管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方
今月11日、歴史的敗北を喫した岡田民主党。
大敗の責任を負って党首以下執行部辞任という事態になりました。
明日17日、新しい党首を決める選挙が行われるようです。

今回の党首選挙、どうやら菅直人氏、前原誠司氏の二人に絞られた模様。

菅直人氏 (旧社民連出身、厚生大臣経験あり)

この御仁、なにかとネットの世界で話題を振りまいてくれるネタ職人として、毎度楽しませて頂いております。

厚生大臣時代には、薬害エイズ問題、O-157問題で辣腕を振るったと自画自賛するも、当時のイメージはかいわれを大量に食べて見せたり、えらそうに前政権を批判しながら謝罪(血友病患者、らい病患者に対して)する変わった人という印象でした。

当時私はまだ10代ということもあり、行政の責任者でありながら、自らの所属する厚生省に戦いを挑み、自ら謝罪してみせるという姿に、失望してばかりいた政治家に一筋の光を見た想いでした。

しかし、私のそれ以後の菅氏のイメージは、坂を転げ落ちるようになります。

根っからの野党人である菅氏は、批判する能力には長けていましたが、
厚生大臣を経験して有名になってからは、自らが批判の対象となることが予期できなかったのか、次々とボロをさらけ出していくことに・・

元ニュースキャスターとの不倫報道の際には、記者の質問に即ブチキレて曰く、そんなものに説明責任はない!と言い放ち、テポドンが飛んできたらどうする?との質問には、一発なら誤射かもしれないので、飛んできてから考えると答え、私を唖然とさせてくれました。

民主党を鳩山氏らと結成し、政権交代をうたい文句に議席を伸ばし、自らが代表に就任した2002年、氏は人生の絶頂期に突入したかに見えました。が・・

その後の菅氏は必殺技自爆ブーメランを駆使し、世襲議員はけしからんと2世、3世議員を批判したその直後、失業中の息子源太郎氏を岡山から立候補させたことが問題になり、選挙区が違うのだから世襲ではないとすばらしい論理で逃げ切りを図りますが、国民の失笑を買いました。

まだまだ菅氏の必殺技は輝きを増していきます。
年金問題が国会で話題になったときは、与党自民党の閣僚3人が国民年金未納が発覚するや、街頭に出て、国民年金未納の大臣はけしからん!
未納3兄弟だ!辞任しろ!と要求しますが、自らも未納だったことが発覚し、あえなく代表を辞任する羽目になりました・・

思えば、民主党が結党された当時、何だかよくわからんが、社会党とは違う大きな野党が出来て、これで日本は変わるのかと心の中で喜んでおりました。選挙があるたびに民主党に期待を込めて投票に行ったものです。

そんな私の期待を見事なまでに裏をかき、失望どん底にぶち込んでくれたのが菅代表率いる民主党でした。未納で辞任してからは、岡田克也氏に代表の座を譲り、自らは四国へお遍路さんの旅に出て、てっきり世俗の垢をこそぎ落として帰ってこられるのかと思えば、以前と変わらないへらへらと意味の無い笑顔を浮かべ、ちらちらとカメラ目線で国民によくわからない話をぐだぐだと話しておられます。

未納ブーメランで党首辞任という結党以来の危機に立たされた民主党は新しい党首として、よく言えば、真面目で硬派、悪く言えば堅物のフランケンに見える岡田代表を選びます。
本来、自民党出身の岡田代表は保守派かと思えば、元社会党の面々に執行部を固められて急激に左旋回。元来の生真面目さが災いして、愚直に小泉総理を批判するも、本当に日本人ですか?と思わせるような行き過ぎた言動により、ネットの世界でサンドバックにされ、若年層からそっぽを向かれてしまい、突然の郵政解散で小泉総理に一方的に殴られ、必死に抵抗するも反撃できず、圧倒的大差で敗北しました。

そんな中、新しい民主党を作るべく立ち上がった前原誠司氏に対抗し、菅直人(必殺技:自爆ブーメラン)氏が立ちふさがります。
前原氏は知名度がブーメラン氏には遠く及びませんが、若手の中でキラリと光る期待の星。せっかく衆院選で大敗し、与党絶対安定多数での国会運営でしばらく選挙も無いでしょうから、若手に代表と執行部を任せるという手はないのかな?と思ったりしますが、そこは菅直人氏。今度も空気が読めません。

さて、今度はどんなネタを提供してくれるのか今からわくわくしますね。

最後に、今回が初のエントリーという事で、気合が入りすぎて長文になってしまいました。初めてのブログですので分からないことだらけですが精進してまいります。宜しくお願いします。



banner 
  ↑ ↑ ↑ 
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。













スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。