管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞のお花畑脳が暴走
 22日、台湾で行われた総統選挙。結果は国民党の馬英九氏の勝利という形になりました。外省人であり対中融和派であると目される馬氏が勝利したことで、台湾は中国の一部だ!と叫びまくる中国様を心から愛しちゃってる朝日新聞が、喜びを隠せなかったのか、なかなか面白い社説を書いておりますので、紹介したいと思います。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

総統選挙―台湾政治がまた進化した

 台湾の総統に国民党の馬英九・前台北市長(57)が当選した。国民党にとっては8年ぶりの政権奪還である。

 国民党といえば、台湾の人々には複雑な思いがある。約60年前、中国の内戦に敗れた国民党は台湾に逃れ、独裁統治を長期にわたって続けた。武力弾圧で大勢の住民が犠牲になった2・28事件の悲劇は、外来政権の圧政の象徴として記憶されている。

 初の台湾出身の総統となった国民党の李登輝氏のもとで90年代、民主化が進んだ。8年前の選挙で、初めて野党民進党の陳水扁氏に総統の座を奪われた。

 その国民党の返り咲きである。かつての独裁政党から様変わりしているのはむろんだが、住民の間に拒否感がないわけではない。それが乗り越えられたところに、台湾政治の成熟を見て取ることができる。進化の歯車がまた一つ回った印象である。

 国民党は中国との統一を長期的な視野に入れている。台湾独立への方向性を持つ民進党とはそこが大きな違いだ。だが、大陸出身か台湾出身かというかつての対立構図が薄れ、台湾人意識が社会の主流になるなかで、極端な路線は支持されなくなっている。

 馬氏も選挙戦では統一色を薄めることに腐心し、チベット騒乱事件では北京五輪ボイコットの可能性さえ口にしてみせた。片や、民進党の謝長廷候補は中国との交流拡大を語るなど、政策選択の幅は狭まっているのが実情だ。

 結局、国民党に勝利をもたらしたのは、民進党の陳政権に対する有権者の強い不満だったのではないか。中国との対立をいたずらにあおり、経済政策に失敗したとの批判を受けた。

 米ハーバード大学で法律を学んだ馬氏の、清潔でスマートな印象も好感されたに違いない

 馬氏と国民党は今後、長年の独裁時代に染みついた党の利権体質や腐敗からの脱皮を徹底できるかどうかで真価を問われることになろう。

 民進党が推進した「台湾名による国連加盟」を問う住民投票が同時におこなわれたが、不成立に終わった。これも陳政権批判と重なる。神経をとがらせてきた中国は胸をなでおろしているだろう。

 中台の関係は安定の方向に進むと予想される。中国との融和をはかる国民党の政権復帰を、中国側は歓迎しているに違いない。だが、チベット騒乱で台湾世論の反発は強まっている。大陸経済にのみ込まれるのではないかという懸念も抱いている。性急な接近はかえって摩擦を呼び起こしかねないことを中国側は常に頭に置いておくべきだろう。

 中台間の緊張緩和は、この地域の安定を望む日本や米国にとっては好材料だ。中国には、台湾の対岸に並べたミサイル群を撤去し、海軍力の増強を見直すなど、信頼感を増すための努力をしてもらいたい


 もう早く統一してもらいたくて仕方ない!という気持ちを隠しもしない、ある種さわやかな社説でございます。希望的観測が随所に散りばめられており、ちょっと頭がクラクラする管理人ですが、いくつかツッコミを入れておきましょうか。まず、今回の総統選挙を見ていて感じたことは、『ああ、先の日本の参院選に似てるな』と。政府・与党側の失点(政治と金の問題を含む)のみが大きくクローズアップされ、流れに歯止めがきかないまま突っ走った。そんな感じでした。

 陳総統の周辺による汚職が、民進党側にかなりのダメージとなったのは事実ですが、だからと言って馬氏を清潔だというのは、かなり無理があるんじゃないかと。民進党、国民党ともに、ハッキリ言ってしまえば黒い部分はある。というか、黒いという意味では国民党の方がより色濃い。それを国民党サイドについている多くの台湾マスコミが白く糊塗してしまった。ちょうど民主党と日本のアッチ系マスコミの連携があったように。今回、台湾人は踊らされた部分がかなりあるのでは?と思うわけです。

 台湾人意識が社会の主流になるなかで、極端な路線は支持されなくなっている・・朝日はこう言います。これは私も同意です。台湾で行われる各種の調査を見ていると『現状維持』という意志が大半。朝日が言うように、独立というのは、今の台湾人にとって極端な路線なんでしょう。が、中国との統一というのもまた、極端な路線には違いない。中台統一!と頭の中がお花畑になってしまった朝日が思い描くようには、なかなか行かないと言えましょう。

 中台の関係は安定の方向に進むと予想される・・というのも、お花畑脳から発生した希望的観測です。いわゆる対中融和派ってのは、基本的に対立軸を持たずに突っ立ってるわけです。日本の福田首相のように。何が言いたいかというと、中国にとっては『揺さぶり易い』相手が出現したことになるので、彼らはここぞとばかりに色々仕掛けてくる。が、台湾人は共産中国の人民とは違って、自らの意志を政治に反映させる力がある。

