管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党は対馬を韓国領土にしたいの?
 現在、韓国で『対馬を韓国領土として日本に返還要求せよ!』という声が高まってきている中、ヘタをすれば、このあり得ない話が実現してしまうことになりかねない可能性を秘める法案を、なぜか焦って成立させようと準備を進めている民主党。

 この法案は外国人参政権付与に関するものですが、万が一にも法案が成立した場合、日本に何十万人も居住する在日韓国人たちが大挙して住民票を対馬に移し、傀儡の議員・首長をたてて『対馬を韓国に帰属させる』決議なんていうのを出す事態になるかもしれない。とても危険であります。

 日本国の国会議員として、少しでもこういったことに想いが至るなら、すぐにでも法案成立推進を撤回するのが筋ってものですが、民主党は何を考えてるのか。全く理解できない。理解出来ないと思っている人は、民主党の内部にもいるようで、法案提出に待ったをかける要望書を執行部に提出したそうです。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)


外国人選挙権 民主議員51人が「拙速結論に反対」 (1/2ページ)
2008.8.3 00:54

永住外国人に地方選挙権を付与するかどうかをめぐり、民主党内に次期臨時国会へ選挙権付与法案を提出する動きがあることを受け、民主党国会議員51人が党幹部に「拙速だ」などと早急な意見集約に反対する要望書を提出していたことが2日、明らかになった。

 民主党内には永住外国人への地方選挙権付与に賛否両派があり「永住外国人地方選挙権検討委員会」が6月以降、識者から意見聴取などを進めてきた。検討委の役員会は7月22日、意見集約を急ぎ8月中に小沢一郎代表へ答申書を提出することを確認。党政策担当幹部も同日、「できれば次の臨時国会で(付与)法案を出すスケジュール感を持っている」として、臨時国会への法案提出に前のめりになっていた。

 要望書提出はこうした動きに懸念を示したもので「拙速に結論を出さず、臨時国会開会後に全議員で徹底的な議論を行うこと」を求めており、検討委の渡部恒三委員長、岡田克也副委員長(党副代表)、直嶋正行副委員長(党政調会長)らにあてられている。51人は民主党国会議員の4分の1近くに達している。

要望書に名前を連ねたのは西岡武夫、渡辺周、松原仁、長島昭久、笠浩史、蓮舫各氏ら反対派だけでなく、前原誠司氏ら賛成派も加わった。「総選挙に向かい、各議員が地元に張り付き、議論に参加できない現状」(要望書)に対する危機感から、慎重論議という方向性で一致したとみられる。

 実際、検討委への出席議員は通常国会閉会後には減っている。7月22日には10人余りしか出席せず、賛成、反対両派の溝も埋まっていない。

 小沢氏は7月15日の記者会見で、外国人地方選挙権について「個人としては賛成で、できれば結論を得てほしいとは思う」と前置きしたうえで、「いつ法案化して出すかどうかは、特別わたしは思っていない。党内の議論に任せる」と述べた。早急な法案化にはこだわらないとも受け取れる発言で、要望書には、前田雄吉、松木謙公両氏ら小沢氏に近い議員も名を連ねている。


 まずはじめに、私はお詫びを申し上げねばなりません。要望書に名を連ねた反対派の議員の中に蓮舫議員のお名前があります。私は以前のエントリーで、民主党が外国人参政権に関する勉強会を開いたことを取り上げた時、蓮舫議員が推進派の議員だと思い込み、積極推進派の岡田元代表が感情論をぶつ中、それに賛同するようなことを言ったと勘違いして批判したことがありました。(関連エントリーを参照)

 蓮舫議員、ごめんなさい。なかなか機会がなく、お詫びと訂正をするのが遅くなったことについても、重ねてお詫びいたします。蓮舫議員が『極めて共鳴した』と言った対象は、感情論をぶって訳の分からない論理を展開する岡田元代表ではなくて、勉強会に講師として招かれた櫻井よしこ氏の『外国籍のまま選挙権を与えるとアイデンティティーと実際の国籍の間のギャップを永続的に固定化してしまう』という指摘に対してだったのですね。

 蓮舫議員が反対派の中にいることは、とても心強いですし、民主党の焦った動きに歯止めをかけるべく、是非とも頑張って欲しいと思います。と同時に日台ハーフの帰化議員として、感じる必要のない負い目を持つ日本人議員に代わって、在日韓国人が気の毒だから云々と感情論で押し込もうとする議員達を蹴散らして頂きたいと願います。当ブログは、陰ながら応援させていただきます。

 この法案は絶対に提出させてはなりません。民主党が審議拒否などを盾に、この法案の丸呑みを求めた場合、『あの』首相なら、斜め上にも呑んでしまうかもしれない。それだけは絶対に阻止せねば。麻生幹事長や平沼議員にも頑張ってもらわねばなりませんが、日本にとっても、日本人にとっても、そして何代にも渡って日本に暮らす在日韓国人にとっても良いことはないこの法案を、この機会に再起不能なまでに叩き潰すべし!


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 香ばしい元代表

 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。