管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
対中国ODAの即時返還を要求する
今朝の産経新聞に中国に関する気になるニュースが掲載されていました。急激な経済成長に伴い、国外への投資を積極的に推進する中国。中でも、日本のODAに似た『ひも付き』の資金供与の実態は想像以上に大規模なものとなっているようです。まず、こちらのニュースをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

外貨準備、世界一 中国「ODA」攻勢へ 近隣国囲い込み狙う

 中国政府が実質的に世界一に躍り出た外貨準備高を背景に、中国版「ODA(政府開発援助)」を積極化させる動きが二十日、明らかとなった。中国輸出入銀行を通じた融資と自国の産業支援を一体化した大規模な基金の設立が検討され、「潤沢な外貨準備の活用で近隣諸国への経済外交の強化を図るのが狙い」(国際金融筋)とみられる。中国の援助攻勢という事態を受け、対中円借款の新規供与停止など見直しを進める日本も新たな対応を迫られそうだ
 
 国際金融筋によると、中国の経済計画を立案する国家発展改革委員会のシンクタンクの報告書の中で、中国は潤沢な外貨準備を活用した還流基金を創設し、十三の隣国に中長期の借款を供与して社会インフラ施設の整備支援を提言していることがわかった。しかも、借款の半分は、中国企業による設備と技術の購入にあてる“ひも付き契約”を求めており、同筋は「自国の産業支援と資源エネルギー獲得が目的。援助と輸出、投資を一体化し、貿易投資を強化している」との見方を示している。

 基金構想は資金貸し付けだが、中国政府は国家発展改革委、商務部、外交部、人民銀行などの責任者で構成する外準還流基金の取締役会と理事会を中国輸出入銀行に設置できるとし、ここを実行部隊とする可能性が高い。中国輸銀の昨年の輸出額は前年比33%増の約九百十七億元(約一兆二千八百億円)で、基金が実現すれば、近隣諸国への影響力拡大は必至だ

<中略>

 中国の外貨準備高は今年六月末で七千百五十九億ドルだが、千二百二十億ドルの香港を含む合計は八千三百七十九億ドルで、八千三百四十億ドルの日本を抜いて実質世界一となった。巨額の対米貿易黒字を稼ぐ一方、人民元の対ドル上昇を抑えるため人民元を売ってドルを買う市場介入を続ける中国は、五年後に外貨準備高が約一兆二千億ドルになるとも試算される。来年から始まる経済社会発展の「第十一次五カ年計画」でも、外貨準備の効果的運用が課題とされる。

<後略>
(産経新聞) - 11月21日2時52分更新


 いよいよ日本の外貨準備高を抜くところまで来ましたか。為替介入によって膨らんだにせよ、これだけの資金があれば、ODAのような動きが出てくるのは当然と言えるかもしれません。が、中国は日本などからODAの供与を受ける『ODA被援助国』であり、他国に供与する金があるなら、その前に日本に返済するのが筋だ。日本では最近、対中国新規ODA供与の停止を呼びかけていますが、中国は無視。返す気があるのかどうかも疑わしいところです。

 中国は、過去に日本がODAを供与した際、使い道などを取り決めた約束がありますが、反故にして無茶苦茶やっております。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

中国が鉄道民営化へ 円借款6400億円 ODA原則に違反

 中国政府が二年以内に国有鉄道の株式を公開し、海外市場などで上場を目指す方針を固め、日本政府もこうした方針を把握していたことが十九日、分かった。中国の鉄道建設で日本は政府開発援助(ODA)として二〇〇〇年までの二十年間で計六千四百億円の公的資金を拠出しており、民営化されればODAの「個別企業には供与しない」という原則に違反するが、日本政府は事業内容の変更について、正式な連絡を受けていない。中国では今後も国営企業の民営化が続くことが予想され、ODA拠出金の使途について改めて論議を呼びそうだ。
 
