管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の裁判所って何するところ?
 四川大地震について『これは(チベット問題の)因果応報ではないか』・・香港メディアの取材に応じ、このような趣旨の話をしたハリウッド女優シャロン・ストーンさんが、中国で激しく批判され、中には『傷つけられた』として謝罪と賠償を求めて『中国の』裁判所に訴える人民までいる・・こんなニュースを前回のエントリーで紹介しました。

 さらには、『中国の弁護士』が同様の訴訟を起こしている(中国情報局)というニュースが新たに入ってきており、ホントに謝罪と賠償が好きだなあと呆れている管理人ですが、中国での訴訟がらみで、こんなニュースを見かけました。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

中国警察当局、親の提訴を阻止 共同記者一時拘束
2008.6.3 12:47

【北京=矢板明夫】中国・四川大地震の被災地の都江堰市で、取材中の共同通信社の邦人記者2人が中国当局に一時身柄を拘束された。地元当局は「地震で社会が不安定になっており、記者の安全を守る措置だ」とし、「逮捕ではない」と説明している。

 3日午前、地震で校舎が倒壊し、約300人の生徒らが死亡した同市の聚源中学校の生徒の保護者ら約150人が地元裁判所周辺に集まり、損害賠償訴訟を起こそうとしていたところ、それを阻止しようとした警察官らと一時もみあいとなった。現場で取材活動をしていた共同通信の邦人記者2人が、警察官に取り囲まれ、取材を制止されたうえ、裁判所内に連行された。記者らは約1時間後に解放されたという。

 提訴しようとしていた保護者たちは同日、学校の倒壊は手抜き工事が原因として、学校の校長らを相手に損害賠償を求めようとしたが、裁判所側は「提訴は受け付けられない。陳情部門にいけ」として提訴の受付を拒否した


 何なんでしょうね、この違和感ありまくりの話は。日本では考えられないことですが、裁判所に訴え出ようとする人民を警官が阻止し衝突、さらには裁判所までが訴えを受理しないって・・シャロン・ストーンさんの発言の意図を無視して、一部だけを切り取ったものを問題視して訴えてる暇があったら、こういった『あり得ない』自国の現状を訴えるべきだと思うのは私だけでしょうか?

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
中国の弁護士
中国に裁判所が有るのもおかしいし、弁護士が居るのも理解できないのですよ。
秘密警察と牢獄と死刑場があれば充分だと思うのですが「形式」なんでしょうね?
2008/06/04(水) 10:15:17 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
裁判所すら偽造する中共
一党独裁国家では三権分立など茶番に過ぎないから法の支配など成り立ちようがない。
裁判所や裁判官、検事、弁護士はいても所詮はまがい物、フェイクでしかない。

日本国がナチスドイツと決定的に異なるのは、国会は存続し、大戦中でも国会議員の選挙は行われ、野党議員もしっかり当選している。この事は誇ってもいい。日本が英米陣営にすんなり復帰できたのも法治国家としての実績があるからだ。
2008/06/04(水) 10:20:02 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
「おから工事」で子供達が大量死、父兄が訴えを起こそうとしたら追い返す。
被災者が苦しんでいるのに、被災を免れた地域の人達が騒動を起こしている。
さすがに馬鹿馬鹿しくなって来た。

中国は19年前にどんな悲惨な事件があったかもう忘れているようだ。
当時は反日教育で目を逸らしたが、今度は“シャロン”を生贄にして矛盾から目を逸らしているようだ。
“シャロン”なんてどうでもいいから、被災者を助けよう。

四川地震・中国人痛斥「豆腐渣工程」建筑・・・中国人が「おから工事=手抜き工事」を告発
http://jp.youtube.com/watch?v=yVkxqLLK-gE&feature=related

麗君~~何日君再來(清唱) (鎮魂)
http://jp.youtube.com/watch?v=TRyXd-tiDFs&mode=related&search=
2008/06/04(水) 12:51:54 | URL | aho #jp8X6Dp6[ 編集]
追悼六四學生&聲援四川
19年前にせっかく人権・人命重視の雰囲気が生まれたのに残念だ。
本当に“シャロン”なんかどうでもいいから、被災者のケアと違法建築などの問題を真剣に議論した方がいいんじゃないのか。
被災者はシャロンよりも裁判所の対応に怒っているようだ。

麗君 民主歌聲獻中華 演唱"我的家在山的那一邊"一曲
http://www.youtube.com/watch?v=P49M1VJlt74
2008/06/04(水) 13:00:32 | URL | aho #PTleEuSc[ 編集]
人治国家ですから。
 法など空証文と同じという人治国家である証明ですね。
 ま、裁判所にしてみれば法に基づいた判断を下したら最後、自分らが殺されかねないという実情もあるのでしょうが。
 つくづく、日本国民でよかったと思います。
 陳情部門が今度は裁判所に行けとたらい回ししたらどうなるか?
 大規模騒乱の火種になりそうですな。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
 
2008/06/04(水) 13:01:57 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
正常運転
今日の朝日の1面トップはこんな感じだった(電車の中で、血走った目のおっさんが読んでた):
「お父さんお母さんが助けに来てくれる  遠くに連れて行かれる孤児  親の死を知らず  四川地震」

片や産経新聞の1面トップ:「弾道ミサイル 中国 黄海で発射実験か」

アサヒ♪
2008/06/04(水) 22:49:24 | URL | miekun #uhTlRX4A[ 編集]
租界復活?
今日のエントリーで、ふと思い出した。

そう、支那における法支配のお話。第一次大戦前、日本も含め当時の列強が支那各地に次々と租界をつくっていったころ。その時の、列強側の言い分が「支那では法が守られていない、法が守れないから契約が履行できない。契約が実行できないから商売が成り立たない。故に裁判権と警察権がしっかりした租界が必要である・・・・」。
つまり支那人は信用できないから、租界をつくるってのが当時の列強側の論理だったわけ。
もしかしたら、また租界が復活するかな。
2008/06/04(水) 23:33:36 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。