管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本とインド 『真のパートナーに相応しい国』
 日本のアジア外交が変わる。今年後半から鮮明になってきた日本外交の転換が来年さらに変化を遂げようとしています。これまでのアジア外交といえば、古くは全方位という名の八方美人的なもの、近年ではアジアといいながらも特定の3国を中心に語られてきました。アジアは広大かつ多様な地域であり、最近かなり力をつけてきたASEAN諸国、そして将来の強大国となるであろうインドの台頭によって、援助一辺倒のいびつな関係から、戦略的で相互に恩恵をもたらすことの出来るパートナー候補が増えてきました。

 今年末に開かれた東アジアサミットでは、将来のASEAN統合の話し合いがなされ、統合を予定するASEANを補完するかたちで日本はインド、オーストラリアなどの自由、民主主義といった基本的な価値観を共有する国々を率いてサミットに参加。価値観の共有よりも自国の覇権を確立したい中国との対立が浮かび上がる一幕もありました。

 パートナー選びの選択肢が増えた事によって、価値観の共有が出来ない特定アジアの国々と無理に付き合う必要がなくなり、より価値観の近い、より日本に親近感を持ってくれている国とお付き合いが出来れば、イレギュラーな問題によって頭を悩ますことも無くなります。

 中でもインドは自由、民主主義などの基本的価値観を日本と共有し、近年のIT関連産業を支える技術者などの知識労働者を大量に排出。加えて経済成長が著しく、人口10億を突破し、人口の構成は労働、活発な消費を担う若年層が多数。消費市場としての魅力も高い。安全保障面でも日本の生命線であるシーレーン周辺国の軍事大国として台頭著しい。さらに大変有難いことに、大の『親日国家』でもあります。

 このインドという未来ある国と関係を強化せずして、一体どことパートナーシップを結ぶと言うのでしょうか。経済的な結びつきが強くなってもなお、『反日』を続け、金を毟ろうとする外道国家などとは一刻も早く距離を置き、インドと結ぶべきだ。日中友好、日韓友好などと不毛で気持ち悪いイベントは今すぐ中止し、来年はインドとの関係を深める一年になって欲しい。

 そんな中、私の一押し総理候補である麻生外相が、新年明けて1月3日、インドを訪問されます。まさに私の望むようなかたちでインドとパートナーシップを結ぶべく、インドのシン首相などの首脳と会談をする予定になっており、閣僚級の対話が恒常化することを目指すようです。『靖国参拝への抗議だ』なんて理由で、首脳による『シャトル外交』を一方的に中断したキ○ガイ国家とは訳が違いますから、この動きは素直に大歓迎したい。

 さよなら2005年そして日中、日韓友好。
 
 ようこそ2006年そして日印友好!


 さて、このエントリーを持って、今年の書き納めと致します。9月にブログを開設し、あっという間に大晦日を迎えました。この間ネタに詰まったり、書く事がつらい時期もありましたが、大勢の方に読んでいただき、沢山のコメント、TBを頂いたことが励みとなって、今日を迎えることが出来ました。また、みなさまがブログランキングの応援クリックをしてくれた結果、政治で6位、海外ニュースで5位という望外の順位に押し上げてくださった事への感謝を特筆し、ご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。来年もどうぞ宜しくお願いします。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
今年も事の多い年でした。来年の外交は東南アジア諸国、インド、オーストラリア等との国交の筋道を明確にして、真に有意義な国交を樹立してもらいたいものです。ご苦労さまでした。来年もブログを楽しみにしています。良いお年を。
2005/12/31(土) 20:23:00 | URL | bulldog #-[ 編集]
↑bulldogさんおっしゃるとおり。具体的には、インド、バングラ、ネパール、パキ、スリランカなどの南アジア諸国が早いところASEANに匹敵するブロックを作れるように日本が積極的に支援し、日本+ASEAN+南アジア連合で大きな「非中華経済圏」を形成すべきだと思います。

やじざむらいさん、来年もがんばってください。2006年は日本にとってきっと大切な年になると思います。
2005/12/31(土) 22:02:39 | URL | 未定 #1wIl0x2Y[ 編集]
コメントありがとうございます
>皆様

