管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし米国大統領が暗殺されたら~
 えー、本日は最近では珍しく二本目のエントリーをアップいたします。と言いますのも、これまた珍しく映画の宣伝なんかをしちゃおうかと思った次第でありまして。

 先日、ある映画配給会社から十月に日本で公開される一本の映画の告知を依頼されました。英国発の作品で邦題は『大統領暗殺』。このタイトルだけを見ると、そう珍しくない印象を受けますが、内容が衝撃的かつ考えさせられるモノだったので、他人様の商業宣伝はしないというスタンスを曲げて紹介することにしました。

 もともとの邦題は大統領暗殺ではなくて、なんと『ブッシュ暗殺』というド真ん中直球。ええ、そうです映画の中で実際に本物のブッシュ米国大統領が暗殺されてしまうという設定になっております。邦題、そして内容があまりに直球すぎて邦題の変更や、日本に先だって公開された国々では上映中止を余儀なくされたところが続出するという、いわくつきの映画でございます。

 ひねくれ者の私なんぞは、こういったすったもんだがあったというだけで興味を惹かれてしまうのですが(笑)、映画の中身はなかなか考えさせれられるものでした。もし米国大統領が暗殺されたら・・犯人と『された』のが日本人だとしたら・・その時の米国の政権が日本を敵視していたら・・米国はどう動き、また日本に対して、どのようなアクションを起こしてくるだろうか・・

 誤解があるといけないので補足しておきますが、映画の中で日本人が犯人として出てくるわけではありませんし、またブッシュ政権は日本を敵視していないので、日本の『に』の字も出てきやしません。が、将来的な話としては無いと断言出来ない。9・11テロの後に米国で繰り広げられた光景が再度、さらに威力を増して米国内で繰り広げられ、対外的には戦争への機運も高まる。『対象』に日本を当てはめてみると・・

 一度この『対象』になったことがある日本の国民としては、他人事ではありません。米国民○党には未だに日本を敵視もとい警戒している(大体が親中派)人達がいると聞いておりますし、ジャパンパッシングとやらをやらかしたクリ○トンさんの奥様が次の大統領になるかもしれない、なんて恐ろしい話も非現実的なものではない。

 世界第一位と第二位の経済大国同士が全面戦争、前のような総力戦をやるかといえば、ちょっと考えられない。しかし何らかの『化学反応』が起こるのは間違いないわけで、その時に日本はどうすれば良いんだろう、またそうなる前に何か手をうっとかないといけないのではないか・・こんな事を考えております。答えはまだ見つからないけれども・・

 この映画は、ゴリゴリの反米人士に『ブッシュが殺された!ざまあみろ!』などとオ○ニーさせるだけではもったいない。まあ、そういう悪趣味の方もいるでしょうし、どういう見方をするかはそれぞれの自由ですが、国際政治に興味がある方は是非ご覧になっては如何かと。公開は十月六日。映画『大統領暗殺』公式HPはこちら

映画『大統領暗殺』公式サイト



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
大変だね~
古い話「安重根」どころの騒ぎじゃ収まらんでしょうね。
「安」のお陰で近代国家に入れたと思えば朝鮮と言うのは運の良い国だった。
2007/10/02(火) 18:18:38 | URL | 古田 #kU3g/2a6[ 編集]
日本の悲しみ
 私見を云わせて貰えば、アメリカって云う国がこの頃判らなくなった、というのが本音かな。

 ブッシュジュニアって、本物のバカだったような気がする、バカと云うのは長期的に観れば、日本を自分側に措いておくのが、米国にとって大きなメリットになる事が明瞭なのに、何等援護もせず、何故今日本側に「切り捨てる」と受け取られそうな政策を、極東情勢が緊迫している今、実行するのかが理解できないからです。

 そうする事で醸し出される極東の緊張状態から起こるハプニングの危険性を全く考えていない様に感じるからだ、民主党は民主党形の利益の上げ方が有るのだろうから、非難した処で、余り意味はないだろうが、世界の3大強国が隣り合うこの極東の地で、第四の強国日本が核武装せざるを得なくなったら、一体どういう事態になるのか。

 そうは云っても、今後少なくとも来年から向こう4年間は、民主党政権が続くわけです、日米安保の範囲を限定的に捉えている民主党が政権党なら、現実的な対応として日本としては核武装せざるを得なくなる可能性が高い。

 民主党に良い様にされるのが見え見えなんだからと、此処は民主党に逆らえば、日米戦争が勃発する可能性さえ有る、戦争は民主党が始めて共和党が収めるのが米国の伝統なんですから。

 しかし、共和党は極東からの力の減衰を計画していたワケで、厭戦気分にある米国民が築く世論は、戦争回避に動くでしょうが、其れを良しとしない勢力にも相応の力が有ることも事実です。

 此処は、アメリカの出方を見守るしか手はないのでしょう、何故なら外交のイニシアティブを取れる程の軍事的な背景を日本は持っていないからです。
2007/10/02(火) 21:27:52 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 私は一昨日のブログと昨日のブログで国民の間に閉塞感と政治面の停滞がある時、ミャンマーのような軍事政権や独裁政権が生まれること。 日本の場合も過去に同じことが起こりまた今後起こる可能性はゼロでは無いこと。 そしてどうにもならぬ閉塞感を如何にして打破するか
2007/10/01(月) 20:55:49 | 無党派日本人の本音
 最近のエントリーで、対テロ戦争に強行姿勢で、米共和党の大統領最有力候補の元ニューヨーク市長のジュリアーニ氏の話題を扱いましたが、今度は共和党の内紛の模様です。宗教右派、第3党模索も ジュリアーニ氏を
2007/10/04(木) 14:18:52 | Red Fox
2日の18:00ごろ、帰宅途中のサラリーマンや飲み屋に向かう人たちで賑わう有楽町マリオン付近で事件は起こった。1人の男が現れ、「号外です!」と叫びながらビラを配り始めたのだ。その号外を受けとった人たちが見てびっくり
2007/10/04(木) 16:03:32 | のんこの猫日記
…この映画の重要性は、フェイク・ドキュメンタリーという手法を駆使しながら、僕らのもとに日々届けられる「現実」が、大いなるフェイク・ドキュメントそのものであることを否応なしに実感させること。もう一つは、いわゆる「ドキュメンタリー」へのまなざしとして、それを
2007/10/07(日) 22:20:30 | 弱い文明
 ベトちゃんドクちゃんで有名な結合双生児の兄のグエン・ドクさんが6日に死去したニュースはご存知の方も多いと思います。「ベトの分も生きたい」 葬儀で弟のドクさん共...
2007/10/11(木) 11:47:06 | Red Fox
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。