管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞への鎮魂歌 第2楽章
 年の瀬も押し迫って参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。私は未だ大掃除に手をつけておらず、どうしようかと頭を悩ませております。え?ブログ書いてる暇があったら掃除すればって?ええ、仰るとおりです(笑)。が、朝日新聞が休ませてくれないようです。今日の社説にバ○丸出しじゃなかった興味深い記事が掲載されておりますので、ご覧頂きたいと思います。こちらをどうぞ(asahi.comから以下引用)

追悼施設 世論は賛成なのに

 小泉首相の約束は結局、口先だけだったのか。自分の在任中はもう検討しないと表明した、新たな国立戦没者追悼施設の建設のことである。

 安倍官房長官は、ふたつの理由を挙げた。一つは「世論が割れている」というものだ。だが、それは公平な見方とはとても言えない。

 ことし10月、首相が5度目の靖国神社参拝をした後の世論調査の結果を見てみよう。毎日新聞では新施設の建設に賛成が66%、反対が29%、共同通信では賛成が63・7%、反対が26・4%、朝日新聞の調査でも賛成が51%、反対は28%。いずれも賛成が反対を大きく上回った。

 東京で発行している新聞では読売、毎日、東京、朝日の各紙が賛成の立場だ。

 首相の宿願だった郵政民営化は、当初は世論の支持が少なかった。それを突き動かし、実現させたのは首相の説得であり、気迫ではなかったか。新施設の問題ではまったくの受け身に終始した。

 「世論の分裂」を言うなら、首相の靖国参拝の方ではないか。多くの世論調査で賛否が拮抗(きっこう)している。全国紙の論調で言えば、参拝支持は産経新聞だけだ。

 もう一つの理由は「外国に言われてつくるものではない」というものだ。

 だが、首相は忘れたのだろうか。4年前、最初に新施設の構想を打ち上げたのは、首相自身だったことを。

 01年8月、就任後初めて靖国神社を参拝した後、首相はこう述べている。「内外の方が戦没者に対して追悼の誠を捧(ささ)げる。批判が起きないような、何かいい方法がないか。今後議論していきたい」

 その秋、首相は韓国の金大中大統領に直接、新施設の検討を伝え、ことし6月の盧武鉉大統領との会談の際にも、「国民世論など諸般の事情を考慮し、検討していく」ことで合意した。

 検討するとは約束したが、つくるとは言っていないということだろうか。なんとも不誠実な対応というほかない

 日本には戦没者を悼み、平和を祈るための公式な施設がない。これをつくろうというのが首相の初心だったとすれば、私たちも大いに共感する。こじれにこじれた韓国や中国との関係をなんとか好転させたいという外交的なメッセージ、という効果も期待できたに違いない

 せっかくの構想だったのに、首相が投げ出してしまったのは残念である。その理由には納得がいかない。期待をもたせて裏切った首相の言動は、日本に対する信頼を損なうものと言わねばならない。

 先月、山崎拓氏らベテラン議員たちが新施設を求める超党派の議員連盟を旗揚げした。だが彼らも含め、首相に面と向かって意見する動きはない。聞こえてくるのは「反小泉と見られても……」「首相はどうせ人の言うことは聞かない」といった嘆きばかりだ。

 靖国参拝が深刻な外交問題になってしまったことへの心配は広く共有されている。なのに、打開のためにだれも動こうとしない。この不作為の責任は重い


 ああ、ツッコミどころ満載です(笑)。このクソ忙しい時にこんな社説書きやがって。さて、どこから手をつけようかしら。じゃあまず、小泉総理が追悼施設建設の構想をぶち上げたというところから。これは初耳ですね。まるで小泉総理が旗振り役で始めたような『印象操作』。お得意の芸ですね。あんたのところの記者がしつこく『靖国に参拝しますか?公人ですか?私人ですか?いつですか?A級戦犯がいますよ?新しい追悼施設を作るつもりは無いんですか?』って事あるごとに聞いて回り、ストーキングされた総理はウザイから『検討する』って言ったんじゃないの?一度も『建設を目指す』なんて言ってませんよ?いい加減なことを書かないでね。

 次に、『日本には戦没者を悼み、平和を祈るための公式な施設がない』と断定してますが、本来、この役割を果たすべき靖国神社に天皇陛下や首脳が参拝し難い状況を作り出した張本人が何を与太飛ばしてるんだ?朝日新聞が中国様にご注進して政治問題化したんだろう。もうすっかりお忘れですか?このアジビラが。

 続いて、世論調査で賛成がいかに多かったかを自慢げに朝日、毎日、共同を並べて書いてますが、誇らしいですか(笑)?そりゃあね、参拝直後は中韓に加えて、あなた方がトチ狂ったように総理を非難しますから、あまりこの問題に興味の無い多くの人は-

『うわー・・日本の国旗とか燃やしてる・・えー??・・旗食べてるよ・・体に良くないと思うけどなあ。あ!自分に火をつけやがった・・おっかねー。キ○ガイには関わりたくねえなあ・・ツルカメ、ツルカメ。ま、何か知らんが、箱作れば収まるってんなら、いいんじゃねえの?』


