管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞 橋下知事と全面戦争か
 政治的な主張や反対の理由はあると思うが、園の所有者は園児たちの涙を利用して阻止しようとした。一番卑劣な行為だ・・これは大阪府の行政代執行を阻止、また『行政酷い』というイメージを刷り込もうと、大阪門真市の北巣本保育園の関係者が子供をだしにして『演出』を図ったことに対して、橋下知事が行った厳しい批判でございます。

 並の知事や政治家であれば、怖くてなかなか本音が言えないと思いますが、弁護士業を土台とし、タレントとして活躍した上で知事になった橋下氏は、広く府民の支持を集めていることもあって、今のところ怖いものなしのように見えます。そんな橋下氏、ますます舌好調のようで、今度は朝日新聞を批判。朝日ウォッチャーの端くれとして、これは見逃せません(笑)。こちらをどうぞ。(サンケイスポーツから以下引用)


橋下知事Vs朝日新聞全面戦争ぼっ発か!?
2008.10.20 05:03

大阪府の橋下徹知事(39)は19日、陸上自衛隊の記念式典で、朝日新聞社に対し、「人の悪口ばっかり言ってる。朝日新聞のような大人が増えれば、日本はダメになる」と発言した。今月3日付の同紙社説で「弁護士資格を返上しては」と批判されたことに対する“報復”。式典後も記者団に「からかい半分の批判には徹底的に対抗する」と血管を浮かせた。

 国を守る自衛隊の行事。しかし、その祝辞は守りではなく“超攻撃的”だった。

 橋下知事は兵庫県伊丹市の陸上自衛隊伊丹駐屯地で開かれた記念式典に出席。祝辞の中で「口ばっかりで、人の悪口ばっかり言ってるような朝日新聞のような大人が増えれば、日本はダメになる」と発言。強烈なパンチを見舞ったのだ。

 事の発端は、3日付の朝日新聞朝刊に掲載された「弁護士資格を返上しては」と題する社説だった。知事は2日、山口県光市の母子殺害事件弁護団への懲戒請求を呼び掛けたテレビ番組での発言をめぐり敗訴。同紙は翌日の社説で「判決を真剣に受け止めるならば、控訴をしないだけでなく、弁護士の資格を返上してはどうか」などと指摘していた。

 これに対する知事の反撃だった。周囲から「大人げない」との指摘もあったが、知事は公の場で発言した妥当性に「いいんじゃないですか。朝日新聞も大人げないというか、何様なのか知らないけれど、800万の部数でああいうことを言うわけだから…」と意に介さない。

 社説については「からかい半分や一線を越えた批判。からかい半分の批判には徹底的に対抗する。怒りを感じる」と激高モード。「ボクは権力者だから徹底批判してもらって構わないが、ボクが資格を返上したら(事務所の)従業員はどうなるのかというイマジネーションはあるのか」とノンストップだった。

 一方、朝日新聞大阪本社広報部は19日深夜、「10月3日付の当社の社説は、山口県光市の母子殺害事件を巡る橋下徹知事のタレント弁護士時代のテレビ発言について、橋下氏敗訴を言い渡した判決を論じた上で、橋下氏の責任を厳しく指摘したものです。陸上自衛隊記念行事での当社に関する発言については理解いたしかねます」とすかさずコメント。知事との対決姿勢を鮮明にした


 朝日新聞のような大人が増えれば、日本はダメになる・・これは朝日を筆頭にアッチ系のこと全体として捉えても良いかと思いますが、800万の紙面を使って悪口言い放題の歪曲・捏造し放題、子供を守り育てる立場の人間が、子供を利用して自分の主義主張をゴリ押しする、またこれらを『大したことじゃない』と思っちゃう・・これがアッチ系。

 いやー、橋下知事GJですね。朝日は例の『死神発言』騒動の時と同じように『理解できません』なんてすっとぼけていますが、批判するだけならまだしも、弁護士資格の返上まで突っ込んだんですよね?仮に朝日の捏造記事などを巡って訴訟があり、地裁レベルで敗訴しただけで廃業するという気概があるなら、こういったことを言っても良いかもしれませんが、そんな気なんて無いですよねえ?

 それどころか、捏造したことがバレバレになっても、それは本意ではない!あったかどうか、それは本質ではない!などと話をズラしつつ、嘘に嘘を重ねて捏造が定着するよう努め、立場が悪くなった時には張本人のくせに思いっきり他人をフリをし、何がなんでも責任を回避しようとするのが朝日新聞。素直に謝罪することなんて、まずありませんし。そりゃこんなんが増えたら日本がダメになるわ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:朝日新聞 今後は『どの口が言いますか?』の嵐を受ける
関連エントリー2:あわてて否定しても遅いかもね
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。