管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国政府の指示か?『黄教授論文ねつ造問題』
 昨日のエントリーで終わりにしようと思っていたのですが、まだまだ興味の尽きない韓国の黄教授論文ねつ造騒動。今日も書いちゃおうと思います。所属していたソウル大学の調査によって、論文のねつ造が確定し、追い詰められた黄教授は昨日、辞意を表明しました。大学側からの解雇通告に先手を打ち、自ら去ったという構図を示したかった黄教授でしたが、ソウル大は辞表の受理を保留しているようです。

 黄教授はソウル大の教授職を辞すると共に、他の一切の職から退くことを表明しており、後は過去にまで遡って調査される教授の業績への審判を待つのみとなりました。動かし難い証拠を突きつけられた韓国の国民は、全面的な黄教授の擁護こそ鳴りを潜めていますが、まだ抵抗している人たちもいるようです。こちらをご覧下さい(中央日報から以下引用)


<ES細胞論文ねつ造の波紋>国民「まさかと思ったのに...騙された」

ソウル大・黄禹錫(ファン・ウソック)教授チームの論文が意図的にねつ造されたものであることが分かった後、国民は途方もない失望感と虚脱感に陥っている。希望と期待感を寄せていた難病患者らは衝撃に包まれた。 <中略>

コミュニティー「アイラブ黄禹錫」(cafe.daum.net/ilovehws)のメンバーらは24日、全国で黄教授を支持するろうそく集会を行う予定。同コミュニティー・メンバーらの大半は、調査委への深い不信感を示した。ある投稿者は「調査委の大半が黄禹錫反対の勢力。当初から公正な調査は不可能だった。検察の調査を備えて総力戦を繰り広げるべき」だとした。


 ろうそくデモとか、アイラブ~というキーワードで思い出したのは、前回の大統領選の際に盧武鉉氏に対して絶大なる支援を行った『ノサモ』というネットコミュニティーから派生した支援団体。この団体も盲目的な行動を取っていました。実は構成員が同じなんじゃないの(笑)?黄教授本人でさえ、部分的なねつ造を認めているのに、彼らは信じないようです。何とかは死ぬまで治らないってことでしょうか。

 まあ、ここまで盲目的に擁護する韓国人は少数になっており、擁護の対象であった黄教授が失脚したことによって、一時はもの凄い勢いでバッシングを受けた『PD手帳』という番組への評価も変わりつつあります。放送したテレビ局はもちろん、番組のスタッフ、スポンサーに対する攻撃が熾烈を極め、放映中止となったこの番組が復活するようです。これまで一方的に悪者にされていた番組のプロデューサーが、沈黙を破ってインタビューを受け、気になる発言をしていますので、その一部をご覧下さい。(聯合ニュースから以下一部引用)

韓プロデューサーは、黄教授の論文がねつ造だったという事実が明らかになったにもかかわらず、「依然として問題が残っている」と指摘する。誰がどのようなルートを通じ論文のねつ造を指示したのかその過程で核心人物の役割がまだ究明されていないということだ。韓プロデューサーは今後も明らかにしていく部分があり、あくまでその最初の扉を開けたにすぎないと話す。


 かなり意味深な発言ですね。ねつ造を支持した黒幕がいると。ここからは、あくまでも私の想像ですが、黄教授の研究に関して、全面的にバックアップしたのは韓国政府でした。今年だけで30億円以上の助成金を拠出し、バイオ関連の研究開発の中心に黄教授を配置し、様々な国家プロジェクトを推進してしました。さらに、韓国政府は黄教授を韓国でただ1人の『最高科学者』に任命し、大統領補佐官の1人には、今回のねつ造論文の共同著者が就任しています。さあ、ここまで書けば大体わかりますね(笑)。
 
