管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 23 『前原代表の外遊に成果は?』
今月6日から米国を訪問している民主党の前原代表。今回が代表就任後はじめての外遊となります。外交・安全保障の専門家を自認する前原氏は、極めて薄くなった民主党の存在感を高める事が出来るか。米国に独自の人脈を持ち、日米同盟重視の姿勢を訴える前原氏ですが、党内の強い圧力によって自衛隊のイラクからの撤退、米国産牛肉の輸入再開に反対したため、ブッシュ政権の要人との会談は実現せず、米国の二大政党の一翼である米・民主党の次期大統領候補のヒラリー・クリントン女史との会談も果たせませんでした。

 米国の要人に、日本に前原ありを印象付けることは叶いませんでしたが、ワシントンで行われた講演や、日本から随行した記者団などを相手に結構良い事を話しているようです。こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)


前原代表、米でシーレーン防衛拡大へ憲法改正を訴え

 【ワシントン=東武雄】民主党の前原代表は8日午後(日本時間9日早朝)、ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で講演し、日本に食糧やエネルギーを運ぶシーレーンの防衛について、「死活的に重要で、米国に頼る(日本周辺の)1000カイリ以遠についても日本が責任を負うべきだ」と訴えた。

 その上で、「これを可能にするには、憲法の改正と自衛隊による活動および能力の拡大が必要になるかもしれない」と述べ、シーレーン防衛拡大のための憲法改正に積極的な考えを示した。

 これに関連し、前原氏はシーレーン防衛の範囲について、「中東から原油を運ぶシーレーンはマラッカ海峡からインド洋、ペルシャ湾まで通じている。多国間協力の枠組みを作り、その中で日本も役割を果たすことが現実的だ」と述べた。

 さらに、<1>第三国からのミサイル発射<2>周辺事態――などで日本に直接危機が及ぶ可能性のある場合は、「現在は集団的自衛権の行使と認定され、(政府が)憲法上行えないとしている活動について、(行使できるように)憲法改正を認める方向で検討すべきだ。集団的自衛権の行使は、日本の主体的判断に基づいて行われるべきだ」と強調した。

 また、中国の軍事力増強・近代化を「現実的脅威だ」とし、中国が東シナ海で進めるガス田開発に対しては、「毅然(きぜん)とした対応が重要だ。(中国が)既成事実を積み上げるなら、日本としては、係争地域での試掘を始めざるを得ない」と語った。

 在日米軍再編問題に関しては、「(神奈川県のキャンプ座間に移転する)米陸軍新司令部の機能と目的は、『極東』とする日米安保条約の地理的範囲を超えている。日米安保を再定義する必要も含めて、十分な議論が必要だ」と述べた。
(読売新聞) - 12月9日12時17分更新


 シーレーン防衛の重要さは、いくら強調しても足らないと言う意味で、前原氏の海上自衛隊による1000海里以遠の防衛案に賛成します。今の政府でもここまで踏み込んだ事は言えません。中国に対しても、実に正直に『現実的な脅威だ』と述べ、話し合いに応じないのなら、ガス田の試掘に踏み込むべきだとの案に全面的に賛成します。

 さて、ここまで前原氏を褒めましたが(笑)、問題はここからです。正論を述べる一方で、その直言が嫌われて各国の首脳との会談が出来ない事態を招いている事も事実。先日、韓国の盧武鉉大統領が持論とする『北東アジアのバランサー論』を意味がわからないと酷評したりして、会談を拒否された経緯がありました。今回の対中強硬論にも中国側は神経を尖らせていると聞きます。前原氏は胡錦濤主席との会談を希望しているようですが、このままでは難しいでしょう。

 ここで誤解しないで頂きたいのは、私は何も前原氏の直言をソフトにしろと言っているわけではないと言う事です。正論、直言は大いに結構ですし、前原氏の意見には賛同出来るものが多い。しかしながら、前原氏が政府の外交を批判する際、『対話が足りない』などと言うのはどうかと思います。中国や韓国は、我々の言い分を鵜呑みにしろ、我々に対する批判は許さないという態度を取り、その上で会談を拒否しています。日本政府は一貫して、『向こうが会うと言うならいつでも会います』と言い続けています。政府が会談要請を拒否しているならともかく、あちらが拒否しているのですから、少なくとも日本政府を批判する理由はありません。

 前原氏がただの『媚中韓派』であれば、こんな事を言ったりしません。直言居士であるからこそ、その様な政府批判は控えていただきたいのです。なぜなら、中韓が前原氏の直言を嫌って会談を拒否した場合、『対話が足りない』という自身の批判がブーメランのように戻ってくるから。この一点だけで、『お前が言うな』と言われてしまいます。これは非常に残念なこと。

