管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国 もし今もノムさんが大統領だったら
 竹島のことが日本の教科書に載る・・たったこれだけのことで酷い癇癪を起こし、自治体交流を中止したり、政府間の交渉を中断したり、対馬を韓国領土だと主張しろ!という世論が急速に台頭したり、駐日大使を召還したり(もうそろそろお帰りになるかもw)、もう戦争一歩手前のところまで、一人で突っ走る韓国。

 おそらく、今では自分達が何をやってるのか、何を主張しているのか、それにどんな効果あるいは逆効果があるのか、自分達でもさっぱり分からない混乱状態に陥っていると見受けられる韓国ですが、ここに米国からの燃料投下があり、ますます訳が分からないことになりそうです。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

「竹島は無主の島」で韓国大騒ぎ 米、韓国の主張を拒否

 【ソウル=黒田勝弘】竹島(韓国名・独島)問題で反日・愛国ムードが高潮している韓国で、今度は米政府機関の「地名委員会(BGN)」が島に対する韓国の領有権主張を退けていることが判明し、大騒ぎになっている。BGNの公式資料によると、島の名称は中立的な「リアンクール岩礁」を基準とし、領有権については「主権未確定」としている。

 韓国のマスコミはこのことを連日、大々的に報じ、韓国政府の対応不足を激しく批判同時に「この背景には日本政府の執拗な工作がある」と日本非難を展開している。韓国政府は緊急対策会議を開き、在米大使館を通じ経緯の把握に乗り出すとともに、米側に韓国の立場を伝達するよう指示。さらに各国での実情調査も進めるという。

 「リアンクール岩礁」は19世紀にこの島を“発見”したフランス捕鯨船の名称からきたもので、海外の文献にしばしば登場する。BGN資料には「竹島」や「独島」などいくつかの名称も“別名”として記載されているが、韓国マスコミは「独島」より前に「竹島」が紹介されていることにも不満が強い

 BGNは、領有権が対立しているという客観的な事実にのっとり中立的な措置を取ったものとみられる。しかし韓国では政府、マスコミをはじめ官民挙げて「あの島はわが国固有のもので紛争の対象ではない」という建前と思い込みが強いため、今回のような国際社会の“中立的態度”にも極度に反発する結果となっている。


 この衝撃(笑)の事実発覚を受けて、李大統領は『激怒』し、駐米大使の問責を検討しているそうです(共同)。李大統領が本当に『激怒』したのであれば、ああやっと韓国の大統領らしくなってきたな、と思うわけですが、そうではなく『こう言わざるを得ない』ところまで追い詰められているのであれば、お気の毒と言うほかありません。米国には米国の立場があるから、なんて正論を吐いたら殺されかねませんし。

 大使の召還ではなく問責としているところから、おそらく李大統領は『今のところ』後者だと思いますが、大変ですね。なにせ自分達は絶対に正しくて、たとえ世界全部が違うことを言っても、間違ってるのはお前ら全部だ!と平気で言えちゃうのが韓国人ですので。そうでなければ、この成熟した情報化社会において、あんな妄想てんこ盛りの歴史がまかり通るわけがありません。

 『らしく』ない人にとって、韓国大統領の職というのは、本当に苦痛だと思う。その意味で言えば、前大統領の盧武鉉氏は、まさに適職であったと言えましょうが、もし盧武鉉氏が今も大統領であったなら、先頭きって強硬論をブチ上げ、即座に駐米大使の召還を実行し、米国に撤回・謝罪要求を突きつけるなど、福田首相の全方位土下座外交ならぬ全方位ケンカ外交を繰り広げてくれたはず。ああ、何だか懐かしいなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。