管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
教育の名を騙った洗脳はやめにしろ
 日本人でありながら、特アの妄想歴史認識の側に立ち、日本は韓国に対して謝罪や賠償を全然しなかったなどと抜かし、さらに『日本人として恥ずかしい』だの『嘆かわしい』だのと、わざわざ韓国に出向いてのたまう『?』な日本人の存在を昨日のエントリーで紹介しました。

 この『?』な方は現在63歳にもなられる良い大人なんですが、かなり思い込みが激しいということなのか、若いときに受けたすり込みが、よほど凄かったということなのか、おそらくその両方だと私は想像しますが、こういう恥ずかしく嘆かわしい日本人の再生産が、今も日本各地で行われているのは悲しいこと。(asahi.comから以下引用)

「慰安婦問題」同世代の目で

2007年11月02日

【高校生、15歳で被害にあった女性招き】

●「平和な未来を考えて」

太平洋戦争中、「従軍慰安婦」としての生活を強いられた女性の証言を聞く会を、県内の高校生らが3日名古屋市で開く。慰安婦問題について考える劇もある。被害にあった当時の女性と同じ世代の高校生の目線から、もう一度この問題を考えてみようと企画された。(松崎祐子)

 証言を聞く会は高校生らによる日韓の交流グループ「“ハムケ=ともに”高校生平和特派員」のメンバーが中心になって企画した。

 きっかけはハムケのメンバーが今年7月に韓国を訪問し、姜日出(カン・イルチュル)さんの話を聞いたことだ。姜さんは43年、15歳の時に自宅から連れ出され、中国長春市の慰安所で慰安婦生活をさせられたという

 代表の名古屋大学付属高校2年鈴木健介さんは、勇気を持って訴え続ける姜さんの「私が話すのはこれからの平和な未来のため。若い人たちに私と同じ思いをしてほしくない」という言葉に心を打たれた。「話を聞いて何か動かなくてはと思った。未来のための問題なのだから、多くの高校生に考えてほしいと思う」と話す。

 証言を聞く会では、姜さんが当時のことについて話す。高校生らは、証言と慰安婦問題についてわかりやすく知ってもらうために劇をする。だまされて慰安所に連れて行かれた少女の悲しみや終戦後も続く苦しみなどを、力いっぱい演じる

 メンバーらは「連れて行かれる時は」「明日死ぬかもしれない日本兵の思いは」など、登場人物の気持ちを話し合った。連行される少女を演じた東邦高校2年伊藤果歩さんは「演じるうちに気持ちが少女に近くなってきた。被害が残酷で決して遠い過去のものではないことを伝えたい」という。

 証言を聞く会は高校生ビッグフェスティバルの特別企画として、3日午前10時から、名古屋市中区の伏見ライフプラザで開かれる。問い合わせはフェスティバル実行委員会(052・881・4346)へ。


 一昔前は『日本軍が人狩りをして女性を慰安婦に仕立て上げた!』と堂々と書いていた朝日新聞ですが、最近では嘘がバレて、こういった『誰によって』が抜けた微妙な記事でお茶を濁しています。が、最後に思わず筆が滑ったのでしょうか、連行などと公権力が関与したことをにおわせる表現を使ってしまいました(笑)。苦労が絶えませんなあ、朝日の記者は。

 あ、話がそれてしまいました。アサヒったことが原因で、微妙な記事を書かざるを得ないアホの朝日のことは置いといて、本題に参りましょう。感受性の強い、言い換えればすり込みを受けやすい学生の時分に、こういった一方的な教育は危険です。ええ、あの『?』なピエロさんみたいになっちゃいますから。気の毒すぎるからやめろ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
まぁ、名古屋といえば私の地元みたいなものだが、
あそこはひどい左翼がわんさかいますしね。
2007/11/04(日) 08:20:55 | URL | 馬鹿陽区 #-[ 編集]
今は学生のほとんどがネットをしてる時代。その全員とはいかなくても、朝日やマスコミや中韓の捏造を、ネットで知っている子はいると思いますが。

最近は左翼教師のデタラメ歴史授業に、高校生が反論するようになったとか。
凄く良いことだと思います。ネットでも本からでも、日本の正しい歴史をしっかり勉強して欲しいです。
2007/11/04(日) 10:13:25 | URL | MM #99DFA69w[ 編集]
この高校生たちには「平和特派員」という名の思想工作員にされていることに気付いて欲しいですね。
世の中には平然と嘘を吐く人間がいくらでもいるから、言われたことを鵜呑みにはせず、いろいろな情報を調べた上で、自分で公正に判断する様にならないといけない。
…謂うのは簡単ですけど、なかなか難しいかな。
つくづく教育って大事だと思います。
2007/11/04(日) 14:58:05 | URL | shou #-[ 編集]
現代の夜のフィールドワークからの考察
朝鮮人は、このような不幸な歴史を背負っているのであれば、論理的には、「従軍慰安婦」の場となった「売春的行為」「売春宿」を現代においても憎んでいるはずだ。

アレ?

しかし、韓国は売春婦がデモをするぐらい、お盛んだ。ましてや日本において、どうしてこんなに「韓国系風俗」が多いのか?
朝鮮人が、本当に「従軍慰安婦」を憎んでいるのであれば、日本において、「韓国系風俗」が存在するわけないだろう。
短期ビザ入国で風俗で稼ぐことを、強制連行とでも言うのか?

アメリカ、オーストラリア、他の移民先の国々でも、売春を派手にやって、問題になっている。時には、日本人女性に成りすまして。

また私がよく知るフィリピンでは、韓国人男性が現地女性を相手に買春をする姿が、韓国経済の成長に伴い顕著となっている。「東南アジアでの買春=日本人」と思う方も多いが、実際に現地に行けば、元気?な韓国人の姿を多数見ることができる。
更に、日本人経営のフィリピンパブは聞くが、売春を行う店はあまり聞かない。しかし移民好きの韓国人は、フィリピン女性を雇い、売春店(宿)も経営する。
「従韓慰安婦ではないか?」

多くの「市民!」にとって、80数年前の歴史の真偽の判断基準としては、
教科書や自称被害者の証言ではなく、現代の似通った環境を観察することが一番説得力がある。

今も昔も「慰安所」とは、一定のお金を持った世界中の少なくない数の男たちが、共通して、欲望をそそられる場に過ぎない。
2007/11/04(日) 23:01:59 | URL | ppp #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。