管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 中国様を見るときは肯定的でなければ許さん!
 北京五輪を観戦するために中国を訪れている外国人が、襲撃されるという事件があったようですね。サバイバルという種目がいつ追加されたのかと思う今日この頃ですが、まあそれは冗談としても、これから中国に行くあるいは既に現地入りしている方には、身辺に十分注意をして頂きたいものです。

 さて北京五輪ですが本来、話題の中心になるはずの競技そのものは、今のところ日本選手・チームの活躍が芳しくない(もしくはそう仕向けれれてる?)ので、イマイチ注目されてないなあと感じていますが、中国ならではのハプニングや、不可解なジャッジ・採点などは、さっそく注目の的になっております。

 色々な無理をしながら、今回の五輪をやっているのが中国ですから、いくら隠そうとしてもボロは出てくる。そういったところに注目が行くのは、ある意味で仕方のないことなんですが、このような風潮はマズイと思ったのかどうなのか、何やら奇妙なことを書いてる新聞があるようです。こちらをどうぞ。(東京新聞から以下引用)

あるがままに中国を見る

2008年8月10日

 北京五輪が開幕し、新聞、テレビなどメディアに中国の紹介やニュースがあふれている。記者とカメラは競技場の中だけでなく、胡同(フートン)(路地)や農村に分け入り、五輪を迎えた中国の人々の表情を生で伝える。

 連日、新たな発見があり、伝えられることがなかった中国の変化をうかがい知ることができる。

 しかし、中国への偏見に満ちた先入観を一方的な取材で「裏付け」て満足する類(たぐい)の報告も少なくない。

 北京五輪をきっかけに強まった各種の政治勢力や団体の中国攻撃に便乗する「報道」も見られる。

 一党独裁を続け言論表現の自由を抑圧する政治体制に批判が強いのは当然だ。

 しかし、改革・開放で生まれた新たな動きが、中国の政治、社会に前向きの変化を促している。その前途は決して楽観できないが、困難の中で中国を世界と調和するよりよい社会に変えようと苦闘している人々が共産党内外に存在する。

 この事実を無視して「とかく中国は」と十把ひとからげに排斥したり見下すのは、いかがなものか。中国と中国人には尊敬に値する精神も長いものに巻かれる怠惰も存在する。それは日本と日本人も同じだ。

 むしろ、活力に欠け世界の注目や批判を浴びることが少なくなった日本の先行きの方が危ぶまれる。

 北京五輪の期間中、あるがままの中国の変化を凝視し、隣人の大国の将来を考えたい。 (清水美和


 出たよ東京新聞。ボロが出てきたら、必ずこういったことを書く新聞があるだろうなと思っていたのですが、ちょっと早すぎませんか(笑)。しかし『あるがままの中国を見る』というお題で、中国を十把ひとからげに排斥したり見下すな、と言っていますけど、中国を何が何でも肯定的に見ようとして、あるがままに中国を見れてないのは、清水さんの方じゃないんですかね?

 困難の中で中国を世界と調和するよりよい社会に変えようと苦闘している人々が共産党内外に存在する・・から、もうちょっと暖かい目で見てやろうよとでも言いたいのでしょうが、そういう人は確かに存在するけれども、それは百年以上の昔から同じように居た。そして日本には、中国の『そういう人』を助けよう支援しようと大陸に首を突っ込む人が、昔も今も同じように居る。

日本の不幸は中国と朝鮮である。

この二国の人々も日本人と同じく漢字文化圏に属し、同じ古典を共有しているが、もともと人種的に異なるのか、教育に差があるのか、 日本との精神的隔たりはあまりにも大きい。

