管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ボルトン氏カムバックプリーズ
 2月に行われた6者協議で合意された初期段階処置の実施を期限が過ぎてもズルズルと引き伸ばしに引き伸ばしてきた北朝鮮。昨年の北朝鮮によるミサイル発射、核実験実施の発表で怒りが頂点に達し、これ以上わけのわからんことを続けるのは許さん!と強硬姿勢を示していた米国は、今ではそんな勢いはどこへやら、北朝鮮に随分と『優しく』なってしまいました。

 米議会で民主党が優勢になったことに加え、そろそろ始まるのが大統領選。これらを意識してのことなのでしょうが、米国の豹変ぶりには、昨年の国連での北朝鮮制裁決議を共に主導した同盟国日本の国民として、情けない思いが致します。

 日米が素晴らしい連携を見せていた頃、米国の国連大使は対北朝鮮強硬派のボルトン氏でしたが、思えばボルトン氏が国連を去ってから、米国は急速に路線を変更していった。今の米国の姿を見て、ボルトン氏も情けない思いでいるようです。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

ブッシュ政権の対北政策を非難 ボルトン前米国連大使

 【ワシントン=古森義久】ブッシュ米政権で国務次官や国連大使を務め、北朝鮮核問題をも担当したジョン・ボルトン氏は3日付のウォールストリート・ジャーナルに「平壌の忍び足」と題する論文を寄せ、「北朝鮮政策に関する限り、ブッシュ政権はもう終わってしまった」と激しい批判を表明。ブッシュ政権の対北朝鮮政策が官僚や学者に乗っ取られ、クリントン政権時代と同様の欠陥だらけの融和政策となったと非難した。

 同氏は米国側の過剰な譲歩として(1)マカオの銀行の北朝鮮口座の凍結解除(2)北朝鮮による6カ国協議2月合意の履行の大幅な遅れの許容(3)ヒル国務次官補の平壌訪問に代表される北朝鮮との一連の2国間接触(4)北朝鮮の6月の弾道ミサイル発射の事実上の許容-などを挙げ、特にミサイル発射については「日本の安倍首相がブッシュ政権のとるべき措置を言明してくれた」と日本政府の対応を評価した。

 ボルトン氏の論文はさらに、米国政府は対北政策をクリントン政権時代の米朝2国間の交渉で欠陥の多い融和的な合意を成立させ、核兵器の開発をまったく阻止できなかった状態に戻したと批判し、いまのヒル次官補の北朝鮮との接触はクリントン政権で国連大使だったリチャード・ホルブルック氏の助力を得ていると指摘した。

(2007/07/04 23:52)


 返す返すも残念だなあ。この人が国連大使あるいはブッシュ政権の中枢に居てくれればなあ・・ボルトン氏が指摘するように、今の米国の対北朝鮮政策は、金・モノだけを毟られて結局は核開発を止められなかったクリントン政権と同じ轍を踏み始めている。

 クリントン政権時代、核開発をやめさせるという名目で『話し合い』をし『金・モノをくれてやった』結果どうなったのか。最終的には核実験実施の発表というところまで行ってしまった。もし米国がこのままの路線で行くのなら、今度はもっと事態がエスカレートすると思うのは私だけでしょうか?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
 最近の対北朝鮮の政権の処し方や、国内下院での対日非難決議の周辺の言動から、私の中の米国共和党政権自体の信用度が著しく低下しています。

 米国のいつもの利己主義を絡めた独善主義だからではありません、それでも長期的に筋が通っていれば問題はありません、私が、厭な気がして居るのは、あたふたと取り繕うような、一貫性のない腰の抜けた卑怯さしか感じなくなっているからです。

 その一例として、資金を絶つ事が、北朝鮮に取って一番有効な手法であることが、次第に高まって行く彼等の周章狼狽振りからハッキリしていたのに、全面降伏直前で、敢えて、送金できない筈の金を、法を曲げて送金したのは何故か、を妄想すると、長期的な利益ではなく、目先の政権維持の為に短期的にナニカを回復するべく、支持団体から課題でも突きつけられた様に見える、ブッシュ政権もそろそろ終わろうとしているのかな。

 筋の通った、解り易いボルトンさんに本当にカムバックして欲しいです。
2007/07/06(金) 09:58:07 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
イラクは軍に任せて
ボルトンだのウォルフォウィッツだの干されてるネオコンを北朝鮮にぶつけてくれ。

奴らは目の前で凄んで見せないと分からないんだから。
2007/07/06(金) 14:49:10 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
米国無能へ垂れ三銃士
ブッシュ-ライス-ヒル

彼らにもはや期待出来ない。
日本は孤立しても筋を通すべきだ。
親日国が応援している。
2007/07/06(金) 19:03:05 | URL | HOIDO #-[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。もしボルトン氏がまだ国連大使だったら、先月の弾道ミサイル発射で北朝鮮はエライ目にあってたろうになあ・・
2007/07/07(土) 08:53:54 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■「ドロ沼年金問題 あきれた労組の実態」 2007/07/04 毎日放送 http://www.mbs.jp/voice/special/200707/04_8799.shtml 6月30日、深夜に及ぶドタバタの末、社会保険庁改革関連法案が成立しました。しかし、社
2007/07/06(金) 12:41:25 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
お詫び昨日の私のブログで引用した世論調査の表が間違っていたので、修正しました。経緯は私が6月30日のブログで引用した数字と、後日の読売の解説記事の数字とが変わっていたので、可笑しいと思いましたが、後の記事の方が正しいと思ってそれを採用したのです。ところが
2007/07/06(金) 15:20:08 | 無党派日本人の本音
 これまで紹介してきた同和教育行政をめぐる諸問題の背後に見え隠れしている部落解放同盟の教育現場での実践団体である全国同和教育研究協議会(全同教)傘下の有力組織である福岡県人権同和教育研究協議会(県同教)がいかに福
2007/07/06(金) 21:03:18 | なめ猫♪
現代史家 秦郁彦  ■報道は冷静な検証の姿勢忘れずに ≪情緒過剰な記事が並ぶ≫ 6月23日は、62年前に沖縄本島南端の摩文仁(まぶに)の洞穴で、牛島軍司令官が自決、沖縄戦における日本軍の組織的抵抗が終わった日で
2007/07/07(土) 09:12:51 | 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。