管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東シナ海ガス田問題 政府は早く試掘に踏み切れ
東シナ海ガス田に関する日本側の再三にわたる協議要請に応じない中国。その間にも着々と操業開始への準備を進め、いよいよ準備も最終段階に入ったようです。(sankei webから以下一部引用)

東シナ海ガス田 パイプライン完成 中国「白樺」生産体制整う

 東シナ海の日中中間線付近の石油ガス田開発をめぐり、中国が建設を進めていた白樺ガス田(中国名・春暁)などから浙江省寧波を結ぶ海底パイプラインが完成しているのが九日、分かった。寧波には天然ガスの地上処理施設が完成間近で、白樺の生産準備は完全に整ったとみられる。白樺の生産が始まれば中間線付近の海底資源は中国側に吸い取られることになる。日本政府は中国側に局長級協議の早期再開を求めているが、ナシのつぶてだ

 パイプラインの完成が確認できたのは先月上旬。政府は海上保安庁の巡視船や海上自衛隊の航空機などで中国側の開発動向を注視してきたが、十月初めに白樺と約十八キロ離れた樫ガス田(同・天外天)の間で、パイプライン敷設用の作業船が活動しているのを確認。

 その後、情報収集衛星や米国の商業衛星を使い、ガス田に加えて中国本土側の動きを追ってきたが、白樺と樫との間にパイプラインが完成し、さらに樫と寧波の天然ガス処理施設を結ぶパイプラインも出来上がったことが分かった。

 今年九月に樫の掘削施設の煙突から炎が出たことから天然ガスの生産が始まったことが分かっており、白樺でも掘削用のパイプが埋め込まれているのが確認されている。白樺、樫、寧波を結ぶパイプラインが完成したことで、中国側は白樺と樫で生産された天然ガスをいつでも本土に運べるようになった。

 中間線から中国側寄りにある平湖ガス田から石油を上海に送るパイプラインがすでにできている。今回、中間線付近のガス田からのパイプライン完成が確認されたことで、日本側につながっている可能性がある東シナ海の海底資源を吸い上げて本土に送る中国側の体制が整った。<以下略>


 『協力の海にしたい』などと中国に配慮している間に、とうとう既成事実を作られてしまいましたね。日本側も試掘に踏み切るべきであるという意見はちらほらと聞こえてきますが、未だに動いていない。与党は来年の通常国会に海洋権益保護法案を提出すると言っているが、その頃にはガンガン操業が始まっているんじゃないのか。

 そんな中、中国が日本との協議に応じない理由を何としても靖国参拝に結び付けたい日本の報道機関があるようです。こちらをどうぞ(NIKKEI NETから以下引用)

日中ガス田協議、年内開催は見送りへ・中国側が拒否

 東シナ海のガス田開発を巡る日中両政府の局長級協議が年内は見送られる方向となった。10月の前回協議の際には「10月中の次回開催」で合意していたが、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に中国側が反発し、中国が早期再開に難色を示しているためだ。<中略>

ガス田協議に限らず、日中間の話し合いは停止状態だ。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)や今月の東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)でも首脳会談や外相会談が見送られた。 (07:02)


 日経って・・中国のことになると全然ダメですね。中国の狙いはあくまでも時間を稼いで準備を進め、『既成事実』を作る事です。靖国参拝はこじつけに過ぎない。何で中国の代弁をしてるんだ?あ、日本企業の際限の無い中国進出を煽った張本人ですもんね。日経って。いまさら中国様の悪口は言えないってところでしょうか。

 それにしても、これまで中国に配慮し続けてきたことは悔やんでも悔やみきれない。中国は実に30年も前から東シナ海に着目し、準備をしてきた。対して日本は中国を刺激することを恐れるあまり、調査さえしてこなかった。そのツケが一気に噴出したかたちです。何とも情けない・・媚中派の罪は重い。

 こうなった以上、政府は対話を求めるなんてぬるい事を言ってないで、厳重に抗議し、試掘だけではなく、早い段階で操業開始する準備を進めるべきだ。これまで十分すぎるほど配慮はしたでしょう。日本の権益を侵されているのですから、決然たる意思を見せて欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
いつもありがとうございます。
目が覚めるようなコラムに脳内刺激を
頂いております。

これからもよろしくお願いします。
2005/12/18(日) 20:13:23 | URL | たかし #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>たかしさん

いつも閲覧頂き、ありがとうございます。これからも頑張りますです。
2005/12/19(月) 07:59:32 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
>中国は実に30年も前から東シナ海に着目し、準備をしてきた。対して日本は中国を刺激することを恐れるあまり、調査さえしてこなかった。そのツケが一気に噴出したかたちです。何とも情けない・・媚中派の罪は重い。

東シナ海のガス田開発問題がニュースになった時上記内容をblogで知りました。
日本国民で抗議する団体はないのでしょうか?韓国なら抗議デモが大々的に起きるだろうに(^^)日本人はおとなし過ぎるのか、無関心なのか・・・。あってもメディアが報道しないだけなのか。多くの国民がもっと声をあげて抗議しなくてはならない気がします。
2005/12/19(月) 12:58:50 | URL | ぶ~みん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>ぶーみんさん

もちろん、中国の横暴に怒っている国民は多いと思います。ガス田ではないですが、東シナ海周辺の尖閣諸島に上陸したりする日本の団体は存在します。

日本人は、中韓のように暴れまわって抗議しませんが、無言のうちに中韓の製品を買わなくなったりして、いつの間にか彼らに実害が出る事になるでしょう(笑)。
2005/12/19(月) 22:15:11 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
30年前より海底資源が有るということが、解りながら何もせずにいた日本国に対して、一番腹が立ちます。
今まで資源が無いから輸入に頼っていたものを、自国に有るのならサッサと試掘して供給出切るようにすればいいのに、それなら、不良債権や失業対策もほとんど回復するでしょうにと思います。
中国に根こそぎ取られるまでに、こちらもドンドン取って欲しいですね。
2005/12/20(火) 17:53:59 | URL | まがり茄子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 ・日中ガス田協議、年内開催は見送りへ・中国側が拒否 来年になっても協議なんて開かれませんから、さっさと日本の民間で掘って下さい。元経産省中川ちゃん時代に既に、やれやれとの思し召しも得ているのだし、さっさとやってくれ。  日本側が実行に移したら、黙って...
2005/12/18(日) 22:53:52 |  ◆ ケシクズ ◆
日中ガス田協議、年内開催は見送りへ・中国側が拒否 東シナ海のガス田開発を巡る日中両政府の局長級協議が年内は見送られる方向となった。10月の前回協議の際には「10月中の次回開催」で合意していたが、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に中国側が反発し、中国が早期再開に難
2005/12/19(月) 08:08:08 | 無防備地域宣言は危険を招く危険な宣言だと断固主張する、嘘つきが、せめてブログで正直な事を語る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。