参拝』を挙げ、日本が折れない限り両国首脳による会談は出来ないと表明しています。その状況は昨年末から何も変わらないのですが、なぜか昨日の毎日新聞が記事にしています。こちらをごらん下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

<日韓首脳>「シャトル外交」暗礁に 韓国が靖国参拝に反発

 日韓両国の首脳が年2回程度、相互訪問して会談を行う「シャトル外交」が暗礁に乗り上げている。小泉純一郎首相の靖国神社参拝に韓国の盧武鉉(ノムヒョン)大統領が反発し、昨年12月に予定されていた大統領の訪日は見送られた。政府は、辛うじてつながっている外相レベルの対話を続けながら大統領訪日を模索する考えだが、06年も再開の見通しは立っていない。
 シャトル外交は04年7月、両首脳が韓国・済州島での会談で合意。05年は6月に小泉首相が訪韓し、次は12月に盧大統領が訪日する順番だったが、10月に首相が靖国神社に参拝。盧大統領は、首相の参拝について「6月に直接説明したにもかかわらず、分かってもらえなかった」(韓国政府筋)との思いが強いという。翌11月の釜山でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議では会談が実現したものの、両首脳とも訪日については触れずじまいだった。
 小泉首相は4日の年頭会見でも、「外国政府が心の問題にまで介入して外交問題にしようとする姿勢は理解できない」と韓国や中国の対応を強く批判。韓国政府が早速反発し、事態好転の兆しはないままだ。
 06年の大統領訪日について、韓国政府筋は「小泉首相が何も変わっていないのに、春になったら会うということはない」と述べる。日本政府内には「中国と違い、首脳会談をやらなければいけない大きな問題はないし、焦ってやるものでもない」(外務省幹部)との指摘もあり、9月までの小泉首相の任期中は実現不可能との見方も出ている。
 麻生太郎外相は昨年12月27日の記者会見で「日中と日韓は違う。韓国は共通の価値観を有している」と述べるなど、韓国に理解を求めるメッセージをたびたび送っている。韓国の潘基文(バンギムン)外交通商相は関係修復に前向きとされることから、「とにかく外相会談を続けていくしかない」(政府関係者)のが実情だ。【大貫智子】
(毎日新聞) - 1月7日19時23分更新


 なんだか全体的に『日本が悪い』という印象を受ける記事ですね。昨年の6月、盧武鉉大統領が靖国参拝をやめるよう、『(小泉総理に)直接説明したのにわかってもらえなかった』と書いて、総理の頑迷さを強調したいようですが、少なくとも日本側はたった一つの問題で、『もう会わない』などと対話を閉ざすような幼稚なことはしていません。参拝批判に関しても、韓国側が理解しない事を重々承知の上で、求められれば必ず説明しています。

 日韓の首脳による会談が実現しない事を確信犯的な『反日人士』は日本が悪いと言い、ホントは『反日』で日本が悪いと言いたい、あるいは韓国の真の姿を知らない人々は『どっちもどっちだから歩み寄れば?』と無責任な事を言う。私はハッキリと言明する。日本が折れる必要などない、と。その理由をご説明するために産経新聞に掲載されていた記事を引用します。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

韓国大統領 今年も… 「反日」出口見えず
<前略>

盧大統領は十一月の釜山でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の際、小泉首相との会談では相変わらず(1)靖国神社問題(2)竹島(韓国名・独島)問題(3)歴史教科書問題-の“反日三点セット”を持ち出し、日本を非難した。この三点で韓国側の主張を受け入れない限り、日韓関係は進まないというのだ

 しかし、盧大統領は(2)については「韓国側がすでに島を支配しているので現状維持でいい」とし、(3)についても問題視してきた中学歴史教科書の扶桑社版の採択率が低かったことからそれなりに満足している。その結果、残る「靖国問題」で何としても日本から譲歩を勝ち取ろうと執念を燃やしているという(韓国外交通商省筋)。
 
 盧大統領の靖国問題へのこだわりは「日本(あるいは小泉首相)に裏切られた」という不満からという。日本は韓国(金大中・前政権)に代替施設検討を約束しながらそれを無視し、この問題で何らの誠意も示しておらず「これは韓国軽視」というのだ。
 
 この不満ないし怒りの背景には、大統領の左派的な歴史観も影響している。韓国の歴代政権は、日本への遠慮から言いたいことも言えず、取るものも十分に取らず毅然(きぜん)とした姿勢がなかったとし、盧政権が力を入れている現代史に対する「過去清算」作業の一環として、日本との過去問題も改めて整理したいとの思いが強いという。
 
