管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党は対話不能政党です
 衆院における所信表明演説にて、いくつかの事柄について野党、特に民主党に対して問い正すという先制攻撃を行った麻生総理。これによって、形骸化していると指摘されて久しい、国会での議論が活発になるかと思いきや、即座に出てきた民主党からの反応は『質問を撤回しなければ参院本会議開かない』という訳の分からないものであった・・こんなニュースを昨日のエントリーで紹介しました。

 総理からの問いかけに真正面から答え、議論継続してこれを打ち破れば、民主党にとって最大の戦果が得られるビックチャンスなわけですが、野党生活が長すぎて勘が狂っているというか、もともとそんな勘など持ち合わせてないのか、それは知りませんが、『俺らは質問・追求するけど、されるのは嫌!』・・これはあまりに酷い。

 万が一、民主党が政権を取るようなことになれば、即座に質問・追及される側に回ることを想定していないとしか思えない反応ですが、しばらくの時間が経過して考えを変えたかどうか。本日行われる小沢民主党代表による代表質問にて、総理の問いかけにどう対応するか、注目したいところです。が・・(nikkan sportsから以下引用)

民主党代表質問で首相の「逆質問」無視へ

麻生太郎首相が29日の所信表明演説で民主党に「逆質問」したことについて、民主党は代表質問で一切回答しない方針を固めた。

 小沢一郎代表は10月1日の代表質問で、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)を公表。政権交代を念頭に、小沢氏の「所信表明」と位置付け、首相には答弁を求めない。臨時国会冒頭の「党首対決」は、首相の所信表明を踏まえて野党が質問し、首相が答弁するという慣例を外れた異例の展開となりそうだ。

 麻生首相は所信表明で、民主党に対し「日米同盟と国連と、どう優先劣後させようとしているか、論拠とともにうかがいたい」などと質問。29日夜には記者団に「お答えをいただけると思っている」と述べた。

 鳩山由紀夫幹事長は記者団に「麻生内閣には語るべき政策がないから(小沢氏が)首相に質問しても意味がない。国会の場で、麻生氏より小沢氏の方が『首相の器』だと示す」と狙いを説明

 首相の要求には「答える責務は全くない。失礼なことを言われて黙っているわけにはいかない」と述べ、自らの代表質問で異議を唱える意向だ。

 小沢氏に次いで質問に立つ鳩山氏は、汚染米不正転売や後期高齢者医療制度、辞任した中山成彬前国土交通相の任命責任、金融不安、年金問題の「5点セット」で首相を追及する構えだ。

 


 やっぱりダメだコイツら・・無視って何だよ。答える責務は全くないってどういうことだ?鳩山さんよ。そんなことを言うなら、二度と政権交代がどうのと言わないで欲しい。与党になるという気なんて全くない泡沫野党がこういうことを言うならまだしも・・ったく。最後の最後までこういう態度で押し通すつもりなんでしょうか。実に頭が痛いです。

 問われれば、よほどの不都合がない限り答える・・これが普通だと思います。普通のことも出来ないで『小沢代表が首相の器』であると示す?無理に決まってるでしょうが。小沢代表の代表質問は所信表明演説?冗談は休み休み言って欲しい。お前らに政権を任したら、この国は壊れてしまうこと確実だ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。