管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 五輪なんて開催して大丈夫(笑)?
  先日から始まっている北京オリンピックへ向けた聖火リレー。前回の開催地であるギリシャのアテネから中国に送られ、各国を巡る旅へと出ている聖火ですが、通過する各国では、中国のチベットへの仕打ちに対する抗議を、聖火リレーの現場で実行するという光景が見られます。

 今月6日、聖火リレーは、ついに抗議の声が高まっている国のひとつである英国に到着。かなり激しい抗議活動が繰り返されたようで、『まるで障害物競走のよう(朝日新聞)』であったと新聞は伝えておりますが、中国はどんな反応を見せたのでしょうか。こちらをご覧下さい。(Yahooニュースから以下引用)

中国、ロンドン聖火リレーでの抗議は「恥ずべき」と非難

4月7日11時28分配信 ロイター

 [北京 7日 ロイター] 新華社は7日、ロンドンで行われた北京五輪の聖火リレーを妨害しようとした活動家らの行為を「恥ずべき悪事」だと非難した。6日にロンドンで行われた聖火リレーでは、チベット騒乱での中国政府の姿勢に対する抗議行動が相次ぎ、警察当局が少なくとも35人を拘束するなど、コース周辺は騒然とした。

 新華社は、北京五輪組織委員会(BOCOG)のスポークスマンは今回の抗議行動を強く非難していると報道。「聖火リレーを妨害しようとした『チベット独立派』の活動家の恥ずべき悪事については、多くのロンドンの住民も憤りを示した」としている。

 聖火は7日にパリに到着し、その後は米サンフランシスコに向かうが、どちらもコース周辺は緊迫することが予想される


 相変わらずですねえ。打ってもまるでマトモに響かない・・お前が言うな!恥ずべき悪事をチベットで繰り返してきたのはお前らだろ!と言わざるを得ませんが、さらっと『多くのロンドンの住民も憤りを示した』というホントかどうか分からない、というか、おそらく脳内電波だと思われる一文を『国内用』として紛れ込ましているのは、さすがと言うべきか。

 『国内用の脳内電波』と言えば、こんなニュースもあったのですが、思わず失笑してしまったので、ここでさらしあげておきたいと思います。こちらをどうぞ。(産経新聞から以下引用)

チベット問題で「中国支持の声相次ぐ」と新華社

中国国営通信、新華社は6日、チベット情勢をめぐり中国当局に批判的な欧米メディアなどの報道を非難する各国市民の声がインターネットなどを通じて中国に「相次いで寄せられている」とする記事を配信した。

 イタリア、スペイン、ブラジル、インドなど19カ国から北京市にあるラジオ局、国際放送に届いたとする意見を詳しく紹介。19カ国に日本は含まれていない

 チベット情勢に関し北京五輪ボイコット論がくすぶる中、中国が国際世論の支持を得ているとの印象を国民に与えることで動揺を抑える狙いがあるとみられる(共同)


 はいはい脳内電波脳内電波。まあ万が一、本当に『各国市民の声』とやらが中国当局に届いているとしても、『実は全員現地にいる中国人でした!』というオチなんだとおもわれますが、いつまでこんなことを続けるつもりなんですかねえ。既に隠し切れなくなっていると思うんですが。どこまでピエロ役を続けられるか、見守らせて頂きますよ?新華社さん。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
長野
長野の人達、シラーと無視して呉れないかなあ・・・と希望してるんですが・・・日本マスコミの慌てぶり見たいなあ・・・
2008/04/08(火) 11:49:30 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
最後の聖火リレーとなるか
ヒトラーの尻尾である聖火リレーで北京五輪は既に始まったわけですが、胡錦濤さんはやらなきゃよかったのにと思わず臍をかんでいることでしょう。
ヒトラーがベルリン五輪で発明した聖火リレーはそろそろ止めた方がいいでしょう。
軍国主義反対を唱える割には、ナチスのまねが大好きなので、中共のナチズム気質がばれるというものだ。チベット弾圧など簡単に誤魔化せると中共当局は高をくくっていただろうが大変な誤算となった。チベット問題は中共のアキレス腱として大いに苦しめることだろう。自ら招いた危機であるから、自業自得で同情の余地なし。日本での歓迎も大いに期待してもらいたい。チベット問題が解決するまで、日本政府が責任を持って預かるというのもおもしろい。
2008/04/08(火) 12:11:32 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
より激しい抗議が必要でしょう。
 パリではリレーの火が三度消され、中止となりました。ただし、アテネから持ってきた種火は一応無事。サンフランシスコでは普段人権だの正義だの喚いて、ほんでもって銃を持つ権利をあれだけ騒いでいる国らしく、鉄砲使ってでも種火も消して貰いたいものだなどと思ってしまいます。ゴルゴ13に依頼はできませんしねぇ。
 種火が消えて北京が喚く様をぜひ見たいものです。長野では公安委員長が警備強化なんて喚いてますが、ぜひ失敗してまた火が消されてほしいなぁなどと期待してしまいます。
 疑問なんですが。種火を消されたら改めて取り直すしかないんでしたっけ? 
 そろそろ、IOCも五輪ビジネス維持のために開催地急遽変更とか検討しないとまずいでしょうね。
 この調子では選手も参加見合わせが出てきそうですし。
 日本の場合は、チベット国旗のみでなく、胡錦濤訪日反対も一緒にやるべきでしょうね。
 日本人は国売りセブンの一角を占める福田と違い、あんたらのお先棒は担ぐ気はないぞと。
「ゆえに在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」

