管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国ってこんな国なんですよね 
 ほぼ100%クロであるにもかかわらず、毒ギョーザ事件を巡って会見を開き、『中国国内で混入された可能性は極めて小さい』と言い放ち、日本国民の度肝を抜いた中国。『マジヤバイ中国マジヤバイ』・・こんな声があちこちから聞こえたであろう、例の斜め上会見でしたが、中国という国は奥が深いというか何というか、まだまだ斜め上なことをやらかしてくれます。

 ほぼ完全な袋小路からの『全否定→逆切れ』による切り抜けは、中国の伝家の宝刀であり、これで数々の窮地を脱してきたわけですが、伝家の宝刀といえば、まだこれがあります。『理由の如何を問わず、とにかく反撃する』ってやつ。またぞろやらかしているようなので、ご覧頂きたいと思います。こちらをご覧下さい。(毎日新聞から以下引用)

中国製食品:春雨、乾燥ネギ、ワカメ…日本へ輸出足止め

 中国政府の国家品質監督検査検疫総局(CIQ)が2月末から検査を強化し、検疫済みの輸出許可証が出ないため、日本への食品輸出が大幅に滞っている。中国製冷凍ギョーザによる中毒事件の影響とみられ、長期化すれば国内産の高騰などを招きそうだ。

 大手食品輸入商社によると、CIQは2月半ば、各省の輸出食品検疫当局に対し、残留農薬などの検査漏れがあれば当該当局の輸出業務を停止する方針を通知した。このため各省では検査項目を大幅に増やし、停滞が発生。特に日本向け食品輸出の約4割を占める山東省では、輸出がほぼ全面停止になっているという。

 この影響で、カップめんや即席みそ汁などに使う乾燥野菜・ワカメ、ほぼ全量を中国産に頼るはるさめなどの在庫が激減。残り1カ月分を切った食材もあり「事実上の輸入停止が長引くと、製造に影響が出る」(日清食品)などと、業界は深刻に受け止めている

 「乾燥野菜の原料を国内で調達することになれば、ネギなどの高騰を招く恐れもある」(即席食品大手)との指摘もある。ホウレンソウなどの冷凍野菜、バターピーナツ、桃の缶詰などの入荷も止まっているという。

 一方、3月末までに中国に輸出することで政府間合意した日本産コメの通関も滞っている。1月25、26日に天津、上海両港に入港した第2便分約50トンは、1カ月以上たっても保税倉庫に留め置かれたままで、中国当局からの明確な説明はない。これまで日本産コメの通関手続きは3週間程度で終了しており、日本側関係者からは「中国製冷凍ギョーザの中毒事件発生以降、日本側の対応に不満を募らす中国政府の意趣返しでは」との憶測も出ている。【小島正美、北京・大塚卓也】

毎日新聞 2008年3月5日 2時30分


 はい。記事の前半部分だけを見ると、なんだ中国は真剣になって検査体制を強化してるんじゃないか、と思えなくもないですが、なぜか日本から中国に向けて入ってくるモノまでストップしている事と、これまで中国がやってきたことを考えると、記事の最後の文つまり『意趣返し』という可能性が断然高くなってきます。本来、例の事件には直接関係ないところ(日本企業)に広範囲かつ無差別的に『嫌がらせ』をする。これの狙いは日本政府に圧力をかけること。

 広範囲かつ無差別的に嫌がらせをするとどうなるか。当然、モノの流れが止まれば商売になりませんから、どうにかしてくれ!という声が上がる。が、中国はあの通りの国なので、どこ吹く風。しかし日本はそういうわけにいかない。なにせ自国の企業が山ほど困ってるわけです。何か手を打たねば、となる。日本政府は中国側と協議をする。そこで中国様が重い腰をあげてバーターを持ちかけてくる。『無かった事にしてくれるなら、嫌がらせやめても良いよ』って。まあ、こんな感じです。

 酷いじゃないか!って?ええ、酷いですよ(笑)。でもこれが中国という国。今から1年半ほど前になりましょうか、ちょうど小泉→安倍へと首相の交代があった時期だったと思いますが、日本は残留農薬規制『ポジティブリスト制度』というのを導入しました。要は『中国産の野菜とかヤバイ。でも中国なにもしてくれない。だったらウチで何とかするしかねえ』ってことで導入した制度なんですが、中国は何をやったか。

 この制度を潰すために、日本製の化粧品から重金属が見つかっただの、サンマに砒素が大量に含まれていただの等々、デタラメを言って日本製品(食品含む)の輸入・販売を差し止めした(関連エントリー1を参照)。幸いにして、当時は小泉、安倍政権でしたから、制度が潰されることはなかったのですが、迷惑を蒙った日本企業は多かった。今回の毒ギョーザ事件の対応も酷いですが、日本国民の安全を守るための制度まで潰そうとした中国・・『中国なしではやっていけない』とか言ってたJTさん、やっぱどうかしてますよ。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:毎日新聞のスマッシュヒット
関連エントリー2:福田首相 そりゃあナメられて当然だわ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
JTも味の素も
日本人は我慢を覚えましょう、中国製冷凍食品など食わなければ良いでしょう。
自分で作り冷凍しておきましょう。
2008/03/07(金) 10:26:52 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
>長期化すれば国内産の高騰などを招きそうだ。

カモン~  カモ~ン
楽しみです。
中国産抜きで、日本の食料事情がどう変わるか
できれば、中国側から日本への輸出全面禁止なんて経験したいです。
日本は、食料にしても衣類にしても贅沢(品質だけに限らず、安い衣類を大事にせず、数でこなしたり)だもの。

