管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国とロシアの蜜月に亀裂 
 先日、中国の東北部で発生した化学工場の爆発事故で、松花江という川に汚染物質が流れ込み、下流にあるハルピンで断水措置が取られたり、さらに下流にあるロシア領内まで汚染物質が流れ込み、問題は中国とロシアの国際問題に発展しました。『反米』で共闘する姿勢を見せる両国、特に石油などの資源、武器の供給でロシアに依存する中国は関係悪化を恐れ、なんとロシアに謝ったようです。こちらをご覧下さい(asahi.comから以下引用)

中国外相、ロシア大使に謝罪表明 松花江の汚染問題

2005年11月26日20時55分

 中国の李肇星(リー・チャオシン)外相は26日、ロシアのラゾフ駐中国大使と会談し、松花江への汚染物質の流出事故について「中国政府の名のもとにロシアに深くおわびする」と伝えた。北京発のインタファクス通信などが伝えた。

 ラゾフ大使は李外相に「中国側からのロシアへの事故の通報がもっと早かったら、結果はこれほど深刻にならなかった」と指摘。汚染物質がロシア側と国境を接する下流のアムール川に達した場合の環境被害の除去で両国の関係省庁が密接に協力するため、「中国側がすべての情報を詳細かつ適時に提供するよう」求めた。

 これに対し李外相は被害の除去でロシアと協力する用意を表明。事故現場周辺の調査にロシア側専門家の参加を認める意向も示したという


 今年4月に中国で巻き起こった反日暴動で、日本大使館が標的にされ、建物の一部が損壊した事件でも、この李外相は『日本の歴史認識が問題で、中国に責任は無い』などと嘯き、謝罪を一切拒否する強気な姿勢を貫きましたが、今回の事件では抗議を受ける前に謝罪。なーんだ謝るって事を知ってるんですね(笑)。謝るという文化が無いのかとおもってました。

 先に頭を下げてきたのを見たロシアは、さらに強気な姿勢で中国の対応を批判し、ロシアとしては、一段高い位置に自らを置く事に成功し、中国に貸しを作った形になりました。謝罪って怖いですね(笑)。軽々しく謝るものではないという事を改めて強く感じます。

 さて、この事故を受けて、断水が続いていたハルピンでは、飲料水の不足から住民が市外へ逃げ出す騒動にまで発展しましたが、中国政府はこんな声明を発表しました。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

ハルビン市で給水再開=松花江汚染、安全基準に-中国

 【北京27日時事】中国東北部で発生した石油化学工場の爆発事故で松花江に汚染物質が流れ込んだため、断水措置が続いていた黒竜江省ハルビン市で27日夜、水道水の給水が再開した。断水は23日から5日間続いた。
 ハルビン市では松花江に流れ込んだベンゼンなど高濃度汚染物質が既に通過。26日夜以降、有害物質の濃度が安全基準に戻った。給水再開の27日午後6時(日本時間同7時)、同省の張左己省長が最初の水を飲んだ。給水は28日から全面的に再開する。 
(時事通信) - 11月27日21時1分更新


 これで通常の生活に戻れるのかと思いきや、大事な事を忘れていました。中国政府の言う事は先ず疑ってかかるべきなんでした。こちらのニュースをどうぞ(Yahoo ニュースから以下引用)

中国当局が独自報道禁止か 河川汚染問題

 【香港27日共同】27日付香港紙、明報は、中国東北部を流れる松花江が化学工場爆発で有毒物質に汚染された問題について、中国当局が中国メディアに対し、独自の報道を禁じ、国営新華社通信の原稿を使うよう命じたと報じた。黒竜江省ハルビン市当局者が上部機関から指示が出ていることを明らかにしたという。
 同問題で当局による情報隠しが指摘される中、政府批判の高まりを防ぐ狙いとみられる
(共同通信) - 11月27日22時5分更新


 中国政府の悪弊である、とりあえず『全否定』→情報を小出しにする→被害拡大→最後に事実を認める、という構図がこの問題でも見られるわけですが、ロシアとの摩擦を避けたい中国政府が、見切り発車でハルピンに安全宣言を出したのかもしれません。本当に安全であれば問題ないですが、政治的な宣伝として出したのなら、住民に健康被害が出る事になります。

 このまま情報を統制して、事態の沈静化を図っているのでしょうが、汚染された水を飲む事になる住民が非常に気の毒です。また、隠蔽に奔走する事によって、ロシアへの対応を誤まると、ヒビが入った蜜月関係に、さらなる亀裂が生じることは間違いなさそうです。まあ、中国とロシアが離間する事は、日本にとって、願ったり叶ったりですが(笑)。

