管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今だからこその価値観外交なんだけどなあ
 自民党は右から左まで幅広い・多種多様な人材が豊富だ・・これはよく自民党の議員達が口にするフレーズであります。つまりはどんな局面にも対応できると言いたいのでしょう。なるほどそうかと思う反面、我々日本国民の手の届かないところで、政府の基本路線が『大変化』してしまうこともあって不安です。

 米国や英国のような政権交代が起こる国では、外交などの基本路線は党ごとにすみ分けがされており、国民は外交の方針を含めて『選ぶ』ことが出来ますが、日本の場合、自民党内の権力闘争の結果『ガラガラポン』と出てくるモノを甘受するほかありません。

 私は小泉・安倍政権時代の外交方針、もっと言えば麻生外相(当時)が提唱した『自由と繁栄の弧』を支持する者ですが、選挙を経て政権交代が起こったわけでもないのに、これがガラリと変わるというのは、どうなんでしょうか。今日はそんな事を考えるエントリーとします。まずはこちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)


「自由と繁栄の弧」消え「アジア外交強化」へ 外交青書

2008年04月01日10時08分

 高村外相は1日の閣議で、08年版「外交青書」を報告し、了承された。麻生元外相が提唱した「自由と繁栄の弧」とのキャッチフレーズが影を潜める一方、福田内閣の基本方針「日米同盟の強化とアジア外交の推進の共鳴」を前面に出した。安倍・麻生外交から福田・高村外交へのシフトが鮮明に打ち出された格好だ。

 「自由と繁栄の弧」は、麻生氏が06年11月に発表。東欧から中央アジア、東南アジア付近にかけた地域の民主主義の発展に向け、重点的に支援する構想。07年版の青書では「日本外交の新機軸」とされる一方、「対中国包囲網」との批判もあった

 外務省関係者によると、08年版では「自由と繁栄の弧」という表現はわずか3カ所で使われただけで、代わってアジア外交に重点が置かれている。特に日中関係では、要人の往来を通じて「ハイレベル対話が強化」され、「『戦略的互恵関係』の更なる進展に向けた展望が広がった」と評価している

 また、「『平和協力国家』として、世界の平和と繁栄により積極的に貢献していく」ことを強調。政府の途上国援助(ODA)などを通じたイラクやアフガニスタンへの支援のほか、1月に成立した補給支援特別措置法によって、インド洋での給油活動が再開されたことなどを自賛している。


 自由と繁栄の弧について少し補足しますと、自由・民主主義という『価値観』を共有する国々との関係を強化していく、というもの。日米同盟という機軸は変わりませんが、ここに豪州やインドなど地域大国を取り込んだことが新しく、私には素晴らしいものに思えた。現在進行形でチベットを弾圧している中国を見ていると、ますます方向性は正しかったという思いを強くします。

 まあ、豪州では政権交代が起こって親中派が政権を取り、米国のブッシュ政権は政権末期になるにつれ中国に対して融和的になったという事情もあって、福田政権が全てをぶち壊したとは言いませんが、捨てるにはあまりに惜しい外交方針だった。自由や民主主義という価値観を共有する国々が、ガッチリ手を組んでいたら・・チベット問題を巡って、今頃中国に『やめろ』と強い圧力をかけられただろうに。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
芯がない・・
日本の議員には「芯」がないと言うことじゃないのでしょうか?
一人前じゃないのです、何かに寄りかからないと生きていけない人達が多すぎます。
2008/04/02(水) 10:40:43 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
安倍・麻生外交の再起動
>今だからこその価値観外交なんだけどなあ
同感です。20年後にはこの世から無くなってしまう中共の独裁者(今回のチベット弾圧で寿命はさらに縮まった)と話し合って一体どのような成果が期待できるのか。福田・高村外交とは朝貢外交に他ならない。国益のためなら相手との摩擦を怖れない安倍・麻生外交こそ日本外交の基軸となりうるものだった。福田政権が無定見ゆえの自滅、権力志向のみが目立つ(それ以外にない)小澤民主党の迷走はローゼン麻生の出番を早めた。人気の無い自民党左派、官僚団の後始末ができるのは、麻生政権だけだろう。小派閥出身ながら国民的人気のある麻生を立てられなければ、総選挙での自民党苦戦は必至である。福田も小澤も辛気臭くていけない。安倍・麻生外交の再起動が日本を救うことになります。
2008/04/02(水) 11:25:24 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
福田・高村、中国よりの路線へのシフトには反対です。今の中国とはあまりに価値観が違いすぎます。その上相手は大国です。そのような国と近くなりすぎるとどうにもならなくなる危険を感じます。もうすでにそうなっているのに、政府はまだ気がつかないのでしょうか。とにかく政権交代してもらいたいです。
2008/04/02(水) 16:21:57 | URL | シーガル #3rBS7m.w[ 編集]
こんにちは
あはは、また「アジア外交」ですか…
いつも思うんですが、この呼び方は間違っていると思います。
「特定アジア外交」が適切ではないでしょうか。
で、ですね、
もし真剣にアジア外交を進めるというのであれば、中華人民共和国の分割を、
具体化していくくらいでないとダメかと思います。
ビジョンがまるでないですよね。

