管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 歪曲された情報のみ送受信可能
 中国の反発は必至だ!・・アッチ系マスコミが好んで使うこのフレーズ、台湾の李登輝前総統の訪日直前から頻繁に目にしましたが、具体的に日中関係に影響する反発など皆無に等しく、帰国直前に『中国籍の男』からペットボトルを投げつけられるというハプニングがあったものの、李登輝氏は無事、今回の訪日を終え台湾に『帰国』されました。

 中国の反発は『必至』だと書きちらすマスコミは、確かな裏付けがあった上で記事を書いているのではなく、中国に反発して欲しいという『願望』から記事を書いていることが、今回の件でクッキリ鮮明になりましたが、アッチ系マスコミの中でおそらく最も中国からの反発を心待ちにしていた変態もとい朝日新聞がこんな記事を書いているので、紹介したいと思います。(asahi.comから以下引用)

李登輝氏 派手な言動 陰る影響力 中国は抑制的対応

2007年06月10日01時12分

 台湾の李登輝前総統(84)は9日、11日間の訪日を終えた。過去2回の訪日ではできなかった講演や記者会見を実現し、靖国神社にも参拝するなど、これまでにない派手な言動を見せたが、日中両政府を巻き込む騒ぎにはならなかった。日中関係の改善に加え、李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだ。

 李氏は9日夜、台湾桃園国際空港に到着し、「大成功だった」と訪日を総括した。李氏の日本滞在中、中国政府は「台湾独立分子とその勢力に政治的な舞台を提供してはならない」などと日本政府を牽制(けんせい)したものの、靖国参拝には反応しなかった。8日の日中首脳会談でも訪日への直接的な批判は避けた。中国の抑制的な対応は、訪日前に「いま中国は日本とけんかしたくない」と述べていた李氏の読み通りだったと言える。

 ただ、別の見方もある。台湾の最大野党・国民党の立法委員(国会議員)は「李氏は過去の人で、もはや中台問題に影響がないことを示した」と話す。李氏は今年2月に台湾独立否定とも取れる発言をし、支持基盤の独立勢力の間でも人気の陰りが指摘された。

 事前に李氏の講演草稿を入手するなどして中国の出方を探った日本政府も、「日中関係が改善傾向にあること、騒げば騒ぐほど李氏を利することなどを、中国は考慮したのだろう」(外交筋)と胸をなでおろした。

 これまで李氏は訪日や訪米を積極的に仕掛けてきた。日中、米中間に摩擦を作りだし、台湾や自身への国際的な注目を集めるという戦略だ。今回は結果的に様変わりした形だが、台湾内ではむしろそれが功を奏し、メディアも連日好意的に報道した。

 李氏の次の目標には中国への訪問が浮上しそうだ。総統時代から激しくやりあってきた中国を訪れ、要人との会見が実現すれば、訪日以上のインパクトを生むのは間違いない。李氏は「生きている間に孔子のたどった道(中国)にも行きたい」と述べており、意欲は秘めていると見られるが、中国側が受け入れるかどうかは見通せない。


 はいはい。負け惜しみ負け惜しみ。思ったように中国様が反発してくれないので、『も、もう李登輝なんぞ中国様にとって取るに足らない存在になったのだ!』ってか。『李氏は今年2月に台湾独立否定とも取れる発言をし、支持基盤の独立勢力の間でも人気の陰りが指摘された』なーんてサラリと事実の歪曲までして必死ですね(笑)。

 これは台湾のある週刊誌が李登輝氏にインタビューをし、それを記事にするときに『李登輝が独立を放棄すると言った!』などと李登輝氏の言いたかったことを『歪曲』したものだ。この記事によって、確かに台湾では一騒動あったようですが、李登輝氏はこの騒動の後、産経新聞のインタビューに『台湾はすでに独立国だ。独立を追求することは、現在は独立していないことを認めることになる(Iza)』と答えてます。

 これ、少なくとも独立否定とは取れないですよ違いますか朝日さん。歪曲・煽り体質の朝日と同じような体質を持つ台湾の週刊誌が『飛ばし』ただけです。朝日はあれですか、歪曲された情報しか送受信できないんでしょうか?困りますねえ、こんなんで報道機関などと名乗られては。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:北海道新聞 中国様のためなら死んでも良い!
関連エントリー2:アッチ系マスコミのマッチポンプは百害あって一利なし
関連エントリー3:日本のアッチ系マスコミって本当に酷いですね
関連エントリー4:中国の反発は必至だ!は金輪際使用禁止
関連エントリー5:北海道新聞 中国様に反発して欲しいのです!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
言葉による戦争ですかね?
朝日新聞は、支那の手先として日本国内で売国活動をしています。

