管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の環境破壊 『他山の石ではない』
 先月中頃、中国の吉林省で起こった石油化学工場の爆発。この事故によって有害物質のニトロベンゼンなどが松花江という河川に流れ込み、下流域にある黒龍江省のハルピンなどでは給水停止、当局による情報の隠蔽などで大混乱が起こりました。有害物質は松花江からアムール川と名前を代えてロシア領に流入し、いよいよ極東ロシアの都市ハバロフスクに到達する模様です。こちらをご覧下さい(asahi.comから以下一部引用)

松花江の汚染水、ハバロフスクに迫る 給水停止の恐れも

2005年12月21日10時12分

 中国の化学工場爆発で松花江に流れ込んだ汚染物質が、21日にも下流のアムール川沿岸最大の都市ハバロフスクに到達する見通しになった。同市の水道水に汚染物質が流れ込むのを防ぐため、中国側は取水施設の上流に簡易ダムを建設中だが、工事は難航しており、給水停止を余儀なくされる恐れもある。

 人口約60万人のハバロフスク市は、アムール川とウスリー川の合流地点に位置する。汚染物質が流れ込んだアムール川は同市付近で、中州の大ウスリー島を挟んで南と北に分かれて流れている。水道水の取水口は南側にあるため、中国側は南側に流れ込むカザケビッチ分流の入り口をせき止めるダムの建設を進めている。

 ダムは完成すれば長さ411メートル、高さ3.5メートルになる見込み。汚染水がハバロフスク市を通過した後に取り壊す計画だ。現地からの報道では、中国の労働者3000人が建設にあたり、10万立方メートルの岩や土砂を投入したが、20日夜の時点で約10メートル分が未完成だという。

 ロシア非常事態省の現地対策本部によると、20日現在汚染水はダムの上流15~20キロに迫っている。同日、ダム建設現場を視察したハバロフスク地方非常事態委員会のポポフ委員長は「分流一帯で既に塩素臭が漂っていた。流入した化学物質が反応しているのかも知れない」と話した。その上で「汚染が基準を超えれば、21日にも市内への給水を止めざるを得なくなる」と述べた。 <以下略>


 ハバロフスクでも給水停止になりそうですね。このクソ寒い中、水が止まるなんて、住民の方がお気の毒です・・この問題ではロシア側が中国の責任を追及して強気一辺倒で押しまくり、中国は即ゴメンナサイ。ハバロフスク付近に人民を派遣して即席のダムを作ってます。あの謝る事をしない中国が、です(笑)。

 有毒物質がハバロフスクに到達という事=日本周辺の海に近づいてきたという事です。中国が今回取っている措置は、あくまでも大量の水を流して一時的に有毒物質の濃度を薄め、早くハバロフスクから遠ざけようとしているだけ。最近メッキリ寒くなってきましたが、アムール川下流域は冬になると凍りつき、有毒物質が氷となって濃縮され、来年の春あたりに日本海、オホーツク海に流れ出し、魚やカニが有毒物質を摂取し、それを魚介類大好き日本人が食すなんていうことになりそうです。

 来年はカニが食えないのかな?などと落ち込んでおりましたら、またまた中国で川の汚染が発覚したようです。こちらのニュースをご覧下さい(asahi.comから以下一部引用)

広東省・珠江の支流がカドミウム汚染、10万人に影響

2005年12月21日12時44分

 中国南部の広東省を流れる珠江の支流、北江が猛毒のカドミウムに汚染されている、と21日、南方日報など地元紙が一斉に報じた。精錬所が基準を超えるカドミウム廃液を排出したためで、下流の英徳市の住民10万人以上の飲料水に影響している。当局はダムの放流で汚染物質を薄める措置を命じるとともに、飲料水の確保に努めている。<以下略>


 こちらは事故ではなくて、おそらく以前からずーーっと垂れ流していたんでしょうね。それを何らかの意図ですっぱ抜いたと。カドミウムと言えば、イタイイタイ病を思い出します。ごく少量なら摂取しても問題ないようですが、人体に蓄積されるとマズイ事になる猛毒です。流域に住んでいる人民の皆様は気の毒ですねえ・・

 前回の松花江の事故のあと、それまでただのスローガンに等しかった環境保護に中国政府は積極的に乗り出した(フリ?)ようですが、工場の排水に有毒物質がイッパイ!なんていうのは、この他にも星の数ほどあると見てよいでしょう。

 さて、このような中国の環境汚染は日本に関係ないのでしょうか。あります。ありまくりです。来年流入してくるであろうベンゼンは勿論、日本海側の漁場を席巻したエチゼンクラゲの大発生も中国の河川(おそらく長江)が汚染され、富栄養化たことが原因であると言われています。先日、この問題を日中になぜか韓国が加わって討議したようですが、中国は『発生源は中国近海ではない。日本海じゃないのか』と反論したようですが、具体的な根拠は示さず、日本側が提案した中国近海での共同調査を拒否。このまま逃げ切る構えのようです。(ソース:Yahoo ニュース

 現実問題として、来年もエチゼンクラゲが大発生して漁場がダメになったり、ベンゼンの被害(風評込み)で追い討ちをかけられるようなことになれば、漁業関係者は困窮する。ついでに日本海側では韓国の密漁船が跋扈しており、待ったなしの大問題です。政府は中国に環境改善をを要求し、賠償も含めた責任問題の追及に強い態度で臨んでもらいたい。あ、それから韓国の密漁船は海賊行為ですから、撃沈の方向で検討願います(笑)。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
【中国】16.8%の大幅上方修正、昨年のGDP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051221-00000019-nna-int

だそうです。こいつらGDPの伸びが高ければ高いほど、速ければ速いほどいいと思ってないか?
2005/12/22(木) 08:27:54 | URL | 未定 #-[ 編集]
>こいつらGDPの伸びが高ければ高いほど、速ければ速いほどいいと思ってないか?