 結局、盧大統領は靖国問題を日本との「過去清算」にかかわる象徴的な問題ととらえ、日本の譲歩を勝ち取ることが「過去清算の証し」になると思い込んでいる。政権の対日外交の“業績”として靖国問題にこだわっているのだ。<以下略>

(産経新聞) - 1月6日2時35分更新


 『反日三点セット』と書かれている問題の中で、日韓の領土問題となっている『竹島』は大韓民国初代大統領の李承晩氏の時代、先の大戦後のドサクサに紛れて韓国が占拠した島。初代大統領にして、初代『反日』指導者であった李承晩氏は、日本が敗戦に喘いでいるのを良い事に領土を強奪。さらに、強奪した竹島の領有に正当性を持たせる為、お得意の歴史ねつ造を行って、『日本が朝鮮半島侵略の第一歩として奪ったのが独島(竹島)』という虚構の歴史を作り上げ、それを奪い返したということを日本からの独立の象徴とした。韓国人が竹島問題に最も激烈な反応を見せるのはこういった理由です。

 しかし、現実は『日本から一方的に強奪した島』であり、韓国独立や『抗日』の象徴ではありません。日本側が竹島を領有していたという証拠は山ほどありますが、韓国側には碌な証拠が無い。お互いに領有を主張しあっても仕方ないので、国際社会に判断してもらいましょう、と日本側が提案しても韓国側は一貫して拒否。なぜか。竹島が韓国領土であるというのは『嘘』であり、竹島が日本領土であると確定する事がわかってるから。

 日本の歴史教科書への干渉も『ねつ造史観』に関連します。特に近現代史において著しい韓国のねつ造された歴史と、日本で教えられる歴史が全く違うものである事は想像に難くありません。韓国国内だけで教えるならまだしも、日本にも韓国がねつ造した『歴史』を押し付ける。それが扶桑社の歴史教科書へのキ○ガイじみた非難であり、やれ『従軍慰安婦』やれ『抗日運動』の記述が間違ってるという『指導』なのです。そんな妄想を普通の国が受け入れられるわけがありません。

 靖国参拝にしても同じで、いわゆるA級戦犯が祀られてるから云々とする理由が韓国にはない。当時の朝鮮半島は日本と一体であり、大戦後の区分けで言うと『敗戦国』の一員です。が、ここでも韓国は『対日戦勝国である』という虚構を作る事によって、敗戦国という汚名から逃れようとした。それが高じて連合国の一員としての立場になったと妄想し、いわゆるA級戦犯を問題視する。

 韓国はこのような虚構に満ち満ちたねつ造の歴史観を押し付け、日本に『正しい歴史認識を持て』と迫ってくる。こんなものを受け入れられますか?出来ませんね。日本が折れる必要は全く無いどころか、彼らの出鱈目を指摘し、領土の返還を強く求めることこそが筋というものです。しかしながら、日本政府は待っているのです。彼らが『自ら』妄想を捨て、たとえ少しでもまともな国になる事を。韓国よ、日本のメッセージを見誤ってはいけない。韓国の繁栄があるのは日本や米国と繋がっているから、という事を忘れてはならない。まあ再度、中国の属国という屈辱の歴史を味わいたいのなら、話は別ですが。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
外交などあるはずがない
日本のヒトも領土も財産も強奪する窃盗集団との外交や友好など、まずあるはずがないです。

南朝鮮は、拉致問題においてもなにか日本に、協力したでしょうか?

認識がないと、他国を指摘できるだけの立派な民族でしょうか?

ここにさっぱり目がいかないマスコミもアホです。
2006/01/08(日) 19:39:49 | URL | あらへんあらへん #-[ 編集]
日本抜きで生きれるかな
日本政府は待っているのです。彼らが妄想を捨て、たとえ少しでもまともな国になる事を。

待たずに見捨てたらいいんじゃないですかね。

竹島を返してもらって領空海の侵犯者は厳粛に対応。
在日犯罪者、不法占拠者、スパイを送還さえできれば日本人は韓国になんか興味ありませんから。
2006/01/08(日) 20:19:10 | URL | とみい #-[ 編集]
勝ってるときは「日本人」、負けたら「連合国民」ですか。
養い親である日本の立場から言わせてもらえば、
「1人で大きくなったようなカオしやがって、テメエのケツもろくに拭けないガキが!」
親の心子知らず。。。早く親離れしろよ!