貴ブログによれば、台湾国内の週刊誌も、李登輝氏が、独立の志を捨てていないにも、関わらず、『李登輝が独立を放棄すると言った!』と、書いたとか。

李登輝氏が独立の志を捨てるというのは、およそありえない話です。

それでも、台湾の週刊誌は李登輝氏の発言を捏造してしまう。

政治家が、発言を翻すというのは、政治生命に関わることです。李登輝氏が、独立の志を捨てるということは、台湾の将来に関わることです。

マスコミは、銃弾こそ撃ちませんが、銃弾に代わる言葉を撃ち合って、それぞれの勢力(媚中派と反中国派)の代理戦争をしているのだと私には、思えます。

李登輝氏のおっしゃるように、台湾はすでに、以前から立派な独立国です。

李登輝先生の末永いご健康とご活躍、さらには、再び、早い時期の再来日をお祈り申し上げます。ミケ
2007/06/11(月) 07:38:07 | URL | 屋根の上のミケ #mQop/nM.[ 編集]
影響力低下ですか(笑
自分達が勝手に空騒ぎした事も忘れて、これじゃあね。

再来日の暁には、また騒ぎ出すと思います。
2007/06/11(月) 08:26:39 | URL | maumau #-[ 編集]
> 中国の反発は『必至』

中国の反発は『必死』
の間違いを朝日新聞は、しておかなくては。
2007/06/11(月) 08:50:12 | URL | とおる #5S8jD4Sc[ 編集]
精神病者の論理ですな。
 自分たちが願った通りの反応をご主人様がしてくれなかったから、必死で言い訳と強がりを並べているとしか見えない記事ですね。
 どんな人間も言い訳をする際は、優れた創造性を発揮すると思っていましたが、どうも例外があった様だなあとこの記事を読むと思えます。
 台湾は既に独立国。これは事実ですね。中華民国としてやっているから問題なのであって、台湾民国になったら問題は北京以外には存在しない。
 できる事なら、李登輝氏が台湾民国の旗が台湾に翻り、民衆がそれを喜ぶ日を、そして北京がそれに屈する日を自分の目で見て欲しいと思います。
 そして、アカヒ以下が醜悪な言い訳をどの様にひねり出すかで悩む日を。
「故に在日特別措置を廃止し、全員強制送還すべきである」
2007/06/11(月) 09:02:23 | URL | 暇人 #tGuBn3nQ[ 編集]
派手な言動?
普通だと思うがなあ~騒いでいるのはアンタだけ。
2007/06/11(月) 09:37:22 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
ははは
もう既に報道機関ではありませんから、バカ日は(笑)
なりふり構わず御主人様に尻尾を振り続けるバカ日は犬そのもの。その御主人様に褒めてもらえない。こんな辛いことはない、犬にとって。美術館において「これは中国の犬ですか?」との、いつぞやの雅子妃の発言を思い出して笑いました。
2007/06/11(月) 11:15:35 | URL | 錦鯉 #dAUqA4o2[ 編集]
朝日は日本のガン細胞。
「数千万人」以上も自国民を粛清した中国の文化大革命を高く評価しながら、
中国人や韓国人の捏造話を針小棒大に拡大して反日キャンペーンを必死でやり、
中国や韓国の反日を過激化し、加速化した張本人の朝日新聞。
とうてい日本人の業とは思えない非道な日本叩きと日本軍人叩き。
北朝鮮の核兵器開発をスルーしながら、死に物狂いで日本の非武装化を推進。
日本人の拉致被害をスルーしながら、在日の極悪犯罪者は通名で報道して
過剰に保護。
私は死ぬまで朝日新聞を許さない。

■戦中は「大本営」の宣伝機関、戦後は「中国共産党」の宣伝機関
・朝日新聞社の場合 ―今までなにを報じてきたのか―
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/virus/v-asahi-1.html
・「朝日報道」を検証する ―その罪を考えて欲しい―
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/asahi-hanzai/frame1.html

米国で突然話題となった「(従軍?)慰安婦イコール性奴隷説」の決議案等。
もとはといえば朝日新聞社が何年にも渡り世界中にばらまいたデマのせい
で現在の日本人が苦しめられているのです。
頭のおかしい新聞社の尻拭いをさせられるのは我々若い世代の人間です。
2007/06/11(月) 12:20:42 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
両論を併記して
保険を掛ける姑息な社説。
2007/06/11(月) 12:32:26 | URL | 蝦夷王 #AVNby.KY[ 編集]
>李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだ。

