管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 何がベンチマークだよ下衆野郎
 ドイツが発明してアメリカが製品化、日本が小型化・高性能化して中国がコピー、そして韓国は起源を主張する・・これは以前のエントリーで取り上げた、最近ネットで流行りのジョークであります。ジョークとは言いましても、『オチ』の部分が本当によく起こるので、笑えない事もしばしば。

 とにかく何でもかんでも起源主張しときゃいいや!みたいなノリなのかどうなのか、その辺はよく分かりませんが、アレもコレもソレも全部韓国起源だ!みたいなことを言ってる彼らには、心底呆れてしまいます。さて、またぞろ何やら起源主張しているようなので取り上げてみますか。こちらをどうぞ。(中央日報から以下引用)


「しょう油は韓国が元祖」世界進出計画

トンウンFC(www.defc.co.kr)は、液体調味料の専門企業だ。この会社が製造した商品はほとんどOEM(相手先ブランドの製品を製造する)方式でへチャンドル(HAECHANDLE)など有名食品ブランドとして販売されている。カツオジャン、イワシエキスなどが代表的な商品だ。

最近、トンウンFCは自社ブランドの開発に乗り出した。国内市場よりも世界市場を狙ったブランド戦略だ。「時期尚早だ」「リスクの負担が大きい」と懸念する声もあったが、チョ・キュス社長は強力に推し進めている。

チョ社長の自信は綿密な準備から見られるものだ。チョ社長は「自社ブランドで海外市場を攻略する計画は、ある日突然考えついたのではない。数年前から段階を踏み、発売の段階に入った」と話した。

トンウンFCはテリソースから市場に発表する予定だ。世界市場で韓国の伝統醗酵食品のしょう油が日本の製品のように認識されていることを正したいという。初期には日本のテリソースをベンチマーキングして世界市場に軟着陸した後、世界の人の舌を変えていく計画だと会社側は紹介する。2年以内に米国アナハイムに支社を設立する計画だ。

チョ社長は「最近、工場横の敷地に、生ゴミ処理工場建設の許可を管轄地方自治体が出したため、精神的に苦労している。食品衛生管理と安全性の維持に万全を期したい」と話した。


 今度は醤油ね・・何の根拠があって、というか根拠なんぞありはしないんでしょうが、毎度毎度ご苦労なこって。もう起源主張せずには、どんな物事も前に進まないと考えてるんじゃないかと思えてきましたが、このプライドの無さはどうでしょう。我々が元祖だ!とか言いながら、日本の製品をベンチマークして市場に出る・・つまりパクって日本の製品のように偽装し、定着したら徐々に韓国という名前を前面に出していくということですね。韓国企業がよく使う手ですけど、情けないですねホント。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:韓国 どんなに偉くなっても量産型 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
醤油は日本の味覚の原点
この記事は大変評判が悪い。東アジア漁撈民族の発酵食品である魚醤や大陸伝来の穀醤(味噌のこと)から染み出した液が醤油の原型である。当初は味噌の副生物扱いだったが、醤油専業の製造業者が現れ、関西地方で普及し、江戸時代には関東地方でも量産されるようになり、日本の代表的な調味料になっていった。さらにはオランダ・東インド会社を通じて、醤油は欧州にも輸出され、高級調味料として珍重されたという。醤油という発酵食品のルーツは、大陸や東アジアの島嶼にあるが、醤油という調味料は日本で発明され、完成した。特に朝鮮が関与したところはない。
2008/06/05(木) 09:55:16 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
我が家の犬
年も年でボケてきまして、寝てるかマーキング?(お漏らしでしょうか)処構わず、チョーセン的です。
2008/06/05(木) 10:18:01 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
美味しい醤油の製造起源は日本ですね。
 此の主張は、大豆が日本に入った経路を根拠にしているのではないか。

 何でもシナ発の文物は、半島経由だと決め付けて居るフシがある、朝鮮半島がシナの一部だと云う事は、暗黙の了解事だから朝鮮=シナと解釈を拡大して、起源を言い募って居るのでしょう、だとしたら、ケンチャナヨが過ぎやしないか(嗤)。

