管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中共はもっとアドリブを勉強しろ
昨日、在上海日本領事館の職員自殺報道をスッパ抜かれ、世論が硬化し、ますます対中外交の変化が加速する気配を敏感に感じ取ったのか、中国政府が立て続けに日本への『反論』をしているようです。まずは事件発覚後の続報からご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

中国政府に4回抗議 上海総領事館員の自殺問題

 政府高官は28日午前、中国の在上海日本総領事館の男性職員が中国から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残して自殺したとされる問題に関連し、外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らが中国政府に対し計4回抗議したことを明らかにした。
 抗議は、2004年の問題発生後に当時の杉本信行駐上海総領事、北京の日本大使館の堀之内秀久公使がそれぞれ行ったほか、今月19日には、中国に出張した外務省の泉裕泰中国課長、27日には佐々江局長が王毅駐日中国大使にあらためて申し入れた。いずれも外交官の身体の不可侵などを定めたウィーン条約に反するとの内容。
(共同通信) - 12月28日12時57分更新


 外務省はちゃんと仕事してます!というアピール。抗議ねえ。4回も抗議したって言いますけど、回数が問題なのか?口で言うだけなら誰でも出来ますよ。何か実害を与えるような素振りを見せてネゴをやったんですか?。やってるわけないよねえ。それと問題はこの情報を省内で留めていたことだ。何も記者会見を開いて公表しろとは言いませんが、官邸などに報告したのは最近だそうですね。外交は我々外務省キャリアのエリートに任せておけって所でしょうか。

 おっと、話がそれてしまいました(笑)。外務省はどの道ODAで金という実弾、人事も官邸に取り上げられて存在が無きに等しくなる予定ですから、あんまりいじめても仕方ないので、ここらで本題に入ります。領事館員自殺の報道から安倍官房長官の『遺憾』であるという談話を受けて、早速、中国の報道官が反応をみせたようです。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

中国、事実関係を否定 「情報提供強要」報道で

 【北京27日共同】中国外務省の秦剛副報道局長は27日の定例記者会見で、中国の在上海日本総領事館の男性職員が中国から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残し、自殺していたとの一部報道について「事実に基づいていない」と述べた。<以下略>


 まあ、堂々と『私の国はスパイ活動しまくってます』なんて認める国はありませんから、否定するのはあたり前でしょうが、『事実に基づいてない』って、具体的に反論が出来ないところが痛い。じゃあ聞くが、何が事実なの?その辺を明らかにしないと反論になってませんよ?あ、マニュアル通りの対応ですもんね。自由な発言が許されない言論統制独裁国家は大変ですねー(笑)。

 この一大スキャンダルの影響を薄めたいのかどうなのか、事件発覚の同日、毎度おなじみの『すべて日本が悪い』的な批判を展開しています。こちらのニュースをどうぞ(中国情報局から以下引用)

外交部:対中感情悪化「日本側の誤った言動が原因」
2005/12/28(水) 10:27:05更新
  中国外交部の秦剛・報道官は27日の定例記者会見で、内閣府が24日に発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じる」とした人が32.4%まで減少したことについて、「原因は多岐にわたるが、根本的な理由は、台湾問題や歴史問題などに関して、日本政府が誤った言動を取り続けていることにある」と主張した。

  秦・報道官は、問題があるとされる言動について詳細を聞かれると、「ここですべてを列挙するようなことはしないが、日本政府が両国の政治的な基礎に関わる問題に対して取るすべての言動が含まれる」と説明した。(編集担当:田村まどか・恩田有紀)


 ・・あのね、日本の世論が嫌中に傾いてるのは、まさにその態度にあるんですよ。何でもかんでも日本が悪いと言って恥じないその傲岸不遜極まりない態度です。中国政府がやらせた反日デモや、居丈高に日本を非難するその態度を見た日本人が、実際に感じたままを反映した結果なんですよ。日本の世論調査は中国のような言論統制独裁国家みたいに、政権が好き勝手に数字を決める事は出来ないんです。理解できたかな?(日本でも朝日のように『印象操作』で自分が欲する調査結果を導き出そうとする輩もいますが(笑))

 最近、この手の反論になってない反論みたいなものに飽きてきました。もうちょっとマニュアルの文言を増やしたらどうでしょうか。これから日本は中国に注文をつけることが多くなりますから、反論が現在の『何でも日本が悪い』の一点張りでは激しくツマらん。もしくはアドリブの出来る人材を配置するとか。あ、そんな事したら、勢いあまって自国政府を批判して中共が崩壊!なんて事になりかねないから出来ないか(笑)。でもさ、21世紀にもなって、未だに言論統制人権蹂躙宗教弾圧帝国主義一党独裁共産党国家なんて恥ずかしい。さっさと潰れろよ。中共は。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。



あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
 抗議自体は意味のないことですが、中国の非道さを伝える意味では効果的です。今回このような事件が報道されていることに驚いています。アンダーグラウンドの出来事なので、ウィーン条約もあってないようなもので、報道すること自体画期的です。小泉政権にとっては自らの対中政策の正当性を自負できる推進力になるでしょう。しかし、そろそろ情報機関を作って政治家や外交官を守ることを考える時期だと思います。
2005/12/29(木) 08:49:21 | URL | makoto #-[ 編集]
はじめまして
 初カキコ、失礼します。 
 貴ブログをはじめ、政治系blogを運営されている方々のおかげで、ようやく今夏、めでたく洗脳が解けたおっさんです。(w
 管理人さんのおっしゃるとおり、ほんと中国と売国マスコミはどうしようもないですね。
 中国の本質について、「諸君!」2月号に京大教授の中西氏が興味深い論を展開されておりました。
 このうえは、一刻も早く「スパイ防止法」の制定を急いでほしいものです。
2005/12/29(木) 09:36:19 | URL | 筆不精 #-[ 編集]
>理解できたかな?

理解しないでしょう。理解しないから中国。理解できないから韓国。それが連中の国際アイデンティティ。

しかし本当によくこの問題が一般のニュースになったなあ。1年前だったらテレビニュースになることはなかっただろうに。嫌中嫌韓は「世界の」押し戻せない流れになっていますね。

2005/12/29(木) 10:30:46 | URL | 未定 #-[ 編集]
正しくは・・・
中共→中狂
2005/12/29(木) 10:47:10 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
ここのブログにくるとスカッとします。

でも、今回のタイトル、一見、
「中共はもっとドリフを勉強しろ」
と見間違えました(;^_^A アセアセ・・・

ドリフのコント見たほうがいいですよね。
あの報道官のシャレのなさ。(笑)
はあ、ババンバーバンバンバンっと・・・



2005/12/29(木) 12:36:03 | URL | 優 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>makotoさん

いつもTBありがとうございます。
これで国民に情報機関の重要性が認知される事を願っています。スパイは汚いなどと忌避している場合ではないですね。

>筆不精さん

コメントありがとうございます。
戦後自虐教育からの離脱(?)、おめでとうございます。少しでもお役に立てたのなら、私は嬉しいです。

スパイ防止法が無いというのは、ホントに異常です。来年の通常国会で提出されると良いのですが・・

>未定さん

はは・・理解できないでしょうね。私もその辺は重々承知の上で書いてます(笑)。日本以外の国も、彼らのトチ狂いっぷりを認知して欲しいですね。

>名無しさん

中恐でもイイですね。

>優さん

スカッとします-

ありがとうございます。来年もスカッとくるやつを書きますので、来年もよろしくお願いします。

ドリフに見えた-

わはは・・その方が楽しそうで良いですね。

>メッセージを頂いた方へ

ご指摘ありがとうございました。確かに、私も文中で(笑)を多用する事に違和感を感じていましたので、今後なるべく使わないように気をつけたいと思います。ただ、言葉使いは拙ブログの『味』だと思ってますので、どうかご理解ください。
2005/12/29(木) 20:39:27 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
この事件が明るみに出た事で足が地につかなくなっている紳士諸侯もおおいのでは?どうなの、加藤紘一クン、山崎拓クン、河野洋平クン、二階クン。
2005/12/29(木) 23:39:31 | URL | bulldog #-[ 編集]
中共経営の売春クラブで写真を撮られたバカ経済人。
■中共経営の売春クラブで写真を撮られたバカ経済人。

中共経営の売春クラブで写真を撮られたバカ経済人。
【12/29(木)12:30】

 中国の日本大使館から、車で数分だろうか。そこには「中国共産党経営の、共産党幹部や外国要人接待用のクラブ」がある。クラブといっても、実態は売春クラブなのであるが・・・
http://www.nikaidou.com/column01.html
nikaidou/com さんに経済界の大御所の売春撮影ポルノも報告されてるよ。
中国へ出張へ行く時は男性全員宦官にさせて出す事を世の中の奥様に推薦するわ



2005/12/30(金) 01:22:06 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
凤凰卫视11月22日消息 据香港大公报报道 近几个月来,一股恶毒攻击中韩民族的逆流正在日本泛滥,肆意歪曲历史、丑化中国人和韩国人的两本漫画书在日本热卖,它们误导了不明真相的日本年轻一代,影响极其恶劣,但政府官员则对此不闻不问。

这些反映日本社会沉渣泛起、有人力图煽起仇华、仇韩情绪的漫画书,一本名为《中国入门》,一本名为《嫌韩流》。前者在日本的销量已达十八万本,在日本亚马逊书籍销量排行榜第二;后者更达三十六万本,高踞榜首。