 この韓国政府の入れ込みぶりを攻撃材料にして、野党ハンナラ党は政権批判を強めていく意向を示していますが、どこを突っついてもやぶ蛇だらけの問題だけに、やりすぎると国家ぐるみのねつ造、詐欺行為が明らかになりそうです。どうなるでしょうか。今後も注目して参りたいと思います。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
韓国創価学会で金大中は大統領になった、ならば・
日本人のわれわれからすると、金大中は大統領時代に、北朝鮮の独裁政治
や人権蹂躙に目を塞いで、太陽政策なる北朝鮮への宥和政策を推進し、その
愛弟子であるノ・ムヒョンにこの政策を引き継がせ、韓国世論を親北朝鮮・
親中共・反米・反日へと転換させたことで、厳しく批判されるべき存在です。
 もとより、現在の韓国人の多数派が、この北朝鮮への宥和政策に諸手を挙
げて賛成していることはご承知の通りです。
 しかし、多数派・少数派を問わず、このところ、金大中について、韓国人
をあきれさせる事実が次々に明るみに出てきました。
 まず、まだ金大中の大統領在任中の2002年に、朝鮮日報社が発行してい
る、韓国の文藝春秋とも言われる権威ある月刊誌に、金大中の30万票差の大
統領当選は、韓国の創価学会が、金大中の依頼を受けた日本の創価学会(=
外国の政党たる公明党)の指示を受けて信者票をとりまとめたことで可能と
なった、という信憑性の高い記事が掲載されました(http://www5f.biglobe.
金大中が大統領の任期を終えた直後の2003年には、金大中が多額のカネを
北朝鮮に支払って2000年6月の金正日との南北首脳会談を実現させたことが
明らかになりました。この首脳会談等が評価されて彼はその年のノーベル平
和賞を授与されるのですが、要するに、金大中はノーベル平和賞をカネで買
ったわけです。(http://kamomiya.ddo.jp/%5CSouko%5CC03%5CDohyon%
5CKin.htm)
 更につい最近には、前任の金泳三大統領が始めた、政権反対派やマスコミ
に対する諜報機関による違法な盗聴を大幅に増やしたという事実(注3)と、
政権に批判的であった有力紙の朝鮮日報と東亜日報の両紙の首脳を税務調査
でねらいうちにして逮捕するにあたって、盗聴によって得られた情報を用い
た可能性が高いという疑惑、が報道されたところです(http://www.sankei.
co.jp/news/051117/kok017.htm、http://japanese.chosun.com/site/data/
html_dir/2005/12/16/20051216000063.html)。

韓国の創価学会によって金大中やノムヒョン政権が出来た。
当然日本の創価学会からの金でしょう今回も。証拠はちゃんと挙がってきたのです。
2005/12/25(日) 01:13:22 | URL | ようちゃん #VmV1yANw[ 編集]
 初めてコメントさせて頂きます。
韓国は日本に宣戦布告をして独立戦争を戦った戦勝国であるとか、韓国女性20万人が日本軍に拉致され従軍慰安婦にされた、テコンドー家を皆殺しにして2000年のテコンドーの歴史的証拠を焼き払った、現在日本に居住している人間はすべて在日韓国人であり日本人は存在しておらず京都は韓国人のものであり日本も実は韓国のものである。だから万葉集も韓国語で読むことができるのである。 
 日本の10分の1ほどの弱小国家の集団ヒステリーだと思うほかありません。日本が甘やかした結果がファンウソクの捏造につながったのかも知れません。日本で大丈夫だったのだから世界も騙せると軽く考えている節があります。
 日本という善良な巨大国家に甘え抜いた挙句、中国という悪辣非道な極悪国家にずたずたにされる哀れな運命を背負った民族だと 日本人は遠くで合掌する他無いのでしょうか。
2005/12/25(日) 01:32:04 | URL | 前橋 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
おはようございます。

>ようちゃんさん

金大中、盧武鉉両氏は親北朝鮮の勢力によって押し上げられたことは間違いないですね。創価は韓国で布教活動をしていますが、そこまでの力があったとは思えません。まあ、仲間である事は間違いないですが(笑)。

>前橋さん

韓国が行っている歴史ねつ造は、もちろん嘘をついて恥じない彼らが悪いですが、日本は『またバカなこといってるよ』的な放置プレーをしてきましたね。これが彼らに誤解されてしまった。反論してこない=我々が正しいってことで(笑)。でも、そろそろ不可能になるでしょう。~人は息を吐くように嘘をつくってのが浸透しつつありますから。
2005/12/25(日) 10:39:41 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
過去の歴史も平気で塗り替えができる国ですからね。
朝鮮民族はおもしろい民族です。

ある意味世界最高の民族ですわ。


2005/12/25(日) 14:24:08 | URL | 悠々 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
国連職員270人は袖の下をもらっていました。イラク経済制裁しているのに密輸していた国もありました。
2005/12/25(日) 04:00:22 | ブンゴーの日記 人生はすばらしい in Greece !
人気プログランキングに参加しています。韓国化学者による『ヒトES細胞』の論文に対しての『捏造』の話に対しては、やはり、『捏造民族』そのものの体質なのかと思わざるを得ない。アメリカの共同研究者による論文の共同出稿の取り消しの依頼にしても、その捏造の可能性が
2005/12/25(日) 16:27:19 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。