 
2008/04/08(火) 12:31:11 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
血まみれの聖火リレー。中国共産党SPに回りを囲まれて、ランナーも見えない聖火。オリンピックの歴史に永く刻まれる独裁、暴力と恐怖に支配された中国五輪に相応しいだれにも歓迎されない聖火リレー。ようやく重い口を開いたIOCロゲ、俺のパーティを台無しにする奴はゆるさんぞっ、金儲けをじゃまするなっていいたげでした。腐っているの中国だけじゃないね。
2008/04/08(火) 13:39:00 | URL | KH #-[ 編集]
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353-7111)に電話してみた。

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10086556113.html
2008/04/08(火) 21:27:51 | URL | 名無し #-[ 編集]
西藏抗議事件(港台等媒體)26
Tibetan monks besieged in temples(広東語+英字幕)
http://jp.youtube.com/watch?v=GbHf5xJdtrs&feature=related
海外中國人在西藏事件聲援中國政府
http://jp.youtube.com/watch?v=xpIYTLn4nqw

聖火リレー

奧運聖火熄了-兩次!!聖火接力傳遞,示威如影隨形.聖火抵法國巴黎,抗議人士迫使聖火熄滅兩次!
http://jp.youtube.com/watch?v=dFcBCMuasdM
聖火巴黎熄滅!抗議示威如影隨形.連舊金山都「準備好了」!
http://jp.youtube.com/watch?v=AB0wHvn98Xk
巴黎傳聖火遇示威
http://jp.youtube.com/watch?v=vRHWaUu9i_g
2008/04/08(火) 21:32:02 | URL | youtube #PTleEuSc[ 編集]
中国共産党の五輪ボイコットの歴史

1956年 メルボルン五輪 選手団が現地に到着後にボイコット(理由は台湾問題)
1960年 ローマ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1964年 東京五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
■■開会式当日にあわせて核実験強行■■
1968年 メキシコ五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1972年 ミュンヘン五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1976年 モントリオール五輪 ボイコット(理由は台湾問題)
1980年 モスクワ五輪 ボイコット(理由はアフガン問題)

2008年 北京五輪 「オリンピックと政治を結びつけるな」
2008/04/09(水) 09:00:08 | URL | 名無し #-[ 編集]
聖火リレー「妨害」も挑発・演出か(博士の独り言)
「中国共産党当局が「妨害」も挑発・演出か
(略)
ご存知の通り、今般のチベットでの「騒乱」「暴動」が、当局によって多分に演出されているのではないか、と。「便衣隊」の事例が露呈したこともあり、その疑問は大きく広がっている。そして、「聖火リレー」で伝えられる今般の「妨害」についても、当局や関係「市民」の挑発行為によって、『妨害』が演出された可能性が否定できない。チベットの国旗を掲げて、平穏な抗議に臨もうとした人々に、当局の「サポーター市民」が石を投げつける挑発行為があったようだ。
たとえば、そこで、「止めろ」と静止しようとすれば、それが暴力だ、聖火リレーに対する妨害行為だ、と「サポーター市民」が警備の警官にアピールする。警官が取り押さえる。そこを写真に撮る。「ほら、聖火リレーに対する妨害だ」とすかさずそこでまたアピールする。それに類する行為がかなりあった様子だ。 」
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1517.html
2008/04/09(水) 21:29:15 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
真性保守議員・稲田さんを護れ!又もや始まったメディアによる偏った保守系議員バッシング! しかし、何と言うのか、本質を見極められない人間が多いが、それは、サンデープロジェクトの田原総一郎、加藤紘一の両氏などにも同じことが言える。なぜなら、稲田さんは...
2008/04/08(火) 19:53:35 | 憂国、喝!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。