 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
出鱈目のツケ
中国は出鱈目をやってきて、人間が住めない国にしてしまったようですね。
2005/11/28(月) 16:13:30 | URL | 日本国民 #-[ 編集]
汚染物質
>汚染物質は既に通過
・・・って、どこへ? ロシア領内へ流れて行っちゃえば
それでお終いあ~良かった。ってことかい! 
それってバーゼル条約に引っかからないのか?
全くもってオソロシ。
2005/11/29(火) 01:17:21 | URL | mie #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>日本国民さん

中国の環境汚染は酷いなんてものじゃないですね。

>mieさん

>バーゼル条約-
中国はあの通り『環境保護って何?』という国ですし、ロシアも核廃棄物を日本海に向かって廃棄した前科があります。どちらも法を破ったなんていう意識は無いんじゃないでしょうか。
2005/11/29(火) 10:58:32 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
馬韓国が大好きな中華様も、ロシア様には頭が上がりませんな。
それもそのはず、共産党政権はロシアから一番多くの武器を買っているんだから。
アメリカが武器を売らないので、頼りになるのがロシアだけというわけで。

中ロという「全体主義・少数民族虐殺国家」対日米の「民主主義国家」の戦い・・・
どうやら、日露戦争の頃に逆戻りしてしまったと感じる今日この頃です。
2005/11/29(火) 11:35:53 | URL | ろろ #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>ろろさん

>日露戦争の頃に逆戻り-
ですね。状況は極めて似てきていますね。ただ、あの頃とは中国の国力が違いますので、何としても中露は離間させないとマズイんですよね・・
2005/11/29(火) 21:31:02 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
中国で河川汚染相次ぐ、湖南省や重慶でも 【北京=竹腰雅彦】中国吉林省の石油化学工
2005/11/28(月) 11:01:43 | 臥竜窟より愛を込めて
 冬ですね。寒いですね。でも私は少し暖かくなりました。東京新聞から面白い記事をみつけたのでエントリーします。なんたって友は東京新聞と日本経済新聞を購読してましたから(笑)
2005/11/28(月) 13:29:10 | 目指せ1億!復活ニッポンで儲けましょう。榊雲水雑記帖
人気プログランキングに参加しています。http://blog.with2.net/link.php?123273気に入ったらURLにクリック1票お願います。日本という国家を蝕む『邪の集団』が多く生息していながら、なんら手を打とうともしない日本国政府というガラクタ組織。国家と言う、最大の村組織を
2005/11/28(月) 15:18:50 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
連日に及ぶ中国関連エントリーで恐縮だが、中国にはそれだけ注目に値するニュースが多いということだ。中国では今、工場の事故と労災が頻発している。
2005/11/28(月) 17:17:41 | 依存症の独り言
ある方からの投稿がありましたのでご紹介いたします。去る24日の産経紙夕刊(関西版)によると、女性の地位向上論議が盛んなノルウェーにおいて、労働党中心の中道左派政権が「企業
2005/11/28(月) 19:20:22 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
「国民に重大な健康被害をもたらす環境問題への対応強化」を政策に掲げたばかりの中国共産党は、一体何をしているのでしょうか。 吉林省吉林市のベンゼン工場爆発で流出したニトロベンゼン汚染が国際問題化し、ロシアに謝罪した中国だったが、人口約35万人の湖南省冷水江
2005/11/28(月) 19:26:36 | One And Only
http://maps.google.com/maps?ll=33.145752,121.201172&spn=3.845215,4.603271&z=10&t=k&hl=enグ-グルに、世界を宇宙から見る。という『衛星写真』が載ったサイトがあるが(上のURL)中国と韓国の周辺海域の汚さには驚かされた。中国沿岸は、内陸部からの流
2005/11/29(火) 08:43:10 | 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ
また中国。いい加減にしてほしい。半年間は松花江の川魚食べるな…容易に溶けず解けず 中国東北部を流れる松花江の河川汚染で、黒竜江省の環境専門家が、川の養殖魚や天然魚が流
2005/11/30(水) 23:56:57 | 第3動画収集所
『2005年11月13日、中国北東部の吉林省で発生した石油化学工場の大爆発で、発がん物質のベンゼンなどが同省と黒竜江省の松花江に大量に流れ込み、黒竜江省の省都ハルビンの都市住民400万人は大パニックに陥っている。』この様なニュースが流れている。この事実は、日本で
2005/12/01(木) 01:34:25 | 日本スピリチュアルヒーリング協会 
共同通信のWEBによると、中国東北部の化学工場爆発によってロシアのアムール川を経て日本海やオホーツク海にも影響の可能性があるとロシアの学者が警告したそうだ。だいたい、黒竜江省長が言うには、汚染情報隠しは「善意のうそ」 だそうだ。あ~はぁ?自分のところから出
2005/12/01(木) 09:13:02 | 鬱々夫婦の日記
自分だけ謝罪賠償を求めて、迷惑をかけた国にはしないというダブスタはないよね。 中共さん
2005/12/02(金) 03:01:32 | 神のいどころ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。