管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
意外にも早くやってきた反日の季節?
 ここのところ、チベット問題や北京五輪の『聖火護送行脚』、そして中国の胡錦濤主席来日という話題にかかりっきりになっていた当ブログ。そのほかの話題についてのニュースには、さらっと目を通す程度だったのですが、この間にお隣の国である韓国では、何だかエライことになっているようでビックリしました。

 というのも、先ごろ大統領に就任したばかりの李明博氏の支持率が、なんと前政権の末期の支持率を下回るまで急降下しているようなのです(時事通信)。米国産の牛肉輸入再開を巡って、何やら騒動が起きているのは耳にはさんでいましたが、これだけが原因でここまで支持率が急降下するのかどうか。

 原油や穀物価格高騰による物価の上昇は世界的な現象だし、景気の悪化を李大統領のせいにするのは早すぎる・・やっぱ『アレ』かと思い、過去のニュースを漁っておりましたら、あったあった。どうやら韓国特有のお家事情である『親日・反日スタンス』を巡った話が絡んでいるように思います。

 先月、李大統領は就任後恒例となっている外国訪問に出かけ、日本にもこられたのですが、天皇陛下がお会いになりました。その際、李大統領は握手すると同時に、頭を下げて礼をしたのですが、これが悪かったようで『日王(韓国では天皇陛下のことをこう呼ぶ)に頭を下げるとは何事か!』という反発が起こった(参照→こちら)。

 ニュース映像などで見かける李大統領は、どこに行ってもニコニコしながら頭を下げていて、あれはスタイルなんだろうと私は思うのですが、天皇陛下の前で『だけ』は許さんという韓国民。誠にお気の毒というしかありませんが、他にも李大統領の来日中の言動、その後に起こしたあるアクションを巡って、非難されております。

 李大統領は就任直後から、もう日本に謝罪は求めない、過去のことは言わないと繰り返し明言してきました。こう言って態度を180度回転させる大統領が多かったため、多くの人は信用しませんでしたが、有言実行の証ということなのか、在日本韓国大使館のHPから『竹島問題・教科書問題』などの項目を削除(参照→こちら)。これが火に油というかニトロ缶ぶっこんじゃった形に。

 これによって『なぜあいつは反日じゃないんだ。親日野郎は許せない!』という想いが韓国民につのり、ちょっと強引に米国産牛肉の輸入再開を決めてしまったところで、ニトロ缶が爆発→大炎上→ありえないほど支持率急降下→李大統領困った・・という流れなんだと私は分析しますが、これから起こり得ることを以下、書き殴ってみます。

 まず、ここまでの支持率急降下は、李大統領にとってかなり痛い。そこで韓国には支持率を急上昇させるカンフル剤があるので、これを使う(但し複数回使用は効果が薄くなります)。ええ。反日というカンフル剤です。前大統領のように、突然狂ったように反日へと舵を切れば、一息つけることになるでしょう。初回使用時の効果はテキメンなので、選ばない手はない。

 で、最近になって、前大統領の盧武鉉氏の存在が注目されはじめているのですが、この人はお調子者で『ナントカもおだてりゃ木に登る』典型。李大統領への批判を開始しています(中央日報)。大人しくしてりゃあ、韓国初の投獄されない大統領になれたかもしれないのですが、『盧武鉉の方が良かった』などという声がちょっとでも聞こえてこようものなら、凄い勢いで気炎をあげるでしょう。

 お得意の反日妄言で韓国民を煽り、李大統領が無視できないところまでプレッシャーがかかったら・・韓国名物『大統領投獄』が見られることになるでしょう。つまりは反日急旋回と合わせて、『いつもの光景』が繰り広げられることになると予想されます(笑)。とは言いましても、私は李大統領に今までの大統領とは少し違う雰囲気を感じるので、自力で乗り切る可能性もありますが。いずれにせよ、今後の韓国に注目です。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
通常運転
韓国ですから仕方が有りません~
2008/05/12(月) 11:31:32 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
韓国人が、というより
韓国内に浸透している北の工作員やシンパが、ここぞとばかり世論を扇動、誘導しているところでは? 

