管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 行け!自爆へ向けて突っ走れ!
 北京五輪、何とか閉幕式までたどり着いたようですね。万難を排除して閉幕式へと突き進む中国の姿は、あの天安門事件で人民を轢き殺した戦車を思い出させてくれましたが、北京五輪開催中にやらかした無茶は、これから色々と出てくると思われます(もう一部では出てるようですがw)。

 また、人権や自由拡大の話がらみで(一応の)気をつかわなければならなかった五輪は終わったということで、中国はこれから、チベットや東トルキスタン(ウイグル)で血の雨を降らせるんじゃないかと懸念されます。当ブログでは、北京五輪開催中の無茶も含めて、今後は中国の動きをより注視して参りたいと思います。

 さて、中国の話はまたの機会にするとして、本日は日本国内の政治の話をひとつ。まあいつもの井戸の中の争い的な話なので、読者の方はつまらないかもしれませんが、私の大嫌い(笑)な民主党の鳩山氏が絡んできているので、取り上げたいと思います。こちらご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)

野党、農相の辞任要求 鳩山氏「首相の任命責任大きい」

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は26日午前、太田誠一農相の事務所費問題に関して「大きな問題として取り扱わざるを得ない。臨時国会の前にお辞めになるしかないのではないか」と述べ、辞任を求める考えを示した。福田康夫首相についても「任命責任は大きい」と述べ、責任を追及する姿勢を明らかにした。都内で記者団に語った。

 社民党の福島瑞穂党首も記者団に「農相は説明責任を果たすべきだ。できなければ閣僚としてふさわしくないので辞任を要求していく」と強調。昨年、事務所費問題で辞任した安倍内閣の赤城徳彦元農相と同じケースだと指摘した。

 自民党の麻生太郎幹事長は同日午前の記者会見で農相の事務所費問題について「きちんと説明する責任は政治家個人に問われるものだ」と述べ、農相の説明が必要だとの認識を示した。公明党幹部は同日午前、記者団に「問題の内容による。問題がある場合もあるし、問題がない場合もある」と語り、今後の状況を見極める考えを示した。(11:26)


 まーた事務所費、そして農相がらみですか。ここ最近、農相になる人は何かと問題が浮上してきて辞任などが相次いでますが、何かあるんですかねえ。おっとそれは置いといて、公明党の幹部が問題の内容によると言ってますが、まだどんなものであるか分かってないのに、鳩山さんは『辞任を求める』と喚いてます。太田農相や福田首相がどうなろうと知ったことではありませんが、そのダボハゼっぷりは何時になったら治るんですか?

 ニックネームが『はとぽっぽ』だけに、鳥頭よろしく記憶力や学習能力に乏しいのかと言わざるを得ませんが、政治とカネの問題といえば、民主党には核爆級の大問題が燻ったままですよね。例の小沢代表の10億円にも上る不動産取得問題です。『あれは陸山会の所有だ。政治団体は不動産登記できないからやむを得ず個人名義にしてるだけ』とか言ってシラをキリ、問題をすっぱ抜いた週刊誌を訴えてましたが、ここで小沢氏は敗訴しております。こちらをどうぞ。(産経新聞から以下引用)

小沢氏不動産「マンションは陸山会のものとは断定できない」東京高裁
2008.6.21 01:23
このニュースのトピックス:小沢一郎

 民主党の小沢一郎代表が、隠し資産を所有しているかのような記事を「週刊現代」に書かれ、名誉を傷つけられたとして発行元の講談社などに損害賠償を求め、小沢氏が敗訴した今月4日の控訴審判決の中で、小沢氏が資金管理団体「陸山会」の所有とし、自身の個人所有ではないとしている不動産資産について「各マンションが陸山会のものであると断定することはできない」と認定していたことが20日、分かった。

 また、陸山会自体に関しても「(運営の仕方などについて)第三者が知る機会は保証されておらず、権利能力のない社団としての実態を有するかどうかは不明」と指摘している。

 小沢氏は昨年2月の記者会見で、陸山会が都内などに計13件総計10億2000万円の不動産を購入しており、登記簿上の所有者は小沢氏となっていることについて、「私個人としては何の権利も持っていない」と主張。自身の名義になっている理由に関しては「権利能力なき社団である政治団体での不動産登記は認められておらず、登記は個人名で行われるべきことになっている」と説明していた。

 小沢氏は、週刊現代が平成18年6月3日号で「小沢一郎の “隠し資産”6億円超を暴く」との見出しの記事を掲載したの対し、6000万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたが、1審の東京地裁は「前提事実の重要部分は事実」として請求を棄却。2審の東京高裁も4日、1審判決を支持し、控訴を棄却した。


 前提事実の重要部分は事実・・ということで小沢氏の『言い訳』は通らなかったわけですね。小沢氏が不動産を取得するときに政治資金を使ったのは事実。そしてその不動産の登記に使われているのは陸山会の名ではなく、小沢氏の名前。小沢氏が『違う!違う!』と叫んでるだけで、実際は『小沢一郎が政治資金を使って自分名義の不動産を大量取得した』という事実だけが残る。これ、限りなく真っ黒なんですけど。

 再度言いますが、太田農相や福田首相がどうなろうと、私の知ったことではありませんので、どんどん追求してもらって結構。しかしですね鳩山さん、私はこの機会を待っていたんですよ。民主党が事務所費問題で、またぞろ政府・与党を攻撃していくなら、遠慮なくこの小沢氏の政治資金大量流用疑惑や、朝鮮総連から献金を貰いまくっていた問題を蒸し返しますので、覚悟しといてくださいね。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党 追求する方がこれじゃあねえ
関連エントリー2:民主党 こんな真っ黒男が代表です
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。