今年もあと少しで終わろうとしています。年末の忙しい最中、ご来場頂き、ありがとうございました。皆様にとって、来年が良い年になりますように、祈念いたします。
2005/12/31(土) 23:38:19 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
カースト制度ある民主主義国を見習おう
インドは民主主義国であり英語で意思が伝え易くて日本人にとってもコミュニケーションが双方向で出来る。又戦後直ぐに日本の子供を勇気ずけるためにネール首相がインド象を贈ってくれたそうです。子供の童話に書いてありました。大変親日国家だったが共産主義を一時は採用してて国交が中々開け無かった国でしたが米国とは時差を利用してIT関連も発展してて経済も細くはしてた国です。一番嬉しいのはインドは民主主義国でも階級制度が(カースト制度)が残ってるので日本には馴染みが無くて不便で大変だと言われていますが、これが却って日本社会の自虐史観に毒された人々には反面教師の劇薬となって効き目を表して欲しいですねー。人権擁護など言わないでしょうねー。差別は当然なのですから、その為に10億を超える人間が秩序を保ち生きて行けるのですからね。狭い国土で何もかも全く平等などとはキリスト様でもお釈迦様でも言っては無いのです。ちゃんとヒエラルキーがあるのです。逆差別のような在日優先で日本国民では有っても、戦争が終った時に生き長らえてた為に戦争犯罪人にされて肩身の狭い思いで生きてるその子孫の人達の人権も尊重して欲しいです。祖父が戦犯だった事で靖国問題が出るたびに首を竦めて嵐の収まるのをひたすら息を潜める暮らしをさせるのはいい加減辞めたらどうですか?
余りにもこの落差は酷過ぎますよ。差別は当然いくらかは有りますが同和解放部落での利権も非常に凶暴で目に余るとお見ませんか・一体どちらが日本の国に尽くしたのでしょうか・・・。赤紙で徴兵されて、学歴があったので上の役職に就いて終戦まで生きてたら戦犯ですから、まして処刑されてるその家族にまで長い間、今も隠しつづけてるか養子に出したり離縁の手続きしたりで世間から身を潜めて生きなければならない風潮を何時までも平気で放置してる日本の国民は皆異常だと思います。差別があり色々な立場の人が生きてるのが普通なので特別優遇制度は見直しが必要です。
2006/01/01(日) 00:25:44 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
全く同感です!
インドはパール判事の国。特定アジアと違い、日本との間の複雑な歴史的背景はなく、共に国連の常任理事国入りを目指している国。人口が多く、数学やソフト開発の分野では世界のトップクラス。極めて可能性のある国です。インドとの強いパートナーシップ確立は東アジアの覇権を狙う中国を牽制するためにも役立ちます。
インド側には日本の出遅れに多少不満があるようですが、日本は意思決定のプロセスで時間が掛かっても、一旦決めれば物凄い勢いになるはず。
国の安定はビジネスの基本中の基本;近い将来自壊する可能性大の中国から、当面大きな発展を順調に続けそうなインドへシフトして行くのは当然の流れかと思います。
2006/01/01(日) 01:25:34 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
明けましておめでとうございます。(^^)昨年はいつも楽しみに拝見させて頂き本当に有り難うございました。
わたくしは紅白歌合戦を見てから憤慨してしまい・・明けて早々今も不愉快な気持ちを抱えたままなので今年1年を不安に感じる次第でございます。
どうか来年も切れ味のいいスカッとした内容を楽しみにしております。(^o^)丿
2006/01/01(日) 01:54:38 | URL | ぶ~みん #-[ 編集]
今年も貴重なご意見を拝読させてください。
12/31のエントリーについて;
脱特ア入印ですね。GOODです。
日本は病んでいました。入院が必要です。
あと、大事にすべき国として、パラオと台湾(李登輝の)を是非追加してください。
小といえども心を通じることのできる仲間こそ本当の友好を維持発展すべきです。
2006/01/01(日) 03:07:37 | URL | あ! #-[ 編集]
明けましておめでとうございます!
いつまでもまとわり付く粘着質の中韓を引っぺがし、今年は日本国が新しく生まれ変わる平成維新の年であります。
自虐史観からの脱却こそが、国内外の反日運動から日本を守る最短の道です。
管理人さんのブログをはじめ、保守系ブログの益々の躍進を期待いたします(^^)

私も「紅白」を観ててウゲ~ッとなりました。
もう勘違いの極致にありますね。
NHKは猛省しる!!!

