管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政府よ、国民騙してどうするんだ
 拉致問題はそこそこに国民を欺きつつ、北朝鮮との国交正常化に向けて邁進していると思われるわが国の政府。先日行われた日朝協議で、北朝鮮が拉致被害者の『再調査』をすると言っただけで制裁解除を約束してしまった政府への怒りは、未だに強く残っております。

 そんな中、8月中にも『再調査』に着手すると通知してきた北朝鮮(中日新聞)。確認の手段が無いにもかかわらず、おそらく政府は北の言を信じて最初の制裁解除へと踏み切るでしょう。日本国民の意思とは全くかけ離れた動きを止められない空しさを感じますが、『ああやっぱり』的な裏話がこぼれ出てきましたので、取り上げます。こちらをご覧下さい。(河北新報から以下引用)

北朝鮮、白紙からの再調査拒否 04年の拉致結果を維持か

 拉致被害者に関する再調査の実施方法などで合意した先の日朝実務者協議で、過去にも北朝鮮が行ったとしている再調査内容を白紙に戻すよう日本が求めたのに対し、北朝鮮が拒否していたことが23日、分かった。このため日本政府内の一部では再調査方法をめぐる協議を継続すべきだとの主張が強まったが、首相官邸の意向で合意を優先した。日朝関係筋が明らかにした。

 北朝鮮は2004年の再調査でも「横田めぐみさんら8人死亡」との見解を変えず、その後の協議が難航した経緯がある。日本側は今回、「白紙からの再調査」を認めさせることで拉致被害者全員の安否確認と帰国につなげる考えだった。しかし、北朝鮮の対応は過去の調査結果を維持する姿勢をうかがわせたものとなり、今後の再調査の実効性に疑念を生じさせる可能性がある

 関係筋によると、8月11日から中国・瀋陽で行われた実務者協議で、北朝鮮側は「生存者を発見し帰国させるための全面的な調査」との表現についても同意を拒否。こうした状況を受け中山恭子拉致問題担当相らは「合意は時期尚早」と慎重な対応を求めた。

2008年08月24日日曜日


 ハァ・・ため息しか出ません。官邸にいる連中が、拉致問題をどう見ているのか、どう考えているのか、完全にまる分かりです。要するに『どうでも良い・ヤル気ねえ』ってことですね。北朝鮮が白紙からの調査を拒否してきた段階で、今度出てくる『再調査』とやらの結果が、どんなものになるかは分かっているはず。にもかかわらず合意を優先・・

 もう政府は茶番をやめろ。日朝協議の場で、一応は拉致問題を云々して、それを一生懸命宣伝しているが、それは表の日朝協議に限った話で、大方、この男→『自民・山崎拓氏、北京の北朝鮮大使館で要人と会談(読売)』にでも権限を与えて、裏の日朝協議で国交正常化やその後の資金援助の話を進めてやがるんだろう。チクショウ・・やってられんわ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。