管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の海上権益を守れ 
東シナ海の日中中間線付近に存在する、天然ガス田の開発を巡って、新しい動きがあったようです。これまで中国は一方的に中間線付近での開発を推進し、パイプラインの敷設を完了させて、操業開始にこぎつけたという情報がある中、試掘にさえ乗り出せなかった日本側が、ようやく重い腰をあげました。こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

東シナ海のガス田開発、安全確保へ自民が法案提出

 自民党は30日、東シナ海の天然ガス田開発などにおける安全の確保を目的とする「海洋構築物の安全水域に関する法案」をまとめた。

 国土交通相が掘削施設などの周囲500メートル以内に「安全水域」を設定し、無許可の侵入者には1年以下の懲役や50万円以下の罰金を科す内容だ。来年の通常国会への提出を目指す。

 法案は、〈1〉天然資源(鉱物・漁業資源など)の探査、開発、保存及び管理〈2〉風力発電などを含む経済的な活動〈3〉海洋の科学調査――のために、日本の排他的経済水域(EEZ)や大陸棚に設置された掘削施設、物資を輸送・保管する船舶などを安全確保の対象としている。安全水域は、農相や経済産業相ら関係閣僚の要請に基づいて国交相が設定し、国交相の許可なく水域に入ることを禁ずる。

 東シナ海のガス田については、政府は「帝国石油」に、日中中間線の日本海側海域で試掘する許可を与えている。ただ、「現行の法体系では、試掘に反対する中国の市民団体などが試掘現場に接近して威嚇しても、具体的被害が出ない限り、取り締まれない」(自民党幹部)という。

 法案は、試掘が妨害を受けた際、海上保安庁などが妨害者を排除する法的根拠を設けることで、試掘に向けた環境を整えるのが目的だ。日本の中止要請を無視して開発を続ける中国をけん制する狙いもある。
(読売新聞) - 12月1日7時57分更新


 まずは最初の第一歩を踏み出した事を評価したいと思います。今後、中国は靖国カードなどを持ち出して、日本側の共同開発提案を避け続けるでしょうから、試掘から早い段階で操業開始出来るように準備を進めておくことが必要でしょう。私なんぞは、可及的速やかに全ての天然ガスを吸い上げてしまえ!と思っちゃいますが、それは現実的ではありませんので、共同開発提案に乗ってこないなら、ホントに全部吸い上げるよ?という圧力だけはかけるべきであると考えます。

 自民党でこのような法案が提出される背景には、もちろん先の衆院選で圧勝し、党内に数多いる『媚中派』を数の上で圧倒した事が挙げられますが、民主党の前原代表の発案にて、海上権益を守る法案を提出する動きが民主党からあったことで、何かと対中国の強硬路線に足を引っ張る自民党内『媚中派』の動きを気にする必要がなかった事も特筆したいと思います。

 ただ心配なのは、この問題を担当する省庁のトップが小泉内閣『媚中派』の筆頭である二階氏であるということ。先日のテレビ朝日『サンデープロジェクト』で、こんな発言をしたようです。こちらをご覧下さい(NIKKEI NETから以下引用)

経産相、東シナ海ガス田問題「対立あおっても解決せず」

 二階俊博経済産業相は20日のテレビ朝日の報道番組で、東シナ海のガス田開発を巡る日中間の対立について「対立をあおるやり方もあるが、突っ張っていても解決はしない」と述べ、開発をやめない中国への対抗措置として帝国石油による試掘作業を進めることに慎重な見方を示した

 中国通とされる二階経産相は旧知の薄熙来商務相ら中国側と問題の解決に向けて対話を進める考えを強調。放送終了後、記者団に「私は私のやり方でやる」と語り、前経産相の中川昭一農相が主導してきた対中国強硬路線からの転換をにじませた。 (22:04)


