管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国のどこに信教の自由があるって?
先日、米国のブッシュ大統領が中国を訪問し、『自由』をテーマに様々な活動を展開しました。訪中前にはチベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ法王との会談を行い、弾圧されているチベットの現状に懸念を表明し、中国に改善を求めました。先日のエントリーでも紹介しましたが、ブッシュ大統領の発言を受けた中国政府はこんな声明を発表しました。ご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

【中国】外交部:米大統領の非難に反論「中国人は自由を享受」

 <前略>

 外交部の劉建超・報道官は17日に開いた定例記者会見で、「中国は発展の道を歩みつづけ、人権問題でも大きな進展を得た。中国人民は宗教の自由を含む、民主主義と自由を享受している」と強調。「国と国は、平等・相互尊重・内政不干渉の原則のもと、人権問題に関する対話を進めるべきだ」と、米国を名指しこそしなかったものの、暗に非難した。

 <以下略>
(サーチナ・中国情報局) - 11月18日10時55分更新


 中国には宗教の自由があるんだそうです。この声明を見たときには、一瞬幻覚が見えたのかと思いましたが、ここは百歩譲って、ある程度自由が確保されつつあると仮定しましょう。では、中国の言う『宗教の自由』ってなんでしょう?その疑問に答えてくれるニュースを発見しました。こちらをご覧下さい(sankei webから以下引用)

チベット高僧5人逮捕 「14世非難を拒否」米政府系放送局報道


 米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は30日までに、中国公安当局がチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世を非難することを拒否したチベット仏教の高僧ら5人を逮捕した、と伝えた。

 捕まったのはチベット自治区ラサ郊外にある同仏教最大の寺院の一つ、デプン寺の高僧1人と4人の僧侶。高僧は中国政府が現地で実施している「愛国教育キャンペーン」の中で14世の批判を要求されたが拒否。逆に当局者に対し「トウ小平氏や江沢民氏を非難しろと言われても(当局者も)拒否するだろう」と言い返し、23日に逮捕された

 その後、デプン寺の僧侶らが寺院内で抗議活動をしたため、当局は寺院を2日にわたり閉鎖したという。

 また、ラサ郊外の別の主要寺院であるセラ寺でもことし7月、僧侶の一人がダライ・ラマやチベット独立を支持する文書を持っていたとして拘束されたという。(共同)

(11/30 10:52)


 ふーん。中国の言う『宗教の自由』って、気に入らない宗教指導者を『愛国教育キャンペーン』とやらの一環で批判する事を強制し、『江沢民を批判してみろ』と言われれば逮捕して、それに抗議した僧院を閉鎖する事を言うんだ。凄いですね。ある意味感心しました。ここまで開き直れる人間の可能性に乾杯。

 ただ、一つ言わせて頂くと、中国やら北朝鮮などの『現存する最低最悪の人権、宗教、言論、その他諸々の弾圧国家』以外の国では、そういうのは『自由』があるとは言いません。何処からどう見たって『自由』がありませんよ?あ、中国4千年の歴史で人民に『自由』があった事なんてないですもんね。『自由』という言葉の意味がわからないのでしょうか。

 国際社会の常識とは言え、知らなかったのなら私が悪くありましたと陳謝すると共に、『自由』ってのは、何人も侵す事の出来ない、日本や欧米では常識中の常識の概念だということを教えて差し上げます。体制に邪魔だからといって、弾圧はいけません。日本だって創○学会とか、オ○ムとか、統一○会とか、ウザイ事この上ない宗教団体があっても、弾圧される事はありません。

 何でもかんでも『体制の敵』に仕立て上げ、逮捕し、拷問し、殺していたら、不満は高まる一方です。『政権は銃口から生まれる』という出発点があったにせよ、中華を制して半世紀が経つんでしょう。そろそろ『民主的』な国になったら如何?お隣の『自由』な国家である『台湾』からもこんな意見が出てますよ?(Yahooo ニュースから以下引用)

