管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 そろそろ本当に危ないんじゃないの?
 北京五輪開催直前、中国に対して五輪の重要施設へのテロを宣言するグループが出てきた・・こんなニュースを以前のエントリーで紹介しました。このグループはトルキスタン系を名乗っていたので、中国が五輪開催を隠れ蓑にして、東トルキスタン(ウイグル)地域に、さらなる弾圧を加えるための自作自演なのではないか、などの憶測を呼びました。

 実際に同地域では、当局による締め付けが厳しくなり、それに反発する住民が襲撃事件を起こし、さらに締め付けが厳しくなるという状況になっており、憶測は当たっていたといえるのかもしれません。ところが、報道規制が厳しく敷かれていて見え難いものの、中国各地でテロと疑われる爆発事件が続発。とうとう、こんなところでも起きました。こちらどうぞ。(時事通信から以下引用)


北京でトラック爆発、20人負傷=テロの可能性も-香港団体

 【北京19日時事】中国人権民主化運動情報センター(本部・香港)は19日、北京市郊外の通州区の検問所で17日午後にトラックが爆発し、20人が負傷したと発表した。地元警察は爆発の有無についてコメントを拒んでいるという。

 爆発は、公安当局による安全検査の際、突然起きた。当局者の負傷者数やトラック運転手の安否は不明。同センターは、爆弾テロの可能性を指摘している。(2008/08/19-16:22)


 先日、女子サッカー日本対中国の行われた河北省で、試合の2日前にテロと疑われる爆発事件があったのですが(日経)、何というかこう・・テロが段々と五輪の行われている北京の中心部に近づいているような感じです。当局はテロの可能性を否定していますが、『北京でテロ対策、路線バス1400台に監視カメラ設置へ(読売)』という対策が報道されたのが事件翌日の18日ということで、テロを受けて警戒レベルを上げたと見るのが正しいのではないかと。

 自作自演であったかもしれない、例のテロ宣言ですが、実はまたいくつかの別のグループが、色々と動いているのではないかと思えます。まあ、あの国は少数民族だけではなく、たとえ漢族であっても貧乏人には酷い仕打ちをしまくっているので、誰がいつどこで不穏なことをやらかしても、全くもっておかしくない。さてさて今回の五輪、無事に閉会式までたどり着けるんでしょうかね。酷いことにならなきゃ良いけど・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:どこまでもキナ臭い北京五輪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。