管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾よ、自信を取り戻せ 
 昨年最後のエントリーにて、2006年は中国、韓国との感傷的な『友好』を終わらせ、インドとの関係を強化するべきであると書きました。広大かつ多様な地域である『アジア』を眺めてみると、自由、民主主義などの基本的価値観を同じくし、昇竜のごとく立ち上がって豊かになり、かつて同じ日本人として時代を共に生きた人たちがいる国があります。そう、台湾です。

 先の大戦が日本の敗戦に終わり、不幸にも別離する事となった日本と台湾。国共内戦に敗れた国民党政権が台湾を占拠し、悪政に怒りの声を上げた台湾の人々に国民党政権は弾圧をもって応えた暗い時代もありました。その後、本省人の李登輝氏の総統就任により民主台湾が誕生し、大陸を実効支配している中国共産党に対して、中華民国(国民党)こそが中国の統治者であるという虚構の主張を捨て、台湾という国のかたちが見えた当時、もうこの流れは止まらないと私は確信していました。

 しかしながら、中国の度重なる軍事的恫喝、急激な経済成長を背景とした軍拡の恐怖、怒涛のごとく中国大陸に進出した多くの台湾企業を人質に取られたかたちとなっている近年、元々大陸出身である外省人が中心となって、中共に宥和的な空気が蔓延しつつある台湾では、戻らないと思われた流れが逆流するかもしれないという懸念を抱いております。

 本省人の代表としての民進党は中共に宥和的な国民党などに選挙で負ける事が多くなり、中国の軍拡に対抗するための軍備増強予算が議会で長い間承認されないといった異常な事態を招いていましたが、昨年末、米国議会によって公表された中国の軍拡の実態、特に海軍の軍拡が著しく、パワーバランスが急激に中国へ傾斜しているという事実を突きつけられ、ようやく事が前に進む運びとなり、ひとまず安心していましたが、中共への宥和的な空気が払拭されたとは決して言えない。

 民進党は昨年12月に行われた統一地方選に敗れ、陳総統は一時雲隠れするほど憔悴しきっていたようですが、同月24日に日本と『準戦略パートナーシップ』を結ぶ意向を示す文書が公表されたり、新年あけて2日には台湾の新憲法制定を目指す方針を明らかにするなど、少し元気を取り戻したように見えます。

 その背景には、前出の中国の軍拡の実態が明らかになったことに加え、昨年の東アジアサミットにて、日本が『自由・民主主義』を強調した形で中国に対抗する姿勢をみせたことも一つの要因だったのかもしれません。日本が旗頭を鮮明にする事によって、勇気づけられる国は沢山ある。もちろん台湾はその一つです。

 私は台湾の人々、特に本省人の人々に言いたい。有史以来、民主的であったことの無い中国において、台湾は突如この世に現れた『良心』であり、宝珠のように貴重で大切な存在です。中国の人民が欲しいと願う『民主』が台湾にはある。おもった事を口にしても弾圧されず、常に権力に怯えて生きる必要が無い事は、どれだけ大陸の人々にとって羨ましいことでしょう。もう一度良く考えて欲しい。中国大陸に『民主』は無いのです。

 一国二制度などという、聞こえの良いスローガンをどうか信じないで欲しい。台湾の併合に向けたモデル地区としての香港でさえ、中共の姦計によって民主化は実現されず、結局一党独裁の支配下に置かれてるではありませんか。手放してはいけない。あなた方が持っているものは本当に得がたい。私は民主台湾が中共に飲み込まれる姿を見たくない。

 これから日本の外交は『自由・民主主義』という価値観の共有に重きを置いた形を鮮明にしていくでしょう。これは決して台湾を見捨てないという意思表明に他ならない。膨張する中国は確かに恐怖です。でも、恐れず、勇気を持って立ち向かって欲しい。私の力は微少ですが、日本政府が台湾を見捨てないよう、現在の路線を継続、発展させるように要求し続けます。こう思っている人は日本に沢山います。だから自信を持ってください。民主を手に入れたあの頃のような自信を取り戻して欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
どちらかで読んだのですが、今のアジア近隣関係をアニメのドラえもんに置き換えた物がとても面白かったです。

ジャイアン・・中国  スネオ・・韓国
のび太・・・日本  

「のび太のくせに生意気な~」
「のび太にならこれぐらいやってもいいよ」
「あ!のびただ。ギッタギタにしてやる」

のびたが何か役立つ物持ってた時

「のびたの物は俺のもの」
「のびた~心の友よ」
「どうせドラえもんの道具だろ、ちょと貸せ」

さしずめ、台湾はしずかちゃんでしょうか。

「のび太さん!頑張って!」

私は子供の頃、いじめられっこだったので
のび太に言いたい!噛みつけ!殴られても
けられても噛みつけ!指切れるまで噛みつけ!むこうが、こいつヤバイと思うまで。

誰かが助けてくれると思って媚びてはいかん!民主党も社民党も結局、他力本願なので腹が立つ!