 日本側の意見に耳を貸さず、勝手気ままに開発を進めて既成事実を作っている中国に対して、試掘をすることの何処が強硬路線なのか、問い詰めてみたいですが、中国様を少しでも刺激することが怖くて仕方ないんでしょうね(笑)。土下座どころか、これじゃあ『三跪九叩頭』して恐れ入る、ただの『属官』じゃないか。まあ、この法案提出で試掘の動きは既定路線になりましたから、二階氏がどこまで抵抗できるか見物ですが、あんまり妨害するようなら更迭間違いなし。今後、二階氏の動向に注目してまいります。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


追記: いつもご訪問してくださる皆様、拙ブログが参加しております『人気ブログランキング』政治、海外ニュースカテゴリーにて、どちらも10位にランクインすることが出来ました事をご報告します。これは、ひとえに応援をしてくださる皆様のおかげです。本当にありがとうございます。これからも毎日更新をモットーに、頑張って参りますので、今後とも宜しくお願いします。

 そして、いつもコメントをしてくださり、10位ランクインへのお祝いのメッセージを頂いた日本国民さん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
資源の無い日本にとってはこれは死活問題ですね。それぐらいの覚悟で望んで頂かねば。
二階氏の発言はおよそ日本の国益を守るべき立場である人の発言とは到底思えません。親中派とはいえ見識を疑います。
弱みでも握られているんでしょうか?
何某財務大臣もさっそく記事にされてましたが。。。

おめでとうございます!これからも垂れ流してくださいませ(笑
2005/12/02(金) 01:44:41 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>蜜柑 さん

ありがとうございます!これからも、益々垂れ流して参ります。

某財務相の記事って、例の北京での女性絡みのやつですか?ホテルの部屋に連れ込む→公安に踏み込まれる→『媚中派』になるという罠に引っかかった日本の政治家は多いんだろうなあ(笑)
2005/12/02(金) 08:25:07 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
はじめまして。
色付きの文字東シナ海を常駐監視 海保、3500億円かけ装備刷新へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051202-00000002-san-pol
>東シナ海の石油ガス田付近、沖ノ鳥島海域で巡視船の二十四時間常駐監視も可能な態勢を整える。

中国を取り締まらないと、日本は危機的な状況です。中国を甘やかすと日本に跳ね返ります。
2005/12/03(土) 05:19:40 | URL | 海外在住 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>海外在住さん

この海保による動きは歓迎したいと思うのですが、本来これは海自で対応した方が良いですよね。中国海軍の膨張振りは日本近海だけではなく、東シナ海→マラッカ海峡→アンダマン海まで見られますから・・
2005/12/03(土) 10:14:47 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
とうとう、来るべきときが来た。世の中、「入門書の入門書」が必要な時代になったようです。古本屋で買ったから実害は少ないけど、これを新刊で買ってたとしたら…たぶん私は泣いていた。いや、本当にこれは分かりやすい、いい本ですよ。身近にあるさまざまな謎について、..
2005/12/01(木) 20:35:08 | 書評日記  パペッティア通信
最近、豊田有恒著『韓国が危ない』(PHP新書)という本を読みました。この本では現在の韓国が左傾化し、反日・反米に移った経緯と南北朝鮮問題や核問題について書かれており、ラストでは日本の取るべき指針について考察してあります。筆者は30年以上前から韓国について評論・
2005/12/01(木) 21:39:39 | それってどうなの?
ガス田開発へ法案準備 自民党案、中国の妨害想定日本側からの採掘を否定 東シナ海ガス田で中国『自民党の海洋権益特別委員会(武見敬三委員長)は1日、日本の排他的経済水域(EEZ)や大陸棚で日本が天然資源を開発する際、安全水域を設けて許可のない侵入を禁じ....
2005/12/02(金) 20:39:49 | 40代の私にとっての最新情報・重要ニュース
東シナ海ガス田など中国牽制 海洋権益保護へ議員立法 自民特別委(産経新聞) 自民党の海洋権益特別委員会(武見敬三委員長)は一日、排他的経済水域(EEZ)内で天然資源の探査などを行う際の安全確保を目的とした「海洋構築物の安全水域に関する法案」をまとめた。民
2005/12/03(土) 11:29:44 | ぱっとんな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。