いきなりすみません。
お邪魔しました。
2008/04/02(水) 17:06:22 | URL | なんだよ日本 #mQop/nM.[ 編集]
是から日本はドウするの?
 私は何時も思うのですが、日本の国民って、理想主義で生き抜けると自然に思って居るのではないか、憲法九条は現実的には唯の自殺条項に過ぎず、理想でも何でもありませんが、それでも「武器よサラバ」を具現化した様な印象を受けますので、理想主義の一種かも知れません。

 隣国と仲良くと言いますが、遠交近攻と云う諺に現れている様に、近くの国は、とかく利害が衝突するから、戦争に成り易い、仲良くすると言っても一時の話し、何れ、相手の隙を衝いてやろうと画策が始まるのは、手っ取り早く利を得るには、近いと言う地の事が最大の要件になるからです。

 地続きの国境を持たないから、そう言う危機感を味わい難いのでしょうが、客人神(マロウドガミ)と言う考えも有る位で、日本人は、外来者は何時も、「善きモノ」をもたらすと考えられて居る部分を持っています。

 事実、様々な民族が流れ着き、辿り着いて、現在の日本人が在るのだと思いますから、善いか悪いかは別にして、多様性の受容能力と言う意味では、世界でも希なレベルを持っているのでしょう。

 しかし、「良禽は枝を選ぶ」と申します、隣の朝鮮族の国は、パクリ産業に寄生虫経済で身が立っているのをワザとシカトして、大言壮語ダケは三人前、インチキ政治で、国民を騙し、ケンチャナヨ軍隊を誇って見せる有り様は、正に小学生並です。

 その隣のシナは、拝金主義者で大嘘つき、暴動を偽装して、ソレを理由に虐殺を正当化する人で無し、銃口を向けられているのに、気付かない振りをして云われるままに他国を非難してみせる腰抜け、間抜け。

 亦その隣のロシアは、昔からの人殺し国家だから、何時でも豹変する。

 「自由と繁栄の弧」、今となっては懐かしい言葉だ。
2008/04/02(水) 22:08:02 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
ふんじゃった
もはや内戦は避けられぬやもしれぬ…。媚中派の異常な媚中の理由がわかった。児童買春だ。「プチエンジェル事件」「中国マフィア」で検索すれば出てくる。政治家だけではない。経済・マスコミ・芸能・医療・司法・任侠・軍事にも奴らの手に堕ちた者がいるようだ。山口組の宅見氏さえも殺されたくらいだから相当ヤバい。もう外敵以前の問題だ。日本は戦わずに内部から崩壊するだろう。
2008/04/03(木) 05:54:39 | URL | 虎の尾 #mQop/nM.[ 編集]
723 名前:マンセー名無しさん[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:00:51 ID:y0UW9rmz
暇だったので再び創価学会本部(3353-7111)に電話してみた。

25 チベット問題で何か動きはないか
創 対話を通して世界平和に貢献していく
25 対話してないが
創 している
25 「悪を看過するものも悪だ」と池田先生はおっしゃっているようですが
創 そのとおりだ
25 今、看過しているが
創 そんなことはない
25 池田先生は昔チャウシェスク大統領との関係をアピールしていたが、今はその過去はなかったことになっている
創 いいえ
25 でも、HPでは出てこない
創 何を載せるかはこちらの判断だ
25 じゃあ、中国との関係がイメージダウンになると判断したら、これまでの関係もなかったことになるのか
創 あなたには関係ない

http://ameblo.jp/worldwalker2/entry-10086556113.html
2008/04/08(火) 21:29:49 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 最近の暫定予算問題の今後の進展は4月27日の山口県の衆院補選の結果が大きく影響するだろうと言われている。 詰まり今までの政党、特に自民、民主の党のやり方が現実的に人気投票の形で現れ、それが将来の国会運営に大きく影響されと言うのだ。  然し、それまで国...
2008/04/02(水) 17:46:42 | 無党派日本人の本音
以下に4月3日の朝日の社説。狂っている。完全インチキ。 おかしくないか? 「情報が出てこないことにいら立ちはつのる」(いら立つのは人が死んでいるからではないのか?) 「国際的な信頼を得るにいたった」(褒めている…) 「国際社会が非難の声をあげるのは当然...
2008/04/03(木) 07:51:51 | 時事問題ショートコメント!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。