韓国政治を見る上で必要不可欠な視点ですよね。
2008/05/12(月) 11:52:15 | URL | 通行人 #-[ 編集]
韓国丸沈没
李明博大統領があくまでも実用外交を固守するか、それとも韓国伝統の反日に頼るかで韓国の命運を左右するでしょう。韓国が頼りにできるのは日本だけなのですから、それほど悩む必要はないはずなのですが、半島脳はブラックボックスですから予測不可能です(笑)。一時の不人気や横槍に屈することなく改革に取り組む勇気とエネルギーが尽きた時が韓国沈没の始まりでしょう。氷山が進路を塞いでいるとも気付かずに突っ走る韓国丸の命運はいかに。外野であるわれわれは高みの見物をさせていただこう。その混乱に乗じて北朝鮮が南進を始めるという事態も十分に考えられよう。
2008/05/12(月) 12:09:39 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
大運河を早く掘れ
やじさん、お久しぶりです。覗いてはいたのですが、いろいろ忙しく書き込めませんでした・・・・。まァ~ 宜しなに

で、明博クンはどんな手を使うのでしょうか。教科書・竹島・偽慰安婦・靖国・その他、すべて手垢のついた使い廻しばかりで日本は聊か食傷気味。船場吉兆の真似して、下げた鮎にキムチをなすって焼き直すのでしょうか。
ニトロでもモロトフでも何でもいいのですが、早く大運河とやらを掘り始めてくれないかな、と思っています。かの国の経済はいよいよご臨終に近づいているとか。

2008/05/12(月) 12:59:37 | URL | 光源氏 #-[ 編集]
鳥インフルエンザ
 韓国で鳥インフルエンザが、各地に飛び火して、鶏が死んで、鶏肉の消費が落ち込んでいる。全く日本のテレビは報道しない。変だ。
 例によって、テレビ局にもぐりこんだ在日が、日本からの観光客が減るのを心配して、隠しているのか。
2008/05/12(月) 15:26:01 | URL | 八目山人 #sHwECQDg[ 編集]
相変わらず『狂』の字が良く似合う方々ですね
いやはや相変わらずですね、この国は。
李大統領が必死こいて日本から援助もらおうと(ポーズだけかもしれませんが)親日外交してるってのに、中の人が脊髄反射で『反日』叫んでるんですから、もう実は韓国内に金豚様直轄の撹乱部隊が忍び込んでるんではとすら思ってしまいますよ。

大体『天皇(Emperor)』を『王(King)』呼ばわりしてるのはこやつらくらいじゃないでしょうかね。
少なくとも『大人』な国際社会はきちんと『天皇(Emperor)』の呼称を使い、またそれ相応の礼をとっているはずですが……。
これで『礼節の国』を自称するんですから呆れたものです。
彼らは一度言葉の意味をきちんと勉強しなきゃなりませんね。
2008/05/12(月) 22:25:53 | URL | 東雲一葉 #-[ 編集]
さようなら中華人民共和国
さようなら中華人民共和国
(日本語版)http://www.youtube.com/watch?v=SBX5tdC61e0&NR=1
(英語版)http://www.youtube.com/watch?v=g9RmRdfaRZ4
2008/05/13(火) 05:41:36 | URL | 名無し #-[ 編集]
この現象は想定内でしょう。
 矢っ張り、こうなりましたね、永年の反日教育の成果は根強いと言う証拠の見本みたいな現象だ、半島には必須と云って良いだろう。

 でも、「支持率が」と云いますが、日本でもソウであるように、5~10%位の幅でマスコミが操作を掛けて居ると考えるべきです、支持率急落は、確かに存在する現象なのでしょうが、極端な数字の示す意味は、マスコミの意図であると考えた方が現実的かと。

 韓国の場合、センセーショナルでなければ、ニュースにインパクトが出ないと、其のフレを更に拡げる可能性も否定できません、実は75%→25%ではなく、25%下がって、50%になったと言う話しではないでしょうか。

 此処が、「韓国保守派」明博さんの腕の見せ所なんですが、此処で腰砕けになって反日に方向転換したら、ノ・ムヒョンと同じ事、寧ろ、反北を表明した後ですから、反米や反日に転換したら、今度は示すべき立場が何処にも無くなってしまう懼れが有る点から云えば、更に厳しいでしょう。

 処で、ノ・ムヒョンって、何時まで経っても情況が読めない、お笑い大統領のママなんですね。

 「雉も鳴かずば、撃たれまいに」
2008/05/13(火) 06:10:42 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
関学大教授・村尾信尚による「9条改正したら貿易不安」説を紹介。今日も今日とて突っ込みどころ満載の護憲珍論花盛りである。
2008/05/13(火) 07:08:55 | 憲法改正社
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。