丑三つ時に、この記事を読んだ時には
「中国の反発は必至と何度も報道していた朝日新聞等 日本のマスコミの情報網やら世界情勢の認識って、信用に値しない低レベルなものだな~」
と、思ったものだが、一眠りして読み返すと
朝日新聞の若宮啓文氏が「平和の為、日本はWW2のトラウマから脱してはいけないのだ」と、言っていた事と繋がって
「愚民である読者(日本人)を、利害の一致する他国と通じ(利用し合い)、自分達の思うように・信じる正義の為、情報を 操 作 し、よく言えば教え導き、悪く言えば操ってやろーと、己らの賢さ・正義を己こそ神の使徒と固く信じる狂信者の如く、意図的に企む組織なのだから恥じることをしらないのは当然なのだろう」
と、思い直し、カルト信者視点による情報ではなく、ジャーナリスト視点による情報を知りたいと、哀しくなりました。
2007/06/11(月) 12:48:31 | URL | とん #-[ 編集]
朝日の影響力のほうが低下してますが?w
2007/06/11(月) 14:12:18 | URL | テンパイ #-[ 編集]
これは日刊ゲンダイの記事ですか?
文章力の無さ、無意味な裏読み、イージーな反権力。まったくトホホですな。ついでにフーゾク広告も載せればアミ棚から拾ってよんでやってもいいかな。
2007/06/11(月) 14:15:04 | URL | chonchon #JalddpaA[ 編集]
ご挨拶
はじめまして、突然のコメント失礼いたします。

この度、日本ブログ新聞というサイトをオープンいたしました。

ブログランキング&ブログパーツ&SNS&YouTubeなどの付加サービスを備えております。

よろしければ、ご参加下さい。

なお、このご案内が重複しておりました場合は、ご容赦下さい。

失礼いたします。

http://japanblog.jp/
2007/06/11(月) 16:17:14 | URL | 日本ブログ新聞 #-[ 編集]
アサヒ新聞はシンブンガミの価値しか無い?
>影響力低下ですか
日本に与えた李大人の影響力と比べ、アサヒ新聞の影響力の微かな事、最早、「シンブンガミ」としての利用価値しかない様だ、是から、アサヒ新聞ガミと呼ぼう。

 結局吠え声は、ご主人にとっては、やや迷惑だった様で、聞き入れて貰えなかった様ですね、主人の都合も構わずに吠えまくる犬って、唯、ウザイだけナンですがね、命令している様にさえ感じた幹部も居たのではないかと。

 共産シナにとってのアサヒ・マイニチの利用価値は如何程だろうか、毒菜、毒箸、毒茶碗、毒肉、毒麺、毒水・・そして、使用済み生理用品や爪楊枝=ゴミの再利用を報道しないと言う、国民への背信行為は、シナ政府に対する忠義立てからだろうが、ソレを続けて行けば、国民からの信頼を相当に失うだろう。

 オリンピック開催へ向けての協力体制は何時まで続ければ良いのだろうか、自社の中に、シナに対する姿勢を疑問視する向きはないのか。

 北京オリンピック開催が怪しくなっている事は、外交政治面からも、経済面からも、内政治安面からも、衛生面からも明かです、シナ政府は不安材料を減らす処か、ドンドン増やしていると言って良いのですが、報道機関として何もコメントしないと言う姿勢が許されるのは、そろそろタイムリミットの時期でしょう、
2007/06/11(月) 18:35:46 | URL | ナポレオン・ソロ #90LdKUd6[ 編集]
中国のスパイが?
日本にいる中国のスパイ(工作員、マスコミに出る大学教授なんか一番怪しい)が台湾問題を朝日よりよっぽど実利的(経済援助でしょう!)に考え、あまり抗議しない方がシナにとって利益がある。だけでしょう?
2007/06/11(月) 18:58:03 | URL | いつもありがとうございます! #Ma54l7SQ[ 編集]
アカ日=鬼畜用エサ
アカ日は鬼畜用エサにつき、決して食べないようにして下さい。万一食べると気が変になります。
2007/06/11(月) 21:32:40 | URL | PL警告 #-[ 編集]
自虐の詩が聞こえる 朝日新聞の挽歌
朝日新聞の自虐的なギャグは大好きです。「朝日新聞 派手な言動 陰る影響力 中共は抑制的対応(日本人に嫌われるのは御免だ)」というタイトルをつけるべきでしたね。これぐらいのユーモアがなければ、逆風の時代を朝日新聞は生き残れないだろう。
首都北京でさえ健康で安全な生活を全市民に提供できない状況なのに、台湾征伐なぞ踏み切れる状況にない。
もしそのような愚行を行えば、日本は米欧を巻き込んだ徹底した中共包囲網を構築する口実を得られる。中共の同盟国ビルマを連合国が事実上占拠して、ビルマルートを潰し、ベトナムからフィリッピン、台湾、朝鮮半島、沿海州までを含む大陸封鎖が可能となろう。別に軍艦を馬鹿正直に並べる必要はない。日米英三大海軍国が結託すれば、大陸向け海運は停止できる。