 大豆は確かに大陸の東北部原産だから、大豆そのものは半島経由した可能性はあるだろう、しかし、醤(ヒシオ)の発祥地は、遠く雲南地方を本拠とする苗族であるとされている。

 彼等、所謂シナに云う4大異族のウチ南蛮族は、基本的に山岳民族で焼き畑耕作を生業にしていたから、陸稲も早くから栽培していたダロウが、基本的には麦食民族だろう。

火を自在に使う処から、鉱山、陶芸、冶金、製鉄が得意で、岩塩の利用から食糧の貯蔵や加工術、木材の伐採、加工も良くする知恵と技術の民で、同じく船の民である東夷との合作で水稲文明を長江流域に築いた。

 三苗と呼ばれた彼等は、紀元前25世紀頃起こった黄河文明の黄帝と戦いで敗れ、主力は、長江を遡って雲南地方へ、支流が遼東・朝鮮半島方向へと落ち延びたとあるから、早い時期から寒い半島山岳部に隠れ住んでいた可能性がある。

実際火田民と呼ばれる南蛮族の末裔が今でも焼き畑耕作を生業にして暮らしているというが、彼等の放った火が延焼するから、朝鮮の山が禿げ山になったと云われている。

 この蛮族が自分達の祖先であると認めるのなら、醤油起源の状況証拠位にはなるだろうが、自分達は飽くまでも、栄えある大中華帝国の第一の臣下と言う事だから、その様な蛮族である事など肯んじないワケだ。

 惨めさに堪えられないのは、朝鮮族の現実の悲惨さを知っているからでしょう、潜在的に拠るべき誇りが存在していないと言う事に気が付いて居るのでしょうね。

 考えてみれば哀れな事だ。
2008/06/05(木) 11:24:57 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
>日本国外への醤油の輸出は1647年にオランダ東インド会社によって開始された。伝承によればルイ14世の宮廷料理でも使われたという。フランスでの日本産醤油に関する記述は、『百科全書』(1765年)に現れる。
(ウィキの「醤油」より)

陸続きの朝鮮・中国から欧州へは、どんな醤油が取引されていたんでしょうかね?
ちょっと、気になりました。
2008/06/05(木) 13:36:56 | URL | とん #-[ 編集]
ハッハッハ!
最初の二行に大笑いしてしまいました!
やじさんお忙しい中いつもありがとうございます!これからも断然応援します!
2008/06/05(木) 22:40:39 | URL | やす #st74t5XQ[ 編集]
自爆w
そういや先日、反日オーストラリアの新聞が、日本の醤油(など発酵食品には)発ガン物質が含まれているんだぞ~!って嫌がらせ記事出してましたね。 じゃあ、韓国の発酵食品である醤も発ガン性があるんだぁ(大笑い)

大体、宗主国・中華帝国から、塩や砂糖の生産を禁じられていた朝鮮で、塩をベースに使った発酵食品なんぞつくれるだけの文化的下地が無い。 朝鮮(韓国)料理にやたらと蜂蜜が使われてるのも、砂糖の代用品として蜂蜜を使う文化ができた。 元来、キムチやホンオフェも塩無しで作られてたももである。  最近、韓国人よりも韓国の文化に詳しくなってしまった気がする(笑)。
2008/06/06(金) 04:05:53 | URL | 蕗 #T406RiHI[ 編集]
韓国オリジナル食品はホンタクだけニダ。
発酵材料を輸出したらいいニダ。
2008/06/09(月) 12:19:38 | URL | のむたん1号 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
明日も午前8時から、人権問題等調査会が開催されます。昨日の調査会のやり取りを産経新聞政治部記者の阿比留氏のブログより転載ご紹介いた...
2008/06/05(木) 21:58:59 | なめ猫♪
どうやらまたもや韓国の勘違いが始まったようです。 (以下引用) トンウンFC(www.defc.co.kr)は、液体調味料の専門企業だ。この会社が製造...
2008/06/06(金) 15:01:08 | エンタメ芸能ワイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。