管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現代の創氏改名 『私も変えたい』
 本日は、韓国(北朝鮮も含む)が日本を糾弾する際に良く使う、いわゆる『創氏改名』について、興味深い新聞記事がありましたので、紹介したいと思います。先ずはこちらのニュースをご覧下さい。(東亜日報から以下引用)

「私も変えたい」裁判所に改名申請殺到

NOVEMBER 24, 2005 08:34

23日午前10時、ソウル瑞草区(ソチョグ)瑞草洞のソウル家庭裁判所1階の相談室。白髪の高齢者の男が改名申請を受け付ける窓口の前をうろついていた。

23日付の東亜(トンア)日報を手にしていた。男は、改名についての最高裁判所の判決を報じた「サムスンの名、簡単に変えられる」という記事を読んだ後、裁判所を訪ねたのだ(「サムスン」は最近大ヒットしたドラマ『私の名前はキム・サムスン』で主人公が古くさく田舎くさいと嫌っていた名)。

男の名は、金○郎(63)という日本風のものだ。金さんは「今からでも日本風の名前を変えて、余生を過ごしたい」とし、改名申請の手続きについて尋ねた。金さんの事例は、「名前は人格の象徴であり、名前についての権利は人格権と幸福追及権にあたる」という最高裁決定文の意味を実感させる。ソウル家庭裁判所で改名申請受付の業務を担当しているコ係長は、「改名申請は1日平均15件くらいだが、今日はそれよりはるかに多かった」と述べ、「今後、激しい増加が予想される」と話した。

最高裁決定によって以前よりはるかに容易に改名許可が受けられるだろうという本紙の報道後、裁判所・相談窓口の職員たちも、1日中電話の問い合わせなどに忙殺された。ソウル家庭裁判所で相談業務を担当している金係長は、「どうして、こんなに朝から電話が殺到するのかと思ったが、申請者たちが新聞記事の話をしたので、理由がわかった」と話した。

相談窓口の別の職員は、「午前に中年女性がひとり、電話をかけてきて、新聞記事に触れながら『一度改名申請が棄却されたことがあるが、もう一度申請できるだろうか』と尋ねた」と述べ、「改名申請がすでに棄却されたとことがあっても、再申請は可能だと説明した」と話した。

ソウル家庭裁判所・相談室関係者らによると、改名を申請する理由のうち、最近は、「人生を変えてみたい」という理由が多くなったという。具体的には、「もっと勉強がはかどりそうだ」「お金がもうかりそうだ」「会社がうまくいきそうだ」「離婚後の新しい人生がより幸福になりそうだ」といったたぐいの、個人的な内容が大きく増えたという


 『人生を変えるために名前を変えたい』・・私は自分の名前に満足していますので、変えようとは思いませんが、友人の中には、本人曰く『変な名前だ』という理由で改名を考えていた人がいます。名前を変えることによって気が晴れるならそうすれば?と、その時は話したことを覚えています。あ、話がそれましたね(笑)。では本題に入っていきます。

 この記事を読んで、『創氏改名』と何の関係があるんだ!そもそもあれは日帝が無理やり韓国人の名前を日本風の名前に変えさせたものだ!なんて思っちゃった方は、まだ『自虐史観』から抜け出せてません(笑)。エントリー下段にリンクを貼っておきますので、そちらをご覧になってください。

 さて、この『創氏改名』という言葉で、彼ら韓国人が強制されたと言い立てるのは、主に『改名』の部分です。曰く『名前を変えられた事によって民族の誇りが奪われた!』そうなんですが、本当にそうだったのでしょうか。答えはノーです。簡単に言えば、この創氏改名の際に強制性を伴ったのは『創氏』つまり家族共通の氏(ファミリーネーム)を持ちましょうと言う事です。(日本では結婚すれば『氏』が同じになるというのが一般的ですが、朝鮮半島では結婚後も夫婦の『氏(姓)』が違いました。)

 ここで誤解してはならないのは、『氏』を創設したからといって、彼らが伝統的に持つ『姓(金、林など)』は無くなった訳ではなく、戸籍にはファミリーネームとしての『氏』、出自を表す『姓』の両方が記載されていたと言う事。では、強制された改名とは何ぞや?それは『創氏』の届出をする際、希望者には日本風の氏を名乗る事を審査の上で許可し、日本風の名前に変えたい!と、希望する者が多かった為、後に強制されたと言われることになるのですが、実際には日本風ではない『氏』を持つ韓国人も多数存在しました。

