管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 27 結党10周年を機会に純化せよ
 昨日から始まった前原代表の糾弾大会・・もとい民主党の党大会。結党10周年を迎えて、そろそろ党としての『かたち』をしっかり方向付けたいところ。どんな内容だったのでしょうか。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

前原発言に異論噴出、代表は撤回拒否…民主党大会

 民主党の定期党大会が16日、東京・芝公園の東京プリンスホテルで、2日間の日程で始まった。

 出席者からは、前原代表が米国での講演で中国脅威論やシーレーン防衛強化、憲法改正の必要性などに言及したことについて、異論や懸念表明が相次いだ。

 しかし、前原氏は「結党10年になっても党の基本政策が固まり切れていないことが最大の弱点だ」と強調、あえて波風を立てても、「あいまい」と批判され続けてきた党の安全保障政策を明確化したいとの決意を鮮明にした。

 この日の全代議員会議では、最近の前原発言について、「小泉首相と中国がぎくしゃくした時、一緒にぎくしゃくするのは残念だ」(平野達男参院議員=旧自由党出身)、「戸惑っている。党内できちんと議論された上での発言なのか」(福岡県連)などの批判が続出した。

 これに対し、前原氏は「代表として目指す外交安全保障政策を述べただけだ」と反論。「中国は日本を射程にしたミサイルを持っている。戦闘機、潜水艦、護衛艦(保有)の伸び率はめざましく、経済発展で軍事力の増強が続いたら、海上権益、領土問題において、制空権、制海権のパワーバランスが崩れる」などと訴え、見解を撤回する考えはないことを強調した。

 また、前原氏は、米国で集団的自衛権行使の容認に言及したことについて、「党の憲法提言には『制約された自衛権』と書いてある。国連憲章に定められた(集団的)自衛権の行使は、党内の憲法論議の枠内に入っていると思う」と説明し、理解を求めた。

 さらに、「私なりに、近く党の外交安保政策の戦略ビジョンを示す。徹底的に党内議論した上で、党の考え方としてまとめてほしい」と述べ、党内の意見集約に強い意欲を表明した。
(読売新聞) - 12月16日23時48分更新


 なるほど。あれだけの発言を米国で行った理由は、この党大会に狙いを定めていたということですか。党内からの批判は、『代表の発言は党としての公式見解として捉えられる』というものでしたが、まさにそれを狙っていたんですね。流れとしてはこんな感じです。米国で持論を展開→内容を見て民主党、報道機関が混乱し、大きなニュースとして取り上げられる→党内から批判噴出→改めて民主党がバラバラである事を世間にさらす→党大会で激突、と。

 前言撤回の前原、朝令暮改の前原、なんて就任当初から言われてきましたが、いよいよ本格的に対決の決意を固めたようですね。噴出する批判に徹底的に反論し、安全保障に関する政策は前原氏の意向を基礎にまとめるように要求。やりますねえ。見直しました。なかなか喧嘩上手じゃないですか。

 前原氏が言うように『結党から10年たっても、党の基本政策が固まり切れていないことが最大の弱点』ですね。民主党は。安全保障は一番核になる政策ですから、ここをどう考えているのか、まったく見えない民主党は信用できなかった。安全保障に関する考え方の統一が出来たなら、民主党のイメージは随分変わります。

 これは、確信犯的な『護憲派』を切るつもりと見ました。労組などの支援を受けている、何となくリベラルっぽい議員なんかは、これを契機に左派との決別が可能になるんじゃないか?『連合』新会長の高木氏も前原代表の安全保障政策、改憲の姿勢に理解を示していることから、大きな支持母体を失う事無く、極端に意見が違う左派を排除する事が出来るかもしれない。

 ただ、党内の意見集約を進め、片方の極(横路氏などの一派)を排除したとしても、民主党には、ある意味キャラ立ちしている鳩山、菅、小沢氏などの実力者が存在します。隙があれば目立とうとするこれらの人物が、またぞろ暴れだすかもしれません。鳩山、菅氏はただのミーイズムの権化ですから、何とか抑えられるでしょうが、小沢氏の動きが気になる。この党大会には横路氏と同じく欠席しており、また裏で何かやらかすんじゃないかと心配です。

 そこでご提案。この時期に、捨民党じゃなかった社民党の福島党首が民主分裂を感じ取り、こんなこと言ってます。(asahi.comから以下引用)

「反前原」なら社民へどうぞ 福島氏、離党の誘い

2005年12月14日20時47分

 小泉首相に仕掛けられた「大連立」の次は社民党からの「離党」の誘いか。社民党の福島党首は14日の記者会見で、民主党の前原代表が「集団的自衛権を行使できるように憲法改正を検討すべきだ」などと米国で発言したことに反発しそうな民主党内の勢力に、離党を呼びかけた。

 福島氏は前原氏について「小泉外交と対峙(たいじ)するどころか右(の路線)を行っている」と批判したうえで、「民主党で社民党と似た(集団的自衛権の行使に反対する)考えの人たちに、これでいいのか、と訴えたい。大きく声をあげてほしい。国会内で連携を取りたい」と語った。「社民党に来ていただければ、大喜びで歓迎する」とも。