2006/01/01(日) 03:08:45 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
あけましておめでとうございます。
今年も頑張ってください。

細々と私も自分の脳味噌に合わせて
やってまいります・・・・。

仰るとおり、話の通じる相手と仲良くしたほうが身のためです。
2006/01/01(日) 04:41:28 | URL | らんらん #-[ 編集]
皆様、新年あけましておめでとうございます。

>bulldogさん

今回のエントリーではインドを取り上げましたが、bulldogさんが仰るとおり、オーストラリアや台湾などの海洋国家との関係強化にも努めて欲しいと思ってます。今年は日本の外交が劇的に変化する年になって欲しいですね。

>未定さん

ありがとうございます。今年も頑張りますです。

非中華圏の結束を強めれば、膨張する中華覇権主義に十分対抗でき、また、パワーバランスの上で優位に立ち続ければ、大規模な衝突は回避できますね。

>ようちゃんさん

確かに、インドには身分の差が固定されているという現実がありますね。

>日本国民さん

いつも心のこもったメッセージを頂きまして、ありがとうございます。

一旦決めれば物凄い勢いになる-

ですね。ついに回天の時がやってきました。今年は面白い一年になりそうです。

>ぶーみんさん

ありがとうございます。今年もがんばりまっす!

ところで、紅白を見ていなかったので知らないのですが、何かあったのですか?後で調べてみよう。

>あ!さん

小といえども心を通じることのできる仲間-

もちろん、台湾やパラオも仲良くしていきたい国です。頭のおかしい特定3国を見てきたので、これらの親日国家が神様に見えます(笑)。

>蜜柑さん

今年は日本国が新しく生まれ変わる平成維新の年-

その通りですね。私もこの動きにごく微少な力ながらも協力したいと思っています。

あら?蜜柑さんも紅白に激怒??よっぽど酷い事があったんですね。私は格闘技番組を見ていたので知らないのです・・

>らんらんさん

日本という国はどうして今まで話の通じない国ばかりを大事にしてきたんでしょうね。真性のマゾだったんでしょうか(笑)。

らんらんさんの活躍を期待しております。今年も頑張りましょうね!
2006/01/01(日) 09:24:28 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
最近の外務省、ようやくマトモになって来たようで喜ばしいことです。
今後も是は是、非は非と毅然とした態度で挑んでいただきたい。

あちらの格言にも”遠交近攻”なるものがあるそうです。
お隣だからといって必ず仲良くしなくてはならないという訳ではありません。

最後になりますが、今後もこのブログで頑張ってください。
2006/01/01(日) 18:27:02 | URL | 通行人A #.Wj8dMe.[ 編集]
あけましておめでとうございます
2006年のドイツ年も忘れないで下さいね~
まぁ、ぶっちゃけそんなイベントなくても、
「特ア」と「それ以外」で区別すればいいような気もします(笑
2006/01/01(日) 18:53:01 | URL | sho #CzFp58lQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 「小泉内閣の支持率が一桁台になるまで」のレッツらさんが、私の無料メールマガジン「皇位継承Q&A」のバナーを作ってくれました。どうもありがとうございます。m(_ _)m このサ
2005/12/31(土) 23:42:53 | 時事評論@和の空間
日印、「戦略的対話」で合意 人的交流を拡大  麻生太郎外相は4日午後、ニューデリーでアハメド外務担当国務相と会談し、両国外相が2国間関係強化を目指して安全保障問題などを
2006/01/05(木) 05:28:30 | 或る浪人の手記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。