と、こんな感じで消極的に賛成したんだと思う。それに、『靖国問題を解決すれば、中韓とのギクシャクした関係は良くなる』というアナウンスをこれでもか!ってほど連発していた効果もあります。が、民主党の前原代表が『中国は脅威だ』って言っただけであちらの首脳と会談出来ませんでしたよね?この言葉に賛同した麻生氏なんかも思いっきり中国に非難されてましたけど?『靖国参拝しなければ解決』しませんよね?どう考えたって。この事実はスルーなんでしょうか。追悼施設を建設すれば『(解決が)期待できたに違いない』ってただの妄想ですから。

 そういえば、朝日新聞って『マイノリティーの意見を尊重すべきだ』とか言って、数の大小で云々する事に反対してたんじゃなかったの?無知蒙昧で愚昧な大衆を啓蒙かつ教導する大朝日新聞さんよ。自分に都合の良い時だけ大衆頼みですか。リッパな態度だこと。

 それとも『無知蒙昧で愚昧な大衆を啓蒙かつ教導する』という考え方を改めたんでしょうか。であれば、もし『朝日新聞は必要ですか』という世論調査で『別に』とか『要らない』と答えた人が過半数を超えたら朝日新聞社の解体を検討してよね。あ、検討するならば、期待を持たせて裏切ったりしないで解体してくださいね。そうでしょう?自分で言ったんだもの(嘲笑)。


関連エントリー:朝日新聞への鎮魂歌


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


と、言う事で、緊急プチ世論調査を行います。『朝日新聞は必要ですか?』YES or NO さあ、コメント欄へGO !
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
まずは私から。

イラネ。
2005/12/28(水) 19:26:40 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
朝日の最近の社説はあまりにも…。
書いている人間が変わったんでしょうかね。
2005/12/28(水) 19:52:32 | URL | tree #-[ 編集]
>『朝日新聞は必要ですか』

必要。
理由1 これ以上の○痴エンタはない。
理由2 中韓朝の馬鹿さ加減の広告塔役。
理由3 朝日のおかげで他の新聞のアホが目立たない。
理由4 やじざむらいさんを休ませないために。(冗)
2005/12/28(水) 20:07:46 | URL | 未定 #-[ 編集]
日本で存在意味のないチョーニチ新聞は早く親愛なる将軍様の元へいってくれ。日本にはイラン!
2005/12/28(水) 20:39:38 | URL | どうや #-[ 編集]
わぁ~っ、すごい!皆さん、こうゆうのを『世論操作』というのですヨ。お勉強になりますネ~。
『朝日新聞』を反面教師のテキストとして、来年も多くの日本人が賢くなりますよーに!
2005/12/28(水) 21:53:12 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
中国が好き、でも・・・
私は朝日は決して見ないのですが、こうしてご紹介いただいた記事をたまに拝見しただけでも、本当に狂った頭のおかしい新聞であることがよく分かります。
朝日が理想郷のように思っている特定アジアの国々がどのような国かは皆知っています。お好きならそちらに行って下さい。何、工作要員は日本にいなければ務まらない?
2005/12/28(水) 23:01:39 | URL | けん #-[ 編集]
必要なくない??
うち…、朝日取ってるけど…、テレビ欄しか見てない…。親は代えないのかな…。インチキ記事ばかりでなんだかふざけてますね。
マスコミも全てを信じる事出来ないから、ココらへんが頼りになりますね。全部を鵜呑みにして良いかは分からないけど、日本にとってよい方向に向かうよう自分も考えたいと思いました。
2005/12/28(水) 23:13:12 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
うちも朝日なんだけどいらないですね
親には産経を薦めてるんだけど日経も取ってるから
経済新聞二つはちょっとということでずるずると(後、変えるのが面倒くさいらしい)
まあ、我が家では朝日の社説は誰も読んでないようですが・・・
2005/12/28(水) 23:24:24 | URL | 眼力 #HfMzn2gY[ 編集]
>管理人さん
「必要なくない??」の蜜柑さんは上のコメントの私、「蜜柑」ではありません。。。

「蜜柑」さん、すみませんが、HN変えてもらえます?
2005/12/28(水) 23:48:07 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
皆様こんばんは。