 国会の希少動物となった社民党が大歓迎する!ですって(笑)。横路氏とも手を握れるんですから、社民とだって共生出来るでしょう。ねえ?小沢さん。左派も小沢氏も、まとめて姥捨て山じゃなかった墓場じゃなかった社民党にようこそ!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです。
前原さんGJです!
そうか~、党を割る狙いがあったのですね!前原さんを援護する声が党内からもっと出てきてほしいですね。
最近、鳩山と管と横路の眼が、腐った魚のように濁っていると感じていた私は、会社を休んでお遍路さんに行き、お大師様に彼奴らを救っていただくようお願いしてきましたよ。
(私ってばなんて優しいの!?)
2005/12/17(土) 22:25:25 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
お久しぶりです!
>蜜柑さん

ご無沙汰でした。
お遍路さんに行ってらしたんですか?いいなあ。私もまとめて時間が取れれば是非行ってみたいです。

>鳩山、菅、横路の目が腐った魚のよう-

うはは。鳩山氏は何を考えているか読めない目。菅、横路氏は左翼特有の目ですね。あんなダメな子達を救おうとするなんて、蜜柑さんは優しいですね(笑)。きゃつらが救われる日は来るのか・・

2005/12/17(土) 23:25:39 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
「中国との友好は重要である」という意見と「中国は軍事的脅威である」という意見は両立するということを民主党の皆さんにはまず理解していただかないと。横路さんとか鳩山さんとか何か友好は軍事的脅威があると成り立たないみたいな考えに見える。

いや、待てよ。それよりも「国会議員は日本(国,人)の国益を最重視すべき」、「国益は外交力と軍事力で守る」ということをまず思い出して欲しいな。
2005/12/17(土) 23:42:56 | URL | かねごん #-[ 編集]
ここを乗り切れ。前原頑張れ!
前原氏はこれまで随分揺れ動き、何だか分からない人物でしたが、この正念場でしっかり腰がすわってきました。その調子。その調子。ここを乗り切れ。前原頑張れ!
どうしようもない駄目な連中とは決別して、すっきり分かりやすい党にべきです。
そして外野スタンドから野次を飛ばすだけでなく、小泉総理や武部幹事長からの呼びかけに少しは耳を貸してはどうなのでしょうか? そうでなければ自分達の考え方や目指すところの実現はできません。政権が民主党に一気に取って代わるなんてことはまずないのですから・・・。
2005/12/17(土) 23:50:30 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
野党第一党も改革!
うん、二大政党を確立するにはやっぱり党内の極端な左派は排除しないとだめでしょう。加えて言うことがバラバラ過ぎますからね。理由づけも。民主党にしたら一旦後退することになるかもしれませんが今までのようにとりあえず自民党の政策にケチをつけてみようかな?と映ってしまうような主張を続けてもジリ貧になるだけです。この大会は通らなければいけない道だと思います。一回で終わるかどうかわかりませんが今までの媚中のままではもう政権は取れないですよ。
2005/12/18(日) 01:34:35 | URL | J #-[ 編集]
私は先の衆議院選挙前に、インターネットで「しかし、民主党では政権政党になれないですから・・・」と書き込んで、管理者から書き込みを削除されたことがあります。
社民党が政権政党になれないのと同様、民主党にも無理だ、といいたかっただけなのですが。
が、もし、前原さんが(現在の言葉通りに)率いるなら、民主党も頑張ってもらいたいです。
2005/12/18(日) 09:30:59 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様、おはようございます。

>かねごんさん

そうなんですよね。国を守るという出発点からバラバラですから、こんな奇妙な国になってしまった。とは言え、ここ最近の動きを見ていると、まともな国へと舵を切っていると感じます。ここでしっかりと軍事力を忌避、否定する輩を追い出さないとなりませんね。

>日本国民さん

大連立の打診には、さすがに了解とは言えないでしょうね(笑)。小泉総理も仰ってました。ただ、前原さんは、明らかにこれをカードにして党内の戦いに挑んでますね。99.9%無いと言ったことに党内からは批判が噴出(笑)。100%って言え!と怒ってる人もいました。よっぽど怖いんでしょう。

>Jさん

>今までの媚中では政権は取れない-

その通り。これを見間違えると、議員生命は終わりますね。ここ数年の間に。

>名無しさん

>書き込みを削除された-

えーっと。それは民主党関連のサイトですか?だとすれば、党の運営スタッフは社会党からの横滑りの職員が多いので、体質的には社民、共産なんかと同じです。言論弾圧大好きですから。あちらさんは。

2005/12/18(日) 10:57:50 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★ 日本製品の締め出しが始まった アジアサミットでコケにされた中国。 靖国外交が手詰まりとなったら、日本企業の中国からの締め出しを始めた。日本製品を締め出すことで日本
2005/12/17(土) 20:31:49 | 復活ニッポンで儲けましょう。榊雲水雑記帖
前原民主党代表の言や良し!中国の軍事力増強は現実的な脅威であり、その増強に費やされる軍事費の大きささえも信用できないものならその脅威の度合いは強大になってゆく。当たり前の議論である。このような前原発言に対して民主党内から異論が噴出している。その中でも傑作
2005/12/18(日) 09:47:00 | ikeday1な日々
 民主党の定期党大会が16日午後、都内のホテルで2日間の日程で始まった。前原誠司代表にとって就任後初の党大会だが、参加者からは小泉純一郎首相が自民、民主両党の「大連立」に
2005/12/18(日) 12:58:23 | 或る浪人の手記
「民主党」というオモリ 政策通としての前原代表の将来性については、好意的な見方をする記事も少なくない。ただ、政策云々以前に、「民主党」が、相変わらず信用されていない現実があるようだ。最近では、耐震設計偽装問題などにおける徹底した追求振りに見られるように、
2005/12/19(月) 14:13:17 | ブログ界の正論
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。