 日本名を名乗る理由として、いくつかの動機があったと言われていますが、一例として、朝鮮名を名乗っていると外国での扱いに相当な差があったと言われています。朝鮮半島の上部に位置する満州では、日本から多くの開拓団が出向き、土地の開発などをしていましたが、野心溢れる韓国人も開拓に出向きました。そこで待っていたのは、中国人などからの『差別』でした。『お前は日本人じゃない』と。屈辱的な扱いを受けた朝鮮半島出身者は『日本に併合され、我々は日本国民となったのに、名前が朝鮮名のために差別を受ける。名前を変えさせろ!』と声を上げます。

 そうです。『改名』は主に韓国人自身の要求によって成されたのでした。『内鮮一体』などのスローガンに単純に共鳴した人もいたでしょうが、日本名を名乗る事によって得られる『利』があるから改名したのです。

 上記事では、『氏』ではなくて『名』の変更を求める内容ですが、日本統治時代の改名と構造は同じです。『名前を変えれば何かが変わる』という思惑があってのもの。記事中で紹介されている日本風の名前を持つご老人は、近年の韓国で吹き荒れる『親日精算』の嵐に巻き込まれるのを懸念した行動を取ったのかもしれません。名前だけで粛清されたらたまりませんものね。

 
参考リンク1:創氏改名とは何か
参考リンク2:創氏改名 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
突然で勝手ですがご招待です
 「北朝鮮、KEDO」にちなんだクイズがあります。お近くへおいでの節は、どうぞ拙宅へもお立ち寄り下さい
http://blog.q-q.jp/200511/article_137.html
(ご迷惑でしたら、お手数ですがコメント、TBの削除をお願いします)
2005/11/24(木) 15:18:54 | URL | 素町人@思案橋  #-[ 編集]
ぼ~~ぜん・・・・
こんばんは、まると申します。

いやー、顔の整形だけでは飽きたらず、自分自身の存在までも整形したくなっちゃいましたかー。

わかっていたつもりでも、こういうニュースに接すると改めて愕然としてしまう自分は、まだまだ知韓にはほど遠いのだなァ・・・。
げっそり orz
2005/11/24(木) 19:02:19 | URL | まる #NBfQqmmg[ 編集]
やはりね。。。
「利」が無ければ動かない民族とは分かってましたけど、昔も今も、その場しのぎの浅い考えしか持てない、哀れな隣人ですねぇ。
大陸の脅威が常にあったとはいえ、これじゃ、国体の維持が出来ないわけですよ。。。
だから保護してあげたのに。。。(-"-)
2005/11/24(木) 20:26:54 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>まるさん

『名前を変えたい』と思うことは日本人でもありますが、殆どは親に貰った名前だから、という理由などで思い直しますもんね。あちらさんは改名に『殺到』ですから・・

>蜜柑さん

この日本風の名前を持つご老人が改名した場合、結局『中国風』の名前になる事は内緒です(笑)
2005/11/24(木) 21:25:31 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
韓国が創氏改名を強制されたと言っているのはもちろん嘘ですね。というか、中韓朝が言うことは、ほぼすべてが逆ですよね。
2005/11/25(金) 21:49:34 | URL | 百式 #-[ 編集]
 こうした創始改名の真実はなぜか中高の日本史では習いませんね。ちなみに日本において『氏』が名字ならば、『姓』は源平藤橘に相当するのでしょうか。なぜか我が家は藤原姓ということになっております(笑)
2005/11/25(金) 23:57:44 | URL | zisenn #2PYnlM/E[ 編集]
コメントありがとうございます
>百式さん

>中朝韓が言う事のほぼ全てが逆-
そうですね(笑)。彼らが日本を糾弾する際、『自分の事を言ってるのかな?』と、思うことがあります。

>zisennさん

私もあまり詳しくありませんが、源平藤橘が『氏』だったと思います。『姓(かばね)』が~守(かみ)とか、臣(おみ)とか大臣(おおおみ)といった、今でいう役職名にあたると記憶しています(あやふやですが)(笑)。
2005/11/26(土) 09:29:27 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
普通の日記ですが。。。
2005/11/24(木) 10:51:08 | 日記
 ノムヒョン政権は韓国の歴代政権の例にもれず、反日的姿勢を国民にアピールし挙国一致を図ろうとしている。このように反日感情を煽って政権の延命を図るやり方は、隣国の民族意識の
2005/11/26(土) 00:16:23 | 世間を気にせず書いた異論反論
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。