その通りでしょうね。

でも日本にとってはその方が中国の崩壊が早まる訳で戦略上は好都合ですかね。
2005/12/22(木) 10:51:39 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして、この間トラックバックをさせていただきました。

中国の思わぬ急成長の影でこのような環境破壊が沢山起こっているのですね。
中国が公表していないだけで、もっとあると思うと恐ろしい。
しらないうちにすでに日本の海にも有害物質が垂れ流されているおそれすらありますね。
この事件は、発端が事故だったから隠せなかったのでしょう。
2005/12/22(木) 12:12:19 | URL | 飲み屋。 #-[ 編集]
冬眠します
今年は運良く、早めの冬眠ができそうです。やじさん・・良いお年を・・

中国の「環境破壊」を見ていると北京オリンピックの屋外競技が砂埃で不可能になるように思えますよ・・他国に内政干渉して、靖国やら、ロケットやら駆逐艦なんかどうでもいいから、自国の内政をしっかりやってもらいたいです・・

2005/12/22(木) 18:25:27 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様こんばんは。

>未定さん

そうですね。まあ、GDPの大きさとか伸び率はわかり易いですからね。ただ、そろそろというか既に調整の時期は来ているのに驀進中ですね・・日本のバブル崩壊の比ではない規模でクラッシュしそうです。おお怖わ(笑)。

>通りすがりさん

中国の崩壊はなるべく緩やかにして欲しいですが、あのイケイケ具合では・・

>飲み屋さん

こちらこそ、はじめまして。

おそらく、中国の環境破壊の実態が明らかになると、先進国の人間は卒倒するでしょう(笑)。

>SAKAKIさん

ホント、北京オリンピックは開催できるんでしょうか。大気汚染が酷いですから、マラソン選手が全員倒れるなんてこともありえるかも・・

>冬眠します-

今年一年お疲れ様でした。年始にかけて英気を養い、来年に備えてくださいませ。良いお年を!

2005/12/22(木) 19:37:29 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
中国が日本に追いつくのは無理
中国は経済成長を抑制するはずだった、また、そうしなければならなかった筈です。
従って、予想を大きく超える経済成長をしてしまったことは大失敗です。
環境も需給もまるっきり無視で、資源とエネルギーを食い尽くす勢いで、ひたすら高度成長の道を歩んできた結果は、土地を収奪された極貧の農民、国土の砂漠化、超過剰投資、不良在庫の山、巨大不良債権と化した銀行融資。極めつけは人が住めなくなりつつある国土。
計算上は今の経済成長を続ければ、いずれ日本を追い越すことになりますが、その前に破滅してしまう筈です。
政府には環境汚染の被害(酸性雨もお忘れなく)に対し謝罪を要求するとともに、賠償を請求するくらいの姿勢で臨んで欲しいものです。
2005/12/22(木) 20:49:54 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
海の領域に塀のように遮断する何かを誰か発明できないのでしょうか??

中国の大量環境汚染で異常気象が起きてる気がしてなりません。
2005/12/23(金) 02:53:28 | URL | ぶ~みん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>日本国民さん

中国は様々な社会の歪みを一切無視して金儲けに走ってますね。これが壮絶な崩壊への道だということに早く気付いてほしいものです。

>ぶーみんさん

うーん・・難しいですね(笑)。出来れば良いのだけれど・・
2005/12/23(金) 11:26:39 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
前にどなたかがコメントされたと記憶しますが「世界を破滅に導く恐怖の大王は中国のこと」という様相です。

かつて、多くの矛盾を抱えていた帝政ロシアが倒れて冷酷なボリシェビキが権力を握り、国内で大量の犠牲者を出しました。少なくとも、スターリンが革命の輸出を始めるまではソ連だけの悲劇でした。

その後、第二次大戦の結果として世界に革命が押し売りされてさらに大量の犠牲者を出し、20世紀の末に大量の負の遺産を残してソ連が崩壊しました。朝鮮やキューバでは、ソ連の手下が依然として「革命」を続行し、国民が犠牲になっていますが。

今度、社会の矛盾に耐えかねて爆発するのは中国でしょうが、その影響は甚大なものになりそうです。一番被害が大きいのは日本でしょう。
2005/12/23(金) 14:57:18 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中国、吉林(きつりん)省・吉林市内の石油化学工場で11月13日、 相次いで大規模な爆発事故が発生し、その後、大規模な河川汚染へと 被害が拡大していった話はお伝えしました。 中国の河川汚染は、どこまで その続報です。日本政府は 「どこ見てんのよー!」 この
2005/12/25(日) 14:22:45 | 鉄人ママの社長ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。