太郎ちゃん、ガツンと言ってください。
2006/01/08(日) 20:32:52 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
最近韓国人の友人と話をしたのですが、彼も現在のノ・ムヒョン政権を支持していませんでした。

韓国での支持率も20%前後、韓国人自身も日本の変化に気づき始めていると感じました。

もちろん偏った情報しか与えられていない彼の意見には賛同はできません。ただ一つ一つ話会う事で理解はできると信じたい。

いま韓国は岐路に立っていると思います。もし、今気づかなければもう未来はない。

韓国よ!やじざむらいさんのコメントぜひもう一度読み返して欲しい。

>日本政府は待っているのです。『自ら』妄想を捨て、たとえ少しでもまともな国になる事を。韓国よ、日本のメッセージを見誤ってはいけない。

2006/01/08(日) 22:14:59 | URL | たかし #-[ 編集]
と↑でカッコつけてコメント書いてみましたが、

陰気なブラジル人がいない事、闘牛を嫌うスペイン人がいない事、ウォッカを飲まないロシア人がいない事などを考えると・・・

反日を捨てる韓国人などいないのかも・・・・

でもね、個人で会うと韓国人もいいやつ多いよ!。コレは本当です。
2006/01/08(日) 22:23:42 | URL | たかし #-[ 編集]
みなさまこんばんは。
あの国は我国だけを見つめないで
世界を見るといいのに・・・といつも思う。

あれだけのエネルギーを反日に使う暇があったら、もっとましに真の民主主義を考えて、行動すりゃいいものを。
日本からどう見られているかではなくて
世界は韓国をどう見てるか
歴史認識だって変わるでしょう。
恥ずかしいと思わないうちはダメですよね。
2006/01/08(日) 23:50:44 | URL | らんらん #-[ 編集]
韓国はいつになったら
 反日より反中の方が理にかなってることに気づくのでしょうか?李氏朝鮮などに主権はなく永年中国の属国で王族は民から税を搾り取れるだけとって国自体膨大な借金をかかえていた歴史を教えてないから無理か。すぐれた文明・文化を持ち、平和に過ごしていたところ日本が突然侵略してきたとでも思ってるんでしょうね。
 日中抗争では日本兵より朝鮮兵の方が猛々しかったりもしたし。B級戦犯だって朝鮮兵にいたこともわかってるのにね。
 その反日のエネルギーをそのまま中国に向けてくれると何も日本が言わずとも世界は韓国政府を認めるようになると思うんだが。民度は別として。
2006/01/09(月) 02:10:18 | URL | J #-[ 編集]
彼らはきっと、滅亡するまであんな調子なんでしょうね。

自己反省のない人間に成長はありえないですから...

日本は早く、特定アジアとの友好は諦めて、東南アジアやヨーロッパとの関係を強めていくべきですね。
2006/01/09(月) 05:49:55 | URL | 浪人 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。

>あらへんあらへんさん

韓国は拉致問題でも邪魔ばかりしてますね。

>とみいさん

待たずに見捨てたらいいんじゃないですかね。-

個人的にはそれでOKです(笑)。

>蜜柑さん

日本を恨んでいる!と、国を挙げて言うくせに、依存心を向ける対象も日本。よくわからない国です。

>たかしさん

盧武鉉大統領の支持率低下は反日政策への反発ではないんですよね。よって、次の政権で親北度合いは低くなるかもしれませんが、反日は変わらないと見ています。

韓国人は個人的にはよい人が多いですね。私の友人もいい奴です。

>らんらんさん

あの国は世界中の国に『正しい歴史認識を持て!』というキャンペーンを開始したはず・・

>Jさん

彼らは『日帝が豊かだった朝鮮から搾取し、文化を奪い、近代化を阻止した』なんて本気で信じてますから・・

>浪人さん

中韓朝とはある程度距離を置いたお付き合いで良いですね。
2006/01/09(月) 08:14:09 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
って、年初めの会見で、小泉さんは5回も言ったらしいです。この調子だと、確実に2006年の8月15日は参拝確実ですね。テレビでは連日この発言について取り上げられていて、昨日朝帰りした後見てたサンデープロジェクトなどには、安倍官房長官も出てました。当然話は靖
2006/01/09(月) 01:09:54 | **ムーンライト伝説**
どのように、韓国や中国の歴史認識と向きあうべきなのか。「新書読み」なる趣味をもっていると、どんなに注意深く本屋でセレクトしたつもりでも、しばしば地雷を踏んでしまう。「しまった!!ゴミ本にあたった!」「金を無駄にした!」新年早々、クソ本レビューとは縁起で..
2006/01/09(月) 06:56:15 | 書評日記  パペッティア通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。