管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 何とかの吹き溜まり政党
 民主党にマルチ商法業者とズブズブの議員がいる・・講演料だとかいう名目で金を受け取り、業界の擁護をしまくっていたこの議員、限りなく黒に近い灰色であるマルチ商法業界を、完全に黒ではないのだから白だ!という無茶な論理を何度も国会で振り回していたそうな。

 この議員だけなら大したことはなかったのかもしれないのですが、何と民主党の重鎮連中、それも小沢氏の側近連中が、こぞって業界擁護の議連に名を連ねていたことが判明(朝日)。民主党は目下、火消しに必死であります。しかし、こんなんで逃げ切れるかなあ。さらなる自爆を招くだけなんじゃないかと。こちらをご覧下さい。(nikkan sportsから以下引用)

民主前田議員が釈明会見設定後に一転中止

 民主党の前田雄吉衆院議員(比例東海)の政治団体がマルチ商法業界から講演料名目で資金提供を受けていた問題で、前田議員は14日午後、釈明のため記者会見すると発表したが、「資料がそろわない」として一転、会見を中止した。

 前田議員は当初、「火事で関係資料が燃えてしまい調査に時間がかかった」とするコメントを発表。同日夜に会見すると報道各社に伝えながら、間もなく「大変申し訳ないが延期する」とファクスで知らせた。

 一方、2005年から昨年にかけてもマルチ商法の業界団体や業者から、寄付金や講演料として計510万円を受け取っていたことが新たに判明。代表を務める民主党支部の政治資金収支報告書に記載されていた。(共同)

 [2008年10月14日22時22分]


 あらら?調査に時間がかかったと説明して、夜には会見をすると約束したんですよね?つまり資料は火事で燃えたりしたものがあったけど、何とか揃った。にもかかわらず直前になって資料が揃わないなどと訳の分からないことを言う。おおかた、民主党の上の方が『ヘタに喋ったり資料を出したらヤバイ』とか何とか考えて、やめさせたと見るのが正しいんでしょうね。

 まあ、創価追求で注目されてる石井一さんとか、民主党国対委員長の山岡賢次さんとか、上がってる名前がヤバイですからね。ヘタしたら民主党は文字通り壊滅するかもしれない。だってそうでしょう。政権交代しようかとしている政党の大物達が、マルチ商法の片棒担いでたなんて、シャレになりませんもの。

 さて、議員の口を封じて火消しする方向で突っ走るのか、はたまた『火事』を起こして全てを隠滅するのか、それは知りませんが、簡単には行かないでしょうね。総選挙が近づいて与党も本気出してくるでしょうし。金融危機だろうが何だろうが、とにかく総選挙!政権交代!と叫びまくっていたことを今さら後悔しても遅いですよ(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 香ばしい黒さ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。