<中略>

 また、外務省の有償資金協力課は「中国側から正式な連絡はない。情報収集をしている」としているが、同省幹部は「民営化となれば、中国政府にきちんとした説明を求めたい」と話している。
 
<中略>

 しかし、国際協力銀行によると中国国有鉄道の建設資金は、日本政府が一九八〇年から二〇〇〇年までで、対中円借款総額の二割に当たる六千四百億円を拠出。電化された路線の約四割にあたる五千二百キロが日本の公的資金で作られ、大秦線建設にも約百八十四億円が投入されている。中国の鉄道建設に充てられた円借款の金利は2-3%、返済も三十年などと商業性資金と比べて贈与性が極めて高い。「上場しても資金の回収を求めることはない」(外務省幹部)としている

 五年前に香港の株式市場に上場した北京国際空港も、日本が建設総費用の四分の一に当たる三百億円の円借款を供与したが、やはり上場について事前連絡はなかった。日本の抗議を受けて、中国財務省は陳謝したうえで、再発防止を約束していた。
 今回の鉄道会社の上場計画について、ODA関係者は「鉄道は軍事転用しないなどと中国政府と約束を交わしていた。だが、民営化で所有者が変われば、日本は意見をいえなくなる可能性がある」と指摘している。
(産経新聞) - 11月20日2時56分更新



 はあー・・ため息しか出ませんね・・一体外務省は何をしてるんだ?ここまでナメられて『口頭』で抗議するだけですか。しかも上記事にあるように、前にも約束を反故にされてるんですよね?一度くらい『態度』で示したらどうなんだ。『返還を求めるつもりは無い』って、最初から断言してどうする。仕事しろよ!ったく・・

 先日から注目していた胡耀邦元主席の再評価の動きは、生誕90年を記念した式典が催されたようですが、再評価までは至らず、報道も規制されている事から、江沢民派が実質勝利した形となったようです。それを象徴する出来事があったようなので、紹介します。こちらをどうぞ(Yahoo ニュースから以下引用)

 中国が愛国心育成「基地」を追加公表、反日拠点拡充

 【北京=藤野彰】新華社電によると、中国共産党中央宣伝部は20日、国民の愛国心育成を目的とした「全国愛国主義教育模範基地」の第3次指定リスト(計66か所)を公表した。

 新たに指定された基地の中には、日中戦争関連の記念館や史跡が多数含まれており、愛国主義と表裏一体の「反日」を刺激する場が一段と拡充されることになる

 第3次リストの日中戦争関連基地は、平北抗日戦争烈士記念館(北京市)、平頂山虐殺事件旧跡記念館(遼寧省)、白山抗日記念地(吉林省)、中国侵略日本軍東寧要塞旧跡(黒竜江省)、浙江侵略日本軍降伏式典旧跡(浙江省)など。

 このほか、リスト中の共産党革命史跡なども抗日と関連しているものが多く、日本の中国侵略を告発する施設が目立っている

 愛国主義教育模範基地は江沢民前政権時代に第1次、第2次各100か所が指定されており、これで計266か所となる。

 今回、胡錦濤政権が第3次の追加指定を行ったことは、江沢民前総書記が敷いた愛国主義発揚路線を今後も継承、強化していく考えであることを示している。(読売新聞) - 11月21日3時3分更新

 

 反日強化ですって。タダみたいな金利で莫大なODA資金を供与し、使い道に関する約束も次々と反故にされ、感謝されるどころか逆に『反日』だって。ここまでされて何故黙ってるんだ!今まで態度で示さなかったから舐められてるんだろうが。中国にODA資金の即時返還を求めて『実害』を与えるべきだ。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
そうですヨ!私達の税金ですよ!いい加減にしなさい、外務省!!!
私達の血税で、反日施設を造り続けるなんて、冗談じゃない!

