管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 まさか自作自演じゃないだろうな
 なんだかまた中国産の毒入り食品が問題になっているようですね。今回は冷凍のインゲンに『おそらく原液』と思われるジクロルボスが混入していたそうな(産経)。当然、口にした人は健康を害してしまったわけなんですが、まだ例のギョーザ事件も解決してないのに、次から次へとよくもまあ・・

 結論から言うと、決まりきったことですが、中国から食品を輸入する事自体が間違ってる。政府も企業も、中国に頼りきってる現状を『盾』にして、日本の食卓は中国なしには支えられない!などとヌルイこと言ってないで、もうハッキリと決別すべきです。こんなことはまた、いつでも起きるに違いありません。

 さて、この件について、ちょっと気になることがあるので、今回のエントリーで取り上げてみたいと思います。それは、私の個人的な憶測ではありますが、今回の毒インゲン事件は、どうも例の毒ギョーザ事件に絡んでくるような気がしてならないのです。こちらをご覧下さい。(共同通信から以下引用)


殺虫剤「犯罪の可能性高い」 中国工場視察の冷凍食品協会

 日本冷凍食品協会(東京)は今月7日、ジクロルボスが検出された冷凍インゲンを製造した中国・山東省の煙台北海食品有限公司を視察していた。「衛生管理に万全の対策を取っており、通常の製造過程で農薬が残留する可能性はない。断言はできないが犯罪の可能性が高い」としている。

 同協会の中泉洋普及部長によると、工場の製造ラインや加工する野菜の畑を視察。工場では特定の人間が農薬の残量を帳簿に付けてチェックし、畑では農薬の散布時期を厳守するなど万全の対策が取られていたという。

 中泉部長は「犯罪であれば完全に防ぐことはできないが、中国であっても通常の管理をしていれば問題のないことを理解してほしい」と話している。


 犯罪の可能性が高い・・ね。で、輸入元のニチレイフーズも『インゲンを生産した中国の農場と冷凍処理した工場のいずれでも、ジクロルボスは使用されていなかったと明らかにした(共同)』そうです。個人的であるかは知りませんが、犯罪であるということを裏付ける情報ってところでしょうか。
 
 生産や管理体制に問題はない。誰かが確信犯的に毒を混入させたのだ・・あれ?なんだか毒ギョーザ事件で『中国側が描いていた落しどころ』と同じ構図ですね。毒ギョーザ事件でも、未だこの線で確定したわけではありませんが、この毒インゲン事件を通して、『そういうことにしてしまう』可能性は十分にあるんじゃないかと。というか、今回は意図的に(ry・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。