管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 ⑤ 二大政党の一翼たりえるか
 今月20日、前原新体制の下、民主党が新しいスタートをきった。
第163回臨時国会も始まり、いよいよ与党対民主党の論戦が始まります。
民主党はどのような戦いを私達国民に見せてくれるのでしょうか。

まずは、新体制発足のあいさつ回りで自民党を訪れた際、小泉首相との興味深いやり取りがあったようなので、紹介していきます。
自民、民主両代表の初顔合わせとなった席でのやりとり。(北海道新聞からの引用)

民主・前原代表、首相と“初対決” 「先頭で戦う」はや闘志  2005/09/21 08:29
 民主党の前原誠司代表は二十日の両院議員総会で就任を正式に了承された後、就任あいさつのため各党や支持団体を訪れた。自民党本部では、小泉純一郎首相(自民党総裁)を相手に緊張気味だったが、「民主党を『戦う集団』に変える」と首相に宣言し、早くも闘志をたぎらせた。

 首相は会談の冒頭「ちょうど二十歳も下だよ。頑張ってもらいたいね」と余裕たっぷり。「(自民党との)違いを出さない方がいいんじゃないか」と前原氏を挑発した。

 これに対し、前原氏は「積極的に違いを説明するのが野党の責任。そうでなければ政権は取れない」と、恩師である故高坂正堯京大教授の言葉を引き合いに反論した。

 会談後、前原氏は記者団に対し「闘志がわいた。私が先頭に立って首相と戦いたい」と決意を語った。



この記事では、小泉総理にいやみたっぷりに違いを出さない方がいいよと言われた前原代表が闘志を燃やすといった内容ですが、小泉総理の発言の趣旨は、若干異なるようですのでご覧下さい。(sankei web より一部引用)

小泉首相発言要旨

■民主党について

 前原(誠司)新代表は清新の息吹を政界にもたらした。自民党にも影響を与えるのではないか。前原氏は自民党と協力できる部分がかなりある。政権交代を主張するなら政権をとってもぶれない面を出していく必要がある。

 今の民主党は自民党と協力できる分野がかなりあるのに、批判を恐れて協力しない。(与党との)違いを出すのであれば、かつての社会党になるのが一番違いが出るが、政権交代可能な政党と国民が見るだろうか。二大政党なら野党は与党に近づかないと政権は取れない。自民党と協力しながらどう違いを出すか、政権をとっても不安のない政策を打ち出せるかが前原氏の難しい対応。注意深く見守り、協力できるところは大いに協力したい



 さすがに世論を見方に戦い続けてきた小泉総理は違います。
敵である民主党の新代表に、政権を取る為の重要なアドバイスをしています。
民主党が二大政党の一翼を担うにあたって、従来のなんでも反対の野党体質では、与党がよほどのへまをしない限り、議席を増やす事はあっても、政権交代など夢のまた夢。
国民はもう社会党の再来は求めてないのです。

 国のあり方、すなわち国家国民をどの様に守るのかといった国防にたいする考え方、生まれては健やかに育ち、老いては穏やかに老後を満喫できるような制度の構築といった、国家の根幹となる考え方が真逆であれば、有権者の選択肢を無くす事になります。

 もし民主党がなんでも反対するのなら、もう二度と民主党、所属議員に投票できません。
敵である自民党の総理からのアドバイスに脊髄反射で挑発だ!と突っぱねるのではなく、よく噛み締めて頂きたいものです。

 野田国対委員長が批判するだけでなく、対案を示して堂々と徹底審議していくと仰っていますが、前原代表以前の民主党は、同じような事を言いながらなんでも反対した事を国民は覚えています。
二大政党の一翼たりえるか、踏み絵となる法案が今臨時国会に提出されます。
国民投票法案 特別国会に提出へ (NIKKEI NETから以下引用)

自民、公明両党は21日朝の幹事長・国会対策委員長会談で、憲法改正手続きを定める国民投票法案を特別国会に提出する方針を決めた。民主党に共同提案も視野に協議を呼び掛けたうえで、成立を目指す。当初は来年の通常国会への提出を予定していたが、同法案の制定に前向きな前原誠司氏が民主党代表に就いたことを踏まえ、提出を前倒しする。

 同法案の提出前倒しには、憲法改正をめぐり党内で意見が割れる民主党を揺さぶる狙いもある。与党がすでにまとめた同法案は(1)国会が憲法改正を発議した日から30日以後90日以内に投票を実施(2)国政選挙の有権者が投票権を持つ――などが柱。同法案を審議するため、与党は22日にも衆院に特別委員会を設置する方針だ。

 憲法は改正手続きについて衆参両院の3分の2以上の賛成による発議と、国民投票での過半数の賛成が必要としているが、国民投票の投票方法や期日などを規定した法律はない。 (13:52)



 前原代表はまず、民主党獅子身中の虫である旧社会党、官公労の意向を受けた議員と対決が待っています。
この踏み絵を踏めるか!?前原民主党!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は応援よろしくお願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
























スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。