管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ES細胞論文は完全なるデッチ上げ 『教訓を活かせ』
 先週、ソウル大学の調査委員会によって発表された黄禹錫(ファン・ウソック)元ソウル大教授が執筆したES細胞論文の捏造疑惑に関する中間報告では、11個あるとされたES細胞の内9個の存在が確認できず、写真の焼き増しによる論文データ改ざんがあるという発表がなされ、残る2個についても調査中でした。その結果が出たようです。こちらをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

韓国教授のES細胞論文「完全な虚偽」・現地報道

 【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授による胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究に関する疑惑を調査中の同大調査委員会は、黄教授が今年5月に米科学誌の論文で発表した、患者の皮膚細胞からクローン技術でつくったヒトES細胞は存在しなかったとの結論を下した。韓国メディアが26日一斉に報じた。これが事実なら同論文はデータ捏造(ねつぞう)だけでなく完全に虚偽だったことになる

 米科学誌サイエンスの論文で黄教授は、複数の患者の皮膚細胞からクローン技術を使って11個のES細胞をつくったと発表。だが調査委は23日、ES細胞は2個しか存在せず、11個の実験データは2個のデータをふくらませてつくったと指摘した。

 聯合ニュースによると調査委は2個のES細胞がクローン技術を使ってつくったものかどうかを調べるため、外部機関にDNA(デオキシリボ核酸)鑑定を依頼したところ、クローン技術でつくられたものではないとの結論を下したとしている。調査委は年明けに最終調査結果を発表する。 (13:48)


 うわー・・やっぱりというか、予想通りの展開になってきました。すべてが虚偽だったとすると、『源泉技術は保持している』、『ES細胞作成の技術は韓国のもの』と、先日のソウル大教授を辞任するという会見を開いた黄元教授の発言も嘘になる。『源泉技術を持っているのだから、これからもこの分野で世界をリードしていく』としたソウル大、韓国政府の思惑も違ってきますね。お気の毒・・

 思えば、米国の科学誌『サイエンス』に論文を掲載した今年5月以降、黄禹錫氏は得意の絶頂にいました。その頃の発言を見てみましょう。こちらをどうぞ(中央日報から以下引用)

黄禹錫教授「韓国と外国技術水準の違いはペレのサッカーと町内サッカー

ソウル大黄禹錫(ファン・ウソック)教授が「ペレサッカー論」を展開した。韓国の幹細胞関連技術水準を説明する際に出てきた話だ。

黄教授は現在、米国ヒューストンで開かれている「幹性細胞首脳会談」に出席中で、11日、連合ニュースとのインタビューで「外国の有数な研究チームが、ソウル大研究室でわれわれのはい芽幹性細胞抽出のための核移植作業を見ると、手を上げてしまう」と話した。

続いて「外国研究チームもこのような過程がどのように行われるかは知っているが、われわれのように精巧にやり遂げる意欲をもてない」とし「これは『ペレサッカー』と『町内サッカー』の違いだ」と説明した。

韓国がはい芽幹性細胞製造の源泉技術を獲得し、その応用技術も他国の追従を許さないという黄教授の自信だ。

黄教授は「韓国の複製技術と箸使用の関連性はいつか記者から質問を受け、はっきりした返答ができなかったが、今、考えるとその話に妥当性があるようだ」と述べた。 実際に米国など先進国の大学も箸の使用技術と科学技術の相関関係について研究を始めたようだというのが黄教授の説明だ。

黄教授は、幹性細胞を応用する研究課題はあまりに広範囲で、国家間、企業間コンソーシアムが避けられないだろうと予想した。

中央(チュンアン)日報  2005.06.12 18:36:40


 いうに事欠いて他国の技術者を町内のサッカーレベルとこき下ろしてます(笑)。この頃、韓国では『箸』を使う我々は世界一優秀!なんて自画自賛していたのですが、今となっては説得力に欠ける説となってしまいました(笑)。そもそも、犬食いの韓国人がお箸を自在に操れるということ自体が大いに疑問でしたが、また1つ誇りを失ってしまいましたね。ご愁傷様でした。

 さて、完全な虚偽であった今回の論文の他にも、黄元教授の業績には疑問符が投げかけられ、その疑いも濃厚になってきましたが、起こってしまったものは仕方ない。この屈辱、経験を今後に活かし、2度と同じ過ちを繰り返さない事が重要な訳です。私は以前のエントリーで、最も問題なのは国威発揚のためなら何でも良しとする韓国社会が問題であると書きましたが、エントリーコメント欄におそらく韓国人と思われる方からの投稿がありました。その内容を要約すると、『日本にも遺跡発掘で不正をした藤村氏がいるじゃないか』というものでした。(そのエントリーはこちら)