 前原氏が代表に就任して打ち出した、対案路線によって提案された公務員人件費削減や、議員年金廃止などの動きによって、与党、官僚側の抵抗が激しく、実現が難しいと思われたこれらの改革が前に進もうとしています。成立する法案は与党案ということになりますが、私は民主党の果たした役割を評価しています。見ている人は必ずいます。

 反面、期待が大きい分、外国、特に中国や韓国と一緒になって靖国参拝などで小泉総理を攻撃する姿には、強烈な違和感を覚えます。前原氏ほどの人物なら、今の政府が東アジア外交を根本的に変化させよう、と努力している事は理解しているはず。であるならば、闇雲に政府が悪いなどと言ってはならない。

 これは本来、国政を担う人間としてあたり前の事ですが、外国に出ていって、自国を悪く言う人間は最低です。それは、自分をも否定する事に繋がりかねない、最も唾棄すべき態度であると言えましょう。決して、外国の首脳と一緒になって小泉総理を批判してはいけません。向こうは『ヒトラーの墓参り』だの『戦犯を崇拝している』などと出鱈目を言ってるのですから、尚更のこと。

 次の外遊先である中国に行って、中国首脳から靖国参拝を批判されたら、『それはあなた方に言われる筋合いでは無い。』と、言い放ててこそ、政権交代可能な政党の党首であると思います。現在の変わりつつある外交姿勢を継承する意思を見せてくれないと、次の選挙で民主党へは入れられない。その点を良く考えていただきたいと思います。

 私は、基本的に前原代表と、民主党の若手に期待していますが、党内での力が磐石でない事も承知しています。以前の何でも反対民主党に戻る事=二大政党政治が遠のくことを意味する。何としても党内の権力闘争に勝利しなければなりません。先日、小泉総理から強力なカードを貰いましたね。『小泉総理が憲法改正に向けた大連立を前原氏に打診』という。

 これをカードに党内での戦いに臨めば、民主党の政権奪取を夢見る議員たちは結束を固める事が出来るでしょう。逆に、党内がバラバラになるようなら、その時は若手を引き連れて、自民との大連立に参加すれば良い。何れにせよ、党内左翼や小沢氏などとの対決は避けられない。何とか党内での戦いに勝利し、政権交代可能な民主党へと変貌を遂げて欲しい。心から願います。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
留守中に内紛勃発
こんばんは。久しぶりにまともなことを言っているなあと思っていたら、早速民主党名物お家騒動勃発です。横路などのオールド左翼(崩れ)が中国様を敵視するなど民主党の政策と違う。前原と小泉ではライスカレーかカレーライスの違いしかないとわめいています。55年体制の遺物とも言うべきこのゴミどもを粛清しない限り、民主党の将来はないでしょう。ここまで基本的な政策が違うのであれば、党を解党した方が良いのではという感じですね。
2005/12/10(土) 20:21:27 | URL | wnm #IMzkuyXI[ 編集]
maehara
凄い党首が登場ですね
いきなり極右(藁)ですから、特定アジアはもう困惑でしょう。防衛白書の件といい、中国は子供のような外交しますね・・。
2005/12/10(土) 21:28:33 | URL | SAKAKI #-[ 編集]
前原さんとか他の右派議員って、自民の推薦得られなかったから仕方なく他の党から出た人ばっかりなんでは…?
ライスカレーかカレーライスかとか言われると実際キツイ。
2005/12/10(土) 22:05:43 | URL | tree #-[ 編集]
へ~びっくり
前原さんやりますね!管理人さんに賛成!特定亜細亜三國なんぞ見切りを付けて、インド タイ等の親日国家に目を向けよう
2005/12/11(日) 00:15:13 | URL | アメックス #V0LnHi6U[ 編集]
前原党首の評価に関して全くやじざむらいさんの仰るとおりだと思います。中国韓国に対する態度も貴方の評価を支持します。
前原氏は中韓の本性についての認識が今ひとつ浅いようですね。これが心配です。ところで、とうとう韓国の外務大臣が麻生外相に泣きついてきましたね。自分の国内での立場が悪くなっているそうです。自業自得でしょう。放っておけばいいのですが、情にほだされねばいいのですが。はねつけられればどうしてよいかわからずにオロオロするばかりで、自主的に問題を解決する能力も気概もない。所詮国家の独立という立場には馴染まない国民ですね。
2005/12/11(日) 00:54:32 | URL | bulldog #-[ 編集]
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/依存症の独り言さんのサイトで民主党のというより前原氏の個別言動が記録されてるので読みに言ってください、(郵政・公務員制度改革),(靖国問題),(集団的自衛権と憲法改正),(対中国).(東シナ海ガス田),(対米関係),(東アジア共同体),(対韓国),(竹島・歴史教科書)(国連改革)
これらの項目をバラバラに読み解く鍵は★「憲法改正」★なのです。民主党として主張してる事の方向性は正しいです。前原氏の
個人的な言行は首を傾げます。

