管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 急に梯子を外されて困った?
 日本の海保の艦艇と台湾の漁船が衝突事故を起こし、その後あっという間に大騒動へと発展。一時は台湾側から開戦についての言及が飛び出したり、駐日大使に相当する人物の召還が言われたりと、あちら側がボルテージを上げまくってハラハラする展開になっていたここ最近。

 しかし事態は一転、馬新総統が出てきて台湾側が事態の沈静化を図り、破裂寸前まで膨らんでいたかに見えた風船は急速に萎みました。ここまでの流れを見ていて、私は何だかヘタな芝居を見せられているような気がしましたが、まあこれにて騒動は一応のピリオドをうったということになるようです。ところがどっこい、それでは困るというか、もっともっとと煽る人達がおります。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

北京で“官製反日デモ” 東シナ海合意のガス抜き?

6月18日20時11分配信 産経新聞

 【北京=矢板明夫】尖閣諸島(中国名・釣魚島)付近で発生した海上保安庁巡視船と台湾遊漁船の接触事故に絡み、中国人活動家ら約20人が18日、北京市の日本大使館前で抗議活動を行った。活動家らは約1時間にわたって、中国国旗を振りながら「台湾同胞を応援する」「日本人は釣魚島から出ていけ」などと叫び続けた

 「中国民間保釣聯合会」と名乗る活動家らは、日中間で合意したと伝えられている東シナ海ガス田の共同開発にも不満を示し、「日本が卑怯(ひきよう)な手を使って中国と東海(東シナ海の中国名)問題で合意した。われわれは中間線を絶対に認められない」などと訴えた。

 現場付近の道路は一部通行止めとなり、100人を超える警察官による厳重な警備体制が敷かれた。一般市民の現場への接近も制限され、1人の中国人の若者が警戒線を超えてデモに参加しようとしたが、すぐに複数の私服警察官に、「あんたはダメ、彼らと違うだから」と制止された。

 抗議活動終了後、リーダー格の男性は報道陣の「デモは公安局の許可を得たのか」との問いに対し、「見れば分かるでしょう」と語り、自転車で走り去った。


 中国民間保釣聯合会ですか。ああ例の民間(笑)反日活動家の童増さんの組織ですね。人民解放(笑)軍がバックについてるとかいう。相変わらず空気が読めないですねえ。もう『お芝居』は終わったというのに。ついでに東シナ海ガス田の件にも文句を言ってますね。何ですか?日本が卑怯な手を使って合意したと無茶な批判。いやあ辛いですなあ、決して政府批判は出来ない独裁国家にお住いの民間(笑)活動家は。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
支那沿岸部経済の終焉
日中紛争で日本のシーレーンが危うくなるとはよく言われますが、よく考えてみると、シナ沿岸の主要港湾も使用不能になるのです。上海や香港は戦争となればどの国の商船も近寄らず干上がってしまいます。さらに、首都北京・天津経済圏の玄関である黄海・渤海の入り口は海自が簡単に封鎖されてしまいます。日清戦争・日露戦争では清海軍もロシア海軍も黄海に閉じ込められてしまい、海軍力の重要な要素である機動力を封じられ、日本優勢はついに覆らなかった。現在では航空偵察、衛星偵察などで黄海・渤海のような内海を行動する艦隊は裸同然である。高性能機雷、超音速巡航ミサイル、原潜が最大限の威力を発揮できるのは敵艦隊の行動が制限される内海ですから、脅威です。
余談になりますが、先の大戦の沖縄侵攻作戦を支援していた米海軍は日本軍の航空特攻により多大なる犠牲を払い、本気で一時撤退を検討せざるを得ないほど追い込まれた、それも日本本土に近く、艦隊が支援のため沖縄本島近海に遊弋せざるえないから発見されやすい。特攻機は沖縄本島に達すれば必ず目標を発見できた。これが特攻の戦果を増大させた理由です。
台湾が日本と戦争をしても勝ち目がないのは当然ですが、日中紛争も中共の海運に大打撃を与え、中共経済の主役である沿海部は日本の軍事的脅威に曝され、破滅する以外にない。さらに黄海、渤海は日本で言えば瀬戸内海、東京湾に相当する重要な内海ですが、海自に占拠されれば、北京が射程圏に入ってしまうことになるだろう。
2008/06/20(金) 11:00:16 | URL | 朝日将軍 #YmM3ycEw[ 編集]
横山です。相互リンクお願いできないでしょうか?

http://www.oyazisaru.com/

宜しくお願いします。
2008/06/20(金) 22:19:57 | URL | 横山 #-[ 編集]
朝日将軍閣下、僭越ながら具申いたします
すわ戦争となったあかつきには敵中怯の専制ミサイル攻撃により海上封鎖など行使不可能な規模の被害が発生する恐れが在ります。またわが国の先生ミサイルは非常に発射ボタンが重く、高価な割りに役に立ちません。しかも我が軍自慢のMDAもまだアレでありますから、ここはひとつ国会議事堂を先に■■■■したらいかがでしょうか。
2008/06/23(月) 08:09:37 | URL | 二等海兵 #-[ 編集]
中国共産党の五輪ボイコットの歴史  

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
     ■■開催期間中に核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)
2008年 北京五輪 「オリンピックと政治を結びつけるな」

署名「チベット弾圧への抗議」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1521.html

署名サイト
http://www.for-the-people-of-tibet.net/
2008/06/28(土) 02:20:10 | URL | 名無し #-[ 編集]
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353-7111)に電話してみた。  

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない
2008/06/28(土) 02:20:31 | URL | 名無し #-[ 編集]
国防なんて日本には不要座談会←日本を滅ぼしたいんですか?
http://jp.youtube.com/watch?v=pBra6bd_xfQ
中国共産党 「日本解放第二期工作要綱」(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-54.html
創価「チベット無視」か
都合勝手に加工した「平和」「人権」
チベットの惨状には触れず(博士の独り言)
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1476.html
胡錦濤と池田大作
走狗・池田大作と中国共産党(博士の独り言) 
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1472.html

さようなら中華人民共和国
http://www.youtube.com/watch?v=SBX5tdC61e0&NR=1
2008/06/28(土) 02:20:53 | URL | 名無し #-[ 編集]
「もう警察は信用できない!これからは入管の時代だ!
~中国人テロリストを国に帰してあげよう。みんなにもできる通報マニュアル~

1.初級編  
基本的に留学生用のビザでの就労は認められないため資格外許可を取らないといけません。
結構手続が面倒くさいので許可を取ってない留学生が沢山います。
アルバイトをしている中国人を見かけたら通報しましょう。

2.中級編
なぜか中国人は中国人がいるところでしか食事をしません。よって中国人のたまり場は不法入国者だらけです。
中国人を見かけたら店名を示して通報しましょう。最近では牛丼屋さえも中国人に占拠されているようです。
中国人経営の中華料理店などに多いので、ついでに保健所にも通報すると幸せになれます。

3.上級編
駅では工場などが中国人労働者を送迎をしています。そこでは大量の不法入国者が群れを作っています。
中国人を送り迎えしているバスを見かけたら、企業名をメモに控えて通報しましょう。」
2008/06/28(土) 02:21:16 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。