個人的には、親に泣きつきたいと数十年ずっと思ってたから・・・
一度ぐらい「5万貸して、10万貸して」と、親が困らない程度に泣きつき、甘えられるチャンスかな?ってねっ
困る人はたくさん出るだろうけど、知恵と器用さと勤勉さを動員して思いやりを思い出し、不自然過ぎる現状が変わるといいと思う。



2008/03/07(金) 11:15:37 | URL | とん #-[ 編集]
お陰で
【毒栽国家】 の対応は結局こういうことに。
これが日本だったらどうでしょう:平身低頭で深く謝罪し、しっかり改善するでしょう。それでも消費者はなかなか許してくれません。信頼回復には非常に時間が掛かります。
【毒栽国家】 がそういう対応をしてくれたお陰で、日本の屈中連中はだいぶ分が悪くなってきました。そして日本人の中国に対する不信感は物凄く高まったまま完全に定着です。
2008/03/07(金) 18:15:11 | URL | ジェノサイドオリンピック反対 #-[ 編集]
支那・中共からの輸入ストップは望むところ
両国で全面禁輸と国交断絶をすれば良い。
将来のビジョンも無く支那・中共の労働力が安いからと言って現地に生産工場を作った日本の資本家の遠吠えが聞きたくなった。
2008/03/07(金) 20:55:04 | URL | HOIDO #zzzm//YA[ 編集]
安全を保証する気がない中国からの食材など不要ですね。
どうせ中国産入りでは売れないんだから、食品会社は仕入先を見直すべきです。…原産国をしらばっくれる気だったかも知れませんが。

食品価格がある程度上昇するでしょうが、それが正常な品物の価格と考えるべきでしょう。
とにかく、毒も放射性物質も、ついでにインフルエンザウィルスも要らない!
2008/03/07(金) 23:21:22 | URL | shou #-[ 編集]
ねがったり かなったり
どうぞどうぞ、日本へ物を出さないで下さい。
ますます対中感情が悪くなるだけです。

『マクタッキー』とかいう、中国のファストフードでも食べてゆっくり考えたらどうでしょうか?

新興国は中国だけじゃないですから。

熱心に、真面目に 日本と取引したい国はいくらでもあります。

中国に赴任した人と ベトナムやタイに赴任した人、みんな国民性の違いをいいますよ。
モラルの無い国とは人件費がいくら安くても何も出来ない。

気が済むまで 前時代的高圧的な中華思想外交、商売を続けて下さい。

久しぶりに行ったスーパーで中国製食品がなりをひそめ、捨て売り価格でした。

その代わり、日本の農産物がたくさん出てきて、若干の値段の違いはあっても、安全おいしいとくれば何の問題も無い。

命には代えられない。

一連の事件で自国で作ったものを食べるという本来の姿に戻ることを確信しています。

それを理解できない企業は衰退あるのみでしょう。
まだ見切れませんか?  中国と心中できますか?
なにかあっても中国はあなた方 日本企業をばっさり切りますよ。

消費者も危険を見抜く目を持ちましょう。
農家の皆さんも大変だろうけどがんばって、野菜作ってください!
絶対に国産買いますよ !
2008/03/07(金) 23:34:05 | URL | 夜明 #-[ 編集]
シナの態度を解読するに。
 この間、二人暮らしの我が家でチャイルドチェアが急に必要になって、買いに出かけました、有名ホームセンターで、六千円でしたが、相場が判らないので一応パスして、生協に出かけてみました、すると、なんと、1万4千円でしたので吃驚、とって返して、6千円のモノを購入しましたが、意匠も機能も6千円の方が善いと言うオマケ付き。

 もぅ一つ、後で空箱を観ると、「Made in Vietnam」の文字が、生協のモノは、「多分」シナ製だったと思いますので、なんか、2重に嬉しかった。

 シナ製ばかりが「輸入品」ではないのです、商品は「安全で、意匠が善く、求められた機能が十全に働く、そして、出来るだけ安い」モノで有れば、実は何処が生産しても宜しいワケです、シナ製は、その条件のウチ「安全」が何物に拠っても担保されていない事が明らかになったから、チャイナフリー運動に繋がっているのです。

 特に食品は、見た目では判らない部分が相当にありますから、「食べてみて」の結果が全てになります、そこで、その商品が毒入りだと判ると、その混入が何処であろうが、その商品には手を出さなくなるのは、当然過ぎるくらい当然の話でしょう。

 生産者が大きな責任を背負っているのは、云うまでもない処、その責任を見事に投げ出したのが共産シナです、つまりは、「自分達で、安全を保障できるレベルの生産管理は出来ない」と言うギブアップ宣言とも採れる。


 今回、国内には福田さんを始めとする、ソレさえ擁護しようと云う向きが居るのには、完全に呆れましたね、そんなにシナを信用しているのなら、イッソ、宣言してシナ産の食品だけを食ってみたらドウだろうね、福田さん、毒入り餃子を腹一杯食って、ぶっ倒れたら、シナにも、日本国民にも拍手されること請け合いですがね。
2008/03/08(土) 09:11:25 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
いや、もうね期待はしていなかったけど、余りにも酷い扱い 日本は相手にされていないですよ。 先の非礼極まりない記者会見ですら、日本の総理は「前向きだ」 と評価してくれるんだから、まともに相手にしなくても日本側が 対して抗議もしないだろうと考えているのではない...
2008/03/07(金) 10:36:55 | ひっそりと語ってみる
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。