管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党は日教組はじめアカ労組とズブズブ
 発足したばかりの麻生内閣ですが、いきなり辞任する人が出てしまいました。このことについてだけ言えば、残念だというほかありませんが、間違いなく何らかの思惑含みの行動だったので、これからどうなるのか、じっくりウォッチさせて頂きたいと思います。

 さて、辞任した中山氏について。自ら『火の玉になる』と宣言し、爆弾を投げつけて行ったわけですが、『日教組は日本のガンである』という思いを共有する私としては、今回の中山氏の行動を無駄にするわけにはいきません。

 野党が揃って中山氏、麻生総理への攻撃を強めてくるでしょうから、その中で日教組を筆頭に極端に赤い労組が、いかに日本を悪くしているか、そして民主党のバックには、こいつらがついていることを自民党側から言われることを望みますし、また私自身も日々のニュース紹介に絡めて、取り上げたいと思っています。(中国新聞から以下引用)


辞任だけでは解決せず 「道徳観ない」と日教組 '08/9/28

 「辞任は当然だが、発言の撤回も謝罪もないままでは問題の解決にならず、意味がない」。地元の宮崎で二十七日に「日教組を解体させる。道徳教育に反対しているからだ」などと再び攻撃した後、辞任の意向を固めた中山成彬国土交通相。日教組の岡本泰良おかもと・やすなが書記長は「公人として最低限の道徳観も感じられない」と皮肉を込めて批判した。

 中山国交相は二十五日のインタビューでは「日教組の強いところは学力が低い」とも発言。「学校現場の先生や子ども、保護者を傷つけた。元文科相としても、自らの言葉で真意を語るべきだ」と発言内容に対する説明責任を求めた。

 インタビュー直後に国交省広報課を通じ発言を撤回したにもかかわらず、二十七日には前言を翻し「(日教組の部分は)撤回しない」と国交相。岡本書記長は「日教組をターゲットにした、いわれのない誹謗ひぼう中傷でしかない。政治家としての資質のなさを露呈した」と憤りを隠さなかった

 二十八日に直接面会を求めるといい、麻生太郎首相に対しても「任命権者としての責任は出てくる」と指摘した。

 国交相発言の内容を組合幹部から連絡を受け、自宅から東京都千代田区の本部に駆け付けた。報道機関などから次々と舞い込む電話に慌ただしく応対しながら、「まじめに子どもたちと向き合っている全国の先生たちを冒とくしている」と込み上げる怒りを抑えきれない様子で話した


 岡本『書記長』さんね。中山氏に名指しで批判された大分教育界、確かその一翼を担う大分教組の出身でしたか。これを機に批判を強めるつもりなんでしょうけど、ハッキリいって、中山氏の思う壺でしょう。いわれのない誹謗中傷だ!なんて言ってますけど、日教組のように子供をだしにするだけで、本来やるべきことはそっちのけで、実は政治活動ばっかりやってる腐った組合が日本を悪くしているというのは、もはや周知の事実なわけです。

 中山氏は辞任会見で『民主党が政権を取れば、日教組、自治労の支援を受けているので、日本が大阪府みたいになる(Yahoo ニュース)』と言ってます。橋下知事の登場によって、大阪府の無茶苦茶な伏魔殿ぶりが世間の目にさらされたことは記憶に新しいですが、案外、民主党がこいつらとズブズブなのは知られてない。もし民主党に政権を明け渡したら、日本は橋下改革とは逆を行くことになる。それで良いんですか有権者の皆様。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。