2007/06/12(火) 03:13:02 | URL | 朝日将軍 #euhhN/GY[ 編集]
コメントありがとうございます
皆様おはようございます。朝日はこんなことを書いていても、また李登輝氏が訪日されたら、これまでと同じように『中国様の反発は必至だ!』なんてやるんでしょうねえ・・
2007/06/12(火) 11:01:09 | URL | 管理人 #hI3IiWgo[ 編集]
「朝日の願望」を読まされている朝日の読者がお気の毒です。
2007/06/13(水) 09:16:26 | URL | 知足 #-[ 編集]
朝日新聞は反日左翼紙
親中反日左翼紙である朝日新聞の面目躍如たるものがある。朝日新聞社員は恥を知るが良い。
2007/08/02(木) 11:06:07 | URL | 摂理 #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
<html><font size="5"> 李登輝氏に中国人が暴行未遂</b></font><font size="3"> 大変、残念なニュースです。せっかく、成功裏に終わりかけていた李登輝氏の訪日でしたのに、暴漢によって、最後に泥を塗られる結果になっ
2007/06/11(月) 07:39:36 | 屋根の上のミケ
<html><font size="5"> 李登輝氏 訪日終え帰国の途に</b></font><font size="3">来日中だった李登輝先生が、いよいよ帰国の途につかれます。一部では、反日媚中勢力の妨害で当初の歓迎予定を全てキャンセル中尊寺のよう
2007/06/11(月) 07:40:10 | 屋根の上のミケ
<html><font size="5"> 李登輝先生の靖国神社参拝に感謝します</b></font><font size="3">台湾の李登輝前総統が、念願の靖国神社参拝を果たされました。李登輝氏のお兄様が、日本兵としてフィリピンで亡くなられ、靖国に
2007/06/11(月) 07:40:37 | 屋根の上のミケ
<html><font size="5">    李登輝氏、名勝松島を探訪</b></font><font size="3"> 日本訪問中の李登輝氏は、芭蕉の足跡を尋ねて順調に旅程を消化していらっしゃるご様子です。 日本人以上に日本文化をご理解していら
2007/06/11(月) 07:41:33 | 屋根の上のミケ
<html><font size="5"> 李登輝氏 芭蕉記念館を訪問</b></font><font size="3"> 李登輝氏の訪日に支那が、しつこくイチャモンを付けているようです。 一方、本日、李登輝氏は東京・深川の芭蕉記念館を訪れ、上機嫌で自
2007/06/11(月) 07:42:04 | 屋根の上のミケ
6月10日の「たかじんのそこまで言って委員会」で取り上げられた話題についての感想を聞いて下さい。<<年金問題と労働組合関係>>同番組では出席者の多くから、今回の5000万件の年金行方不明事件に関連して、年金未納問題における情報流出、国民年金不正免除問題と
2007/06/11(月) 07:49:13 | 無党派日本人の本音
台湾の李登輝前総統の訪日では、事前に左翼マスコミがこぞって「中国様のお怒りがあるからダメだ」と報じていたのはご存知のとおり。 拙ブログでも、5月31日のエントリー「【中日新聞】台湾人(李登輝氏)には自由を認めぬ」でも、ご紹介したとおりであるし、 ”大御所”
2007/06/11(月) 09:38:22 | 加賀もんのブログ
まずはこちらの記事をどうぞ。  李登輝氏 7日午前、靖国神社を訪問   asahi.comより引用>2007年06月07日01時07分>訪日している台湾の李登輝・前総統は7日午前に靖国神社を訪問する意向を固めた。関係筋が6日明らかにした。李氏は「(第2次大戦で日本軍人
2007/06/11(月) 10:06:43 | ☆独断雑記 XYZ
朝日新聞 歪曲された情報のみ送受信可能(やじざむらい的日々雑感) >李氏は今年2月に台湾独立否定とも取れる発言をし、支持基盤の独立勢力の間でも人気の陰りが指摘された。  これは台湾のある週刊誌が李登輝氏にインタビューをし、それを記事にするときに『李登輝が独
2007/06/11(月) 12:57:13 | 脳内新聞(ソース版)
中国に反発して欲しいという『願望』から記事を書いている/中国からの反発を心待ちにしていた変態/独立を追求することは、現在は独立していないことを認めることになる 以下はhttp://yajizamurai.blog24.fc2.com/blog-entry
2007/06/13(水) 09:15:50 | マスコミ情報操作撃退作戦 メディアリテラシー研究会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。