 この人は私の言いたい事が全く理解できなかったのかもしれません。韓国社会への批判をしたはずなのですが、なぜかねつ造に関する相対化を図ってきました。これはこの人だけの特殊な例なのかと思って放置していましたが、韓国紙が同様の論陣を張っていたようです。(ソース:ハンギョレ新聞翻訳文)もう一つ(ソース:中央日報)・・他の人、国がやってるんだから、我々だけが悪いわけじゃない。という言い分なのかもしれないが、問題の本質はそこではない。聞くところによると、黄元教授を全面的に支援していた韓国政府でさえ、少し疑っていたらしいのですが、官民一体となって黄教授を応援し、『ちょっとくらいの不正なら構うもんか』と不正に目を瞑り、疑問を呈した輩は徹底的に排撃するという態度に終始した事が問題なのです。

 それに加えて、黄元教授の起こした問題を相対化するとなると、韓国は教訓を得て成長するどころか、成長できないのはもちろん、世界中から馬鹿にされ、嘲笑されることになるでしょう。『失敗を糧に成長する』これは人間の美風です。今回の教訓を活かして成長して欲しい。ただし、間違っても捏造や偽装の技術の向上にベクトルを向けないように!(笑)。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
相対化する前に。
捏造をやった事も問題ですが、一番問題なのは、捏造しても良いじゃないかという思考そのものなんですがね。
 かつての常温核融合スキャンダルを関係者の質を大幅にレベルダウンして再演したようなものと考えています。しかも人命に関わる捏造ですからねぇ。ES細胞による治療に希望を持っていた人達を弄んだんですから。
 まず反省しなさいよ。反省ザルのポーズとるだけでも良いからさ。
 それができないなら特定アジアの英訳をウィキペディアに有志が登録してあげましょう。多分、ウィキペディア発の国際語として定着するでしょう。今回の事件という良い実例もありますし。
 特定アジアを近代日本の文明九州成果と中華思想のキッチュ文化圏の呼称として。補足としてまず信用に値しないとつけて
 
2005/12/27(火) 08:57:41 | URL | 暇人 #-[ 編集]
政府がこの黄に援助していたことは、結局卵子の闇売買を韓国政府自体が助長させていたことになると思います。そういう組織についてまだまだ両朝鮮とも集団であって、中国の境界線があるだけで、国単位としての資格、資質はないですね。
日本ももう少し考えて相手したほうがいいです。
しかし日本でもパスポートなしで渡航できるようにしたいと思っている政治家がいるのに残念です。当然裏があってのことでしょう。
2005/12/27(火) 11:00:11 | URL | 村上商事 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
こんばんは。

>暇人さん

彼らの反省は一瞬だけのポーズで、後は相対化に向かってまっしぐらのようです。アジアの歴史は停滞の歴史だといった西洋人が遠い昔にいましたが、今もそのままの姿ですね。

>村上商事さん

コメントどうもでした。ホント、他の普通の国と同じと思ってはいけませんね。あ、それとパスポートでなくて、ビザですよね?ノービザは恐怖です・・
2005/12/27(火) 19:46:42 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
自分たちはアジアだと思ってないみたいですね。国際社会でわらわれますよ( ´,_ゝ`)プッ
2006/01/28(土) 12:32:53 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>名無しさん

自分たちはアジアだと思ってないみたいですね-

ん?これは日本人に言ってるんでしょうか?ならば、日本はアジアですよ。中韓はアジアではなく、『特定アジア・中華』ですが(笑)。
2006/01/28(土) 12:47:42 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日、職場で利用者の皆さんとフジテレビの「とくダネ!」という番組を観ていました。
2005/12/27(火) 20:10:19 | Groovy
耐震強度偽装問題で一躍時の人となった姉歯秀◎元建築士発覚当時は、まだヒューザー小嶋◎社長と総合経営研究所、内河健所長まだ 【威勢はよかったが】   時がたつほど問題が大きくなり、ドーにも成らなくなってきたヤバイ!ヤバイ!たよりの 【小島はオカ
2005/12/27(火) 23:59:18 | news バカ!馬鹿!バカンス
 韓国ソウル大の黄禹錫教授による胚(はい)性幹細胞(ES細胞)研究疑惑を調査中の同大調査委員会は29日、ことし5月に黄教授が「患者の体細胞を基にしたヒトクローン胚から11個のES細胞をつくった」とする論文を米科学誌サイエンスに発表した時点で、ヒトクロー..
2005/12/29(木) 19:11:58 | 浮世
 黄禹錫教授によるES細胞論文は捏造だとするソウル大調査委員会の中間調査発表を受けて、12月24日付産経新聞1面の黒田勝弘氏の記事では、「生命工学の最先端国」から「ニセモノ科学の国」になってしまった。 とブッタ斬り。更にこの騒動の拝啓として以下の4点....
2005/12/30(金) 11:07:20 | 乳頭おじさんのニュース解説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。