 「中国はがん細胞」 李登輝氏、共産独裁を批判

 中央通信によると、台湾の前総統である李登輝氏は十二日、台北市内で開かれた「アジア太平洋の未来」と題するシンポジウムで講演し、「共産独裁国家の中国はがん細胞のように台湾や日本、アジア、世界を危機に陥れている」と中国を厳しく批判した。さらに「日本政府は民主自由国家の台湾の存在を誠実に正視し、台湾との政府間関係を発展させるべきだ」と述べ、共産中国と民主台湾を対比しながら、日本政府に台湾との関係正常化への努力を求めた。(台北 河崎真澄)
(産経新聞) - 11月13日2時41分更新


 がん細胞ですって(笑)。酷い言われようですねえ。私は完全に同意しますが。対外的な覇権を求めずに、まずは国内で『経世済民』を図ったら如何?ひもじい思いをしている人民はそこら中にいますよ?それとも中華共産帝国主義は、領土の拡張以外に生きていく術がないのでしょうか。

 迷惑だから外に出てくるなよ。ったく。


参考カテゴリー: チベット問題
参考エントリー: 中国政府の見解を哂う 『中国には民主主義と自由がある』だって(笑)



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
その言葉頂きです
中国の言うことはいつもこのように出任せで出鱈目ですね。
【国と国は、平等・相互尊重・内政不干渉の原則のもと・・・】とはよく言ったものです。その言葉頂きです。日本も中韓に対してそれを言いましょう。
2005/12/01(木) 10:20:15 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
李登輝総統さすがです。
がん細胞=本能の壊れた侵略機械というところ言い得て妙です。

しかし、次の台湾総統jかと目されている国民党の馬英九は危険です。

尖閣諸島は台湾のものだ!と主張したり、中共から政治献金を受けているという疑惑があったりします。国民党自体、大陸との連携を深めていて、こいつらが政権を取ったら統一に向けて動き出してしまうおそれもあります。

アメリカとの同盟関係に亀裂が生じたら、日本は本当に極東で孤立してしまいます。陳水扁、がんばってくれよー。
2005/12/01(木) 10:59:58 | URL | ろろ #-[ 編集]
韓国はなぜ反日か?
 
こんなサイトがあります。
一度読んでみてください。
 
↓ ↓ ↓
 
「韓国はなぜ反日か?」
http://3.csx.jp/peachy/data/korea/korea.html
 
2005/12/01(木) 18:20:03 | URL | qoo #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>日本国民さん

ホントに、なぜ日本には内政干渉を受けて受け入れようとする輩が多いんでしょうね。国内で意見が割れるから、つけこむ隙があるように見えてしまう。敵は国内にありですね(泣)

>ろろさん

台湾は国民党などの外省人が力を盛り返しつつありますね。日本が共に戦うという意思を表明すれば、独立派は勢いを得る事が出来るんですが・・


2005/12/01(木) 20:08:42 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
こんばんわ、TBありがとうございます。
中国は本当にいつまでたっても「中華思想」が抜けませんのでね。
おっしゃるように台湾が心配です。
またよろしくお願いします!
2005/12/01(木) 20:53:58 | URL | ピア #xTwwDby6[ 編集]
ご訪問ありがとうございます
>ピアさん

こちらこそ、コメントありがとうございます。台湾は日本にとって、とても重要な国のはずなんですが、マスコミなどはほぼ無視状態ですよね。台湾の人は、この様な日本の現状を良く知ってますから、日本が頼りにならないのなら、大陸でも良いか・・という心境になっているようです。
2005/12/02(金) 08:15:23 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★ついにでた!!中国崩壊への序章 当分、ブログ更新するつもりは無かったのだが思わず書いてしまった。なんと、こんなNEWS流れている。ちょっと遅いと思うぞよ~06年の中
2005/12/01(木) 13:32:44 | 復活ニッポンで儲けましょう。榊雲水雑記帖
こんにちは。ひとしと申します。39歳、独身、某飲食店の副店長をしています。
2005/12/01(木) 16:08:53 | 七転び八起き日記
人気プログランキングに参加しています。http://blog.with2.net/link.php?123273気に入ったらURLにクリック1票お願います。APECで、小泉総理は中国との首脳会談を断念したようですが、別にする必要もないし、韓国のボケ外務大臣や大バカ大統領との首脳会談もやめればよ
2005/12/04(日) 11:51:12 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。