民主党前原の嫁が食い込む防衛利権(ポリスジャパン)
http://www.asyura2.com/0510/senkyo17/msg/580.html
投稿者 ロエンヒ 日時 2005 年 12 月 09 日 00:41:01: oeA7laveFLvrs
ポリスジャパンhttp://www.policejapan.com/
民主党前原の嫁が食い込む防衛利権
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20051206/
 ひところ週刊誌で騒ぎになったものに

「民主党前原代表の妻、創価短大卒業」
という話題があった。創価短大、つまり創価学会の人間なのである。

 その前原の妻だが、前原と結婚する前は、

「人材派遣パソナ南部社長の”個人的な”秘書」

という”職業”をやっていたらしい。週刊誌的に気を使って書いたんだろうが、どう見ても個人的ななんらかの関係があったものと思われる。

 そんな工作員的は話題はさておき、この前原の妻だが、

「防衛庁の人材派遣を通した利権に一枚かんでいる」
というのだ。

 「前原は、京都の野中にかわいがられ、同和対策委員までやっていましたが、なぜか防衛問題にご執心。防衛族としての顔も持っているのです(関係者)」 というから、利権に絡んでいてもおかしくはない。前原個人は、

「父親が裁判官だった」

とのうそを週刊誌に見破られると開き直ったり、とても一国の党首としてふさわしい人間とは思えないが、防衛庁に利権を有し、妻がその人材派遣に絡んでいるとなれば、国家機密が漏れる心配がある。

 「問題は妻がそれに絡んでいることなんです。創価短大出身、で怪しさは1000%。さらに、防衛庁関係の”ごみ収集”や”清掃”に絡んでいる。これは由々しき自体です。もちろん、トップシークレットの紙を捨てるようなバカな人間は当庁にはいないと信じますが、それでもインテリジェンス(諜報)の基本としてのゴミあさりをやっていれば、到底人が知りえない秘密を知ることもあります(前出・関係者)」

というから、これは国防機密の漏えいにもつながる重大自体である。もちろん、前原の嫁がせっせと回収作業をしているわけではないが、創価短大ということで、防衛庁の最高幹部は大いに警戒しているのも事実である。



怪しいのは事実です。

しかし禁治産者とは此処では月間「正論」さんのほうですよねー。
http://www.sankei.co.jp/pr/seiron/koukoku/2001/ronbun/01-r3.html 東洋大学教授 加藤秀治郎氏が中立主義批判と憲法9条改正問題の論文が出ています。その中で「非武装中立」の世界的な観念の位置ずけが明確に明らかにしています。
国連加盟国には、国連が決めた侵略国への武力制裁措置に協力する義務がある。その点で筋を通しているのはスイスであり、そういう義務を負うと永世中立の国是に反するとして、国連に加盟しないでいる。それに対してわが国は憲法上、不可能なことがあるのを明示しないまま加盟を申請し、加盟が認められると、憲法も改正せず黙って加盟を続けている。この事は日本が禁治産国で米国が後見人制度である日米安保条約を締結してるのだから、一応戸籍に書かないで国際社会を普通のように振舞って良いと言う認識なのでしょう。「日本はある意味禁治産者天国」でサラ金で多重債務に喘ぐ個人が激増してる。又三輪のレッドアラートさんは財政赤字で年金崩壊の危機を抱える禁治産国という主張ですが、全く経済も外交も腰の引けた奇妙な対応が軍隊の保持の銘記に有った事を日本人は知らせれずに来ています。米国が北朝鮮を攻撃しないと宣言した事は、日米安保条約は細い糸になってる。米軍再編でグァムへ引き上げ決定から急に憲法改正は本決定の感じで、正解です。日本人は米軍の占領経験で外国の占領状態を類推して、7年で引き上げると思ってるでしょうが、人口過剰国は人間放棄のために貨物船で何千万人も送り込むとかは想定していない馬鹿が多いです。世界に逃散していた中国人が華僑と名前を変え中国の国力の復興とと共に世界経済を牛耳る兆しは東南アジアで目に見える筈ですが、豆腐マンション詐欺や振り込め詐欺など熟慮すれば騙される筈が無い詐欺に騙される愚かさが抜けないのが日本人です。NHkテレビで河川汚濁、炭鉱崩落、鳥インフルエンザ、とあらゆる隠蔽した事が一挙に日曜日に放映された事は中国の赤信号が出たと考える時期です。米国は今月一杯で引き上げます。日本も早く撤退しないと火傷を負います、円安の120円なら国内でも採算が合います。