(辻元議員 靖国参拝について)
近所の人が迷惑におもったら気をつかってやめるのが人間でしょう。

非常に迷惑です。
今すぐ議員やめて下さい。
2006/01/04(水) 09:03:38 | URL | たかし #-[ 編集]
国民党の馬英九さんって、ガチガチの反日・親中だと思っていたのですが、「統一より中国の民主化が先だ」とも発言していますし、何より台湾人から人気がある。。。
まあ、パフォーマンスもあるのでしょうが、それより問題なのは、台湾人の「日和見主義」だと思うのは私だけ。。。?
「しっかりしろよ!」と肩を叩いて小一時間。。。
2006/01/04(水) 11:11:35 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
今のドラえもんは、顔も声も違うので好カン(*_*) 今、朝まで生テレビのビデオ見てるけど… 辻本なんで日本にいるの? ついでに田原も(@_@;) ってゆーか、土下座派ばかりだなぁ
2006/01/04(水) 11:14:16 | URL | たか #-[ 編集]
台湾で国民党が盛り返してきているのは、外交で四面楚歌な状況に台湾国民が疲れてきているのもあるのでしょうね。
なればこそ、日本政府が台湾支持をしっかり打ち出せば、台湾独立派の方々への何よりの励みになるはず。
麻生外務大臣は親台派と聞いています。
今後のアクションに期待したいです。
2006/01/04(水) 11:18:44 | URL | あたりめ #-[ 編集]
中国から亡命をするため、船から海へ飛び込み、台湾当局で保護された事件が先日あったようです。
この中国人はかつての天安門事件から中国当局により懲役2年を受け、その後も迫害を受けていたと、

中国は大きな北朝鮮ですね。

韓国との行き来往来を自由にしたいという公明党ですが、南朝鮮などとは、言語道断。台湾と自由にできれば、台湾も救われるでしょう。
2006/01/04(水) 11:22:54 | URL | 雑感 #-[ 編集]
一般論としてですが(例外も多々)、極めて福建人に近くて反日の外省人と、極めて温厚で親日の本省人とを区別して、対処する方法はないでしょうか。
私が日本語の教師をした経験で言うと、外省人の家族の子供は拝金主義がひどく、勉強でも経済でも真っ当な努力をしない。それで蛇頭と手を組む。というより、蛇頭のリーダー格は、実は香港人ではなく、福建省出身の台湾外省人が多いんです(はるか昔のSAPIOより)。
私も台湾と国交を再樹立するべき(当然中国とは断交)だと思うのですが、この点がネックになってイマイチ積極的になれないんです。困った...
2006/01/04(水) 12:45:05 | URL | 未定 #-[ 編集]
円楽師匠も復活しました
>(辻元議員 靖国参拝について)
>近所の人が迷惑におもったら気をつかってやめるのが人間でしょう。

>非常に迷惑です。
>今すぐ議員やめて下さい。

 うまい!座布団一枚!

 新春一番、笑わせてもらいました。
2006/01/04(水) 15:45:27 | URL | める #-[ 編集]
台湾に関しては個人的に悔いがあります。

学生時代、とても仲良くしていた人がいて
話したくて仕方ない様子でしたが、
こちらの無知で免許証に記載される国籍中国だけで触れてはいけないのかな、と停めてしまった・・・

勿論日本統治が全部良かったわけではないけれど、あの時もっと突っ込んでいたら。

辻元の顔、生姜の顔で私はテレビに冥福を祈りますた・・
2006/01/04(水) 17:19:24 | URL | らんらん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>たかしさん

(辻元)今すぐ議員やめて下さい。-

わははは・・面白い。ホント、有権者である私が迷惑だと思ってるんだから、今すぐやめてほしい。

>蜜柑さん

台湾人の「日和見主義」-

そうかもしれませんね。私の台湾人の友人に言わせると、ほとんどの人は現状維持が一番良いと答えるそうです。中共に飲み込まれるのは嫌だけど、独立を言い過ぎて中国から恫喝されるのも嫌だ、と。

>たかさん

辻本なんで日本にいるの? ついでに田原も-

彼らにとっては住みやすい国なんでしょうね。日本は。何を言っても殺されないし、弾圧されない。素晴らしい国ですよ、日本は(泣)。

>あたりめさん

麻生氏を外相に選んだ事で、台湾へのコミットの仕方がはっきり転換されましたね。今後もこの調子で頑張って欲しいものです。

>雑感さん

中国は大きな北朝鮮ですね-

その通りですね。人民は自由に移動もママならず、北朝鮮にあるような強制収容所もしっかりあります。

>未定さん

台湾では政権交代がなされ、国民党から民進党に権力が移動したかに見えますが、その実まだまだ外省人の力は強いですね。黒社会も含めて。

本省人と外省人を区別して対処する方法-

うーん・・やっぱり、台湾にはこういう社会構造があるんだという事を広めていくしかないのかもしれません。

>めるさん

私も爆笑してしまいました(笑)。

>らんらんさん

テレビに冥福を祈りますた-

では私も。ナムナム~。
2006/01/04(水) 20:31:51 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
さて、台湾の人々の選択は・・・
台湾では、中国に対して融和的な国民党の方がどちらかと言うと優勢なように伝えれらています。
自由と民主主義を謳歌している台湾の人々が、なぜ独裁国家との統一を望むのか私には全く理解できません。
もしかすると、中国による併合は不可避として、日本の 「無防備宣言」のような無気力が蔓延し始めているのか、あるいは、中国の工作が奏効して中国になびいているのか?
台湾の行方は自らが1票を持つ台湾の人々が決めることですが、中国により自由と民主主義が奪われたら、それはもう戻らぬものとなります。
日本は昨年9月の極めて大切な選挙で、日本の行く方向を決めました。さて、台湾はどちらに?
2006/01/04(水) 21:48:23 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
台湾が大陸に統一されたとしたら。これは厄介なことになりますね。我が国の政治家は台湾の重要性を認識していないようにみえます。我が国の政治家は、中国が統一に向け行っている内部工作をどう見ているのか。日本は中国の内部工作に対抗できない・・・・・・ですよね。今になって田中角栄以降の売国政治を止められなかった事、戦後左翼の罪を暴き出せなかった国民の無力さ、平和病という病に病み呆けてあまりにも政治に無関心だったことが悔やまれます。
2006/01/04(水) 22:49:04 | URL | bulldog #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。