台独分子充当急先锋

《中国入门》的全名为《中国入门:麻烦邻人的研究》,由日籍台湾人黄文雄提供文稿,此书把中国描绘成贪婪的人吃人国度,热衷自相残杀及卖淫。黄文雄称中国为“世界卖淫超级强国”,更信口雌黄指中国由卖淫活动所得利润占其国内生产总值一成。

《中国入门》还声称中国是疾病之源,它引述日本首相小泉纯一郎的话说:“我听说在日本爆发的流行病,大多来自中国大陆。”该书又诋毁中国文化,书中一位日裔女子说:“今天的中国,无论是哲学、思想、文学、艺术、科学和制度,都失去吸引力。”

现年六十八岁的黄文雄出生于台湾新竹,是个丧心病狂的“台独”分子,上世纪七十年代曾在美国向到访的蒋经国开枪行刺。他的亲日比李登辉有过之无不及,写过五十多本对中国抹的书,在日本以骂中国而闯出名堂。但这么一个人,现在却是台湾的“总统府国策顾问”。

竟为七三一部队叫好

黄文雄又称,二战期间日军七三一细菌部队对数千名中国平民和战俘进行的细菌生化、截肢、解剖等活体医学实验都是“合理的”,说“这是保护日军免受中国威胁的必要之举”。至于日军在南京屠杀三十万中国人的事件,《中国入门》则称根本就是中国官方为在亚洲散布反日言论与气氛所杜撰出的谎言。

由日本右翼漫画家山野车轮编写的漫画书《嫌韩流》,则专门歪曲日韩历史、诋毁韩国民族性格,已引起韩国民众的强烈愤怒。

称是日本打造了韩国

《嫌韩流》的内容从该书十一章的标题即可知端倪──第一章︰日韩共同举办足球世界杯的背后,韩国人玷污了世界杯的历史;第二章︰战后赔偿问题,永远无休止要求金钱和下跪;第三章︰旅日韩国和朝鲜人的来历,在日本留下的历史与“强行绑架”的神话;第四章︰韩国剽窃日本文化,剽窃日本文化和无视着作权的实态;第五章︰反日舆论的威胁;第六章︰韩语与韩国人,自称“世界上最优秀语言”的历史与秘密;第七章︰外国人的参政权问题;第八章︰日韩合并的真相,为朝鲜近代化而努力的日本帝国三十六年功过;第九章︰侵略日本领土,竹岛问题;第十章︰尾声,日韩友好之路。

在《嫌韩流》中,一名日本年轻女子大言不惭地声称:“说今天的韩国是日本建造的,真是一点都不夸张!”书中还有一段说,“韩国文化一点也没有令人骄傲的地方!”

书中又把韩国抗日义士安重根描绘成“愚蠢的恐怖分子”。日本右翼分子、所谓“新历史教科书编撰会”的主要成员西尾干二,还在书中写下了“从外表所看不到的可怜民族”等侮辱韩国民族的专栏。

谬种流传影响恶劣

由于日本当局从来就不愿让青年一代知道历史真相,这些严重歪曲事实的漫画书误导了许多无知的日本年轻人,产生了非常恶劣的影响。日本出版商飞鸟新社介绍《中国入门》时便这样说:“中国是怎样的国家?看罢这书就能一目了然。这本异色漫画如实地将这个在政治、经济及外交问题上不断罔顾国际常规,且令人困扰的邻国表露无遗。”
2005/12/30(金) 18:53:25 | URL | 君子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
平成17年が終わろうとしている。いろいろなブログで「今年の総括」のような企画記事が書かれていると思うが、私にとってみれば、平成17年という年は我が国と中国/韓国/北朝鮮と言った特定アジア国と一線を画すための年であったと思う。そこで、これら特定アジア国の汚
2005/12/29(木) 14:40:51 | ikeday1な日々
産経在上海領事館員自殺で中国、日本の抗議に「強烈な憤り」「日本は1年半もたった後に問題を蒸し返し、しかも自殺と中国当局者を結び付けた。(何らかの)意図があるのは明らかだ」1年半前はダメで60年前ならOKなのか?「(日本が)さまざまな手を使って中....
2005/12/30(金) 00:59:51 | 226remix RADIO BABYLON
在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人女性が犯罪行為をしており、電信官も共犯として処罰すると脅迫され、外交機密関連情報な
2005/12/30(金) 01:59:01 | 東ブログブルク公国
在上海日本総領事館に勤務していた電信官が2004年5月に「国を売ることはできない」と遺書を遺して自殺した。自殺の原因は、中国公安職員を名乗る中国人男性から、電信官の知人の中国人
2005/12/30(金) 02:13:15 | 西ブログブルク公国
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。