情報がこれほど早く行き来する時代にあって、近代文明や国際法について知りながら、過去に拘り続ける中国・朝鮮の精神は千年前と違わない。

国際的な紛争の場面でも「悪いのはお前の方だ」と開き直って恥じることもない。もはや、この二国が国際的な常識を身につけることを期待してはならない。

「東アジア共同体」の一員として その繁栄に与ってくれるなどという幻想は捨てるべきである。

日本は、大陸や半島との関係を絶ち、 欧米と共に進まなければならない。ただ隣国だからという理由だけで特別な感情を持って接してはならない。

この二国に対しても、国際的な常識に従い、国際法に則って接すればよい。悪友の悪事を見逃す者は、共に悪名を逃れ得ない。

私は気持ちにおいては「東アジア」の悪友と絶交するものである。(現代語訳)

福沢諭吉 「脱亜論」(明治18年:西暦1885年)


 ご存知の方も多いでしょうが、これは福沢諭吉による脱亜論の有名な一説です。中国や朝鮮は千年の昔から精神的に変わってない、と百年以上も前に言われたものですが、内容を見てみると、どうでしょうか今も実にしっくりくるではありませんか。世界との調和を目指している人も『中には』いるでしょうが、今でも中国は世界の中心、世界のトップという意味で中華を自称し、過去に拘り続け、お前が悪い!と叫びまくってます。
  
 精神的というのは『本質的』と言い換えても良いと思いますが、残念ながら私は、彼らが本質的な変化を遂げようとしているとは思えませんし、近い将来に遂げる事が出来るかと問われれば、NOと答えるほかありません。故に、変な期待をしたり、もうちょっとの辛抱だから暖かい目で見てやろうとは思わない。あるがままに見て、おかしい違うと思えばそれはおかしいでしょ違うでしょ、と言い続ける。それで良いと思うのです。なぜなら本質的な違いを認識出来なければ、変化は出来ないと思うから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
さすが、日本の一万円札!征韓論も正しかったのでしょうけど、関係を絶つのが一番だったのですねええ・・。という事は、江戸時代の鎖国もそれが理由??
2008/08/11(月) 10:39:01 | URL | のむたん1号 #-[ 編集]
中国が変わる?
良い社会に変えよう?独裁者が保身を強めると言うだけ~
2008/08/11(月) 11:33:05 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
偉大なる福沢先生
福沢先生はやはり並みの人物とは違う。現代文明で情報の入手が容易になっても、情報の受け手が馬鹿では意味がない。東京新聞には金を払う価値がない。
2008/08/11(月) 11:46:10 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
日本の方が心配
おおむね賛成。ただ気になるのは
「むしろ、活力に欠け世界の注目や批判を浴びることが少なくなった日本の先行きの方が危ぶまれる。」の一文。
中国・(南北)朝鮮はどうにもならないし、正直言ってどうでもいい。ああいう国とは関わらないのが一番である。
しかし、今の日本も本当に危ない。
国益をどれだけ損なおうとただひたすら土下座を続け、事なかれを旨とする現政権。
売国党としか言いようがないM党。
「現政権が駄目ならM党があるさ」と何も考えずM党支持にまわる日本国民。
私も含めて、国民全員が底知れないほど平和ボケしている。
いったいこの国はどうしてしまったのか。