ウ~ム、テロリズムという意識は、こういうところから生まれてくるのかしら!?(怒)
2005/11/21(月) 20:04:10 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
追記
>ウ~ム、テロリズム。。。
     
     ↑

もちろん、チュウに対してですヨ。
2005/11/21(月) 20:15:29 | URL | 蜜柑 #-[ 編集]
>蜜柑さん

ホントに頭にきますよね。早く共産中国が潰れる事を祈ります。ものすごい念力と共に(笑)。


2005/11/21(月) 21:45:49 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
早速TBしました。

中国の図々しさにも呆れますが、国内の媚中政治家にも呆れます。
さっさとODA中止して、中国の近隣諸国にでも援助するべきです。そうすれば中国崩壊も進むかもしれません。
2005/11/22(火) 20:01:22 | URL | 勉強中の整体師 #-[ 編集]
コメントありがとうございます
>勉強中の整体師さん

TBどうもでした。ホント、こんな国に莫大な金を援助していたのかと思うと、情けなくなりますね。
2005/11/22(火) 22:34:30 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
中国のゴキブリに金なんか最初からやるなよ。
2005/12/12(月) 18:24:18 | URL | 日人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
外貨準備、世界一 中国「ODA」攻勢へ 近隣国囲い込み狙う:産経 中国政府が実質的に世界一に躍り出た外貨準備高を背景に、中国版「ODA(政府開発援助)」を積極化させる動きが二十日、明らかとなった。中国輸出入銀行を通じた融資と自国の産業支援を一体化した大..
2005/11/21(月) 17:14:12 | アジアの真実
二階経産相が中川前経産相の努力をドブに捨てる算段をしています。経産相、東シナ海ガス田問題「対立あおっても解決せず」
2005/11/21(月) 17:20:38 | メタモルフォーゼ・ニッポン
クスリ発売から一ヶ月が経過しました。元ブログの読者の方たちから多くの励ましのメールをいただいたり、自己体験記を語ってくださったりした方もいらっしゃいました。クスリの部数も爆発的な動きは見せていないものの、ジワジワと確実に伸ばしているようでなにより....
2005/11/21(月) 17:59:43 | 或る編集者のオケラ日記
中国は「実質的に世界一の外貨準備高」を活用した還流基金を創設し、十三の隣国に中長期の借款を供与して社会インフラ施設の整備支援を提言していることがわかった。しかも、借款の半分は、中国企業による設備と技術の購入にあてる“ひも付き契約”構想していらしい。この報
2005/11/21(月) 18:03:33 | 鬱々夫婦の日記
 生麦事件 薩摩藩で実権を握った島津久光は、幕府に改革を迫るために、兵を率い、江戸に行き圧力を掛け、一定の成果を挙げました。その岐路である事件が発生しました。現在の横浜にある生麦村で、イギリス人4人が行列の前を横切りました。無礼な行為であり、護衛に当
2005/11/21(月) 19:14:02 | 売国反対!攘夷への道
中国の高速鉄道ですが、どうやらどのような形で決着するのか決まりそうです。この問題については、日本形式かドイツ形式かで右往左往があったようですが、結局は半々という形になりそうです。以下読売新聞より引用 【北京=東一真】中国政府が総事業費10兆円超を....
2005/11/21(月) 22:57:32 | BBの独り言
私は、11月15日のエントリー「負けてよかった中国の新幹線」の中で、ドイツのシーメンス社が中国の新幹線を総なめしそうだと指摘し、「バンザイ」したい気分だと書いた。しかし、昨日の讀賣新聞の夕刊によると、我が国の企業もシーメンス社とほぼ同規模の受注に成功している
2005/11/22(火) 17:48:39 | 依存症の独り言
ODA即時中止すべし
2005/11/22(火) 19:53:25 | 若手(?)整体師の独り言
中国が鉄道民営化へ 円借款6400億円 ODA原則に違反(産経新聞) 中国政府が二年以内に国有鉄道の株式を公開し、海外市場などで上場を目指す方針を固め、日本政府もこうした方針を把握していたことが十九日、分かった。中国の鉄道建設で日本は政府開発援助(ODA)と
2005/11/22(火) 20:26:29 | ぱっとんな日々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。