管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国 偽装したから何だってんだ
 北京オリンピックが開催が近づくにつれ、危険極まりない食品・製品やチベット・東トルキスタン(ウイグル)への弾圧など様々な問題が噴出しまくった中国。それでも恫喝威圧で外を黙らせ、弾圧統制で内を押さえ込み、何とか開催まで漕ぎ着けたものの、無理に繕った綻びというのは、やはり見えてくるもの。

 見えてきた綻びが広く内外に知れ渡ることによって問題点を認識し、よりよい社会を構築することに役立てる・・こういう風な発想が中国に『あれば』、あの国も少しは変わるのかな?と思う管理人ですが、やることと言えばこんなこと。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)


中国、国内メディア規制 「違反なら廃業も」通達

【北京=峯村健司】北京五輪開幕直前の8月上旬、中国当局が国内メディア各社に対し、五輪期間中の独自取材を厳しく規制し、違反には廃業や罰金などの処分を科すとする内部通達を出していたことが明らかになった。中国当局はメディアへの開放度をアピールしているが、足元では引き締めを強めていた。

 8月上旬に中国共産党中央宣伝部から各社幹部に出された。五輪への批判やマイナス面の報道を禁じ、「肯定的かつ民族精神を高揚させる記事」を書くように指示。爆破事件や食品安全にかかわる事件が頻発していることについて「五輪に悪影響を及ぼしかねず、きわめて深刻な事態」と危機感を示し、これらの独自取材・報道も禁じた。メディアの商業化が進み、スクープ競争が過熱する現状に対し「いかなる企業の利益も、国家の利益と比べれば小さい」とくぎを刺している

 同時に、宣伝部の責任者が口頭で(1)中国選手のメダル獲得数予測(2)テロへの恐怖をあおるような、過剰な警備態勢(3)「食の安全」にかかわる事件(4)北京市当局が期間中に「公認デモ実施地」に指定している3カ所の公園での抗議活動――を禁止する報道対象に挙げ、読者を過度に驚かすような見出しも禁じた。

 またインターネットについて通達は「北京五輪の評価を決定づけるのに最も重要な役割を果たす」と位置づけたうえで、匿名による掲示板などに「国家の利益に反する意見が書き込まれ、五輪のムードを盛り上げるのを妨げている」と問題視。五輪への批判や攻撃を加えるような書き込みを削除するよう求め、五輪を称賛する意見を大きく取り上げるように指示している。


 相変わらずですね。見事に何っっにも変わってません(笑)。五輪を機に中国は変わるとか言ってた人、反省してくださいね。そう簡単に変わりゃしませんて。私が思うに、こういった体質こそが、彼らの言う中国四千年の歴史そのものなんですから。隠蔽・粉飾が当たり前の世界なので、開催後も上記事のように報道を統制したり、開会式で花火をCG合成してみたり、歌を歌った少女が口パクならまだしも替え玉だったりするわけです。

 閉幕したら閉幕したで、史上稀にみる成功を収めた五輪!とか、これで中国も一流国の仲間入りだ!とか言って、臭いものには蓋をしつつ自画自賛でより鬱陶しいことになるのは火をみるより明らかなので、今から吐き気を抑えるのに苦労しますが、次の開催国であるイギリスは、色々と対抗してくれそうです。こちらをどうぞ。(産経新聞から以下引用)

「偽装五輪」と中国異質論、次期開催国の英メディア
2008.8.14 11:38

次回夏季五輪を開催する英国で、北京五輪の運営に対する批判的な報道が目立っている。派手な演出の開会式にロンドン五輪関係者が「太刀打ちできない」と漏らすほどだっただけに、その後の「花火の合成映像」や「口パクの少女の歌」の発覚で「中国異質論」が勢いを増した形だ。

 「偽装五輪、どこから見ても見栄え良く設計」。こんな見出しを掲げたのは、13日付タイムズ紙。口パク問題のほか、当局が組織した“ボランティア”応援団が競技場に送り込まれ、空席が目立つ応援席を埋めていると報じた。

 フィナンシャル・タイムズ紙は社説で、偽装してまで“完ぺき”を目指す中国は「五輪は単なるゲームだと思い出すべきだ」と強調。デーリー・テレグラフ紙は、ロンドン五輪では「開会式でも競技でも健全さを取り戻そう」と主張した。(共同)


 偽装五輪・・虐殺五輪に続く新たなニックネームの登場です。より派手により華麗にと、有り余る金をジャブジャブつぎ込み、加工・細工してまでやったのが今大会。まさにピッタリのネーミングと言えましょうが、次のロンドン五輪では、北京五輪に対して、イギリス得意の皮肉を効かせまくった大会にしてくれることを望みます。まあ、中国の中の人には、どんな皮肉も届かないでしょうけど。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。