http://diamond.jp/series/sports_bubble/10004/

http://www.sanin-chuo.co.jp/column/modules/news/article.php?storyid=505386035

上記の二つの文章を読んで欲しい。大真面目にこういうことを考えている方もいらっしゃるのだ。
「頭大丈夫か」といいたくなるが、こういう方にとっては私の方こそ狂人なのだろう。
狂人でもいい。私は日本と日本人が心配でたまらない。私が狂人で馬鹿な心配をしているだけならそれこそ結構なことだ。
国家も国民も背骨を失い、精神面からも侵略されている。
1000万人移民? 外国人参政権?
これを見て日本の将来が心配にならない人はよほどノーテンキな人ではないか。
それでなくとも今でもどこでも外国人があふれている。
しかし、国民のほとんどは全くの無関心。放置すればすぐに自分たちの生活に関わってくるというのに、「日々安泰なら事たれり」と目の前の危機から目を背けている。
日本人の、日本人としての再生を祈ります。
2008/08/11(月) 23:37:43 | URL | みちお #-[ 編集]
同文同種だから
理解しあえる、などとたわごとを言う輩がいますが、とんでもないです!
顔つきは似ていても、彼我の文化は全く異質。
北岡俊明氏は「日本人は同じ過ちをくりかえす病理を持っている」と言っておりますが、結局歴史をしっかりと学んでいないということですね。
とにかく中・朝とはつきあわないことです。
日本の品格が落ちるだけです。
2008/08/11(月) 23:47:33 | URL | 愛国者 #mQop/nM.[ 編集]
伊藤博文の千円札が消滅したのは、朝鮮の圧力に屈した結果では?
近い将来、1万円札も変わりそうな予感がします。
ところで、息子の大学選定のための資料を見ていると、支那朝鮮の大学(犬作に学位を与えている大学)と提携している大学の多いことに驚きました。
反日が国是の国の学生に対し、奨学金を払ってまで誰が「友好」を演じたいのでしょうか?
また幾つかの大学では「平和学」なる珍妙な学科がありました。いずれも夏になると沸いて出る連中の主催する講座です。
若人をたぶらかすのが目的の、こんな反日輩に税金をやらなければならないのか理解に苦しみます。
2008/08/12(火) 11:35:50 | URL | 太郎の嫁 #czwcMj9s[ 編集]
愛国を気取った売国行為とは。
 朝鮮族や共産シナに食い荒らされた惨状が明らかになったからと言って、徒に、「もぅダメポ」と云って嘆いて諦めてみせたり、徒に悲観してみせるダケなら、反日をやっているのと余り変わりはない。

 求められて居るのは、この現実をしっかり見据えて、真の敵は一体誰か、何が日本を此処まで追い詰めたか、日本を立て直すのには、今何をすべきかを考え、将来を見つめるべきです。

 先ず喫緊なのは、防衛です、賛否を問わず核武装論を含めた防衛論を展開して貰いたい、一部国会議員に云う、議論する事さえ避けるべきだ、と言うのは、完全な売国奴で、そいつが国会議員のバッジを付けている事さえ許し難い、唯の詐欺師と変わらないからだ。

 ナンとなれば、彼等は弁舌にて、国を慮り、国民の為に、地域・国家の為に一命を賭す覚悟を示したから、国会議員になっているのではないのか、然も無くば、彼が国民の利益を代表する国会議員であり、国税にて歳費を貰っている事自体、大きな過ちである、即刻辞職すべきだろう、ソウでなくば、引きずり降ろすのが妥当だ、国を売る輩を国税で養う馬鹿な国民でよいのか。
2008/08/12(火) 14:02:23 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
朝日新聞がまたまた在日韓国人犯罪者の出自を隠蔽し、通名報道を行った。一体、どこが「ジャーナリスト宣言」新聞なのだろう。正直な感想として、この新聞社は「気が狂っている」。 左翼に完全支配され、韓国勢力に相当取り込まれている。情報を自ら曲げ、隠し、国民を騙...
2008/08/11(月) 15:36:49 | 時事問題ショートコメント!
[谷亮子さんの思わぬ敗退] オリンピック初日で日本の期待を背負った谷亮子さんさの女子柔道48キロ級は私が4月に書いた全日本柔道選手権を見てでの私の心配が正夢となって銅メタルに終わってしまった。 しかも準決勝では谷さんの体が一度も床に触れることなしに、女?...
2008/08/11(月) 16:39:04 | 無党派日本人の本音
2008年8月11日、「中国新聞網」はイギリスのニューキャッスル市で9日、アパートの1室で中国人留学生の男女が惨殺された状態で発見されたと報じた。事件現場は同市西部にあるアパートの1階。被害者はそれぞれのベッドの上で遺体となって発見された。男性の死因は頭部の傷、...
2008/08/12(火) 20:06:04 | ブログ検索ニュースBLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。