2005/12/11(日) 07:23:04 | URL | ようちゃん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>wnmさん

本来であれば、留守を預かる幹事長が横路氏なんかの動きに気を使うべきなんですが、率先して代表批判してますから・・何だかなあーという感じです。

>SAKAKIさん

実際、あの程度の事を言っただけで日本では極右扱いされるんですよね(笑)。至極まっとうな事を言ってると私はおもってるのですが・・

>treeさん

>自民の推薦を得られなかったから-
そうなんですか(笑)?若手連中は最初から非自民指向だったと思うのですが・・

>アメックスさん

前原さんは、はっきりとしたシーパワー国家指向ですからね。インドなんかとの連携の重要性は認識しているとおもいますよ。

>bulldogさん

潘基文長官の件は、これからエントリーをアップします~。

>ようちゃんさん

わお!凄い情報量ありがとうございます。坂さんの所は、私も読んでますよー。前原氏の京都府議会議員の時の役職は、『同和対策副委員長』ですね。野中氏にかわいがられていたと言うのは初耳ですが。かなり古いエントリーで取り上げた事があります。

週刊誌ネタに関しては、一通り知ってるんですが、ネガティブキャンペーンの臭いがしますので、今の所、特に拙ブログでは取り扱っていません(笑)。

前原氏の政策に関しては、参政権問題に賛成しておられるので、この部分では支持できないのですが、安保に関する考え方は賛同できます。それと、憲法改正に強力な推進力となれる位置に前原氏はいますから、頑張って欲しいと思っています。また、個別の政策は是々非々で評価するつもりです。
2005/12/11(日) 08:37:37 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
11日付の朝日社説
http://www.asahi.com/paper/editorial20051211.html の「前原発言 外交センスを疑う」、傑作なタイトルです。朝日にだけは「外交センス」を云々して欲しくないですが。

前原さん、各地での発言に首尾一貫しない点が多々見られますので、その辺を修正して欲しいですが、今までの菅・鳩山・岡田とは明らかに違い、期待できそうです。
2005/12/11(日) 09:38:57 | URL | おやじ #kcN02UG2[ 編集]
前原さんの苦悩?
前原さんはいわゆる民主党大物議員に足引っ張られすぎですよね。分裂させるしかないのかな?
2005/12/11(日) 16:05:38 | URL | かねごん #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>おやじさん

その朝日の社説見ました。なんだか頭の血管が切れて、血を噴き出しながら書いたような社説ですね。朝日必死だな(笑)。

>かねごんさん

民主党は、以前の自民党と同じで、トップは軽い方が良いという方針でしたから、執行部にあまり実権が無いんですよね。前原氏は権力を執行部に集中させようと頑張っていますが、小泉総理のように出来るかどうか。難しいかなあ・・
2005/12/11(日) 20:30:50 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
一足先に新年を迎えたの?民主党。 いや、つまり、おめでたい。はっきり言ってひび割
2005/12/10(土) 21:03:19 | 臥竜窟より愛を込めて
ブログ界では女系天皇反対が大勢だという記事を読んだので、本当かどうか調査してみました。それで、うちも参加している政治ブログランキングサイトで、上位25位のブログについて、女系天皇についての意見を探してみました。女系天皇反対は25のうち15だから多いんだ..
2005/12/11(日) 01:04:56 | Speak Easy 社会
イラクのネタを毎日ネットから集めてブログ形式でお届け中。ブログや飲み会でのネタを見つける為に利用してください。「○○のネタ欲しい!」とキーワードのご提案もお気軽にどうぞ!お待ちしてます。
2005/12/11(日) 07:21:09 | ネタ蔵
共同通信 12月10日憲法改正に与野党はない 首相の連携発言で前原氏 一方、前原氏のワシントンでの講演が中国に対して厳し過ぎるのではないかとの指摘に対しては「これから中国に行くからマイルドに言うとか、そういう器用なことはできないし、逆にすべきではない」と...
2005/12/11(日) 18:12:54 | 226remix RADIO BABYLON
胡主席との会談実現せず=「問題永遠に解決しない」と不満-民主・前原代表http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051213-00000113-jij-pol 【北京13日時事】訪中した民主党の前原誠司代表が要請していた胡錦濤国家主席との会談について、中国側は13日午後、同党訪中団に...
2005/12/13(火) 22:50:50 | 私の考えていること
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。