管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 やめて!煽らないで!
 総選挙が近いから・・とか何とかもっともらしいことを言って、またしても代表選をやらないで誤魔化そうとしていた民主党。臨時国会を間近にして農相の金銭問題が浮上し、お得意の『追求(笑)』で勢いをつけていこうとしていましたが、福田首相の辞任に伴い臨時国会の日程は白紙、総選挙が近いにもかかわらず自民党は総裁選をやるということで、民主党そして小沢代表の存在感は薄ーくなってしまいました。

 存在感を増していくには、何か話題を提供しなければなりません。となると、嫌でも何でも代表選に対抗馬を立てて党内の議論をオープンにするなりして、外の世界にアピールしていかなければならないわけですが、民主党の政策は数字の裏付けがないデタラメなものだったり、日本人の誰が得をするのか分からないものが多く、しかも小沢代表は議論が大の苦手。

 要するに総選挙を前にして、普通に考えれば絶好の機会として議論を活発にするところですが、国民の関心が高まっているところで議論してしまえば、内情がバレてしまうので出来ないという、実に皮肉なことになってるのが民主党。そんな内情を知ってか知らずか、民主党をたきつけている新聞があるようなので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(北海道新聞から以下引用)


社説

小沢民主党 論戦を自民に求めては(9月4日)

ポスト福田を争う総裁選に自民党が走りだす一方で、次期衆院選で政権交代を目指す民主党の存在感が薄まっている。

「このままでは埋没してしまう」。民主党内からはこんな慌てふためいた声も聞こえてくる。

そうではあるまい。むしろこれは絶好のチャンスではないのか。民主党は自民党の総裁選を逆手にとって、堂々と政策論争を挑むべきだ。

自民党総裁選は十日告示、二十二日投開票の日程が決まった。最有力候補の麻生太郎幹事長が出馬の意欲を示し、複数の候補による論戦になる見通しだ。

総裁選を盛り上げ、福田康夫首相の政権投げ出しで傷ついた党のイメージを挽回(ばんかい)して衆院の解散・総選挙になだれ込む。自民党はそんな筋書きを描いているようだ。

ところが、民主党の対応ぶりは心もとない。

民主党は八日告示、二十一日投開票で代表選の日程を組んでいた。すでに小沢一郎代表の無投票三選が事実上決まり、期待されていた政策論争が不発に終わった

そこに自民党総裁選が重なった。

「こんなことなら、対立候補を擁立し代表選をやるべきだった」「総裁選で自民党の支持率が上がるのではないか」。若手や幹部がこんな声を上げ、浮足立っている。

ここは腰を据えて、政策づくりに徹することが大事だ。

賃金は上がらず、物価は上がる。年金記録漏れ問題には解決のめどが立たず、老後も心配だ。民主党はこうした国民の生活不安を吸い上げ、次期衆院選に向けたマニフェスト(政権公約)に生かすべきだ。

小沢氏は二十一日の臨時党大会で正式に三選が決まってから政権構想を発表し、それを基にしてマニフェストづくりに着手するとしている。

悠長すぎる。早急に取りかかってほしい。

民主党を率いる小沢氏は次の衆院選では、同党の「首相候補」として戦うことになる。

麻生氏も政権ビジョンをまとめ、近く総裁選に立候補表明する。他の候補も名乗りを上げてくるだろう。

たとえば、その機会を利用して小沢氏が麻生氏をはじめ自民党の候補に公開討論を申し入れてはどうか。

小沢氏はとかく、国会の場を含め論戦を敬遠しがちだった。公開討論が実現すれば、国民にもニュー小沢をアピールできるだろう。

二代にわたり首相が政権を放棄し、日本の政治は危機を迎えている。民主党が率先して、国民への選択肢を示す機会を提唱してもらいたい。

それが野党第一党の責任というものである


 わははは・・『民主党が率先して、国民への選択肢を示す機会を提唱してもらいたい』って、出来ると思って言ってるんですか?北海道新聞さん。今の民主党は敵失のみが頼みの綱で、後は政権交代させろ!と連呼する『しか』出来ない政党に成り下がってるんですよ。やれるならとっくの昔にやってます。なにせ小沢さんは今度で3選目になるわけですから。

 確かに、それが野党第一党、もっと言えば政権担当能力がある政党の責任であることは間違いないのですが、そんな能力がないことは、小沢代表自らが先の大連立話があったときに言っていた通り。今の民主党に政権担当能力はない。だから一旦政権の中に入って経験を積んでもらうんだって。これが実現せず、彼らが変わったという話も未だ聞かない。

 まあ、北海道新聞さんも実は分かっていて書いてるんでしょうが、民主党に本当に頑張って欲しいなら、自民党の総裁選候補に公開討論を挑め!などと『人の褌で相撲を取る』みたいな搦め手からの提案をするんじゃなくて、公開討論を求めるなら総裁選当選者にでしょ?自民党総裁選そのものは民主党に関係ないんだから。というか、民主党も対抗馬を立てて代表選やれ!と煽れよ。マスコミが甘やかすから、民主党はいつまで経っても変われないんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。