>treeさん

朝日も大変ですね(笑)。人材がいないのかしら。

>未定さん

ご回答ありがとうございます。
理由4が・・(笑)。

>どうやさん

ご回答ありがとうございます。では、イラネってことで。

>蜜柑さん

そうか!反面教師としての存在価値は大いにあるんだなあ・・

>けんさん

工作要員は日本にいなければ務まらない?-

あはは・・その通りなんでしょうけど、工作員は要らないなあ(笑)。

>もうひとりの蜜柑さん

朝日の論説が好きで取っているひとは少数だと思いますよ。チラシが一番多いからってのが世の主婦の方の評価ですし(笑)。

>眼力さん
ご回答ありがとうございます。イラネってことで。

変えるのが面倒くさい-

ですね。惰性で取ってる方も多いんでしょうね。でも、出来れば朝日は図書館か職場で読みましょう(笑)。

>蜜柑さん

了解でーす。確認しました。
2005/12/29(木) 00:11:04 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
次に当然来るべき社説
「今後議論していきたい」をもって「つくるとは言っていないということだろうか。なんとも不誠実な対応というほかない」と言うのならば、「8月15日に参拝する」と公約したのにも拘らずしなかったのは「公約違反、ちゃんと参拝せよ!」と当然キャンペーンを張るべきである。
2005/12/29(木) 01:51:28 | URL | いざりうお #-[ 編集]
やじざむらい様
TB、コメントありがとうございました。
浮上することにしますた・・・・

感情で言えばいらないに決まっているが

現実問題として
1、生きがいを奪われると人は暴走するので、気の毒な人の心のより所として残してあげるべき。

2、岩波の世界の如くちんまりとした規模になるまで、細く長く残るがよい。(希望)

3、でもやっぱり、いらん!と私の本心は訴える。
2005/12/29(木) 03:39:00 | URL | らんらん #-[ 編集]
商売第一
朝日新聞は、敗戦まではせっせと戦意高揚記事を載せて「軍国主義」の先棒を担いでいました。もちろん、新聞を売るためです。

敗戦以降は、当時の日本で脚光を浴びていた左翼思想の御用新聞に転換し、現在に至っています。これも、「進歩的」な人たちの気に入る記事を載せて新聞を売るためです。実際問題として、「教育関係者」「公務員」などの朝日新聞購読率は、他の集団より明らかに高いはずです。

朝日新聞が、せっせと売国記事を生産し続けるのは、何よりも読者の期待に応えて新聞を売るためです。朝日新聞に厳選して掲載される投書を見れば分かりますよね。

金のために国を売る新聞なんですから、どうしようもありません。なお、私は毎朝まずは朝日の社説をネットでタダで読み、大笑いすることにしています。
2005/12/29(木) 15:47:54 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>いざりうおさん

最近では靖国参拝に賛成する意見が多数になってますので、今回の朝日の論法だと『参拝するべきだ』になるはずですね。変なレトリック使うから、私なんぞにツッコまれるのです(笑)。

>らんらんさん

こちらこそ、ありがとうございました。復帰お待ちしてました。

気の毒な人たち-

あー・・いるなあ。朝日的世界にお住みの方が未だに・・ならば発行部数を2000部くらいに縮小の上、継続ってことで良いですかね(笑)。

>おやじさん

戦前派ゴリゴリの主戦派、戦後はゴリゴリの念仏平和主義と振り子がぶっ壊れるほどブレてますね。朝日は。読者の期待に応えて論調を変えているのなら、そろそろ急激に右旋回を開始するんでしょうか。いずれにせよ、ミスリードする報道機関は要らないですね。

>ご覧の皆様

まだまだプチ世論調査への回答を募集しておりますので、どんどん書き込んじゃってくださいませ。


2005/12/29(木) 20:49:38 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
私も 「朝日」 イラネ!

blogで記事を読む度ムカツク!
来年は「朝日」潰しにもっと世論が強まるを
望みます。
2005/12/30(金) 11:38:15 | URL | ぶ~みん #-[ 編集]
日本人の心を踏みにじるメディアは、もはや言論の自由を逸脱している。
アサヒ新聞の乱暴な報道の暴力が、これからもとまらないなら、日本人全員の署名もって慰謝料を請求する活動を始めましょう。
中国や朝鮮で歓迎されても、新聞は真実を報道するもの、日本人は容認できない。
2005/12/30(金) 18:11:35 | URL | どうや #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
《構造改革路線の裏側にアメリカの対日圧力あり!その象徴「年次改革要望書」の存在を、はじめて世に問うた新進気鋭の論客による前号掲載のインタビュー(前篇)は大きな反響を呼んだ
2005/12/28(水) 22:52:55 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
追悼施設 世論は賛成なのに  小泉首相の約束は結局、口先だけだったのか。自分の在任中はもう検討しないと表明した、新たな国立戦没者追悼施設の建設のことである。  安倍官房長官は、ふたつの理由を挙げた。一つは「世論が割れている」というものだ。だが、それは公平な
2005/12/29(木) 00:37:43 | 時事ブログ「グースの勿忘草」
外務省、中国大使に抗議=安倍官房長官「遺憾」-上海領事館員自殺 中国・上海の日本
2005/12/29(木) 03:17:06 | 臥竜窟より愛を込めて
いやあ、これは素晴らしい。戦後の遺族運動がなぜあのような―――戦争責任に向かい合うことなく、靖国神社国家護持や恩給増額を声高に叫ぶ―――かたちをとってしまったのか(本書4頁)このような刺激的な問いをたてて、遺族たちの心情とその生活―――「銃後の社会」―..
2005/12/29(木) 04:44:18 | 書評日記  パペッティア通信
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。