管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 どう転んでも結局は偏向
 世界的な原油・原材料費の高騰、急速に進行するウォン安、息つく暇なくやってくる短期外債の支払い期限・・様々な悪材料が重なって、今月にも経済危機に陥るのではないか?という噂が広がり、それの打ち消しや対応にやっきになっている韓国政府。

 経済大統領というふれこみで就任した李明博大統領も、なかなか有効策を打ち出すことが出来ず、苦しい政権運営が続いていますが、おもえば李大統領は、就任直後から様々な難題に悩まされ続けています。例の米国産牛肉の輸入再開問題や、経済全体の問題、親日疑惑をかけられたり、一時は支持率が10%台の落ち込んだこともありました。

 米国産牛肉輸入再開の問題は、明らかに言いがかりレベルの話を対立勢力によって煽り立てられ、経済全体の問題は、どちらかというと前政権からの負の遺産の部分が大きいので、お気の毒になあという感じですが、まあこれが政権交代の痛みということなんでしょう。

 価値観や基本的な政策に共通点がある政党間での政権交代は、それほどの痛みや歪みを生み出しませんが、韓国の場合は違いが大きすぎるので大変。李大統領は今後、こんな問題でも苦労しそうです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)


社説】韓国近・現代史教育、健全な常識の下で

 「左寄り」の教科書『韓国近・現代史』が再び問題となっている。韓国近・現代史を教える学校の半数が採択している金星出版社の教科書がまさしくそれだ。この教科書は光復(日本の植民地支配からの解放)直後の米軍政について、「日章旗(日の丸)の代わりに掲げられたのは太極旗(韓国の国旗)ではなかった。日章旗が掲げられていたその場にあったのは星条旗(米国の国旗)だった」と記載している。日本による植民地支配から韓国を解放した米国も、あるいは実際に植民地支配を行った日本も、自主独立を妨げる占領軍という点では同じという主張だ。左派の決まり文句である「外勢論」を学生たちに間接的に注入しているのだ。この本の初版に登場する米軍に関する記述167カ所のうち、164カ所が米軍を批判・非難する内容だ。

 大韓民国建国の基礎となった5・10制憲議会選挙については、「統一政府樹立を願う国民的熱望や複数の政治勢力が激しく反対する中、南韓(韓国)だけの単独政府を樹立するために行われた」と説明している。48の政党が参加し、投票率が95.5%に達した選挙が国民の意向に反していたというのだ。一方、金日成(キム・イルソン)主席については「社会主義国家建設という理念的名分を持ち、大衆の支持を得ていた」と記述している。

 韓国戦争(朝鮮戦争)中に起こった民間人虐殺については、「戦争が起こった直後、南韓では報道連盟員たちに対する大規模な処刑が行われ、慶尚南道居昌や忠清北道永同の老斤里など、複数の場所で住民が敵として追いやられ死に至った。後退する北朝鮮軍も大田周辺で多くの住民を殺害した」と説明している。韓国軍については細かく具体的に説明しながら、人民軍による虐殺は「大田周辺」という表現でごまかしているのだ。

この教科書の初版では韓国のセマウル運動について、「朴正熙(パク・チョンヒ)政権が大衆の支持を基盤に長期政権を正当化するための手段だった」とし、北朝鮮の千里馬運動については「大衆の情熱を引き出すために行われ、社会主義経済建設に当たって大きな役割を果たした」と説明している。2003年に最初に出版されたこの教科書は、「親北反米」という非難が起こったことで翌年に内容が一部修正されたが、基本的な性格は変わらなかった。われわれの子どもたちにこのような教科書を通じて近・現代史が教えられてきたというのだから、子どもたちの頭の中に大韓民国がどのような姿に映るかは想像に難くない

 市や道の教育長協議会は、高校で使われる韓国近・現代史に関する6種類の教科書のうち、比較的バランスの取れた見方で執筆されたものが現場で教材として採択されるよう努力してきた。学校運営委員会総連合会もソウル市教育庁と協力し、学校で「現代史を正しく知る」ための特別講義を行う予定だ。こうした取り組みは非常に望ましいことだ。

 しかし時代錯誤的な左翼偏向の歴史教育を正そうとする動きは、「日本による統治のおかげでわが民族の経済成長が実現し、近代文明を学ぶことができた」という、また別の偏向へと流れている点を警戒しなければならない。大韓民国の国民を育てる韓国近・現代史教育は、健全な常識を持った国民が受け入れることのできる、バランスの取れた歴史教科書でなければならない。


 日本も人のことは言えませんが、韓国の教科書も酷いことになってるみたいですね(まあ元から違う意味で酷いことには違いありませんがw)。まるで北朝鮮の教科書のごとくであります。金大中、盧武鉉と続いた左派・親北政権の間に『韓国の歴史』はずいぶん変わったと。で、現政権下で再度、韓国の歴史を変えるというか、戻そういう動きがあるわけですが、これはかなり困難だといわざるを得ません。

 先日、韓国で北朝鮮の工作員らしき女がお縄につきましたが、それで分かったのは、左派・親北政権下で殆どスパイや工作員の摘発が行われず、各界に浸透し放題だったという事実。教育界も例外ではなく、赤い教師というかモロ北の工作員みたいな教師がゴロゴロしているのが現状。日本の同じような状況で苦しんでいる最中ですが、これを引っくり返すのは相当な労力を要するでしょう。

 ただ、韓国には日本と違ってスパイを処罰する法が整備されていますし、やろうと思えば強制的に親北教師を追い出して強引に引っくり返すことの可能なので、行方をじっくりウォッチさせて頂きたいと思いますが、どの道、まともな教科書は出来ないでしょうね。『日本による統治のおかげでわが民族の経済成長が実現し、近代文明を学ぶことができた』という客観的な事実を偏向だと言い切っちゃう朝鮮日報がいますから。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。