 また今回勝利した馬氏は、チベット問題が急浮上した時に、対中姿勢を一変させたことから分かるように、世論の動向に敏感な御仁。フラフラ~と中国に近づいては台湾の世論にぶっ叩かれ違う意味でフラフラ~となるのは目に見えてる。つまりは、現状よりも『不安定』な関係が出現する可能性が高い。(対立軸がハッキリあって、双方でギャンギャンやってる方が、関係そのものは実際の話『安定』するんですよね、冷戦構造しかり小泉氏が首相時代の日中関係しかり)

 おっと、ちょっと長くなってしまいましたので、次を最後のツッコミとします。これです→『中国には、台湾の対岸に並べたミサイル群を撤去し、海軍力の増強を見直すなど、信頼感を増すための努力をしてもらいたい』ってあのね朝日の社説子さん。毒ギョーザ事件の時もそうだったけれど(関連エントリー参照)、『あの』中国が絶対にやるはずのないことを『お願い』して、悦に入るのはやめて貰えませんかね?いい歳をした大人が恥ずかしいですよ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:朝日新聞 元祖『中国様LOVE!』は俺様だ! 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まあいいか・・
朝日新聞の予想は全部外れます、偶には夢を見させてやりましょう。
史上最下位2位の福田首相には苦言どころか一言もナシ9-1=8に成る。臭い・・
2008/03/24(月) 10:18:42 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
アサヒる
こんにちは。私は、朝日新聞をはじめマスコミに関しては、鵜呑みしてはいけないということは、社会の常識であると思っていました。しかし、最近の朝日新聞の調査によると、ほとんどの人が新聞を信じているという結果が出ています。朝日新聞の調査の仕方にも問題があるのではないかと思います。台湾に関する報道も片手落ちですね。チベットの問題など一般の人はどう考えているのかなど、報道すべきですね。ここでは、長くはコメントできませんので、是非私のブログをご覧になって下さい。

http://yutakarlson.blogspot.com/2008/03/fbi.html


2008/03/24(月) 10:52:25 | URL | yutakarlson #.BcbyNME[ 編集]
トロイの馬
トロイの「馬」新総統は、福田氏よりは優秀そうだから、簡単には中共の軍門に降ることはないでしょう。支那では敗者は悲惨な運命をたどることは自明のことですから。
支那は弱者に対してはとことん惨く扱い、強者には媚びへつらいます。
2008/03/24(月) 12:08:19 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
借金の無料相談を受け付けています
多重債務で困っている人を助ける活動をしています。http://www.nijikabarai.com/mo
2008/03/24(月) 17:41:16 | URL | ありま #-[ 編集]
頑張れ港台メディア。
「言論の自由」を見せてやれ。

チベット抗議デモをインド政府が抑える【香港NEWS】
http://jp.youtube.com/watch?v=mJUArHeRX4Y&NR=1
2008.3.16的西藏
http://jp.youtube.com/watch?v=VwRrmKwLAw8&feature=related
中共動武鎮壓西藏
http://jp.youtube.com/watch?v=fuxbqa2FSoA&feature=related
中國血腥鎮壓Tibet,逮捕異議份子,中國媒體說謊
http://jp.youtube.com/watch?v=sJXGKAl0ZaQ&feature=related
中國鎮壓西藏 西藏女子自殺抗議
http://jp.youtube.com/watch?v=zB-DVQ3P1MA&feature=related

馬は、問題山積の共産党と統一したがっているのでしょうかね?
2008/03/24(月) 19:56:14 | URL | youtube #PTleEuSc[ 編集]
133 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/03/25(火) 11:01:36 ID:Gm6APqYY
電話で聞いてみました。


・創価学会本部
チベットでの虐殺については、コメントしない。コメントしない理由もコメントしない。
世界でいろいろな事象が起きているが、創価学会はその全てに言及しなければ
ならないのか?チベット虐殺より坊主の芸者遊びを優先する取捨選択の権利は、
創価学会にある。外部であるあなたが言うことではない。

いじめを見て見ぬふりをする人間は、いじめをしている人間と同じではないのか?
と聞くと、それは、学校の話だ。次元が違う。とのこと。
悪には徹底的に戦うのではないのか?と聞くと、悪とは何か?チベット人を虐殺する
のを悪と言うのはあなたの基準だ。創価学会の基準は別にある。

生命の尊厳など、外部のあなたに言われる筋合いではない。
全てを含めて、創価学会は何もコメントしない。その理由もコメントしない。

そんなことを質問するあなたはおかしい人だ。

・公明党本部
チベットでの虐殺を静観している。様子を見ている。
・聖教新聞社
朝日や他のメディアが何もしていないのに、どうして聖教新聞が記事を書かなければならないのか?何もしない。
あなたのような変な人から毎日電話がかかってきて迷惑だ。とにかく聖教新聞は何もしない
2008/03/25(火) 22:19:39 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
自分は自分の信じるところに従って、以下の文章を日本コカコーラに送るつもりだ。それを個人のネット日記であるこのブログに記しておく。決して扇動などするつもりはない。ただ、チベットでの虐殺や弾圧は、あまりにも酷いと思う。なぜコカコーラを選んだかと言うと、日本...
2008/03/24(月) 22:04:37 | 時事問題ショートコメント!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。